« 【沖縄の悲劇またしても】沖縄県民から「もう限界!」の叫び。女性殺害事件に政府は“最悪のタイミング”とサミットの影響を憂慮するのみ? | トップページ | 【歴史の大逆転】<G7キリスト者首脳の伊勢神宮参拝> <政教分離を放棄したG7首脳> (by元澤二郎氏) »

【参院選ボロ負け?】安倍退陣もあるゾ 沖縄から広がる怒り

-「参院選ボロ負け→安倍退陣もあるゾ 沖縄から広がる怒り」 日刊ゲンダイさん、嬉しいこと書いてくれるねぇ。しかしトータルで振り返ってみると「嬉しい」日刊ゲンダイ紙予言ほど、残念ながら外れる事の方が多いのである。サラリーマンが主なターゲットらしい同紙は、持って行き場のない大衆の怒りのガス抜きの役割を果たしているところがあるように思われる。なお私は諸費節約すべき折りから、ここ3カ月ほど同紙を購読していない。だって、阿修羅掲示板に同紙の主な記事はこうやってどんどん載るんだから(ただ五木寛之氏のコラムだけは読みたいんだが)。そのうち、阿修羅管理人さんに「売れなくなった」日刊ゲンダイから抗議が入るのではないか?とつい余談になったが、ここからが本題である。たまたま本深夜、駅からの帰路のバス内モニター画面に、嫌味男・高村副総裁の「野党が内閣不信任案を出せば、立派な同時選の理由になる」というような発言ニュースが流れていた。これは安倍らに共有する考えだろうが、さすがは超長期政権を担ってきた自民党の端くれである。蓄積された悪知恵ノウハウは天下一品だ。安倍自民から投げられたクセ球、さあ野党側はどう返す?逃げてはアカンし、(いつ間にかピッチャー対ピッチャーにすり替えてしまうが)真っ正直な返球では打ち返されるし。剛速球はムリだろうから、絶妙な変化球でかわしたいところだが、やはり小沢一郎が指揮を執らない限り有効な返球は難しいかもしれない。小泉や中曽根らをライバル視しているらしき安倍は、「僕ちゃんも」と解散権というダンビラをどうしても抜きたいようだ。日刊ゲンダイ記事の意に反して、安倍は沖縄女性暴行死事件など何とも思っていないのではないか?間近に迫った伊勢志摩サミット&広島訪問オバマ同行など、最強の友軍ダマスゴミが安倍の勇姿(?)を華々しく報道してくれれば、そんな事件など吹っ飛ぶと考えているのかもしれない。ただ小泉にあって安倍に決定的に欠けているのは、あの郵政解散時の、敵ながら鬼気迫る感のあった小泉の「勝負師としての読みと度胸」だ。根が守銭奴+売国奴の「お子ちゃま総理」安倍が大義なき解散に踏み切っても、ダマスゴミ電通の協賛が得られるくらい(米戦争屋が弱ってきている以上大々的ムサシ不正はムリなのでは?)。「21蛍の光」の安倍に大衆を惹きつけるカリスマなどあろうはずもなく、郵政選挙時のような「1億総霊がかり」的熱狂状態にはとても持っていけまいし。「衆参共3分の2超」など、とてもとても。 (大場光太郎・記)-

5232

参院選ボロ負け→安倍退陣もあるゾ 沖縄から広がる怒り(日刊ゲンダイ)

http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/542.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 24 日 00:03:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181929
2016年5月23日 日刊ゲンダイ 文字お越し

22日は国技館へ(C)日刊ゲンダイ

吹っ飛んだポチ政権の邪な思惑

 沖縄で女性会社員が遺体で見つかった事件は、容疑者の元米海兵隊員の供述が明らかになるにつれ、県民の怒りを増幅させている。

 レイプ目的で数時間かけて女性を物色し、背後から棒で頭を殴る。抵抗されると首を絞めたうえ刃物で殺害。刺し傷は骨にまで達していたという。あまりにむごい凶行だ。殺害された女性の告別式で、みな「悔しい」と悲痛な表情を見せていたが、その言葉は、米軍基地があるが故にいつ自分や身近な女性が“獲物”にされるかわからない恐怖を放置し続ける政府にも向けられている。

