« 折り折りの短歌(13) | トップページ | 小沢氏、野党共闘は「日本の歴史を変えるきっかけになる」 »

【風雲・北海道補選】“3点セット”が逆風に…自民党「北海道5区補選」で大苦戦

-妻・金子恵美衆院議員の出産を間近にし育休取って不倫情事に耽っていた、安倍チルドレンの鑑(かがみ)・宮崎謙介衆院議員の辞職に伴う京都3区補選。自民党はさすがに候補者立てられず不戦敗。そこで悪辣安倍自民は、民主と共産の血で血を洗う野党間闘争の高みの見物を決め込もうとしたが、これも共産が立候補見送りを決断し安倍らの目論みは見事外れジ・エンド。かくて参院選前哨戦2つのうち、期せずして1つのアドバンテージが野党側に転がり込んできたのである。残る1つが町村信孝元官房長官死去に伴う北海道5区補選。これも新党大地の鈴木宗男が小早川して安倍にすり寄るなどゴタゴタがあったが、野党統一候補の池田真紀が町村の女婿何某を猛烈に追い上げ、大いに期待が持てそうだというのである。もしここでも野党側が取れば前哨戦2連勝となり、安倍の同時選目論見は大きく狂うことになる。しかし気を引き締める意味でも悪徳勢力を侮らない方がいい。とにかく国政選挙にあって主導権を握っているのは国民有権者ではない。表向きはそうであっても、(記事本文に続いて転載したコメントにあるように)「選挙は投票者よりも集計者が問題なのである(スターリン)」ということで、残念ながら主導権は自公政権側にあるのだ。今やかなりその名が知られるようになってきたイカサマ集票マシーン「ムサシ」をいいように操作できるのは安倍政権だ。国政選挙の総元締めは総務省。そしてここの大臣が電波停止ブラフのネオナチ口裂け女の高市早苗ときたもんだ。そして極めつけが安倍の寿司友メディア。推察するに、「奴ら」の勝利の方程式は次のとおりだ。まず新聞・テレビが実際より3倍増くらいの世論調査支持率を繰り返し流して国民有権者を予め洗脳しておく。次に不正集票の優れもの・ムサシを使ってそれに近い数値が出るように得票数を操作し、NHKなどが開票も始まっていないのに当確を出す。仕上げとして総務省がその得票結果にお墨付きを与える。これが「12・16巨大不正総選挙」で安倍が登場してからの衆参国政選挙で行ってきた安倍自民党の勝利の方程式だと思われるのだ。国政選挙の延長線上にある北海道補選でムサシをどれだけ不正使用してくるかは不明だが、この勝利の方程式がある以上「安倍&安倍政権は反永久的に続きます」となるわけである。道民&国民有権者はしっかり心して臨まなければならない。 (大場光太郎・記)-

3222
22日、候補者本人を真ん中に野党5党の女性議員・元議員大集結!

“3点セット”が逆風に…自民党「北海道5区補選」で大苦戦
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/196.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 20 日 07:17:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177662
2016年3月20日 日刊ゲンダイ

3203
野党統一候補の池田真紀(C)日刊ゲンダイ

「このままでは負ける」――と、自民党が真っ青になっている。4月24日に行われる“北海道5区”と“京都3区”の2つの補欠選挙。不戦敗の京都3区だけでなく、負けるはずがない北海道5区まで勝利が怪しくなっているからだ。

 自民党の直近の調査によると、なんと自民候補と野党候補の支持率は「45対43」の横一線。さらに、農業専門紙の調査では、北海道は「政党支持率」まで「自民17%、民主17%」と並んでいるという。

 自民党にとって北海道5区補選は、本来、絶対に負けるはずがない選挙。自民党議員だった町村信孝氏が死亡したために行われる“弔い合戦”だからだ。しかも、自民党は、万全を期して町村氏の娘婿を擁立している。なのに大接戦とは、いったい何が起きているのか。地元の政界関係者がこう言う。

「まず、候補者の差が大きい。亡くなった町村さんの娘婿である自民党候補は、とにかくエラソーで頭を下げない。有権者に会えば会うほど票を減らしています。その反対に、野党統一候補の池田真紀氏(43)は、ざっくばらんで明るく、会った人は皆、ファンになっている。彼女は、介護の専門家。苦労しながら子供を育てているシングルマザーです。エリートである自民党候補と違って、生活感があることが受けているのでしょう」

 さらに「TPP、安保、保育園」の3点セットが、自民党を直撃しているという。

 もともと北海道はTPP反対が強い。さらに、基地を抱えている北海道5区は、安保問題にも敏感。そこへ、保育園問題が加わった形だ。安倍首相が、保育園不足に困っている母親を冷たく切り捨てたことで、女性有権者はカンカンになっているという。

「危機感を強める自民党は、総裁特別補佐の下村博文氏を現地に張りつけるつもりです。対する野党陣営は、女性議員を連日、送り込む方針。4月24日の投票日まで総力戦になるはずです」(永田町関係者)

 もし、北海道5区で敗れ、補選連敗となれば、安倍首相はダブル選挙どころではなくなる。

3223
(「山尾志桜里議員を民進党の代表に!」署名まで始まっている“時の人”山尾志桜里も応援に入る。道民の皆さ~ん、山尾&池田美女ツーショットが道内各所で見られますぞ~!)

