« 【ヘドロ検察】えっ、斡旋収賄真っ黒けの甘利明が不起訴なの怪?? | トップページ | 【コヤツの名前を忘れまい】“真っ黒”な甘利明を検察「不起訴」にさせたのは 官邸と癒着した法務省幹部・黒川弘務官房長だ! »

【風雲参院選】甘くないぞ「与党圧勝」選挙予測&増税再延期めぐり修復不能なまでの「麻生vs菅」大バトル

-野党提出の内閣不信任案を、衆院絶対安定多数を占める安倍自公は余裕ではね返した。これにて通常国会はめでたく(?)閉会し、政局の焦点は今月22日告示、7月10日投開票の参院選に移ることとなった。安倍は14年12月総選挙を間近にした同年11月18日、「(消費税増税を)再び延期することはないと断言する」と言い切って選挙に臨んだ。それが一年半経過してまたもや延期だ。そのための大義名分として過日のG7サミットでは「リーマンショック直前の状況」とまでいい、各国首脳や海外メディアから「そんなアホな」と失笑・冷笑された。これには、「僕ちゃん、リーマンショック前なんて言ってないもん」という大嘘かましのおまけ付きで、「#ホラッチョ安倍」の真骨頂ここにありというべきだ。が、公約どおり消費増税できないという事はアベノミクスでは景気浮揚できなかった、つまりアベノミクスは失敗だった事の動かぬ証拠となるものである。そこで安倍が取るべき道はただ一つ、野党の不信任案を待つまでもなく、最重要政策失敗の責任を取り即退陣することだ。しかし「政権の維持が第一」の安倍はそんなつもりなど毛頭ない。とすると百歩譲れば、ここで衆院を解散して国民に「消費増税再延期の是非を問う」のが筋だろう。それでなくとも、同時選は安倍が年初以来密かに狙っていた悪野望だったではないか。しかし衆院解散は相当の勇気・決断・度胸を要する。しょせん「21光」世襲出がらしの安倍にそんな胆力もエネルギーもなかったという事だ。そんな腰抜け野郎が「改憲が私の悲願」など片腹痛いわ、ということなのである。2番目記事にあるとおり、収賄甘利が閣外に去り閣内のパワーバランスは大崩れ。麻生vs菅に代表される内部抗争が抜き差しならないところまできているという。加えて(いつかまた紹介したいと思うが)強力な集票マシンとして機能してきた創価婦人部の反乱もあり、人工地震&ムサシ不正がなければという条件付きだが、1番目の日刊ゲンダイ予測のように自民大敗もあり得る状況になってきた。裏で参院選指揮を執るのは五輪招致汚職で国内外に知られる事になった「悪の中枢・電通」だそうだが、とにかく面白い事になりそうだ。 (大場光太郎・記)-

6011

有権者はアホではない 甘くないぞ「与党圧勝」選挙予測(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/145.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 02 日 00:09:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182606
2016年6月1日 日刊ゲンダイ 文字お越し

 通常国会は1日閉会し、政界は事実上の選挙モードに突入する。安倍政権はオバマ大統領の広島訪問効果などもあり、支持率が上昇中。それで「参院選単独でも勝てる」と衆参同日選は見送りムードだが、国民愚弄のペテン政治を散々続けておいて、そうやすやすと与党は圧勝できるのだろうか。

 デタラメの際たるものが、消費増税の再延期だ。安倍首相は1日夕方、記者会見を開き、10%の消費増税の時期を来年4月から2019年10月に2年半先送りすることを、正式に発表する。

 もちろんこの国が今、消費税を上げられるような経済環境じゃないのは間違いないが、1度目の延期の時、安倍首相は何と言ったか。「再び延期することはない、と断言いたします」と約束したではないか。「必ずやその経済状況をつくり出すことができる」と力説したはずである。

 それで増税延期を理由に14年12月に解散・総選挙に踏み切ったのである。「再延期しない」というのは安倍政権の“公約”だったはずだ。公約を実現できなかった以上、即刻退陣するのが筋だろう。

