« 熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀 | トップページ | 【熊本大地震】安倍晋三、菅義偉が「激甚災害指定」しない理由 »

【安倍政権の不都合な話】熊本地方に激震が走った4月は安倍総理の政権運営にとって分岐点



-以前、わが青春のデュオ・サイモンとガーファンクルの『四月になれば彼女は』が私のS&Gお気に入りの一曲だったと紹介した事があった。そしてまた野山の木々がいっせいに芽吹く蘇りの季節四月は私の誕生月でもある。と、そんな事はこの際まったく関係ないが、真日本の蘇り(黄泉帰り)にとって最大の障害が安倍政権&安倍一派である。いつぞやも述べたとおり、「安倍一派」とは、安倍自民党はもとより親安倍官僚群、旧財閥系を頂点とする財界、安倍応援団マスコミ、原子力村、(裏社会を含む)背乗り勢力、創価・統一半島系カルト宗教、神社本庁・日本会議カルト、極右知識人、ネトサポ・ネトウヨなどを含む裾野の広いものである。これらが安倍晋三という希代の「軽くてパーがいい」御輿を担ぎ、現ニッポンの黄泉化(地獄化)を加速させているのだ。この麗しい季節とまるで逆行しているのが、世を乱らすばかりで始末に負えない「凶党霊団」安倍&安倍一派なのである。安倍政権の3年間を見ても明らかなとおり、正神系神示『日月神示』風に言えば「どこにマコトがござるのじゃ」と言うことである。しかし安倍一派の後ろ盾だった凶党霊団奥の院の米国戦争屋の退潮が顕著である。元はといえば安倍再登板は米国戦争屋ハンドラーによる指名だったわけだから、親亀であるここがコケれば日本の小亀安倍一派が総崩れになってもおかしくはないわけである。最近起きている安倍政権逆風はその表われなのではないだろうか?さてこの4月、日本列島の北と南で大きな出来事が今進行中である。北は来週日曜日に迫った北海道5区補選、そして南は熊本大地震の発生である。北海道5区補選は「イケマキ旋風」が巻き起こり順当なら野党統一候補・池田まき氏当選確実な情勢である。池田氏が勝利すれば「日本が変わる」契機ともなりえる。が、相手は凶党霊団安倍一派である。徐々に弱体化しつつあるとはいえ、すべての権力を掌握しているのは奴らだ。この先どんな謀略を仕掛けてくるか分かったものではない。北海道5区補選の動向、熊本地震の政治利用、心ある国民は厳しく注視していくべきである。 (大場光太郎・記)-

4193

安倍政権の不都合な話
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/601.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 18 日 00:01:10
http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/archives/52805268.html
2016年04月17日 在野のアナリスト

コメント欄では取り上げましたが、安倍首相が16日という奇妙な日程で熊本地震の現地視察を入れていたのは、17日に北海道5区補選のために、現地入りする目的だった。つまり政府の対策本部を空ける理由づけのためだった、ということが判明しました。それが16日未明の本震で、16日の現地視察とともに17日の北海道入りも、日程がとんだ。むしろこれだけの地震がおきて、17日の北海道入りを諦めてなかったことに問題を感じますが、同じように日程がとんだものがあります。

17日、放送予定だった安倍氏の出演番組も、放送がとびました。そもそも、補選の公示があって選挙期間中、全国放送することに大きな問題もありました。高市総務相の言葉を借りれば「公平でないと放送停止」に抵触するものです。しかも午前の放送をみて、午後に安倍氏の現地入りで演説を聞く。有権者にはインパクトのある演出になったことでしょう。だから安倍氏は16日現地視察、17日北海道入り、にこだわったとも言えます。恐らくそれを放送する予定だったフジテレビも、17日の北海道入りを安倍氏が見送ったことに合わせて、放送を延期したのでしょう。放送されるかは内容次第、下手にバラエティじみていると、震災で避難している人もいるのに…と批判も集めます。ただお蔵入りさせないのなら、参院選に照準をしぼって、政権と相談した上で…となるのかもしれません。政権にとって都合がよいなら、『公平』を謳う放送法は無視して。

実はもう一つ、安倍政権にとって都合の悪い話がもち上がっています。それは舛添都知事の高額出張問題です。舛添氏は自民党参院議員でしたが、後に党を離れて、国政からは退いたものの、都知事選に出馬するときは自民都連、公明都本部が推薦しています。つまり自民党が推す候補の品行方正について、疑義がもち上がってしまっているのです。しかし舛添氏、元々参院議員時代から政治資金については疑惑をもたれていた。不透明な資金の融通があったのでは? というものですが、その件は自民党議員のほぼ特権としてスルーされました。また母親の介護をアピールポイントにしていましたが、取材陣にみせるときしか介護していなかった、などの醜聞も報じられるなど、人間性に問題があると報じられていました。また実姉が生活保護をうけながら、自身はタレントとして稼いでいたことが問題視されるなど、とかく問題の多い人物でした。

