« 此頃都ニハヤル物 夜討 強盗 謀総理 安倍ノブチキレ 大詐術 「アベ過ぎる」テフ女子高生語w | トップページ | 甘利大臣もたない…与党内冷ややか水面下で後任選び »

【安倍大打撃】潮目が変わるぞ、甘利大臣に収賄疑惑発覚!

-甘利家は甲斐の武田信玄の重臣・甘利虎泰の子孫らしいが、祖先の名を汚す父親の「あまり正しくない甘利正」の悪DNAを受け継いだものなのか、甘利TPP担当相がらみでとんでもないスキャンダルが発覚し、安倍政権、自民党が大激震に見舞われている。これは、世の蔑みに晒されても大臣のイスにしがみついているパンティ高木のケースとはレベルが違う。菅あたりがダボス会議花道辞任を探っているように、完全にアウトだ。中には、甘利事務所総額では1200万円だが甘利自身が受け取ったのはたった50万円だから問題ない、という見方もある。もう何十年も前の事だが、当厚木市課長が業者からゴルフセットをもらっていた事実が発覚し辞職した事があった。公職にあるものにとって収賄はそれだけ重罪なのであり、金銭の多寡ではないのだ。だから数年前の小沢陸山会事件では、行財政改革されては困る米官財政電の総結託により贈収賄事件をでっち上げ、小沢一郎の政治生命を絶とうとしたのだ。大臣辞任では済まず議員辞職、さらには逮捕まで行ってもおかしくないケースだと思う。甘利は菅、麻生とともに安倍政権のキーマンだ。すべては今後の成り行き次第だが、安倍政権に与えるダメージは計り知れず、民主党幹部が言うように「潮目が変わって」いく可能性大有りだ。安倍も一人天下とばかりの傲慢で国民をなめきった国会答弁は出来なくなり、ストレスから「鬱への転換」が意外に早くやってきそうで大いに結構なことである(笑)。最後に、この問題が週刊文春から唐突に出てきたのはどうしてだろう?やはり軽減税率で菅長官に遺恨を含む財務省からのリークだろうか?だとすると、甘利の次はお前だ、菅義偉!(大場光太郎・記)-

【注記】
 末尾URL表記した板垣英憲記事によりますと、「従来、週刊文春に掲載される記事には、米国の意思が働いていると言われてきた」ということです。ということは、TPP交渉がらみで甘利は米国筋から何か恨みを買ったということなのか??

11214


〈スクープ速報〉衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/876.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 20 日 17:40:06:
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar949623
2016-01-20 16:00 週刊文春

 甘利明TPP担当大臣(66)と公設秘書に、政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いがあることが週刊文春の取材でわかった。千葉県内の建設会社の総務担当者が週刊文春の取材に応じ、メモや録音を基に金銭の授受を証言した。

 この男性によれば、独立行政法人都市再生機構(UR)が行っている道路建設の補償を巡り、甘利事務所に口利きを依頼。過去3年にわたり、甘利大臣や地元の大和事務所所長・清島健一氏(公設第一秘書)や鈴木陵允政策秘書に資金提供や接待を続け、総額は証拠が残るものだけで1200万円に上るという。

 2013年11月14日には、大臣室で甘利大臣に面会。桐の箱に入ったとらやの羊羹と一緒に、封筒に入れた現金50万円を「これはお礼です」と渡したという。

 面会をセットした清島所長は、週刊文春の取材に「献金という形で持ってきたのではないですか」と回答した。ただ、甘利氏の政治資金収支報告書に記載はない。

 元東京地検特捜部検事で弁護士の郷原信郎氏は、一連の金銭授受は政治資金規正法違反、あっせん利得処罰法違反の疑いがあると指摘した。

 TPPが国会承認を控える中、甘利大臣の適格性を問う声が上がりそうだ。


[キャプション]50万円を甘利氏に渡し終えた後のツーショット。撮影は清島所長が

    ◇    ◇

※記事の全文は1月21日午前5時に「週刊文春デジタル」にて公開します。
 http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/
 ・

10911

<甘利氏疑惑>政府・与党に危機感 TPP審議、影響必至
http://mainichi.jp/articles/20160121/k00/00m/010/092000c
毎日新聞 1月20日(水)21時31分配信

 甘利明経済再生担当相に「政治とカネ」の問題が浮上し、政府・与党幹部の間には危機感が広がっている。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)関連法案の審議は今国会最大の山場。甘利氏はその担当相を務める安倍政権の看板大臣だけに、進退問題に発展するような事態となれば、政権への打撃は大きい。

 千葉県内の建設業者が甘利氏や秘書らに口利きを依頼し、見返りに現金を供与したとの21日発売の週刊文春の記事について、官邸関係者は「記事通りだとしたら深刻だ」と語った。そのうえで「委員会審議への影響は出てくるだろう」と述べ、国会審議への影響は避けられないとの認識を示した。

