« 舛添は確かに問題があったのだろう。しかしマスコミが今大バッシングすべきは甘利、高市、創価、電通などだろうが(怒)! | トップページ | 【無知は最強(冷笑)】安倍総理、国会で「私は立法府の長」と宣言 コヤツそのうち「僕ちゃんは三権すべての長だ」と言い出しかねないぞ! »

【悪の中枢・電通】マスコミの「電通隠し」にもかかわらず国会で電通連呼&電通の壮大な陰謀!東京五輪賄賂・パナマ文書

-従来この国には「二つのタブーがある」とされてきた。すなわち、「菊のタブー(皇室)と鶴のタブー(創価学会)」である。この二つのタブーがどれほどのものか、これをお読みの方々は重々お分かりかと思うが、だから新聞・テレビその他の言論機関がこの2つについて語る時は極めて慎重な姿勢をとってきたのである。しかし昨今ではもう一つ別のタブーが加わり、今や「三つのタブー」になっているようだ。「株式会社 電通のタブー」である。それがより鮮明になったのが、今回のパナマ文書問題と東京五輪招致汚職問題である。両方に電通の名前が出てくるにも関わらず、新聞・テレビはスルーして電通の「での字」すら報じようとしないのだ。それもそのはずである。今や世界1、2の広告代理店にのし上がったという電通は、新聞・テレビにとって扇の要のようなものなのだ。何せ前身は旧満鉄諜報機関だ。電通の背後には旧財閥などの大企業はもとより、暴力団や米国CIAが控えている。政局の節目節目でマスコミ各社に電通から闇指令が出るというが、今回「いいな、うちの名前は決して出すんじゃないぞ」という指令があったのかどうなのか。たとえなかったとしても各社・各局はそりゃ自粛するだろうよ。しかしNHKが中継する今開会中の国会論議の中で電通の名前が連呼され、視聴していた全国の視聴者の耳に「電通」の名がしっかり届けられた。その口火を切ったのが馳浩文科相である。さすがは元熱血体罰教師である。私は半ば確信犯的に言ったのだと思うが、「電通」の名を臆することなく連呼したのだ。安倍を筆頭にクズ閣僚しかいない中で、全体の答弁内容はともかく馳文科相のこの姿勢は評価してもいいように思われる。ただし馳さん、今後とんだスキャンダルを暴露されて失脚しないように注意しなよね~(笑)。続いて答弁に立った参考人の竹田恒和JOC会長も馳大臣の口火で気が楽になったか2回ほど繰り返した。実に痛快である。パナマにも招致汚職にも名前が出るなんて電通はよほどの「悪の中枢」だということだ(悪名高い創価だって一方だけだぞ-笑)。それでなくとも電通は独禁法引っかかりまくりである。これをいい機会に電通の悪実態が白日の下に明らかにされ、できれば創価もろとも解体に至ってもらいたいものである。 (大場光太郎・記)-



【露見】東京5輪不正疑惑、国会でJOC会長が「電通」を連呼!NHKで全国放送され、マスコミの「電通隠し」が白日の下に!
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/205.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 16 日 13:55:05
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/17067
2016/05/16 健康になるためのブログ

517

5171_2

5172


5171
 玉木雄一郎認証済みアカウント @tamakiyuichiro                          5月16日           

東京オリ・パラ招致決定前後に2.3億円を払ったブラックタイディング社は、自ら申し出があり電通が実績あると確認して契約したとのこと。しかし同社はペーパー会社の可能性が高く、疑惑報道後もJOCは同社に確認の連絡も何もしていないとのこと。
2016年5月16日 12:38

(以下省略)


(電通本社ビルに掲げられた五芒星マーク。もしかして「米官財政電」悪徳ペンタゴンを結び付けているのが電通なのではないか?)