厚労相の時代には、私論として省内にもはかっていないことを滔々と報道陣に語るなど、周囲を唖然とさせてもきました。そんな人物が、今さら公費を私物のようにつかい、国民を唖然とさせても驚きもしませんが、そんな人物を自民都連、公明都本部が推薦した。この事実は、いやが上にも自民党の推す候補への懐疑を生じさせます。メディアはこの事実を報じたがりませんが、自民党本部には一部に舛添候補を推すことに反対の声があり、党として公認したり、推薦したりはありませんでしたが、都連がバックアップした事実には何の変わりもない。その人物が醜聞まみれで、今後も叩かれつづけることになっているのが、自民にとって都合の悪い話なのです。

しかも、熊本地震でも米軍の力を借りる、と言います。本来、よほど一国のみでは対応できないほどの災害である場合を除いて、他国の軍隊に協力を仰ぐことはありません。しかも今回は輸送です。よほど自衛隊の能力不足でもない限り、本来であれば頼るべきではありません。今回、それでも米軍の支援を受け入れるのは、在日米軍が必要とのすりこみを国民に与えるため。米軍からの要請でもあったのでしょう。しかしその印象操作は、逆に一国のことも守れない自衛隊を、海外に派遣してよいのか? という別の懐疑を生じさせます。安倍氏がこの発表をするとき、歯切れが悪かったのも、そんなツッコミをいれられたくなかったからなのかもしれません。

東京五輪エンブレムのうんざりするような選考も、五輪組織委という利権の温床と、そこに携わる人間のエゴがそうさせます。何か日本がおかしなことになっている、そのトップに安倍氏がいる。そんな象徴としてみられることは、安倍政権にとって極めて不都合なことなのでしょう。なので都知事の問題、五輪組織委の問題など、見て見ぬふりを決めこみます。ただそういう態度は、問題解決能力がない、と見なされることとの裏腹でもあります。裏腹、というより、むしろ腹黒の問題を何とかしないと、日本が一部の金の亡者、権力欲の亡者たちに蹂躙されるばかり、ということにもなりかねないのでしょうね。

419
土砂崩れによって崩落した名所・阿蘇大橋

熊本地方に激震が走った4月は安倍総理の政権運営にとって分岐点ー(田中良紹氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/628.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 18 日 17:10:05
http://www.twitlonger.com/show/n_1soiu53
17th Apr 2016  市村 悦延 · @hellotomhanks

