« 【歴史の大逆転】<G7キリスト者首脳の伊勢神宮参拝> <政教分離を放棄したG7首脳> (by元澤二郎氏) | トップページ | 空虚なドタバタ騒ぎは終わった。さぁ、これから真剣勝負が始まるぞ。 »

【大朗報?】伊勢志摩サミットが、一足飛びに安倍政権に晩秋をもたらす

-各国首脳を引き連れての伊勢神宮参拝(or見物)で始まり、広島訪問での心を打たないオバマスピーチで終わった伊勢志摩サミットだった。サミット冒頭、安倍が切り出した「リーマンショック直前と同じ」とする認識に基づく積極財政提案は、独メルケルや英キャメロンらの反論にあい、それを報じた米国など海外メディアからも「危機に瀕しているのはアベノミクス失敗の日本だけだろう」とケチョンケチョンで、海外からは消費増税先送りの口実は完全に否定された形だ。安倍は参院選でボロ負け退陣するより、(そうであってもらいたくはないが)党内で影響力を今後とも残したいなら、以前から囁かれていたとおり「サミット退陣」を考えた方がいいのではないか?-

伊勢志摩サミットが、一足飛びに安倍政権に晩秋をもたらす(カレイドスコープ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/767.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 28 日 15:42:05
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4406.html
2016.05.27  カレイドスコープ

528
(画像のソース:官邸ホームページ)

このサミットを境に、日本のメディアの論調が大きく変わるはず。
日本の頭の破滅的に悪いマスコミ坊やたちも、欧米メディアの意思がよく分かったのではないだろうか。

「リーマンショック直前と同じ」で経済馬鹿をさらす安倍晋三と閣僚たち

2日間のG7伊勢志摩サミットが終わりました。
参加したG7首脳のうち、ファーストレディー同伴で参加したのは半分。もちろん、今回もオバマはミシェル夫人を本国に置いたままです。

これらの写真は、中国で縫製されたスーツを着せられたマネキンを並べて撮ったようなチープさが漂っています。

ここにズラリと並んでいるのは、西側の新世界秩序(NWO)の指導者たちですが、こうして眺めてみると、一般企業の課長クラスのサラリーマンと大差ないと感じてしまうのは私だけではないでしょう。どの“マネキン”も精彩を欠いています。

彼らには、政治リーダーとしての権限を与えられていません。それは、見せかけです。

彼らの背後には、それぞれ世界の真の超権力者、グローバル・エリートたちが控えており、それは同じ人々なのです。

ここには、東の世界秩序のプーチンや習近平はいません。これは、単なる西側NWOの同窓会です。

予想に反して地元からは大ブーイング
それどころか、またまた大失態を演じてしまった日本のトップに、賢明な国民は、もはや成す術もなく下を向いて顔を赤らめるばかりです。

26日夕方、現地で行われた記者会見で、安倍首相は円卓を囲んでの世界経済を討議するセッションで、コモディティーの値動きを示したグラフを持ち出して、「2014年以降55%下落しており、リーマン・ショック直前と同じ様相を呈している」と、現在の世界経済が危機的状況にあるとの認識を示して各国首脳に同意を求めました。

その場にいた記者のうち、何人が、この微妙な空気感を感じ取ったでしょう。

安倍首相としては、日米の持つ危機感を欧州勢にも共有してほしかったと同時に、何より夏の参院選をにらんでの消費税・再増税延期の正当性をアピールすることが狙いだったわけですが、欧州勢は、いっせいに興ざめ。

さらに、この記者会見後、安倍首相は二度目の大失態をやらかして恥の上塗りをやってしまったのです。

記者団に向けて、「アベノミクス『三本の矢』を世界に展開する」と息巻いたのはいいが、外国人記者は、まさに“どっちらけ”。
さすがの安倍内閣のプロパガンダ新聞・産経も、それ以上、何も書けないとばかり、サラッと流して終わり。

この会見の後、「アベノミクスが失敗したことは、世界共通の認識になっている。いまさら、何を言いたいのでしょう」と、アメリカの主流メディアの外国人記者が放った辛口のコメントをそのまま放送する日本のテレビ局は、世界的に潮目が反転したことを悟ったのでしょう、少しはお利口さんになったようです。

さて、この状況を、どう分析しますか?

