« 翁長知事一人で安倍・菅政権の辺野古移設強行の暴政に勝てる!? | トップページ | 【朗報】山形県民「いがったいがった」 NHK山形のお天気お姉さんが番組復帰! »

【美しくない戦前日本】天皇家は邦人女性数十万人を売春目的で海外に売り飛ばし巨大蓄財の足がかりを得た

-(今や英国ロスチャイルドなどの筋書きだった事が明らかになりつつある)明治維新以降の日本は、「欧米列強に追いつき追い越せ」をスローガンに猛烈に西洋式近代化を押し進めた。そしてそれは見事な成果となって表れ、短期間で欧米列強が警戒するほどの国力・軍事力を築いた。その強力な求心力となったのが、西洋式立憲君主制に倣った「天皇ハ神聖ニシテ犯スヘカラス」(大日本帝国憲法第三条)とする近代天皇制なのだった。その絶対君主的天皇家に、「光に闇が添うように」あまりにもおぞましい「負の側面」があったのである。欧州などに性奴隷として売られていった女性たちは「からゆきさん」、米国に売られた女性たちは「あめゆきさん」と呼ばれたが、こんな鬼畜の所業で蓄財していった天皇家に対する敬愛の心など、少なくともこの私は消し飛んでしまった。やはり明治天皇に成りすました長州田布施部落出身の大室寅之祐は、それまでの皇統とは縁もゆかりもないただの朝鮮渡来系だったのではないだろうか、とさえ思えてくる。この人身売買を昭和天皇も引き継ぎより徹底化したわけで、「何が美しい戦前日本だ!」という話である。それとこの件で指摘すべきは福沢諭吉の関与である。福沢が現1万円札に描かれているのは学問上の功績によるものではなく、天皇家及び三菱・三井旧財閥に巨利をもたらした貢献によってではないだろうか?自伝文学の白眉は、海外では『フランクリン自伝』そして日本では『福翁自伝』と言われている。私は高1で『フランクリン』を高2で『福翁』を読みどちらも大感激したのだったが、フランクリンは「人食いサタニスト」片や福沢は「売春目的人身売買提案者」で、ともに唾棄すべき人物だったわけである。もし慶応大学在学生や同大学OBの方がこれをお読みになれば私以上にショックを受けられることだろう。この情報が真実か否か、ご自身で徹底的に探求されることをお勧めする次第である。 (大場光太郎・記)-

【注記】
  同一テーマで阿修羅掲示板に『この人を見よ _ 人間の屑  福沢諭吉のした事』(2011年4月30日)というより完全な版があります。かなりの長文なので、今回は『オルタナティブ通信 2007年05月02日』からの転載としました。
『この人を見よ _ 人間の屑  福沢諭吉のした事』
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/485.html

1267_2

天皇=売春業者

http://alternativereport1.seesaa.net/article/49608120.html
オルタナティブ通信 2007年05月02日

1885年、天皇一族と三菱財閥で日本初の船舶会社、日本郵船が創立される。
明治維新により富国強兵の道を歩み始めた日本は、欧米からあらゆる兵器を購入し続けていたが、欧米への支払いに当てる資金が日本には無かった。
そこで福沢諭吉は、「賤業婦人の海外に出稼ぎするを公然許可すべき」という指示を天皇に与える。賤業婦人つまり売春婦として日本人女性を海外に「輸出、 売却」し、兵器購入資金を作るというプランであり、天皇一族はこのプランに飛び付き実行する。(福沢諭吉全集 第15巻)