 自民党中堅は「甘利氏は政権の屋台骨だからきつい。これまでのスキャンダルとは訳が違う」と強調。同党参院幹部は「あの人がTPP責任者で大丈夫かという声が上がるだろう」と参院選への影響を危惧した。

 21日には安倍晋三首相と全閣僚が出席して参院決算委員会が開かれる。公明党幹部は「参院決算委で甘利氏が直接説明をするだろう。どうなるかはその説明次第だ」と指摘した。

 甘利氏は、TPP担当相として大筋合意を取りまとめた立役者。国会では2016年度予算案の審議の後、TPP関連法案の審議が本格化する。甘利氏はこれまでの交渉過程を熟知しており、政府・与党は「TPP国会」を乗り切るために欠かせない人材とみている。

 また、12年の第2次安倍内閣発足時から閣僚として首相を支えてきた「政権中枢」の一人で、閣僚辞任に至れば、首相へのダメージも小さくはない。

 政府関係者によると甘利氏は、週刊誌に記事が掲載されることを19日に首相に報告。しかし、甘利氏本人も事実関係については把握できていない部分が多く、首相官邸も甘利氏の調査結果を待っている状態という。

 一方、国会の序盤戦で安倍政権を攻めあぐねてきた野党側は色めき立っている。民主党の枝野幸男幹事長は20日の記者会見で「相当厳しく問いたださないといけない」と強調。共産党の穀田恵二国対委員長も会見で「真相について解明が求められている。内閣の長の責任もはっきりさせる必要がある」と語り、首相の任命責任も追及する構えを見せた。

 ある民主党幹部は「これで潮目が変わってきた」と語った。【田所柳子】

11212
シドロモドロ(C)日刊ゲンダイ

甘利大臣は辞任秒読み 安倍内閣を待つ一蓮托生崩壊
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/919.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 21 日 17:55:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/173796
2016年1月20日 日刊ゲンダイ

 こりゃ、完全にアウトだろう。

 21日発売の週刊文春が報じた甘利経済再生相の金銭大醜聞だ。甘利の事務所がトラブル解決の口利きの見返りに1200万円もの“賄賂”を受け取っていたというもので業者の人間が実名告発しているだけでなく、秘書との現金授受の場面もバッチリ写真に撮られ掲載されている。甘利本人も直接カネをもらっているといい、大臣辞任どころか議員辞職、逮捕されてもおかしくない内容だ。

 さっそく、21日の参院決算委員会で追及されたが、甘利はシドロモドロ、何一つマトモに答えられなかった。

 文春によると、2013年5月、千葉県内の建設会社の総務担当者が、独立行政法人都市再生機構(UR)とのトラブル処理を甘利事務所に依頼。決着した謝礼として甘利の秘書に500万円、甘利本人に50万円を手渡した。一部は政治資金収支報告書への記載がないという。

 さらに、秘書らはこの関係者に“タカる”ように、キャバクラやフィリピンパブなどで豪遊。こうした接待なども含めれば“賄賂”総額は1200万円に及ぶという。口を利いてもらった建設会社は、URから約2億2000万円の補償金を受け取った。これらは、あっせん利得処罰法違反や政治資金規正法違反にあたり、立派な犯罪だ。

 文春には、甘利本人が告発者とガッチリ握手している写真や、秘書がニタニタしながら現金を受け取っている写真、さらには甘利事務所が出した手書きの領収書も掲載されている。事実を裏付けるメモや録音データも残っているという。もはや言い逃れはムリだろう。

■新年度予算審議入りの最悪タイミング

 甘利は20日の会見で「私自身は国民から後ろ指をさされる行動を取ったことはない」「調査した上で、説明責任を果たしたい」と平静を装ったが、動揺は隠せなかった。それもそのハズで、週刊誌の発売日前日にもかかわらず、テレビは20日からこのニュースを大々的に扱っている。これは異例のことであり、それだけ致命的、決定的醜聞だと判断したからに他ならない。

 本人にもその自覚はある。

「16日に文春に直撃された甘利さんは、17、18日の2日間で記事をもみ消そうと奔走したようです。しかし、手に負えず、19日に官邸に駆け込んだ。党幹部らが対応策を協議し、『もう閣僚辞任しかないか』という話にもなった。本人も腹を決めて、大臣を辞任しようとしたが、官邸がそれを押し戻したらしい。官邸は『十分に説明すれば乗り切れる。甘利さんはダボス会議で間もなく海外出張するので、行ってしまえば何とかなる』と甘く考えていたようです」(自民党関係者)

 このタイミングでの甘利のスキャンダルは、安倍政権にとって痛すぎる。

 今国会は22日、安倍首相の施政方針演説が行われ、新年度予算案の審議に入る。経済担当の甘利はそのキーパーソンのひとりであり、重要法案のTPP関連法案の責任者だ。頻繁に答弁に立つことになるが、カネの問題を追及され、予算やTPPの審議が滞るのは間違いない。野党はこの問題をガンガン攻めるつもりで、参考人招致や証人喚問に進展する可能性もある。