テレビ、新聞の報道からは何も分かりません。心の目で見ることです。

つまり、安倍首相は、IOCの総会で「アンダー・コントロール」と大嘘を言っただけでなく、今度もG7という晴れの舞台で世界中に大嘘をついてしまったのです。

もっとも、今度は「嘘を言わされてしまった」というのが正しい。

これには、若干の説明が必要です。

始まりは、今年3月に行われた国際金融経済分析会合にジョセフ・スティグリッツとポール・クルーグマンの二人のノーベル経済学賞を受賞した経済学者を呼んだことです。

安倍プロパガンダ新聞は、この二人が「来年4月の消費税増税を延期すべきであると提言した」と報じていますが、これは真っ赤な嘘です。

少なくとも、スティグリッツ教授は消費税問題には触れず、「(アベノミクスの間違いを認めて)アベノミクスを停止し、経済政策を180度転換することによって、次のG7サミットで主導権を取るべきである」と安倍首相と官邸の側近たちに強く進言したのです。

安倍官邸は、この時点ですでに、10%の消費税引き上げを延期する算段であったわけですが、それをすんなり表明してしまえば、2014年11月に「アベノミクス解散」と銘打って、消費増税先送りを延期した根拠が根底から崩れ去ってしまいます。

そうすれば、有権者をまたまた騙したことになってしまうので、安倍内閣の存在理由を喪失するどころか、存在そのものが「悪」とされてしまうからです。そのために、有権者の目をそらすために、二人の経済学者を利用しようとしたのです。

しかし、二人は、消費税より、むしろ「アベノミクスの失敗」について言及したのです。

マスコミの手のひら返しは、いつも見事です。
「幻の三本の矢」、続いて「新・三本の矢」については、今後、報道に力が入らないでしょう。アメリカの主流メディアの外国人記者が言ったように、最初から「存在しない」のですから。

つまり、安倍首相は、スティグリッツ教授の進言である「アベノミクスを撤回する」ことをしない代わりに、消費増税の再延期を選択したのです。
アベノミクスを撤回してしまえば、安倍政権の、それこそアイデンティティーを喪失してしまいかねないからです。

といって、先の衆院解散総選挙で国民に嘘を吐いたことが確定してしまうので、野党連合からは内閣不信任案を出されてしまいます。

自民党の国対は、野党が内閣不信任案を提出すれば、衆参同日選挙に打って出ると、準備不足の野党連合を脅していますが、それこそ、自民・公明の公党としての矜持を自ら捨て去る行為であって、今度こそ、自公は単なる「ならず者集団」に成り下がって国民から見捨てられるでしょう。

第一、この状況で衆院も解散するとなれば、自公は大幅に議席を減らすことが明らかですから、あえて破滅的なリスクを冒す理由がないのです。これは、自公のタチの悪い恫喝です。

いよいよ、大嘘連発によって自らを窮地に追い込んでしまった安倍内閣が取った最後の手段が、「リーマン前に似ている」です。

サミット討議で首相「リーマンショック前と似た状況」


しかし、これほどの致命的な舌禍はないでしょう。海外メディアは非難轟々です。

というのは、安倍首相は、またまた大嘘を吐いただけでなく、自身が本物の馬鹿であることを世界中に晒してしまったのです。

チャートから分かるように、WTI原油先物指数も、銅先物も、大豆先物も、金価格銀価格以外は、すべてリーマンショックと同時か、その直後から暴落しているのです。

リーマン前に兆候が表れていたら、あれほど大きな経済災害は起きなかったのです。経済のいろはも知らない、ということを世界中に宣伝しているようなものなのです。
そんな首相が、いくらアベノミクスといったところで、新たな投資資金を呼び込めますか? ということ。安倍首相は自爆してしまったのです。

ただし、が経済崩壊に強いというのは、今度も証明されました。

安倍晋三より数段頭のキレる他のG7首脳の前で、とんでもない醜態を平気で晒すことができるのは、安倍晋三という人間が破滅的に頭が悪いからだけでなく、彼の側近が安倍に恥をかかせて、この政権を終わらせようと画策していることを示しています。

安倍首相は、ポール・クルーグマン教授からの内々の提言によって、世界金融恐慌を防ぐためにドイツのメルケルに財政出動するよう促して欧州を救うよう進言してきましたが、当のメルケルは、どこふく風。ドイツは財政出動などしません。

今度のG7で、それがはっきり出てしまったのです。
安倍・オバマ・無理心中グループと、ポーカーフェイスの欧州勢。

【日・米】と【欧州】の二極のうち、【日・米】の経済指標を見れば明らかにバブル崩壊前夜であることは確実なことですが、彼らグローバル・エリートからあてがわれた、つるしのスーツを着せられたマネキンたちの狙いは、世界の経済を崩壊させて、新世界秩序を打ち立てることなのですから、本音で語るはずがないのです。

一人馬鹿をやらされて、ひとり日本を破滅に追いやる安倍晋三という人が、これほど哀れに見えたことはないのです。

それでも馬鹿は馬鹿なりに、ずる賢さは天下一品!
「消費増税を断行するかどうかは、夏の参院選までに明確にする」と言いながら、この男の命令に屈した年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による無謀な年金資金の運用によって、私たちの年金が破壊されてしまったのです。