 事件を受けて安倍首相は「非常に強い憤りを覚える」とコメントしたが、ホンネは「困惑」と「焦燥」だろう。容疑者の逮捕当日に岸田外相がケネディ駐日米大使を呼びつけて抗議し、中谷防衛相も在日米軍司令官に抗議した後、すぐに沖縄に飛び、島尻沖縄担当相とともに告別式に出席した。

 驚くほどの素早い対応なのだが、それは、政府関係者が発言したとされる「最悪のタイミング」という反応が全てを物語っている。26日の伊勢志摩サミット、そして27日のオバマ米大統領の広島訪問を控え、沖縄の事件の影響を少しでも抑えたいという一心であり、決して沖縄県民の怒りに寄り添う気持ちからではない。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏がこう言う。

「参院選で3分の2の勢力を獲得し、憲法を改正するためなら、どんなことをしてでも支持率をアップさせるというのが安倍首相のシナリオ。そこで外交です。これまでもポイントを稼いでいる外交に、安倍さんは自信を持っている。

 GWの欧州歴訪に始まり、サミット、そしてオバマ広島訪問が“外交月間”のクライマックスと気合が入っていた。世界に向けて日米でメッセージを発信し、支持率を上げて、参院選につなげるというものでした。しかし、沖縄の事件で、そのシナリオに狂いが生じてきたのは間違いありません。まずは来月5日投開票の沖縄県議選に影響が出るでしょう」

■「最悪のタイミング」という発想の冷酷さ

 そもそも米軍基地があるから事件を繰り返す。それが沖縄県民の思いなのに、安倍は真正面から向き合うこともなく、普天間基地の辺野古移設に突き進む。そして、オバマとの“政治ショー”を政権浮揚に利用することしか頭にない。オバマに原爆投下の謝罪も被爆者への面会も一切求めず、ひたすら米国に気を使い、ショーの成功に腐心してきた。そうしたら、オバマは広島訪問に元米兵捕虜を同行させるという話が出てきた。犠牲者は日本人だけではないということを内外に伝えるためらしいが、オバマを利用しようとして、米国の言うなりに徹していたら、ポチ首相は、どんどん米国の思惑にはまっていく。一体、日米どっちを向いて仕事をしているのか。政治評論家の森田実氏がこう言う。

「岸田外相がケネディ駐日米大使を呼んだり、中谷防衛相がすぐに沖縄に向かったりというのは、どれもパフォーマンスにしか見えません。沖縄県民に本当に寄り添うなら、日米地位協定の改定に手をつけなければ本物ではない。安倍首相は『日米同盟の深化』と言いますが、結局、対米従属の域を出ることはないのです」

 地元紙の琉球新報は22日の社説で、政府関係者が「最悪のタイミング」と発言したことについて、こう断じていた。

〈事件そのものではなく、時期が最悪だとの認識だ。別の時期なら事件が起きてもよいのか。犠牲者の無念さに一片の思いも寄せられない冷酷な人間の発想だ〉

 国民の生命よりも、政権延命と米国のご機嫌取りが大事。薄っぺらな日米同盟深化の化けの皮が剥がれ、冷血政権の正体見たり、である。

5235
G7財務相会合も思惑通りに進まず(麻生財務相)/(C)

外交も経済も選挙も歯車が狂ってきた

 オバマ広島訪問で参院選圧勝という邪な思惑が崩れてきたら、他の政治マターも次々と逆回転し始めてきた。

 21日に閉幕したG7の財務相・中央銀行総裁会議では、安倍がGWに欧州歴訪までしてまとめようとしてきた「財政出動」で結局、各国にソッポを向かれてしまった。財政規律を重視するドイツだけでなく、フランスにも「わが国は財政を使う必要はない」と突き放され、安倍は立つ瀬なし。今週の首脳会合を経て、世界経済を理由にアベノミクス失敗を覆い隠す狙いも難しくなってきた。

 円高対策も打つ手なしである。G7財務相会合では為替を巡って日米が平行線。現在のドル円相場が「無秩序」なのかどうかで、麻生財務相とルー米財務長官は認識を異にした。一方、G7各国は「通貨安競争回避」で一致したため、議長国の日本はむやみに為替介入もできない。