 民主党の枝野幸男幹事長は20日の会見で「相当深刻な問題を抱えているという認識だ。本人を厳しく問いたださないといけない」と語り、21日から始まる参院決算委員会などで取り上げる方針を明らかにした。共産党の穀田恵二国対委員長は安倍首相の任命責任を問題視し、「真相について解明が求められている。内閣の長たる者の責任をはっきりさせる必要がある」と述べた。

 菅官房長官は「一般論として疑惑を持たれれば、政治家自らが真摯に説明する必要がある」としている。

「7月に参院選があるし、その前の5月は日本が議長国となるサミットがある。事実上、審議はGW前までになるので日程がキツイ。そのために今国会は政府提出法案を過去最少の55本に抑えたほどです。甘利さんへの追及や審議ストップで時間を取られたら綱渡りの日程になってしまう……」(官邸事情通)

 安倍のイライラは頂点だろう。

 首相を取り巻く環境のすべてが逆回転してきた

11213
ドミノ辞任に発展か(島尻沖縄担当相と高木復興相)/(C)日刊ゲンダイ

 それにしても、政権中枢の重要閣僚がよくもまあ、こんな分かりやすい典型的なワイロをもらったものだ。文春によれば、謝礼のカネは「大臣室でとらやの羊羹と一緒に封筒に入れて手渡された」というから、ひと昔前の疑獄事件を思わせるヤリ方だ。

「甘利さんはもともとは山崎拓さんの派閥でしたが、石原伸晃さんとの“跡目争い”に負けて離脱した。その際、自らのグループをつくろうと動き、カネ集めに奔走していました。ですから甘利事務所はカネに対する嗅覚がある。甘利さんは次は幹事長を目指しているようなので、まだまだカネや人脈が必要だったのでしょう。もともと古いタイプの政治家です」(自民党関係者)

 実名告発した建設会社の総務担当者は20日、「私がURとの補償交渉で甘利事務所に口利きを依頼し、計1200万円を渡した。裏付けるメモや録音データが残っている」とあらためてコメントを出している。覚悟の告発ということだ。

 今後、警察や検察も動き出すだろう。もはや甘利は逃げられない。

■「潮目が変わってきた」

 この甘利スキャンダルは安倍政権の終わりの始まりだ。

 まず、閣僚のドミノ辞任が再び現実のものとなる。甘利が辞めれば、下着ドロの過去を報じられた“パンツ大臣”高木毅復興相やカレンダー問題で公選法違反の疑いが持たれている島尻安伊子沖縄担当相への追及も再び強まり、ただではすまなくなる。

 第1次安倍政権では、閣僚の不祥事が相次ぎ、07年参院選で大敗した。この夏の参院選もあの時の再現になるんじゃないか。

 それでなくても、安倍政権を取り巻く環境は、年明けから昨年とは様相がガラリと変わってきている。

 その筆頭がアベノミクスのインチキを隠してきた株価だ。中国経済の低迷や中東の緊張、原油安を背景に未曽有の世界恐慌に突入し、日経平均株価は年初から2500円以上も下げ、昨年来安値を更新中。

 為替相場も、きのうロンドン市場で1ドル=115円を付けた。円高傾向に歯止めがかからなくなってきて、頼みの大企業の業績も先行き不透明感が漂う。

「経済、経済、経済」で参院選まで高支持率を維持しようと考えていた安倍のシナリオは、ガタガタと崩れている。そこにもってきて、政権発足から3年間にわたって最側近として支えてきた最重要閣僚が辞任必至なのだから、安倍政権そのものにも大打撃、一蓮托生で崩壊が始まることになる。

 政治評論家の野上忠興氏がこう言う。

「参院選に向けて、『3分の2の勢力で改憲する』と強い姿勢を見せたりしていますが、株価の暴落に看板閣僚の醜聞と、すべてが逆回転してきました。こうなると体調不安も重なり、今後、どうなるかわかりませんよ。潮目が変わってきました」

 驕れるもの久しからず、だ。

(以上、転載終わり)

関連記事
『甘利明担当大臣大ハッスルのTPPの行方』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/tpp.html
『甘利は終わった 天木直人(新党憲法9条)』http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/906.html
『安倍晋三政権を吹っ飛ばしかねない現職閣僚をめぐる「超弩級」の疑獄事件が、「ついに出てきた!」(板垣 英憲)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/898.html
『収賄疑惑を告発された甘利経産相の悪評! バンダイの御曹司に絵画を1500万円で売りつけ裏金づくりの疑惑も(リテラ)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/904.html

|

« 此頃都ニハヤル物 夜討 強盗 謀総理 安倍ノブチキレ 大詐術 「アベ過ぎる」テフ女子高生語w | トップページ | 甘利大臣もたない…与党内冷ややか水面下で後任選び »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。