« 【よくぞ言った!】「イスラム国とはCIAによって作られたものだ。」(by鳩山元首相) | トップページ | 【必読】野坂昭如が死の4ヵ月前に綴った、安保法制と戦争への危機感「安倍政権は戦前にそっくり」「国民よ、騙されるな」 »

パンティ高木続投 野党は性急に辞任要求せず参院選まで攻め続けるべきだ

-さすがの安倍総理も、内閣のイメージダウン計り知れないパンティ高木を何とか辞めさせたい意向のようだ。とはいっても更迭はまずいから高木自身の辞任表明を待っているわけだ。任命者の意を汲んで自ら身を引くのがまっとうな人間というものだろう。しかし一度手に入れた大臣ポストは何としても手放すまいとシャカリキだ。8日に行われた閉会中審査で野党から再度厳しい追及を受けながら高木はまたしても逃げ切ったのだ。まあパンティドロの常習者だっただけあって、破廉恥極まりない男だ。厚かましい、おぞましい鉄面皮だ。話は変わるが。私が20代半ばの頃、以前ムショ暮らしを経験したという人と知り合った事がある。若気の至りでの傷害罪だったらしいが、私より3歳ほど年上で、その頃は立派に更生し、きちんとした工場に勤め奥さんも小さな子供もいる人だった。その人いわく。服役中は雑居房だったというが、犯した罪によって房内の序列が決まるのだという。殺人は独房で除外するとして、傷害罪や詐欺罪は上のランク、窃盗罪は中ランク、婦女暴行罪は下ランクなのだそうだ。あるとき婦女暴行犯が同じ房に入ってきたそうだが、最低野郎とみられ誰からも口をきいてもらえなかったそうである。高木は真っ黒けの下着ドロだったわけだが、もし敦賀原発のドンで市長だった父親の敦賀署への手回しがなければ、実際ムショに入れられ一定期間服役したはずだ。もしそうだとどうだっただろうか。房内では婦女暴行と同じかそれ以下の人間のクズ扱いだったのではないだろうか。しかし恥ずかしさと屈辱と惨めさを一定期間そこでしっかり味わう事が当人のために必要だったのだ。父親市長はいらざることをしたのだ。永遠の尺度で見た場合、カルマをしこたま積んで大臣のイスを手に入れるより、犯した罪をしっかり償うことの方が遥かに魂の進歩上重要だったのである。もっとも高木だけではない。安倍内閣は、安倍晋三を筆頭に極悪カルマ連中の吹き溜まりである。 (大場光太郎・記)-


高木大臣続投で…自民参院選「東北ブロック」壊滅リスク(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/751.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 09 日 08:25:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/171266
2015年12月9日 日刊ゲンダイ

129
居座れば被災地の神経を逆なでするだけ(C)日刊ゲンダイ

「ついに辞任か」――。7日午前、高木毅復興相(59)が復興庁で緊急会見を開くとの情報が駆け巡り、色めき立った報道陣が殺到したが、高木大臣は「大臣の職を全うしたい」と堂々の居直り宣言。どれだけブ厚いツラの皮の持ち主なのか。

 過去の下着ドロ報道や公選法違反の香典疑惑に加え、前日には安倍首相シンパの産経新聞が「高木復興相の更迭検討」と1面トップで報じた。素直に読めば、安倍官邸が「引導を渡した」としか受け取れない内容だったし、きょうは3時間に及ぶ衆院復興特別委の閉会中審査が開かれる。

 タイミング的にはまたとない「辞任日和」だったのに、高木大臣は香典疑惑の説明に四苦八苦。新たに判明した香典の支出230件、総額185万円のうち、57件、計45万円分は本人の私費支出として政治資金収支報告書を訂正したという。あとは何を聞かれても「違法性はない」の一点張りで、「これまで以上にしっかりと襟を正して」と大臣ポストにしがみつくハラだ。

「高木大臣続投は来夏の参院選にマイナスなので、早期にケジメをつけたい安倍官邸はもちろん、自民党の選対幹部は皆、高木氏の居直りにアタマを抱えています。特に今年秋の被災3県の県議選で自民党は議席を軒並み、後退させた。『よりによって復興相が“パンツ大臣”かよ』が、自民選対のホンネです」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

 9月の岩手県議選は「小沢王国」の牙城を崩せず、自民は県政野党のまま。

 10、11月の宮城、福島両県議選も自民は単独過半数を狙ったが、どちらも前回より議席を減らし、過半数に届かなかった。

「福島に至っては、自民の獲得議席は過去最低でした。背景には震災から4年半、被災地の人々には安倍政権に復興を置き去りにされたという思いがあるのだと思います。そんな中、スキャンダル大臣が復興相に居座れば、被災地の神経を逆なでするだけ。反自民の流れが東北全域に広がる恐れもある。今から参院選の不安要素を摘んでおきたい安倍官邸や自民選対は『どうせ長くは持たないのだし、サッサと辞めてくれ!』と叫びたい心境のはずです」(鈴木哲夫氏)

 高木大臣の任期が延びるほど、次の参院選は面白くなる。

1284


(阿修羅掲示板投稿のコメントより)

1. 2015年12月09日 09:50:14 : 2g6VQTHPII : kPQF8g7yZ3g[4]
良い話じゃないですか!

昔、若かった頃に、パンツ泥をやって、
へたすりゃそれ以上のことをやっていたのを、
地元ボスの市長の親父さんが握りつぶしてくれて、
それどころか、なんとまあ、バカ息子を国会議員にして、
挙句の果てに、大臣にまで上り詰めたのですから、
大変見事な出世話ですよ。
日本は素晴らしい!