1900年初頭から天皇の命令の下、「海外に行けば良い仕事があり、豊かな生活が出来る」という宣伝が日本全国で大々的に行われた。日本の健全な家庭に育った当時の若い女性達は天皇の言葉を信じた。
天皇一族によりだまされ「売春婦として欧米に販売された」日本人女性の数は数十万人。
大部分は健全な家庭に育った若い女性達であり、天皇は「健全な女性を売春婦」として「売却」する事で、欧米の売春業者から女性1人あたり数千円、当時普通の会社員であれば10数年分の給与を手に入れていた。
その金額が数十万人分=莫大な資金がこの天皇一族のサギ行為、女性の人身売買により天皇一族に転がり込んだ。
その資金の一部は戦争のための兵器購入に当てられたが、大部分は天皇の「個人財産」として「蓄財」された。天皇一族は自分の金儲けのために、健全な若い日本人女性をだまし、売春婦として欧米に「売却」して来た。天皇一族は欧米の売春業者とタイアップした日本の売春業者であった。
天皇により経営される日本郵船により、欧米に「売却」された日本人女性は、1人残らず現地に着くと即座に売春宿に「連行」され監禁された。そして売春を強制された。初めての外国であり、逃げ場も助けてくれる相手もいない。数十万人の日本人女性が、天皇によって売春を強制された。これが従軍慰安婦の原型である。

日本郵船の共同経営者三菱財閥もこの売春業で巨大化した。この莫大な富を生む売春業に参加させてもらったお礼に、三菱財閥は昭和天皇の結婚後の新居を、全額三菱財閥の出資で建設する。渋谷区下渋谷の第一御領地の「花御殿」が昭和天皇の新婚の住居であり、それは数十万人の日本人女性を「売春婦として販売した」利益で、三菱の天皇に対する「売春業参加のお礼」として建設された。
(山田盟子「ウサギたちが渡った断魂橋」 新日本出版社)。

また天皇が大株主であった船舶会社商船三井も天皇と協力し、同一の「売春婦・輸出事業」に従事する。

こうして日本人女性の「販売業者」として天皇一族が蓄積した財産は、第二次大戦後日本に進駐してきた米軍GHQの財務調査官により調査され、当時の金額で
1億ドルを超えると記録されている。国民に対しては「自分は神」であるとしていた天皇は、女性の人身売買で金儲けし、また日清戦争、日露戦争で中国、ロシアから得た賠償金を自分の私財として「着服」していた。
戦争中、全ての日本人は餓死寸前の中、軍需工場で「無給」で重労働を行っていた。そうした重労働と日本人男性=軍人の死によって戦争によって得られた賠償金を、国民のためでなく自分の私的財産として天皇は着服し、密かに蓄財していた。
また日本軍が朝鮮、中国に侵略し、朝鮮人、中国人を殺害し略奪した貴金属は、天皇の経営する日本郵船によって日本に運び込まれ、日銀の地下金庫にある天皇専用の「黄金の壷」という巨大な壷に蓄財された。中国、朝鮮から略奪された貴金属、そして賠償金=侵略戦争は天皇の個人的蓄財のために行われていた。
この問題を調査したエドワード・ベアは、「天皇一族は金銭ギャングである」と吐き棄てるように語っている。(エドワード・ベア「天皇裕仁」 駐文社)

1945年、日本の敗戦が決定的になると、天皇一族は、この蓄財を米国に「取られる」事に恐怖を感じ、海外に蓄財を「逃し」始める。天皇の個人銀行でもあった横浜正金銀行を通じて、スイスに850万ポンド、ラテンアメリカに1004万ポンド等、広島、長崎に原爆が落とされ死傷者が苦しんでいる最中、
天皇は自分の蓄財を海外に次々と逃がす事に専念する。
この問題を調査したマーク・ゲインは、海外に天皇が逃した蓄財は累計で5~10億ドルに上るとしている。(マーク・ゲイン「ニッポン日記」 筑摩書房)

広島、長崎に原爆が落とされ膨大な死傷者が出、戦後日本をどのように再出発させるかを考えなくてはならない時期に、天皇はひたすら自分の蓄財を守るため数百回に及ぶ海外送金を繰り返していた。
日銀の地下金庫からは、莫大な金塊と貴金属が日本郵船により運び出され、アルゼンチンの銀行そしてスイス銀行まで遠路運搬されていた。

中国では日本に逃げ戻るための船舶が無く、逃げ遅れた日本人女性が中国各地で多数強姦殺人され子供が殺害されている最中、天皇は貴重な船舶を独占し、自分の金塊を遠路アルゼンチン、スイス等に運び出していた。
天皇が自分の蓄財だけしか頭に無く、日本人の事など何も考えていない事は明白である。(ポール・マニング「米従軍記者が見た昭和天皇」マルジュ社)

なお天皇が第二次大戦中「売春婦輸出業」を行っていた商船三井の共同経営者が、CIA(当時はOSS)の対・日本作戦部長マクスウェル・クライマンであるのは何故なのか?
敵国のCIA対・日本作戦部長と「仲良く」天皇が「売春婦輸出業」を行っている=天皇はCIA工作員であったのか?

