« 奴隷はなぜ逃げないのか-SMAP独立騒動から (by 石井 孝明) | トップページ | 【安倍大打撃】甘利大臣、金銭授受を認め辞任 後任に石原伸晃元幹事長 お友達人事で難局を乗り切れるのか!? »

安倍の“トカゲの一声”で甘利被疑者続投か?だが週刊文春第2弾は甘利をさらに追い込む内容だ!

-大臣室で50万円の斡旋収賄を受け取っていた事実が判明した甘利明被疑者であるが、どうも嫌な流れになりつつあるようだ。安倍爬虫類人の“トカゲの一声”で「甘利続投」が決まりそうなのである。安倍も甘利も菅も麻生も高村も・・・、動画や画像で爬虫類人である事が暴露されているが、いかにも安倍ならず者政権幹部のやりそうな事である。「ヘビの道徳」は私たちまっとうな「ヒューマノイド(真人間)の道徳」とは違うのだ。甘利自身が28日の会見で金銭授受を否定し続投を明言するとみられているが、すんなりうまくいくのかどうか。以下の転載記事が述べるように、「週刊文春第2弾」は甘利サイドに決定的ダメージとなる内容だという。詳細は同記事をお読みいただきたいが、爬虫類官邸がマスコミを使って流させている「告発会社の謀略説」など一気に覆すもののようだ。安倍は閣内に“犯罪者”を匿(かくま)いながら、今後の通常国会、政権運営をうまく乗り切れるとでも思っているのか?ある民主党幹部は、「甘利大臣は退き際を間違えた。甘利問題が長引く事はありがたい」と大喜びだそうだw (大場光太郎・記)-

1279
(写真提供:週刊文春)

金銭授受疑惑 甘利大臣秘書の“UR威圧録音”入手!
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/356.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 27 日 16:15:05
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5817
週刊文春2016年2月4日号<週刊文春2016年2月4日号『スクープ速報』より>

 甘利明TPP担当大臣(66)と秘書の金銭授受疑惑で、公設秘書二人のUR(独立行政法人都市再生機構)に対する口利きの詳細が、週刊文春の取材でわかった。

 二人は、公設第一秘書の清島健一・大和事務所所長と政策秘書の鈴木陵允氏。甘利事務所側は、道路建設を巡る補償交渉を巡り、千葉県内の建設会社の総務担当者から、約1200万円にのぼる金銭や接待を受けて、URに対し、口利きを行なっていた。

 週刊文春が入手した録音によれば、清島所長は、2015年10月27日に衆院議員会館を訪れたURの総務部長と国会担当職員を、鈴木秘書が「威圧した」と語っている。

〈開口一番威圧したんですよ。私たちは、今までこれほどこじれた話なんだから、現場ではなく、ちゃんと本社に持って帰る話だろうという話をしてたんです〉

〈最初にガツンと会った瞬間に「あんたたち、俺たちの顔立てるっつったよな、わかんなかったの?」って言ったから〉

 さらに、清島所長は12月1日には、URの総務部長と大和事務所で面談。

〈「駄目なら駄目なりにね、なんで値段上げられないのかね」って言ったら、「そうですよね」と〉

など、URに対し補償金額の話をした上で、

〈「大臣もこの案件については知っているんで、こっちもちゃんと返事を返さなくちゃいけないんですよ」と言った〉

と、甘利大臣の関与をうかがわせる発言もしていた。

 週刊文春では、甘利事務所に確認を求めたが、締め切りまでに返答はなく、URは「調査中」と回答した。

 URに対する口利きの詳細が判明し、あっせん利得処罰法違反の疑いが強まったことで、甘利大臣のさらなる説明責任が求められることになる。

11245

甘利大臣、続投方針も「文春」が第二弾でトドメの詳細証言! 告発者は安倍首相の「桜を見る会」に参加していた(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/362.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 27 日 20:10:05
http://lite-ra.com/2016/01/post-1925.html
2016.01.27. 文春の甘利大臣追及第二弾!安倍とも リテラ

 先週の「週刊文春」(文藝春秋)で賄賂の告発を受けた甘利明経済再生担当相だが、明日、28日の「週刊文春」第二弾の発売を待たず、安倍政権は「続投」の方針を打ち出した。

 実名告発の上、物的証拠もそろった決定的なスキャンダルということで、この数日は永田町でも「辞任必至」という声が大勢をしめていたが、安倍首相のツルの一声で、続投が決まったらしい。

「甘利大臣は安倍首相にとって、首相復帰の立役者のひとり。安倍首相は『甘利氏をTPPの調印式に行かせたい』の一点張りで、聞く耳を持たなかったらしい。それでとにかくぎりぎりまで甘利氏を守るということになった」

