« 野坂昭如と五木寛之 | トップページ | 野坂昭如と三島由紀夫 »

田中元総理と「雪国対決」を戦った野坂昭如さんとの思い出ー(田中良紹氏)

-野坂昭如にもう少しこだわってみたいと思う。そこで今回取り上げるのが、第37回総選挙での新潟3区における「政治家」野坂昭如の田中角栄元首相との一騎打ちである。大差で敗れたりとはいえ、野坂はずっと後の郵政選挙で小泉元首相が仕掛けた刺客の元祖だったのである。-

12131                        83年12月、第37回衆院選に旧新潟3区から出馬した
           (写真提供:スポーツ報知)

田中元総理と「雪国対決」を戦った野坂昭如さんとの思い出ー(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/906.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 13 日 02:16:06
http://www.twitlonger.com/show/n_1so12c8
11th Dec 2015 市村 悦延 · @hellotomhanks

野坂昭如さんが逝った。

安保法制が強行可決された年にまた胸にズシンとくる訃報を聞かされた。

フーテンには32年前に雪の新潟で田中角栄元総理を相手に選挙戦を戦った思い出が甦る。

世間は野坂さんに「田中金権政治批判」を期待したが、

野坂さんはあの時も「飢えた子どもの顔は見たくない」と反戦を訴えていた。

フーテンが野坂さんと知り合ったのはイラストレーターの黒田征太郎さんを介してである。

70年代初めの新宿ゴールデン街、喧嘩と議論が渦巻く中で野坂さんは静かに酒を飲んでいた。

フーテンはテレビ・ディレクターなりたての若造で、

野坂さんや黒田さんから酒の飲み方や男の生き方を吸収しようとしていた。

その野坂さんが雑誌『面白半分』に永井荷風の作とされる「四畳襖の下張」を掲載した事から

刑事被告人となる。フーテンは「被告人・野坂昭如」と題するドキュメンタリー番組を作り、

判決が下るまでの野坂さんを密着取材した。

野坂さんは原発予定地に指定され村人全員が立ち退いた新潟県刈羽村に行きたいと言い、

我々はその廃村で野宿しそこで野坂さんに「終末論」を語ってもらう事にした。

暗闇の中でたき火を囲みウイスキーを飲みながらフーテンがインタビューすると、

野坂さんは「暗闇を知らない子供たちが増えていくのが怖い」と言った。

自然に逆らう人間の生き方に心底危機感を抱いていた。

その後「アドリブ倶楽部」というラグビーチームを作り週に一度

上智大学のグラウンドで練習する関係になる。夏に信州で合宿をすると、

野坂さんは缶詰やお菓子を大量に持ってきた。

思えば「焼け跡闇市派」には「合宿」をする青春時代などなかった。

顔には出さないが遠足に行く子供のような喜びを感じているように見えた。

事情があってフーテンは「アドリブ倶楽部」を辞め、

その後しばらく顔を合わせる機会はなかった。それが再会したのは1983年、

ロッキード事件の一審判決で田中角栄元総理に有罪判決が下った直後である。

野坂さんは二院クラブから参議院選挙に出馬して国会議員になったばかり、

フーテンは中曽根内閣の後藤田官房長官を担当する政治記者だった。

永田町では全野党が「田中辞職勧告決議案」を国会で議決しようとしていた。

議員会館に野坂さんを訪ねると、野坂さんは秘書と二人きりでがらんとした部屋にいた。

そこで野坂さんが言ったのは「国会というところは何が何だかさっぱりわからん」だった。

野坂さんが嘆くのは無理もない。国会は議席の数がものを言い、

二院クラブのような小会派には「何が何だかわからない」仕組みになっている。

そこでフーテンが記者として知りえた情報を野坂さんに提供し、

野坂さんが発行する手書きの「鬼門タイムス」という新聞の材料にしてもらうようになった。

何度か通ううち野坂さんの不満は野党に向いている事が分かった。

「国会に来て野党の駄目さが良く分かった。

選挙で選ばれた政治家を国会が辞職勧告するのは筋が通らない」と言う。

「その通りです。田中角栄を辞めさせるなら選挙で落選させるのが筋道です」と

フーテンも言うと、野坂さんは「鬼門タイムス」に「求む!新潟三区立候補者」の一文を書いた。

そこでフーテンが

「野坂さんこそ新潟高校卒業生で親父さんは新潟県副知事だったのだから出るべきですよ」

と言うと、野坂さんはフーテンをじろりと見て「俺は当選したばかりだ。

まだ辞めるわけにはいかん」と即座に言った。

ところがそれからひと月ほどで野坂さんは記者会見を開き、

参議院議員を辞任し衆議院新潟三区から立候補する意向を表明する。

フーテンには言わなかったが、様々な情報を集めて立候補の可能性を探っていたらしい。

その日、後藤田官房長官は会見で

