« 最後の銀幕女優・原節子さん逝去す | トップページ | 「占領時代の仕組み変える」 日本の安全保障を損ない続ける戦後最悪の安倍首相 »

【制度廃止へ】赤紙が来た マイナンバー受取り拒否!

-フリージャーナリスト・田中龍作氏のこの転載文が阿修羅に掲載されたのが先々週の後半、『うちもそろそろだろうな』と思っていた先週日曜日(22日)、郵便局員によりマイナンバー通知が配達された。とは言っても、田中氏の文を読むまでもなく、『とにかく受け取りはせず抵抗できる限りとことん抵抗しよう』と以前から決めていた私は、居留守を使って受け取らなかった。後で郵便受けをのぞいてみると、田中氏タイトルの「赤紙が来た」は実に的を得た表現で、ドギツイほど赤い不在通知が投げ込まれていたのである。「赤紙」と言えば戦時中の「兵役強制召集令状」のことであるが、マイナンバーの隠された真の狙いを知る者にとって、まさに召集令状に勝るとも劣らない不気味さなのだ。マイナンバー制は、サタニストらによるNWO完成に不可欠な最重要ツールなのである。その危険性については今から30年以上前、既に『月刊ムー』などで指摘されていた。いつかそのことも踏まえて記事にしたいと思いつつなかなか出来なかったが、これは『ヨハネの黙示録』第13章で示されている「獣の数字666」に直結していくのである。「666の世界統一政府」完成の時、人類全体に個別の識別番号が付されることを、なんと18世紀アメリカの(聖書を丹念に研究した)ある牧師が予言していたのだ。そしてその桁数が「12桁」になることも。マイナンバーはカードで終わるものではない。最終的には人体にマイクロチップを埋め込み、我々人間は家畜管理され生殺与奪の権を握られるのだ。日本は米国とともに世界有数のNWO翼賛国なのだから、このまま行くとその可能性は100%。こういう究極の邪悪意図を隠したマイナンバー制は、多くの国民の受け取り拒否の意思表示で何としても廃止の方向に持っていくべきである。 (大場光太郎・記)-

11279_2


赤紙が来た マイナンバー受取り拒否(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/739.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 11 月 19 日 19:45:05
http://tanakaryusaku.jp/2015/11/00012438
2015年11月19日 18:40 田中龍作ジャーナル

11276_2
郵便局がマイナンバーカードを届けに来たが、田中が不在だったため投げ込んで行った。(照明の加減で白っぽく写っていますが、実物は濃いピンク色です。)

 郵便局の「簡易書留・不在連絡票」が玄関の郵便受けに差し込まれていた。

 不在連絡票は通常白い紙なのだが、郵便受けにあったのは赤紙だった。ギョッとした。

 「マイナンバー通知カードをお届けに参りましたが、ご不在でした」とある。差出人は中央区役所だ。

 受け取りたくもないカードを勝手に届けてくるとは、「押し売り」に等しい。国家による押し売りを質すべく、総務省に電話を入れた。すると内閣官房に回された。

問:マイナンバーカードを持たないとペナルティーはあるのか?

答:ペナルティーはない。

11277_2
政府は新聞に一面広告。しかも女優の上戸彩さんを起用するほどの力の入れようだった。莫大な宣伝費用がかかっている。 (※一言 上戸彩は喜んで協力するだろう。創価学会員で「あっち側」の人間だからね。)

 問:持たないと不利益はあるのか?

 答:障害者手帳、児童手当などを受け取る場合は必要。
 
 問:持たずに済ますことはできるのか?

 答:持つのは義務ではない。

 「持つのは義務ではない」が、社会保障を利用するには、マイナンバーカードが必要なのである。

 低所得者がせめてもの家計の足しにとパートに汗を流したものまで課税される。

 経済的徴兵にも簡単に利用されるだろう。

 年金ひとつ管理できない政府が、医療、税金、個人資産などあらゆる分野まで、把握しようというのである。この上なく危ない。

 せめてもの自衛策がタンス預金である。タンス預金に走る人が増えているためか、金庫が売れているという。

 今のところマイナンバーカードを持つ必要のない田中は受け取りを拒否している。

     ~終わり~    (転載終わり)

【参考】

 また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。ここに智恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そしてその数字とは666である。    (日本聖書協会1954年改訳『ヨハネの黙示録』第13章16-18)

11278


関連記事
『マイナンバーの最善の対策は「何もしない」 各省庁がお墨付き、記載なくても不利益ない。』
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/223.html
『マイナンバーの通知カードは、まず「不在→留め置き期間経過」を狙う、「受け取り拒否」は最後の手段で。』
http://www.asyura2.com/15/hasan101/msg/748.html
『「マイナンバーの通知カードの簡易書留」の不在票は 完全無視 で一切に問題が無い。』
http://www.asyura2.com/15/hasan101/msg/868.html

|

« 最後の銀幕女優・原節子さん逝去す | トップページ | 「占領時代の仕組み変える」 日本の安全保障を損ない続ける戦後最悪の安倍首相 »

悪魔・666・イルミナティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。