 まったく政治の私物化もはなはだしいが、安倍首相にこの決断をさせたのは、数日前から流れていた謀略説だった。

 実際、昨日の本サイト記事でも指摘したように、官邸と自民党はしきりに謀略説を流していた。曰く「最初から告発目的で仕掛けていた」「告発者と週刊文春がワナにはめた」「告発者は甘利事務所に恐喝を仕掛けていた」……。菅官房長官に至ってはオフレコ懇談で記者に「告発者はそのスジの人物」と明言していたという。

「さらに、一昨日くらいになると、第二弾には完全なガセ情報が含まれているという話が流れ、これを指摘すれば、一気に形勢逆転、逃げ切れるという見方に傾いた」(全国紙政治部記者)

 だが、安倍首相や官邸はとんだ思い違いをしていたようだ。明日発売の「週刊文春」第二弾は、ガセどころか、官邸や自民党の流す謀略説を真っ向から否定し、甘利大臣にトドメを刺すような事実を指摘しているという。

 告発者の一色氏が暴力団組員説や恐喝説に逐一、具体的な反論しているのはもちろん、甘利事務所の公設秘書らがUR(都市再生機構)に「大臣の名前を使った「恫喝」まで行なっていた事実を証明するテープを公開。

 さらに決定的なのは、2014年、甘利大臣に50万円を渡したやりとりを第一弾よりももっと詳細に証言していることだという。

「甘利大臣側は封筒の中身を知らなかった、ということにしたがっているようですが、『文春』の第二弾では、甘利大臣に告発者が『個人的なお金ですから受け取ってください』と説明していたことを証言しているようです。当然、この部分もテープがあり、甘利大臣は言い逃れできないはずです」(週刊誌関係者)

 しかも、この50万円受け渡しの際には、甘利大臣に告発者が直接、2回目の陳情を行なっており、これは明らかに「不正の請託」にあたる。もはやあっせん利得罪はさけられないし、場合によっては、「受託収賄罪」が成立する可能性もある。

 さらにもうひとつ、興味深いのは、この賄賂を渡した2ヶ月後、この告発者が安倍首相の「桜を見る会」にも招待されていることだ。明日発売の「週刊文春」ではその写真も掲載されているという。

 安倍首相が必死で甘利大臣をかばおうとしているのは、もしかしたら、こうしたつながりで自分に火の粉がかかるのを恐れているからなのか。

 いずれにしても、こんな疑惑だらけの状況で、続投を強行するというのは信じられないが、その根本的な背景には、今のマスコミと野党の体たらくがある。

「今回の疑惑は本当に決定的で、それこそ昔なら内閣総辞職ものですよ。ところが、今は、マスコミも野党も安倍政権に完全になめられていて、大臣辞職すらさせられない。官邸はきっと、こっちが恫喝すれば、マスコミなんて黙らせることができると踏んでいるんでしょう」(ベテラン政治部記者)

 実際、今日の『ひるおび!』(TBS系)などでは、安倍首相の応援団である時事通信社の田崎史郎解説委員が登場し、「甘利さんは封筒に現金が入っているのを知らなかった」「TPPは甘利さんだったからまとまったとアメリカ側も思ってる。(安倍さんが)調印式に行かせてやりたいと思うのは当然」などと、政権の言い分をそのまま垂れ流していた。

 新聞も、甘利事務所側が300万円を告発者に返却していたと報じるなど(告発者は受け取っていないと主張)、なぜか、甘利事務所に肩入れするような記事をやたら連発している。

 だが、この決定的な疑惑で甘利大臣の続投が許されるなら、もはや、この国では、為政者がどんな不正を働いても処罰されないし指弾されないということになる。安倍政権によって、日本は政権に逆らうものだけを摘発する中国のような汚職まみれ専制国家になろうとしている。マスコミはそのことをももっと自覚すべきだろう。

(田部祥太)

(以上。転載終わり)

関連記事
『甘利大臣ワイロ疑惑「陰謀論」にのっかるメディアの醜悪(日刊ゲンダイ)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/300.html
『甘利大臣の収賄疑惑に東京地検特捜部が動き出した! 特捜部に10年以上前から眠る「甘利ファイル」とは(リテラ)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/246.html
『甘利大臣ワイロ疑惑で新証言 “口利き”で補償金2億円増か(日刊ゲンダイ)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/331.html
『「ワイロは罠」と周囲は擁護 甘利大臣“被害者ヅラ”の厚顔(日刊ゲンダイ)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/259.html
『甘利大臣賄賂疑惑で安倍政権・自民党がふりまく“謀略説”に騙されるな! 口利き・賄賂受け取りは明らかな事実だ(リテラ)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/293.html

|

« 奴隷はなぜ逃げないのか-SMAP独立騒動から (by 石井 孝明) | トップページ | 【安倍大打撃】甘利大臣、金銭授受を認め辞任 後任に石原伸晃元幹事長 お友達人事で難局を乗り切れるのか!? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。