天皇は戦後、このスイス銀行に預けた金塊を担保に資金を借り、CIAが事実上創立した不動産業者=森ビルと共に、港区の不動産を次々に買収し、またハイテク産業に投資し、莫大な蓄財をさらに莫大に膨れ上げさせて行く。天皇は神でも「象徴」でもなく単なる金儲け主義の金融ビジネスマンである。
そしてここでも「何故か」CIAと天皇は「共同経営者」である。

天皇は、1940年代初頭からスイス銀行に少しずつ蓄財を「移し」始めるが、ヨーロッパにおいてナチス・ヒトラーが虐殺したユダヤ人から奪った貴金属を管理していたのもスイス銀行であった。
天皇はヒトラーに請願し、ナチス・ヒトラーの口座の中に「天皇裕仁」のセクションを作ってもらい、そこに天皇一族の蓄財を隠していた。天皇とヒトラーはスイス銀行の秘密口座を「共有」する略奪ビジネスのパートナーであり、ナチスと天皇は一体であった。(アダム・レボー 「ヒトラーの秘密銀行」 ベストセラーズ 及び、濱田政彦「神々の軍隊」 三五館)

1924年、米国は「排日移民法」という法律を成立させる。日米関係はまだ険悪ではなく、日本から余りに多数の若い女性が「売春婦」として米国に「輸入」されてくる事が社会問題化し、それを禁止した法律であった。
天皇自身の発言を記録した「昭和天皇独白録」(藤原彰「徹底検証・昭和天皇独白録」 大月書店)の「大東亜戦争の原因」=日米戦争の原因の項目に、
1946年3月18日の天皇の発言として以下の言葉がある。

「米国のカリフォルニア州への移民拒否については、日本を憤慨させるに十分なものであった。」

この発言は日米戦争の原因についての天皇自身の発言である。日本人女性をだまし、売春婦として米国に「売却」する天皇の売春ビジネス=移民を米国が禁止した、それに憤慨激怒し米国と戦争を始めたと天皇自身が独白しているのである。
天皇一族は神でも「象徴」でも無く、人間のクズの集団である。


追記・・例え殺されても自分の命と引き換えに真実を語るのがジャーナリストの仕事である。天皇に欺かれ売春婦にさせられた数十万人の日本人女性達の無念の人生のために、誰かが真実を語らなければならない。

(転載終わり)

関連記事
『アメリカ建国の父の一人、ベンジャミン・フランクリンは人食いサタニストだった!』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-6ff8.html

|
|

« 翁長知事一人で安倍・菅政権の辺野古移設強行の暴政に勝てる!? | トップページ | 【朗報】山形県民「いがったいがった」 NHK山形のお天気お姉さんが番組復帰! »

真実の近現代概略史」カテゴリの記事

コメント

天皇家は百済から亡命してきた百済王の血筋を汲んでるので
妄想的な入れ替わり説ブチ上げなくても普通に渡来系だろ
ネトウヨ勢力はこの事についてはもれなく口を噤むけどな

投稿: あああ | 2016年5月11日 (水) 10時24分

 コメントありがとうございます。

 もう少し踏み込んでいうと、北朝は高句麗系、南朝が百済系ですね。建前として現皇室は北朝系のはずですが、幕末変動期のドサクサで、長州田布施部落の大室寅之祐を明治天皇の替え玉として時から、実質南朝・百済系となっていますよね。

投稿: 時遊人 | 2016年5月12日 (木) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 翁長知事一人で安倍・菅政権の辺野古移設強行の暴政に勝てる!? | トップページ | 【朗報】山形県民「いがったいがった」 NHK山形のお天気お姉さんが番組復帰! »