« 【朗報】ようやく日本にもドル詐欺崩壊を回避する動きが出てきた! | トップページ | 【安倍大打撃】潮目が変わるぞ、甘利大臣に収賄疑惑発覚! »

此頃都ニハヤル物 夜討 強盗 謀総理 安倍ノブチキレ 大詐術 「アベ過ぎる」テフ女子高生語w

112011

「聞かれたことに答えない&ごまかす」の一例(本国会質疑での一こま)
112017
(一言 強引にすり替え、騙くらかしているのはお前の方だ!)

【参考】
二条河原の落書(らくしょ)

 「二条河原の落書」とは、室町幕府問注所執事の町野氏に伝わる『建武年間記(建武記)』に収録されている文である。88節に渡り、建武の新政当時の混乱する政治・社会を批判、風刺した七五調の文書。専門家の間でも最高傑作と評価される落書の一つである。(ウィキペディアより)

(原文の冒頭部分)
此頃都ニハヤル物 夜討 強盗 謀(にせ)綸旨
召人 早馬 虚騒動(そらさわぎ)
生頸 還俗 自由(まま)出家
俄大名 迷者
安堵 恩賞 虚軍(そらいくさ)
本領ハナルヽ訴訟人 文書入タル細葛(ほそつづら)
追従(ついしょう) 讒人(ざんにん) 禅律僧 下克上スル成出者(なりづもの)

112018
【追記】
 この者の罪状「#アベ過ぎる」ほど明らかなれば、召し捕り次第永田町・霞ヶ関界隈引き回しの上マサキリにて打ち首と致し、同首をば塩漬けにして京に移送致し二条河原に晒すもの也。(架空小説『無風流夢譚』より)
 

 女子高生をバカにしてはいけません。見るべきところはしっかり見、押さえるべき勘どころはしっかり押さえているのです。そんな女高生が今回また一つ、「アベ過ぎる」という実に秀逸なギャル語を生み出してくれました。

 「#アベ過ぎる」タグはツイッターであっという間に拡散され、気の早いことに今年度流行語大賞候補か?とまで囁かれています。

 冒頭画像にあるとおり、意味は複雑なのだそうです。
●馬鹿過ぎる
●他人の話が聞けない
●聞かれたことに答えない&ごまかす

 なるほどなるほど。通常国会予算委員会における野党質問への安倍答弁を少し思い浮かべただけでも、上の3項目は皆図星といえます。あんな安倍答弁では議論は一向に深まるわけがありません。それどころか、この国は難問山積なのに、議論自体が不毛で虚しいものになっていきます。

 1日国会を開けば1億円かかるそうです。国民の血税です。安倍のふざけた、すり替え、はぐらかし、ブチキレ答弁には心底怒りを覚えます。

 なお、本記事タイトル中の「謀(にせ)総理」とはずばり現在の安倍晋三のことです。

「現職総理に向かって偽総理とは何事だ」という向きもあるかもしれません。それは、安倍が政権奪取した2012年12月16日の総選挙が巨大不正選挙だったことによります。同不正選挙については過去にずい分記事にしていますから、ここで詳細に述べる事はしませんが・・・。

112010

 日月神示に「岩戸は五度閉められているのであるぞ。・・・騙した岩戸からは騙した神が現れて嘘の世となったのじゃ。この道理わかるであろう」という有名な一節があります。古事記にもある有名な天照大神の岩戸隠れは「第二の岩戸閉め」にあたり、まことの天照大神はいまだ岩戸の中とのお示しですが、それはさておき。

 これをパロッて言えば、「12・16不正選挙からは騙した総理が現れて詐欺の世となったのじゃ。この道理わかるであろう」となり、安倍晋三なるものは真っ赤な偽総理ということが明らかなのであります(笑)。

 今夏の参院選(または衆参同時選)から「満18歳」から投票権が与えられることになります。「#アベ過ぎる」を生み出した女子高生のうち、高校3年生なら投票できる人も出てくるわけです。でもこういう優れた言葉を生み出してくれる人たちですから、特に懸念する必要はなさそうです。

 ベンジャミン・フルフォード氏いわく、「不正選挙が広く知られるようになったから夏の参院選ではムサシ不正はなさそうだ」と。

 なるほどムサシ不正はさすがにしないとしても。昨年9月初旬の山形市長選のように従前の候補者記名式ではなく、投票したい候補者の上欄に「○スタンプ押印」式に変えられる可能性があります。それによる不正リスクの増大には十分な監視が必要です。

10262
(こんな「#アベ過ぎる」者にいつまでも総理を続けさせてはダメだ!)

 とにかく不正選挙で政権奪取した安倍政権には何ら正当性がありません。「#アベ過ぎる」ヒドイ政権をお払い箱にすること、これが今夏参院選の最大の眼目です。

 (大場光太郎・記)

関連記事
『深沢七郎『風流夢譚』と嶋中事件』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-026a.html
『史上空前の大規模不正選挙』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-56a3.html
『不正選挙総まとめ』
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-d8e4.html

|

« 【朗報】ようやく日本にもドル詐欺崩壊を回避する動きが出てきた! | トップページ | 【安倍大打撃】潮目が変わるぞ、甘利大臣に収賄疑惑発覚! »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。