「当選は無理だが、マスコミが騒ぐのを野坂さんは計算している。野坂さんは天才だ」と言った。

こうしてロッキード事件で有罪判決を受けた田中角栄氏と「戦後焼け跡闇市派」の野坂さんが

選挙で戦う事になる。メディアは「雪国対決」と囃し立て、

フーテンは新潟三区に入り込んで取材をする傍ら、

選挙のやり方についてアドバイスをすることになった。

東京から来た選挙スタッフは、野坂さんの唄を街宣車で流しながら

有名女優などを動員する選挙戦を考えていたが、

フーテンは地元紙の記者たちと相談し、

最も雪深い僻地で教育や医療に従事する人たちと野坂さんが膝づめで語り合う

選挙戦術を考えた。その方が県民の支持を集めやすいと判断したからだ。

それを野坂さんに提案すると野坂さんはすぐに町場での選挙運動を切り上げ

豪雪の山奥に入って行った。

すると「野坂さんは売名行為ではなく本気で選挙に出た」という噂があっという間に

選挙区中に広まる。

そこでフーテンはさらに「田中元総理は高速道路や新幹線を作ったがその使命を終えた。

田中さんが作ったハードに乗せて私は文化を運ぶ。ソフトの時代の新潟を作る」と訴えるよう提案した。

野坂さんはじっと聞いて何も言わなかった。

そして演説で訴えたのは「飢えた子どもの顔は見たくない」という「火垂るの墓」のテーマだった。

フーテンの提案は受け入れず、またメディアが期待した田中批判でも金権批判でもなく、

自らの原点である戦争体験と農業の大切さを訴える事が野坂さんの選挙戦だった。

フーテンは野坂さんの戦争体験の重さを改めて感じさせられた。

この選挙で田中元総理は22万票という驚異的な得票を集め、

日本の司法が下した判決を地元の民意が総ぐるみで否定した。

そして野坂さんは3万票弱で次点に敗れた。しかしこの票数は野坂さんに重くのしかかる。

選挙戦で野坂さんは各地で本気度を試され、新潟に移り住む覚悟を迫られた。

そのため選挙区に家を1件借りることになる。

フーテンは東京と往復しながら次の選挙に臨めば良いと思ったが、

諸般の事情がそれを許さなかった。

借りた家にはボランティアの学生が一時住んでいたが、

野坂さんには次第に負担になっていったようだった。

フーテンも選挙が終わると「闇将軍」として政界に君臨する田中角栄氏の取材を

担当する事になり野坂さんと会うことも少なくなった。

最後にお会いしたのは2001年にフーテンが経営するCS放送の「国会テレビ」に

野坂さんが出演してくれた時である。

「国会テレビ」は田中角栄氏を取材するうち日本の政治構造に疑問を抱いたフーテンが、

米国の議会中継専門テレビ局を真似て作ったものだが、

野坂さんは米国を真似する事に批判的な様子が伺えた。

その夜、銀座に誘われて酒を飲んだのが今生の別れとなる。

病に倒れたと聞いて会う事は難しいと思っていたが、今年の政治の動きを見るにつけ、

もう一度話を聞きたいと思っていた矢先の訃報だった。

元秘書の中島氏が野坂さんの死に顔を写真に撮って送ってくれた。

口ひげをはやした死に顔には武将を思わせる威厳があった。合掌。

(転載終わり)

1211
(前年の衆院選で対決した田中角栄元首相と上越新幹線の車中で鉢合わせし、握手をした=1984年6月6日 写真提供:朝日新聞社)

【私のコメント】

  ジャーナリスト田中良紹(たなか・よしつぐ-1945年~)氏の文は阿修羅掲示板にもしばしば投稿され、当ブログでも何度か転載した記憶があります。今回調べたところ、田中氏(以下敬称略)は元TBSで報道局ディレクター、社会部・政治部記者だった人のようで、野坂昭如のこの一文は特に「ジャーナリスト魂」が息づいているように感じました。

 この文を読みながら、『そうか、あれからもう32年も経ったのか』というのが率直な感想です。

 それくらいですから、当時は政治にさほど関心はなかったものの、あの総選挙なかんずく野坂昭如が刺客として立った新潟3区は特に注目してみていました。

(以下は、田中良紹文とは視点を変えた私の感想です。)

 当時の世論操作にまんまと引っかかっていた私は、ロッキード事件における「首相の犯罪」で刑事被告人の田中角栄が、首相こそ退いたもののその時なお強大な田中派を率いて自民党、政界全体に隠然たる力を誇示し行使している事が許しがたかったので、野坂の蛮勇に大喝采したのでした。

 これは無知蒙昧なB層一市民だった私のみならず、トップクラスの政界情報を掴んでいた田中良紹もそして対抗馬として立った野坂自身もそうだったと思います。
 いないな。当時はマスコミがしきりに喧伝した「田中角栄=巨悪」という構図にほとんどの国民がまんまと乗せられたのです。

 記事にもしましたが、(その秋政権交代が起きたり直後に小沢西松建設事件が起きたりと大揺れだった)09年の早春、テレ朝系『サンプロ』でゲストの田中真紀子との会話の中で司会の田原聡一朗は「田中(角栄)さんはユダヤにやられた」とつい口を滑らしました。