電通の壮大な陰謀! 東京五輪賄賂・パナマ文書(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/258.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 17 日 18:05:05
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12161282825.html
2016-05-17 17:08:59NEW ! simatyan2のブログ

16日、衆議院予算委員会でJOC会長竹田恒和が、東京五輪
招致で裏金が支払われた疑惑について、

「契約の経緯について、売り込みがあったコンサルティング業者
の中から、大手広告会社の電通の推薦で決めた」

と白状しました。

東京五輪の裏金疑惑、JOC会長「親族の関係と知らず」
http://www.asahi.com/articles/ASJ5J45C2J5JUTQP00R.html

こうした裏金問題について海外では、下のように電通を中心に
説明しているのに比べ、

日本では電通のみ削除されての報道なんですね。

5175

これ一つとっても日本のマスコミが如何に電通を恐れているのか
がわかろうというものです。

いやマスコミだけでなく最近の政治家も、選挙のポスターは広告
代理店の製作によるものが非常に多いのです。

また政治家の衣裳も演説も代理店が大金をとって、陰で指図して
いたりするので頭が上がらないんですね。

何と言っても候補者にそのセンスがないんですから。

だからどんどん力を広げて皇族にまで入り込んだりして、

高円宮妃殿下にも現皇族でスピーチさせています。

ただ高円宮家もワールドメイト(教祖・深見東州)という胡散臭
い宗教組織の名誉顧問になったり黒い噂のある皇族ですが。

5176
(注 左から3人目が深見東州だと思われる。私は今から30余年前、当時深見青山と名乗っていたこの人物の都内での講演会に2、3度行った事がある。私より少し若いと思うが、当時は中肉中背のすらっとした美男子だったが・・・。)

http://www.toshu-fukami.com/2001/10/20011029_587.php

竹田会長も旧宮家の出身ですが、辛坊治郎司会の読売テレビ番組
でレギュラーしてる息子の竹田恒泰ともども、元旧皇族とは言え、
金には相当困っていたようです。

元皇族竹田恒泰氏の借金踏み倒しと脅迫騒動の胡散臭い過去
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11686147760.html

そんな親子の前に電通の幹部が声をかけたのです。

元電通専務で2020年東京五輪の35人目の理事に就任した
高橋治之という男です。

五輪組織委、35人目の理事に電通出身の高橋氏[読売新聞 
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20140515-OYT1T50105.html

竹田と高橋は慶大の先輩後輩の関係で、竹田恒和がJOCの会長
に就任したのも、それまでボランティアだった会長職が有給
(月額130万円)になったのも高橋のプッシュだと言われています。             

その見返りかどうかはわかりませんが、電通の業績が前年より
4割以上アップしたのです。

電通、2020年東京五輪関連の好調で1~3月期の営業利益は前年同期比44.7%増・通期予想は下方修正
http://market.newsln.jp/news/201605161645000000.html

ちなみに今回の裏金送金を監査したのは、例の東芝不正の時に
監査した新日本有限責任監査法人なんですね。

エンブレムのヤラセ選考で暗躍した電通。

パナマ・タックスヘイブンでも名前の挙がった電通。

パナマの法律事務所を電通が東京五輪誘致裏金の資金洗浄に使用
した可能性は大です。

テレビでは国会の質疑も切り貼りでカットシ、電通の名前だけは
絶対に出しません。

生放送の国会質疑では、かろうじて野党が広告会社D社と書いた
フリップを使ってましたけどね。

5177

元電通の妻を持ち、電通で広告手法をマスターし、小泉以降の
政治に取り入れた世耕弘成官房を部下に持つ安倍晋三も絶対に
電通の名は口にしません。

本来なら電通経営陣を国会証人喚問し、五輪は辞退した上で電通、
に損害額を払わせるべきですが、たぶんしないでしょうね。

ここで野党が全力を振り絞って、JOC、清和会、森元、安倍、電通
博報堂といった上級国民の関係を明らかにすれば、日本国民は
次の政権についていくのは確実なのですが・・・。

とにかく野党頑張れ!

参考記事
世の中を混乱させる電通
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12030908551.html

(以上、転載終わり)

関連記事
電通によるテレビなどメディア支配の実態
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-a96c.html
電通をぶっ潰せば日本は変わる
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-be58.html

|

« 舛添は確かに問題があったのだろう。しかしマスコミが今大バッシングすべきは甘利、高市、創価、電通などだろうが(怒)! | トップページ | 【無知は最強(冷笑)】安倍総理、国会で「私は立法府の長」と宣言 コヤツそのうち「僕ちゃんは三権すべての長だ」と言い出しかねないぞ! »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。