(以下、同記事阿修羅投稿のコメントより)

3.    2016年3月20日 08:17:05 : 6jC6Ok4X3M : r9HiorRuc1w[136]
阿倍とその周辺のやること為すことすべてが野党候補の追い風になっている、議席数に胡坐をかいたあげく慢心したまんまじゃ、選挙に勝てる訳ないだろう。
これから引締めようにもタガの緩んだ党内を今更どうしようもないだろうな、増税先送りもアホノミクスの失敗を強調するだけだろう。

4.    2016年3月20日 09:34:44 : RLGPV2ksTw : tctUCm@juP4[5]
地に足を着けた農業新聞農業専門紙、ローカル紙の
報道活動に期待したい。

7.    2016年3月20日 10:26:53 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[235]

大地の鈴木さんが応援しても、和田は負ける。
  「大地」の票は減ってる。宗男さんは今まで反自民だったでしょう。
   自民党について「赤狩り」でもやるのですか?。

    おかしいよ~。一有権者

8.    2016年3月20日 10:52:37 : GDwtZ54BP5 : veRUBGh14BI[1]
北海道補選で自民は苦戦、あるいは接戦と言う情報が流れているが
信じてはいけない
コレはまた野党の負けパターン
大阪市長選と宜野湾市長選を思い出せ
どっちも接戦、与党苦戦と言う偽情報が流れていた
結果はどっちも与党の余裕の勝ち
野党支持者は騙されるな
北海道予選でも間違いなく与党有利のはず
おそらく与党側は既にかなりの数の票を固めてしまって居ると見た方が良い
明らかに与党はもう何ヶ月も前から票の掘り起こしを始めているわけで
宗男攻略もその一環
野党は出遅れている事を自覚しないと

そして最も大事な事は
これからやらなきゃいけないのは票を確実に奪うという事
表面的な選挙運動では無く
兎に角なりふり構わず確実に票を掴む
既に与党は凡ゆる人脈を総動員してかなりの票を固めていると見るべき
出遅れた野党はその票を切り崩さないと勝てない

14.    2016年3月20日 14:55:33 : L2BfDE3boE : BA7llApYqRE[539]
これだけ自民党議員の質が落ちて国民を裏切り続けても北海道民は自民党に投票するのか、信じられない。増して町村氏は悪の枢軸自民党清話会の人、自分の事を棚に上げ小沢氏を批判していたのをよく覚えているズルくて嫌な人間、そんな人を地元だからと支持するのは日本特有の悪い国民性、是非とも野党議員に勝って欲しい。期日前投票は不正の元、是非当日投票をしてほしい。

17.    2016年3月20日 16:51:40 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[138]
不正選挙が最後の切り札。ムサシの陰謀を暴く必要がある。子供たちに選挙の実態を教える必要がある。いかにして選挙は有名無実なものであるか。それを実行した政党こそが自民党である。数が多くて手数では数えられないとさ。そこに登場するのが、機械で票を読み取る不正ができる機械。ムサシ・・。これがばれないようにムサシの社員を投票所に張り付かせる。期日前投票もいかさまの温床。選挙管理委員会はすでに買収され、袖の下はもちろん、接待漬けの毎日である。そのムサシの大株主こそが、安倍晋三である。総務省はすべてを知っているが、あれでだまされているのである。子供たちに選挙の仕組みを教える前に道徳と倫理の上で、いかさま不正はしてはいけない事実を教えよう。選挙は投票者よりも集計者が問題なのである。かのスターリンの名言である。

30.    2016年3月21日 08:52:41 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[237]

山尾しおり議員が
  池田真紀さんの応援に来るらしい~

32.       白猫[752] lJKUTA 2016年3月21日 09:45:34 : TyxXmqOa72 : H4zuIAH_ghs[128]
「政権をとる」ということはとりもなおさず予算編成権を手中におさめる、すなわち国民から徴収した税金を配分する権利を獲得するということである。
自民・公明はこのことを十分に理解している。
そのために、己の利権を失うまいと利権仲間に税金を躊躇なくばらまくのだ。
小沢氏も鈴木宗男氏もこのことは十分に理解している。
二人の根本的な違いはこうした政治を良しとぜずにその変革を目指すのと、その仕組みの中に己も入り込み、利権にありつこうとするかであろう。
鈴木氏が凡庸な政治家であったことは、今回の自民への摺り寄りで証明された。
しかし、多くの人は己の利益追求を優先するが故に、小沢氏等の行動を素直に受け取れないのではないか?
野党が勝利するのは容易ではない。

(以上、転載終わり)

関連記事
『盛り上がった北海道5区補選、森ゆうこさんも応援  宜野湾市長選に似て来た北海道5区補選ー(天木直人氏)』
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/285.html
『≪ついに≫「山尾志桜里議員を民進党の代表に!」の署名活動が始まる。』
http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/222.html

|

« 折り折りの短歌(13) | トップページ | 小沢氏、野党共闘は「日本の歴史を変えるきっかけになる」 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 折り折りの短歌(13) | トップページ | 小沢氏、野党共闘は「日本の歴史を変えるきっかけになる」 »