 それをあざとくも見逃さなかったのが、海の向こうのユダヤ人権団体SWC(サイモン・ウィーゼンタール・センター)です。米SWCからただちにテレ朝にクレームが入り、テレ朝と田原はその対応・釈明に追われることになったのです。

 しかし田原のこの発言は特に目新しいものではなく、実はロッキード問題が火を吹いた時、当時の田中首相自身が「しまった。ユダヤにやられた!」と叫んだというのです。これは当時田中秘書をしていた早坂茂三(故人)が間近でそれを聞いたと、かなり前テレビで発言していました(私も早坂発言をしっかり聞いた)から間違いない事実でしょう。

 田中角栄は早い話、「ユダヤ」つまり米国に籍を置く「ユダヤ国際金融資本」にやられたのです。ユダ金の逆鱗に触れたからです。

 どうしてか?一番の可能性は、民族独立派だった田中は日本の総理として、ユダ金メジャーを通さずに直接中東から原油を輸入することを検討していたこと。次には米国に相談なしに勝手に日中国交回復をしてしまったこと。田中失脚の原因はこの2つだろうとみられています。

 いずれも「真の国益」に適う道だったわけです。
 しかし米国奥の院のユダ金が、そんな勝手を属国日本の総理がするのを許すはずがありません。ユダ金子飼いの米CIAが田中失脚に動いたとみられます。

 そして米CIAのそのまた子飼いが東京地検特捜部です。それが証拠に米CIAの秘密研修を受けた者しか「華の」東京地検特捜部長になれない仕組みなのです。

 米CIA秘密指令により、「正義の味方」東京地検特捜部が田中ロッキード事件をガンガン捜査します。それに先行して、(米CIA息がかり?)文芸春秋社月刊誌『文芸春秋』(1974年11月号)でクソジャーナリスト・立花隆の「田中角栄研究―その金脈と人脈」と題する大特集が組まれ、ずっと後年の(奇しくも田中の愛弟子だった)小沢一郎事件でも強力な威力を発揮した検察+マスコミ「官報複合体」合同追及により、田中はジワジワ追いつめられていきます。

 つまりは首相辞任、逮捕、起訴となっていくわけです。

 そんな中、83年10月12日の東京地裁田中実刑判決(田中は議員辞職を拒否し控訴)により国会は大紛糾し、「田中判決解散」により同年12月18日、第37回総選挙は行われたのです。
 つまり「田中角栄イエスかノーか」が問われた選挙だったのです。

 そして「ノー」の強烈な意思表示として野坂昭如は、田中角栄の選挙区・新潟3区から出馬したわけです。もう一度繰り返しますが、当時の世論は「田中角栄=巨悪」一色だったのですから、私をはじめ多くの国民は野坂に大喝采したのです。

 参院議員半年くらいの野坂があえて田中角栄の対抗馬になった背景に、田中良紹の働きかけがあった事は今回の一文で初めて知りました。ともあれ野坂は「義憤に燃えて血潮沸く」心境だったことでしょう。

 一文にはありませんでしたが、選挙期間中野坂は暴漢に刃物で斬りつけられ、以後の活動が出来なくなるという事件まで起こりました。まさに命がけの選挙戦だったわけですが、結果は22万票という中選挙区史上最大の得票で角栄の大勝利に終わりました。野坂参戦は逆に新潟3区選挙民の士気を高めさせてしまったのかもしれません。
 
 同総選挙は「田中曽根内閣」とヤユされた中曽根第1次政権下で行われたものでしたが、角栄大勝とは裏腹に自民党は大敗し、初めて単独過半数を割り込み、新自由クラブとの連立を余儀なくされました。今日の自公連立のきっかけはこの時から始まったのです。

 上に勝者の田中角栄と敗者の野坂昭如が上越新幹線車中でたまたま鉢合わせし、ガッチリ握手している画像を再度載せました。

 例えば次の総選挙で安倍晋三の選挙区の山口4区に強力な刺客が立った場合、同じケースで(自分が敵とみなした者にはヘビのような執念深さをみせる)狭量安倍は田中角栄と同じ対応をするだろうか?
 対して、田中角栄の度量の大きさ・深さを示すエピソードは多く伝えられています。

 田中には確かに「金権体質」があった事実は否定できないとしても、米国から仕掛けられたロッキード事件(そして小沢事件)は日本の真の独立のためにも是非再検証すべきだと思います。
 
 田中角栄とうに亡く、今また野坂昭如が亡くなり、あの選挙戦はさらにずっと昔に行ってしまったよう。まこと「昭和は遠くなりにけり」の感慨を深くしつつー。

 (大場光太郎・記)

関連記事
『野坂昭如さん、角栄元首相の選挙区から出馬し金権政治を批判』(スポーツ報知)
http://www.hochi.co.jp/topics/20151211-OHT1T50017.html

|

« 野坂昭如と五木寛之 | トップページ | 野坂昭如と三島由紀夫 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野坂昭如と五木寛之 | トップページ | 野坂昭如と三島由紀夫 »