その莫大な損失額を選挙前に公表すれば、自公の大敗は確定的になるので、選挙が終わった7月29日までは発表しないと言っています。

この男は、政治家などトンデモ、もはや人間失格です。

それでも、安倍擁護に必死な寿司トモ・田崎史郎、報道ステーションで沖縄で起こった女性殺人事件を日米同盟にとってブレーキになる、と恥ずかしげもなく言った愚劣な後藤謙次、この事件を「最悪のタイミングで起きた」と冷酷な視線を投げかけた岡本行夫ら、人間のクズたちも、間もなくこの国から駆逐される日がやってくるでしょう。

それが安倍晋三の御本尊、CFRの“ご意思”だからですよ。安倍晋三は、箸にも棒にもかからない・・・

(転載終わり)

7211
(間もなく「たそがれ晋三」になる?)

【私のコメント】
 安倍の失態サミットについてはカレイドスコープ氏の説どおりだと思うので、上転載文末尾の「安倍晋三の御本尊、CFR」に特化して述べていきたいと思います。

 「CFR」(外交問題評議会)は、米国内イルミナティの主要機関の一つとしてその名をよく目にします。もちろんNWO推進機関の一つであり、米国政府にも強い影響力を持っていますが公的機関ではなく民間組織なのです。

 私は、カレイドスコープ氏の上のフレーズを読むまで、CFRがわが国への中枢コントロール機関であることには思いが及びませんでした。そこでカレイドスコープ氏のこのフレーズは本当かどうか少し調べてみました。その結果どうも本当らしいのです。

 その根拠は、同じ「カレイドスコープ」サイトの『CFRとCSISの逆鱗に触れた橋下徹の政治生命』(2013.05.20)記事にありました。同記事は3年ほど前世界的物議をかもした橋下大阪市長の従軍慰安婦問題発言がメーンですが、その関連で後段で「CFRとCSIS」の関係が説明してあります。

 「CSIS」(米国際戦略研究所)の名が出れば、これまで何度も取り上げてきましたから、ここが日本への指令機関であることはわかっています。そしてどうやらCSISの上部機関がCFRということらしいのです。CFRの対日工作部門がCSISなのです。

 「日本の総理はバカにしかやらせない」という名台詞(?)でおなじみのマイケル・グリーンはCSISの上級顧問&日本部長ですが、以前はCFRの上級研究員だったということです。

 そしてCFRは戦争屋・ロックフェラーの機関であるようです。つまり以下の図式になりそうです。

 ロックフェラー → CFR → CSIS →日米合同委員会 → 時の政権&霞ヶ関上級官僚による日本における主要政策の決定・実行

 この仕組みによって、12年の「12・16巨大不正総選挙」により安倍晋三という“バカ”を再登板させた米国戦争屋でしたが、少し前板垣英憲氏も「マイケル・グリーンらは既に安倍を見限った」と述べていましたが、カレイドスコープ氏の今回の説と見事に符号するわけです。

 つまり安倍はグリーンも頭を抱えるほど「バカすぎた」ということなのでしょう。

 前回の14年11月解散は戦争屋指令による解散で、安倍自らが決断したものではありません。だから「今度こそ」と狙っていたのでしょうが、やはり安倍は小泉のような勝負師度胸なく、ビビッて衆院解散という伝家の宝刀は抜けないようです。

 ということは本来の参院選単独選挙となりそうですが、宗主筋の米国戦争屋系統が安倍を見限ったとすれば大々的「ムサシ不正」は考えにくく、安倍一派は野党共闘側とガチの勝負をするしかなくなります。

 そうなると、全選挙区で野党統一候補が決まりつつあり、自民党大負けの可能性もありそうです。

 まさに「一足飛びに安倍政権に晩秋をもたらす」可能性がありそうで、「♪早くやれやれ お選挙を~」と、正月を指折り数えて待つ子供のようなワクワク気分です(笑)。

 (大場光太郎・記)

【追記】
 CFR については、『日本や世界や宇宙の動向』サイトの以下の記事も参考になります。

アメリカの闇政府、CFR(外交問題評議会)がアメリカの最大の敵。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51884722.html

|

« 【歴史の大逆転】<G7キリスト者首脳の伊勢神宮参拝> <政教分離を放棄したG7首脳> (by元澤二郎氏) | トップページ | 空虚なドタバタ騒ぎは終わった。さぁ、これから真剣勝負が始まるぞ。 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【歴史の大逆転】<G7キリスト者首脳の伊勢神宮参拝> <政教分離を放棄したG7首脳> (by元澤二郎氏) | トップページ | 空虚なドタバタ騒ぎは終わった。さぁ、これから真剣勝負が始まるぞ。 »