TPP法案で与野党が対立し中断した国会審議は、

自民党が西川公也委員長に公正な議事運営を約束させることで14日からの審議再開にこぎつけた。

しかしその14日夜に直下型地震が熊本地方を襲い、

余震が収まらないことから政府は対応に全力を挙げなければならなくなった。

そのため15日に予定されていたTPP特別委員会は延期され、

安倍総理の北海道補選応援もとりやめになった。

一方、この間にワシントンで開かれたG20で為替介入を巡る日米の対立が明らかとなり、

それは円高懸念を増大させる。4月は安倍政権にとって政権運営の分岐点になる可能性を帯びてきた。

4月8日の衆議院TPP特別委員会審議はお粗末なものだった。

西川委員長が執筆し出版を予定していた『TPPの真実』について、

民進党の緒方林太郎衆議院議員が原稿のゲラを手に質問したのに対し、

森山農水大臣はゲラを認めた前提で答弁を行い、

一方の石原TPP担当大臣はゲラの存在を認めない態度に終始した。質疑は全くかみ合わない。

そこで野党が西川委員長に議事を中断して速記を止めるよう要求すると、

西川委員長はそれを認めず議事を続行した。審議時間を稼ぐために議事を続行させたのだろうが、

速記を止めればスイッチが切られる委員長席のマイクは切られないままになった。

ゲラの存在を認めない石原大臣と緒方議員の議論はかみ合わず、

民進党議員は退席することになるが、

そのあとで西川委員長は自民党の理事に「あのゲラは古いもので後で書き直した」と釈明した。

それが速記を止めていないためそのまま委員長席のマイクに記録された。

一方の石原大臣も自民党の理事に「ここは認めずに頑張るしかない」と発言した声が

やはりマイクに拾われた。委員長がゲラの存在を認め、一方の大臣は認めずに頑張ると言う。

それが両方とも記録されてしまったのである。

その夜、東京地検特捜部が甘利スキャンダルに絡むあっせん利得処罰法違反事件の強制捜査に

踏み切ったことで、フーテンは12年前の年金法改正案審議中に特捜部が

元社会保険庁長官を逮捕したことを思い出し、

野党がむやみに勢いづくと罠があるかもしれないとブログに書いた。

すると13日に与野党は審議再開で合意し、同時にTPP法案成立は秋に延期するとの情報が流れた。

しかし今国会の成立を断念しても審議は続行するわけで、

逃げの姿勢に入った安倍政権がTPPをどう国民に説明するかが見ものになる。

そこに熊本地震が起きて15日の委員会は取りやめとなり、

17日に予定されていた安倍総理の北海道5区補欠選挙応援も中止された。

一方、市場関係者が注目していたのは14日からワシントンで開かれたG20である。

麻生財務大臣はワシントン入りするとすぐ米国のルー財務長官と会談し、

「円相場の偏った動きを懸念している」と発言した。

背景には世界的に株価が持ち直す中、日本株だけが円高によって下落している事情がある。

特に安倍総理がウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューで

「通貨安競争は避けなければならない」と語ったことが、

市場に「日本は円売り介入しにくくなる」と捉えられ、

4月5日、円相場は1年5か月ぶりに109円台、株価は1万6千円を割り込んだ。

慌てた麻生財務大臣や菅官房長官が「場合によっては必要な措置をとる」と

口先介入を行ったが効果はなかった。

そこで麻生財務大臣は米国側から介入を認める言質を取ろうとしたのである。

ところがルー長官は15日の記者会見で「最近は円高が進んでいるが、市場の動きは秩序的だ」と述べ、

日本側の主張を一蹴した。

日米の通貨当局は緊密な連携を取り合っているのが普通だが、

今回のG20で米国は日本の円売り介入を否定した。

おりから米国の大統領予備選挙では候補者たちが日本の円安誘導を批判している。

フーテンから見るとこのところの米国は安倍政権に冷ややかである。

そうなると18日以降の円相場が注目される。

1ドルが105円程度まで下がる可能性を指摘する声もある。

1ドルが105円になれば、日本の上場企業の利益はマイナスに転じると言われる。

そうなれば日銀の大胆な金融緩和で円安に誘導し、円安によって企業収益を上昇させ、

それを投資や賃上げにつなげようとしてきたアベノミクスのシナリオは完全に崩壊することになる。

そしてG20では「日本は外需ではなく内需に目を向けるべき」と指摘された。

財政政策による内需拡大を目指せと言うわけだ。

伊勢志摩サミットの議長国として日本は次なる経済政策に取り組まなければならないが、

それは消費増税の先送りとともに財政健全化への道を遠のかせることになる。

4月には安倍総理のダブル選挙戦略に直結する補欠選挙が北海道と京都である。

中でも北海道は負けるわけにいかない。

故町村信孝前衆議院議長の弔い合戦であるから勝つのが当たり前だ。

ところが報道によると大接戦を繰り広げているらしい。

そこで安倍総理は故人とは敵対関係だった新党大地の鈴木宗男氏を

娘の選挙当選を保証することで抱き込んだ。

表向きの理由は対ロ外交で協力してもらうための提携である。

16日には鈴木氏の会合に森元総理が出席し、

講演で「日ロ首脳会談は5月6日にロシアのソチで開かれる」と述べ、

「安倍総理とプーチン大統領をつないだのは自分だ」と強調した。

しかし日ロ首脳会談を米国は嫌っている。

また日本の外務省も森氏や鈴木氏の独自外交には一物ある。

日ロ首脳会談を伊勢志摩サミットの前に行うのであればそれなりの配慮が必要になり、

成功すれば良いがリスクを引き受けなければならなくなる可能性もある。

そして北海道の補欠選挙で与党が敗れるようなことにでもなれば、

これまで組み立てられてきたシナリオにひびが入ることは避けられない。

TPP、アベノミクス、衆議院補欠選挙、5月の外交準備と、

この4月は安倍政権の行方を占う上で大きな分岐点になるとフーテンは見ているのである。

(以上転載終わり)


関連記事
≪北海道5区≫アベ政治が作り出した「イケマキ現象」 ≪女性パワー炸裂!山尾しおり、蓮舫、辻元清美、紙智子議員が大応援!≫
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/560.html
池田まき候補の支持拡大! 民進支持層の約9割、共産支持層のほぼすべて、無党派層の支持も圧倒的に固める!
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/641.html

|

« 熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀 | トップページ | 【熊本大地震】安倍晋三、菅義偉が「激甚災害指定」しない理由 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

安倍内閣、支那・朝鮮人の移民法を可決!
『国家戦略特区法』
http://nico.ms/sm26746038

国家戦略特区法(植民地)の改正成立!
http://nico.ms/sm26691265

売国法案が次々と可決!
http://nico.ms/sm27041398

安倍政権、外国への日本国土売却を戦略としていた!
http://nico.ms/sm26590336

今回、今現在がコレです。

【緊急事態】
熊本大震災を隠れ蓑にし、売国法案を次々と可決する、過去最悪の反日内閣、安倍内閣。
http://antiglobalism.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

あなたはご存知ですか?
今、日本で起こっていること。
安倍内閣は、日本の憲政史上、最悪の売国政権です。
http://antiglobalism.blog.fc2.com/blog-entry-170.html

あなたはご存知ですか?
今、日本で起こっていること
http://nico.ms/sm28665497
 

投稿: にわのとり | 2016年4月20日 (水) 03時46分

にわのとり様

 貴重な情報、大変ありがとうございます。

投稿: 時遊人 | 2016年4月20日 (水) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熊本地震は人工地震だった!? 恐怖の数字「18」とイルミナティの陰謀 | トップページ | 【熊本大地震】安倍晋三、菅義偉が「激甚災害指定」しない理由 »