« 【東京五輪存続上納金?】伊勢志摩サミットで20兆円規模の経済支援策を表明へ!安倍首相「3本の矢で世界経済の低迷を打破」(←意味不明) | トップページ | 【参院選ボロ負け?】安倍退陣もあるゾ 沖縄から広がる怒り »

【沖縄の悲劇またしても】沖縄県民から「もう限界!」の叫び。女性殺害事件に政府は“最悪のタイミング”とサミットの影響を憂慮するのみ?

-あってはならない痛ましい「沖縄の悲劇」がまたも起きてしまった。うるま市で起きた米軍属の男による女性殺害事件である。小さい頃から可愛くてご家族に愛されて育ち、今年成人式を終えたばかりで近々結婚予定だった男性と同居中の、夢と希望に溢れた二十歳の女性が米軍関係の強姦魔の手によって無残にも殺害されたのだ。被害に遭われた島袋里奈さんには深い哀悼の意を表させていただきます。さてこのたびの事件発生で、岸田外相はケネディ駐日大使を外務省に呼んで抗議したが、大使からは明快な謝罪の言葉はなかった。また駐沖米軍トップからは謝罪と再発防止に努める旨の話があったという。しかし型どおりだ。というのも、同米軍トップは今年起きた27歳女性への米兵らによる輪姦事件の際も同じような事を述べているのだ。沖縄に米軍が駐留し、性欲ギンギンの米兵(+軍属)がわんさか市中を徘徊している以上、今後とも同様の悲惨な事件が起き続けるのは明らかだ。何度も言うが、戦争末期の大元帥・昭和天皇指令による本土防衛の盾としての沖縄戦以降、戦後も日本全体の74%の米軍基地が沖縄に集中してきた。戦後のサンフランシスコ講和条約の際駐留米軍の撤退を検討していた米国に、「今後何十年も引き続きご駐留いただきたい。特に沖縄は差し上げますから」式の懇願をしたのが昭和天皇だ。またモンテール駐日大使(当時)の回顧によると、米兵3名による沖縄少女暴行事件で日本中が大騒ぎになった1995年当時、普天間飛行場からの撤退を検討していた米国に対し、時の橋本龍太郎政権幹部らは米海兵隊の駐留継続を要請したのである。こういう事件が起きるたび(日本国憲法の上位に位置する)日米地位協定の見直しが叫ばれるが、日本側の要請・懇願で米軍がい続けている以上、同協定見直しなど金輪際できっこないのだ。暗黙の了解として、沖縄で今回のような事件が起きるのは代々の政権にあっては織り込み済みだという。だから今回の事件が明るみに出て、「タイミングが悪すぎる」とまるで被害女性が悪かったかのような閣僚発言も飛び出すのである。既にご存知かと思うが、次期大統領有力候補のトランプ氏は、「日本からの米軍撤退」衝撃発言をしている。実業家のトランプ氏のシビアな見方では、極東の国に夥しい米軍駐留など“落日の国”の経費がかさんで割りに合わないのだろう。大いに結構!これを機会にわが国は「真の独立」を果たし、「平和をベースにした」地球市民として誇れる独自の防衛システムを構築しますから、どうぞ沖縄&本土のすべての基地から速やかに撤退していただきたい! (大場光太郎・記)-

5231

523
女性を殺害した容疑者が逮捕された翌日朝、米軍嘉手納基地前に約150人が集まり、抗議活動が始まった

沖縄県民から「もう限界!」の叫び。女性殺害事件に政府は“最悪のタイミング”とサミットの影響を憂慮するのみ?(週プレNEWS)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/462.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 22 日 08:41:20
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160522-00065647-playboyz-soci
週プレNEWS 5月22日(日)6時0分配信

青春の真っ只中を生きていた人生を絶った痛ましい事件が、また起きてしまったーー。

沖縄県うるま市で4月28日から行方不明になっていた20歳の女性会社員が、同市から約20km離れた恩納(おんな)村で遺体で発見された事件が大きな波紋を呼んでいる。

【写真】米軍嘉手納基地前での悲痛な抗議活動
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/05/22/65647/images/1

県道脇に遺棄されていた遺体はすで一部が白骨化していたというが、5月19日、死体遺棄容疑で逮捕されたのは元米軍海兵隊で軍属のシンザト・フランクリン容疑者(32歳)。警察の取り調べに対し、「強姦した」「後ろから棒で殴った」「刃物で刺した」などと、わいせつ目的で女性を狙ったことをほのめかす供述をしている。

