« 【天皇家】南朝と北朝の関係 | トップページ | 読者とのやりとり(8) »

折り折りの短歌(12)

217


西空の希望の色の冬茜(ふゆあかね)地に生く命寿(ことほ)ぐ如く


長歩きすれば存外暑いほど小春川辺で一服するか


2175

みなとみらい横浜港の上の雲白くふんわり浮いていたりし


クリスマスイヴ雑踏の駅通路左右掻き分け急ぎ歩めり


2172

かの杜甫の名詩絶句にみならえば今年看(みすみ)すまた過ぐるなり  (※1)


去年(こぞ)今年越えていまだに咲いている存外強きコスモスの花  (※2)


さすが厚高男子生女子に9条説いて歩めり  (※3)


白鷺がゆらと翼をはためかせビルの狭空(さぞら)を飛びていたりし


禍々(まがまが)し蛇腹(じゃばら)のようなケムトレイル冬夕空に長く伸びたり


人溢れこの俺の価値減じるとある種の怖れ感じるひと時


雲間よりシリウス一つ瞬(またた)きて我に何かを告げるが如し


夕靄(ゆうもや)にうす煙せる遠近(おちこち)の景色を眺め川野辺の道


早春の気そこはかとなく漂わす曇り日の下のおらが街かな


うっすらと雪を被(かぶ)りし丹沢のけふは厳しき峰の連なり


日が暮れて川辺の道を行くときに冬の水音冷たかりけり


鉛色の冬空覆う電線に何の黙示か鳥連なるは


2171

大寒の道辺(みちべ)に薄きクリームの小(ち)さき水仙早や咲いてるよ


雲割りてさやかなる月躍り出ず午後五時半の冬の刻(とき)かな


 (大場光太郎)


【注記】

2173

※1 杜甫の(五言絶句)『絶句』は高校漢文でどなたも習ったことでしょう。また当ブログ『名詩』カテゴリーでも以前取り上げましたから、詳しい意味などはここでは省略します。盛唐を突如揺るがした「安禄山の変」により、玄宗皇帝・楊貴妃らはもとより杜甫一家も都・長安を追われ、遂に長安に帰る能わず、最晩年の長江船中での死まで漂泊の生涯となったのです。という事はともかく。私ごとき凡人は毎年「やり残し感」いっぱいで年の瀬を迎えることになります。
※2 結局1月中旬頃まで咲いていました。

2176

※3 「厚高」とは神奈川県立厚木高等学校のことです。日本でも有数の進学校ひしめく本県にあって、厚高はここ10年くらいで県内ベスト5、6番手くらいまで頭角を現わしてきました。他市の優秀な生徒がけっこう電車通学しており、当駅周辺でいかにも賢そうな同校生をよく見かけます。本拙歌は1月中旬頃のある夜の一こまです。駅近くの道で十数メートルくらいすぐ後ろについて聞いていて、『君凄いねえ。さすがよく勉強してるね!』と声をかけようかと思いましたが『恋路を邪魔しては』と止めました。厚高生にとって大先輩に当たる甘利明の今回の不祥事、現役の彼らはどう受け止めているのでしょうか?
※番外編 野良猫たちの四季
 今回は野良ちゃんたちについての短歌はありませんが、消息だけ記しておきます。現在7ヵ所ほどで餌を上げ、顔なじみ猫ちゃんが10匹以上となりましたが(ワォーッ!)、中核のミケニャン、アクニャン、コクロ、メメクロ、アッチャカなど、おかげさまで全猫つつがなく冬を越せそうです!

|

« 【天皇家】南朝と北朝の関係 | トップページ | 読者とのやりとり(8) »

折り折りの短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【天皇家】南朝と北朝の関係 | トップページ | 読者とのやりとり(8) »