3. 2015年12月09日 11:28:21 : sfUYGTAXig : GfODdVDYuBE[27]
高木復興相「記憶にない」下着ドロ疑惑「証拠」も
日刊スポーツ 12月9日(水)10時8分配信

 「女性宅への不法侵入&下着窃盗疑惑」がくすぶり続ける高木毅復興相が8日、衆院復興特別委員会で、不法侵入と窃盗の「証拠」とされる物品を突きつけられた。高木氏はそれでも、「記憶にありません」と釈明を繰り返し、「すべて事実無根」だと主張した。

 民主党の柚木道義議員が、約30年前に一連の問題が起きた際、目撃者が、被害者宅周辺にいた不審車のナンバーを控えたとする、簡易式アイロン台を持参。「ナンバーは福井56 やの14の47。これで犯人が特定され、父親がおわびに来たという。偉い人の息子だったそうだ」「(高木氏の否定で)被害者も目撃者もうそつきといわれ、怒っている」と指摘した。高木氏の父は、元敦賀市長だった。

 高木氏は「ナンバーは記憶にない」と述べ、陸運局への照会を求められても「必要ない」と拒否したが、否定する以外、疑惑を打ち消す「証拠」は示せていない。復興の議論とは無関係の場違いな話題が続く中、高木氏は「大臣の仕事をまっとうしたい」と辞任を否定したが、柚木氏は高木氏が辞任しない限り、来年の通常国会でも追及すると予告。首相周辺でも、この問題の「年越し」には、頭を痛める事態になっている。

 質疑後、高木氏は福島の地元紙記者に「疑惑の真偽を明かすことが、被災地との信頼関係を築く近道ではないのか」と指摘されたが、「大臣の職責を果たすことで、信頼も回復するのではないか」と主張した。11日に参院でも追及を受けるが、「(この日の質疑で)説明責任は果たせた」と強がった。【中山知子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00000038-nksports-pol

4. 2015年12月09日 11:29:44 : sfUYGTAXig : GfODdVDYuBE[28]
高木復興相に集中砲火 薄氷の閉会中審査 与党なお更迭論
産経新聞 12月9日(水)7時55分配信

 高木毅復興相は8日の衆院東日本大震災復興特別委員会の閉会中審査で、香典支出を含む自身の政治資金問題について、法的に問題はないとの認識を示し「襟を正して仕事を全うしたい」と述べ、閣僚続投を改めて表明した。過去の下着窃盗報道に関する野党の追及もかわし、政府・与党内には「逃げ切った」との受け止めが広がった。ただ、来年夏の参院選をにらみ、野党は執拗(しつよう)に追及する構えで、依然として更迭論がくすぶる。

 「最大の復興策は復興相が辞めることだ」。野党のトップバッターとして質問に立った民主党の柚木道義氏は、高木氏に一連の問題の責任を取って自発的に辞任するよう迫った。

 柚木氏は、高木氏の関連政治団体の平成23年分の政治資金収支報告書で、国政報告会にあたり女性コンパニオンの派遣会社に約5万7千円の支出がある点を指摘し、「必要なのか」と追及した。高木氏は、「配膳担当で、お酌をする性格のものではない」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 高木氏は、香典支出問題についても「自分が葬儀に行った」とする高木氏の説明と異なる証言がある点を追及されたが、「職責を全うする」とかわした。

 下着窃盗報道には「事実無根」と否定。柚木氏が報道の中で高木氏が窃盗時に使用したとされる自動車のナンバーを読み上げて「調べてほしい」と迫ったが、高木氏は「調査の必要はない」と拒否した。

 高木氏の答弁について、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は8日の記者会見で「しっかり説明責任を果たした」と評価した。被災地選出の自民党議員も「ひとまず逃げ切った」と強調した。

 しかし、野党は11日の参院東日本大震災復興・原子力問題特別委や来年の通常国会でも高木氏を追及する方針だ。与党内には来年3月、震災から丸5年の節目を迎える上、その先の参院選への影響を懸念する向きもある。自民党内には「土俵際だ。新しい問題が出てきたら厳しい」(中堅)との声が漏れる。公明党議員も「ボディーブローのように効いてくる」と述べ、更迭論は当分、“鎮火”しそうにない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-00000075-san-pol

5. 2015年12月09日 14:04:24 : qkoS7TLKfg : OR56M4jb4Bo[56]
参議院選挙前まで続投させて
選挙前の一気に
「パンツ泥棒問題」を再燃させたらどうですかねぇ!

それにしても大恥かいてまで大臣続けたいなんていう
厚顔無恥とそれを許すバカな安倍!という構図は
どっちもバカだって証明

高木の家族は大変だ!
「パンツ泥棒!」ってのはもう事実だと認識されてた
だって訴えないんだもんねぇ

(以上転載終わり)

関連記事
『“下着ドロ”高木復興相が辞任否定で安倍官邸が大困惑(日刊ゲンダイ)』
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/703.html
『〔独占公開〕目撃者が証言した「高木パンツ大臣」犯行車両のナンバー<週刊新潮>』
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/688.html

|

« 【よくぞ言った!】「イスラム国とはCIAによって作られたものだ。」(by鳩山元首相) | トップページ | 【必読】野坂昭如が死の4ヵ月前に綴った、安保法制と戦争への危機感「安倍政権は戦前にそっくり」「国民よ、騙されるな」 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。