« 安倍首相が「週刊現代」に異例の強硬抗議! 朴大統領の前で「ろれつ回らず」と書かれヒステリー? それとも・・・ | トップページ | 【ヤラセ・パリ事件】遂に謎が解けた!エコノミスト誌表紙の数字はパリ事件予告だった! »

自民党OB議員も怒り爆発 「憲法違反」の安倍内閣に退陣要求

-折角の早川忠孝先生の諫言・直言なれど。安倍&安倍一派に憲法遵守の意思などこれっぽちもない事は既に明確で、むしろ憲法を踏みにじる事に快感を感じているドS連中なのである。自民党OB議員としては、野中広務、青木幹雄、古賀誠など長老も現安倍政権の危うさについてこれまで何度も警告を発してきたが、安倍らはまるで聞く耳持たずである。また安保法制審議過程で圧倒的多数の憲法学者、元法制局長官、元最高裁長官などが違憲である旨を表明したが、これも完無視だった。とにかく憲政史上最悪・最凶の総理並びに政権幹部がこの国を壟断しているのだ。権力をチェックすべきマスコミはほぼ安倍応援団化しているし、一強多弱で今のままでは野党に安倍政権を倒す力はないし。一番利くのは自民党内から造反議員が多数出ることだが、先の総裁選を見ても村上誠一郎ら男議員はからきしダメで、名乗りを挙げた野田聖子は官邸に徹底的に潰されたわけだし。かくなる上は来夏の参院選で「国民自らの手で大鉄槌を!」と思っていたら。何日か前「安倍総理、来年の伊勢志摩サミットを花道に退陣か?」というようなニュースが流された。出どころは官邸かそれに近い筋ということだったようだが、来夏参院選は自民惨敗が予想されるその前に政治的余力を残して一旦退任し、その後の政局に影響力を行使するためというようなことだった。かつての田中角栄や森喜朗のような「アベノインセイ」(安倍の院政)?はたまた頃合いを見て再三総理に?頼むから冗談はツラだけにしてくれ!!! (大場光太郎・記)-

自民党OB議員も怒り爆発 「憲法違反」の安倍内閣に退陣要求(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/634.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 17 日 07:08:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/169669
2015年11月17日 日刊ゲンダイ

11174
安倍首相に届いているのか(C)日刊ゲンダイ

 安倍首相は12日、自民党の谷垣幹事長と会談し、本当に臨時国会を開かず、通常国会を前倒しして開くことを決めてしまった。

 野党5党は憲法53条の規定に従って、臨時国会の開催を求めていたが、そこに期限の規定がないことをいいことに「来年に先送り」した格好だ。野党5党は「憲法違反だ」と猛反発、幹事長会談の要求をしたが、谷垣氏は「検討する」とノラリクラリ。

 そんな中、自民党の元衆院議員で弁護士の早川忠孝氏(70)がブログで安倍政権の姿勢を糾弾。これが話題になっている。肝心の部分を引用すると――。

〈実に不遜なことである。本当に臨時国会の開催をしないことを安倍内閣として表明するのだったら、私はそのことだけで安倍内閣の退陣を求めたい〉

〈憲法の規定は解釈次第でどうにでもなる、憲法の規定は必ずしも守らなくてもいい、などと思っているのだとしたら大変な思い違いだ〉

〈内閣総理大臣にも閣僚にも憲法尊重義務がある。どこに憲法を尊重する気持ちがあるのだろうか、ということになる。まるで憲法無効論に立っているような感じだ〉

 いやはや、痛快。ちなみに早川氏は東大法卒で23歳で司法試験に合格した。自治省に入った後、衆院選に挑戦。2期を務め、法務省の政務官もやった。つまり、法律のプロである。改めて、早川氏が言う。

「衆参いずれかの議員の4分の1以上の議員の要求があれば国会を召集しなければいけないという53条の規定は内閣に課せられた義務なんです。通常国会を95日間も延長したと言うが、今国会で論ずるべき問題は山のようにあるじゃないですか。大臣が代わったし、所信表明もしていないし、TPPの報告もない。マイナンバーも混乱続きだし、テロとの戦いについても国会議員は真剣に議論すべきでしょう。それなのに臨時国会を開かないのは許しがたいことだし、こんなことがまかり通るのであれば、内閣が堂々と憲法違反をする悪しき前例を残すことになります」

 大メディアが安倍内閣退陣を求めないのは万死に値する堕落だろう。

11187
(早川忠孝氏)

ついに外交日程を理由に憲法の規定を真っ向から無視する内閣誕生か
http://ameblo.jp/gusya-h/entry-12094786740.html
早川忠孝の一念発起・日々新たなり 2015-11-12 17:22:53

実に不遜なことである。

憲法の明文の規定に違反することになってもいいと開き直るようなことだから、本当に臨時国会の開催をしないことを安倍内閣として表明するのだったら、私はそのことだけで安倍内閣の退陣を求めたい。

憲法の規定は解釈次第でどうにでもなる、憲法の規定は必ずしも守らなくてもいい、などと思っているのだとしたら大変な思い違いだ。
内閣総理大臣にも閣僚にも憲法尊重義務がある。

どこに憲法を尊重する気持ちがあるのだろうか、ということになる。
まるで憲法無効論に立っているような感じだ。

私がルールだ、私が憲法だ、というようなものだ。
アウン・サン・スーチー女史のような物言いはして欲しくない。

野党がだらしないからと言って、自民党バンザイ、安倍総理バンザイ、などという声までは私の周りでは上がっていない。
野党はまったく頼りにならないが、自民党が野放図なことをやっていれば、いつかは批判の矢は自民党に向かってくる。

野党が政権の座に就いた時に自民党が臨時国会の召集請求をして時の内閣が外交日程などを理由に臨時国会の召集をしないと表明したら、自民党はどうする。

自民党の改憲案では臨時国会の召集請求があったときは20日以内に臨時国会の開催をしなければならないと書いたはずだ。
自民党は、野党の時はまともなことを言うが、政権の座に就いたら野党時代に言ったことは反故にしてもいいとでも考えているのだろうか。

そういう二枚舌みたいなことは、止めた方がいい。
憲法には愚直に向き合うという態度を堅持して欲しい。

野党も狂ってきているが、どうも自民党もどこかネジが飛んでしまったようだ。
これは、拙い。

(転載終わり)

|

« 安倍首相が「週刊現代」に異例の強硬抗議! 朴大統領の前で「ろれつ回らず」と書かれヒステリー? それとも・・・ | トップページ | 【ヤラセ・パリ事件】遂に謎が解けた!エコノミスト誌表紙の数字はパリ事件予告だった! »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍首相が「週刊現代」に異例の強硬抗議! 朴大統領の前で「ろれつ回らず」と書かれヒステリー? それとも・・・ | トップページ | 【ヤラセ・パリ事件】遂に謎が解けた!エコノミスト誌表紙の数字はパリ事件予告だった! »