逮捕翌日の20日、地元紙の琉球新報と沖縄タイムスは両紙とも1面トップに続いて、2,3、30、31面を割いてこの事件を大々的に報じた。

逮捕翌日の朝には、深い悲しみとやり場のない怒りを抱えた沖縄県民約150名がフランクリン容疑者の働いていた米軍嘉手納基地に集結。その第1ゲート前で抗議行動が始まった。

「沖縄県民がなぜこんなに犠牲にならなければいけないんだ!」「基地があるからこんな悲惨な事件が起きる。全面撤去しかない!」

参加者は口々に怒号を発したが、恩納村から出勤前に参加していた城間真弓さん(37歳)は涙を流しながらこう話す。

「このニュースが飛び込んできて、昨夜は眠れませんでした。悲しくて、悔しくて、つらくて、いても立ってもいられず抗議の声を上げようとやってきました。私には3人の子供がいます。いつになったら安心して子育てができる環境になるんでしょうか」

彼女が手に持つ手作りのプラカードには『もう無理! もう限界! こんな社会をもう変えよう。私たちの手で…』と書かれていた。

こうした事件は後を絶たず、本土復帰(1972年)から2015年末までの間で、米軍関係者が関わった犯罪の検挙件数は5896件。そのうち、殺人、強盗、強姦、放火などの凶悪犯罪だけでも574件に及ぶ。

米軍関係者による事件が起こるたびに、政府や沖縄県は米軍側に「綱紀粛正」や「再発防止の徹底」を要請してきたが、状況は何も変わらない。今年3月にも那覇市内で準強姦事件が起きたばかりだった。

「中には事件化されず、表沙汰(ざた)にならない犯罪もある…。日本にこんな地域が他にあるでしょうか?」

抗議に参加した男性は声を震わせてそう話した。その一方ではこんな声も聞こえてくる。

「閣僚や自民党内部から『事件は最悪のタイミングで起きた』なんて声が挙がっていることを報道で知りました。政府はサミットやオバマ大統領の広島訪問、今月27日から始まる県議選や参院選へのダメージを気にするだけ…。沖縄県民に寄り添う気持ちが全く感じられないのが残念でなりません。

もし、東京でこんな事件が頻発したらどうなるのか? 沖縄だから許されるのか? もう黙っていられません! これが、多くの県民が声に出したがっている共通の思いです」(抗議活動に参加していた50代男性)

翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事も、政府の対応について憤りの色を隠さない様子で記者団にこう話している。

「亡くなられた報に接し、大変残念、無念だ。基地があるゆえに起きてしまった。この70年間、基地のある市町村長は訴えているが、政府は当事者能力がなく、ただ米軍に伝えるだけで今日まできている。本当に憤まんやる方ない形で抗議しているが、今日まで残念ながら、聞く耳を持たなかった。今回も多くの関係者が抗議するが、今のままではいけないということにつなげていかなければならない」

20日、沖縄県庁を謝罪に訪れたローレンス・ニコルソン在沖米四軍調整官とジョエル・エレンライク在沖米総領事に対し、安慶田(あげだ)光男副知事は「このような事件が繰り返されるのであれば、普天間飛行場の辺野古移設だけでなく、沖縄の基地全体について県民は反対する」と、米軍基地の“全撤去”を示唆(しさ)した。

日米政府は、今こそ沖縄県民の思いをしっかりと受け止めなければならない。

(取材・文・撮影/森住卓)

関連記事
「米帝国」は本当か<本澤二郎の「日本の風景」(2363) <沖縄レイプ殺人事件に謝罪しなかった黒人大統領>
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/515.html
「沖縄人は戦後、ずっと治外法権の米兵に怯えて来た。米兵も日米地位協定を知って大胆になる:宋 文洲氏」
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/492.html
沖縄女性死体遺棄事件 レイプ殺害認めた元米兵の“素性”(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/441.html
女性遺体遺棄事件で、朝日新聞と読売新聞のジャーナリズム格差(生き生き箕面通信)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/469.html

|

« 【東京五輪存続上納金?】伊勢志摩サミットで20兆円規模の経済支援策を表明へ!安倍首相「3本の矢で世界経済の低迷を打破」(←意味不明) | トップページ | 【参院選ボロ負け?】安倍退陣もあるゾ 沖縄から広がる怒り »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【東京五輪存続上納金?】伊勢志摩サミットで20兆円規模の経済支援策を表明へ!安倍首相「3本の矢で世界経済の低迷を打破」(←意味不明) | トップページ | 【参院選ボロ負け?】安倍退陣もあるゾ 沖縄から広がる怒り »