 そしてここへきて、野党共闘が加速していることも安倍にとっては誤算だろう。参院選1人区は香川で共産党候補が事実上の野党統一に決まり、32の選挙区すべてで野党の一本化にメドがついた。民進、共産、社民、生活の4党首は19日、「衆院選も、できる限りの協力を行う」と早期の具体化を確認。衆参ダブルとなっても、野党共闘が進む可能性が出てきたのだ。前出の鈴木哲夫氏はこうみている。

「参院選の1人区は32選挙区すべてで野党統一候補ができると早い段階から確信していました。衆院選も期待できると思います。実際、今年3月の段階で共産党は『野党共闘が進めば、衆院の220選挙区で候補者を降ろしていい』と内々に民進党の枝野幹事長に伝えているのです。衆参ダブル選挙となり、野党4党の話し合いが進めば、共産党が独自候補を降ろす。そうなれば40~70の選挙区で与野党の勝敗がひっくり返ります。さすがに自公が衆院で過半数を割ることはないと思いますが、衆参大敗で憲法改正は断念。そうなれば安倍首相の求心力低下は免れません」

■2007年参院選惨敗の再来か

 沖縄でまたもや繰り返された残虐な事件をきっかけに、安倍政権の人命軽視や非情さ、情けないまでの対米隷属とエセ右翼がくっきりと浮かび上がった。沖縄問題を野党が選挙で取り上げるのは確実だから、安倍のデタラメは全国の有権者に知れ渡るだろう。ほんの数日前まで安倍本人も予想だにしなかったことだろうが、2007年参院選の再来が現実のものとなる可能性が出てきた。

「安倍首相が沖縄事件の影響を消したくとも、NHKですら報道せざるをえなくなっています。今後、沖縄県民だけではなく日本中の国民に影響を与え、沖縄問題が選挙のテーマの中心になるでしょう。安倍政権は参院選惨敗。首相にとっては、結果的に退陣に追い込まれた07年の悪夢再びです。それを避けるためダブル選挙に踏み切る可能性がありますが、それでも沖縄問題は消えない。選挙に決定的なダメージとなる」(森田実氏=前出)

 独裁首相をこのまま居座らせれば、国民に自由がなくなり、米国とともに戦争国家へ暴走まっしぐらだ。沖縄だけじゃなく日本中が悲劇に包まれることになる。そうならないため、何としても、安倍を選挙で惨敗に追い込むしかない。

5236
パナマ文書に五輪招致汚職にATM外交。あるか、「海外バラマキ解散」

「解散ない」憶測呼ぶ…首相・公明代表が協議
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/yomiuri-20160524-50103/1.htm
2016年5月24日(火)21時11分配信 読売新聞

 安倍首相は24日、公明党の山口代表と首相官邸で会談し、最終盤を迎える国会対応などについて協議した。

 山口氏によると、衆参同日選について、山口氏が「いろいろ取り沙汰されているが衆院解散の向きはあるか」と聞くと、首相は「解散は『か』の字も考えていない」と述べたという。

 会談を巡る山口氏の説明について、「やはり解散はないということだろう」(公明党幹部)との見方も出る一方、「実は解散を巡る突っ込んだ議論があったのではないか。衆院解散があるかどうかまだ分からない」(自民党中堅)との臆測も出ている。

(以上、転載終わり)

関連記事
野党の不信任案が、首相唯一の同日衆参選挙の口実(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/584.html
この男は一体何をしているのか? 安倍晋三(simatyan2のブログ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/527.html
対米従属を決定づけることになるオバマの広島訪問ー(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/519.html
安倍首相の目立ちたがり屋、ここに極まれり 天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/557.html

|

« 【沖縄の悲劇またしても】沖縄県民から「もう限界!」の叫び。女性殺害事件に政府は“最悪のタイミング”とサミットの影響を憂慮するのみ? | トップページ | 【歴史の大逆転】<G7キリスト者首脳の伊勢神宮参拝> <政教分離を放棄したG7首脳> (by元澤二郎氏) »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【沖縄の悲劇またしても】沖縄県民から「もう限界!」の叫び。女性殺害事件に政府は“最悪のタイミング”とサミットの影響を憂慮するのみ? | トップページ | 【歴史の大逆転】<G7キリスト者首脳の伊勢神宮参拝> <政教分離を放棄したG7首脳> (by元澤二郎氏) »