「そもそも消費増税は社会保障の充実とセットでした。増税を見送るのなら、社会保障はどうなるのかの説明が必要なのに、まったく議論されていない。『延期で社会保障の充実が遅れるのなら、増税してもいい』という人だっているかもしれません。社会保障をどうするのか、きっちりした説明を聞かなければ、有権者は審判できません」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

「税と社会保障の一体改革」による消費増税分が充てられることになっていた子育て支援や保育士の待遇改善は、これでは一向に進まない。来年度の増税分で介護や年金に使うはずだった2.8兆円は、財源不足に陥ることになる。

 政権内には「アベノミクスによる税収増で賄える」とかいう寝言もあるらしいが、そんなものを安定財源にすり替えられてはたまらない。

 増税延期で万々歳、ではないのである。

■アベノミクスの破綻の理由と戦犯が居残りの無責任

 消費増税を先送りする最大の理由はアベノミクスの失敗だ。それなのに安倍首相は「アベノミクスは失敗していない」と言い張り、サミットまで利用して、増税延期の理由を世界経済の危機に転嫁したのだからメチャクチャだ。

 今やアベノミクスの破綻は、誰の目にも明らかだ。

「円安・株高はある程度実現したとはいえ、それ以外は及第点に届いていません。フルマラソンでいえば、3分の1も走り切っていないでしょう」(第一生命経済研究所首席エコノミスト・熊野英生氏)

 アベノミクスが目指したトリクルダウンは幻想だった。一部の大企業の業績は円安効果もあって上向いたが、賃金上昇の勢いは失速した。

「政府がどれほど賃上げ要請をしようと、企業側はシビアです。表向きは賃上げすると言いながら、景気の先行きが不透明なのだから、実際には給与アップに踏み切れない。そんな企業が多いのです」(株式評論家・倉多慎之助氏)

 16年春闘は大企業ベースでさえ前年を下回った(15年2.59%→16年2.19%)。大企業給与の上昇ペースが鈍化したら、中小・零細企業への波及効果は薄くなる。

 アベノミクス失敗は実質賃金を見れば分かる。何しろ15年まで4年連続で減少だ。

「円安が輸入物価の上昇をもたらし、家計を直撃しました。賃金上昇が物価上昇に追いつかなければ、生活は苦しくなるばかりです」(熊野英生氏=前出)

 庶民は生活防衛に走る。そうなると個人消費は落ち込み、15年の実質消費支出は前年比2・3%減と2年連続のマイナスに陥った。

 安倍首相と歩調を合わせる日銀の黒田東彦総裁も焦っている。「2%の物価上昇」は達成時期がズレまくり、現在の目標は17年度中(18年3月末)だ。「2年程度で達成」とした目標時期は4回も先延ばしされた。まさか……とは思うが、5回目を平気でやるかもしれない。

 安倍首相は消費増税延期で前科2犯、黒田総裁は4犯。「延期のたびに世界から信用を失っている」(市場関係者)。戦犯2人は自らの失策を棚上げし、世界経済や原油安などを言い訳に使う。これ以上、居座られたら日本経済は悪化するばかりだ。


世界が仰天(仏紙「ルモンド」HP)

バラマキ大型補正で景気浮揚ができるのか

 伊勢志摩サミットが閉幕した途端、大新聞は10兆円規模の第2次補正予算案の記事を流し始めた。先月17日に熊本地震の復旧・復興のために7780億円の補正予算を成立させたばかり。参院選対策のバラマキなのはミエミエだ。

 2次補正は参院選後の臨時国会に提出され、「1億総活躍プラン」や「骨太の方針」から実施する施策を選ぶという。プレミアム付き商品券の発行や全国的な一斉セールなどの景気刺激策が柱だ。

「リーマン・ショック前夜」と世界経済の危機を言い訳にしながら、国内経済のテコ入れのために追加補正を実施する。アベノミクス失敗を隠す毎度の姑息な手段だが、そもそもこんな人気取りが景気浮揚策になるのか。経済評論家の斎藤満氏はこう言う。

「日本が直面しているのは、人口減による構造的な需要の縮小です。潜在的なニーズがないのですから、いくら財政出動をしても景気浮揚の呼び水にはなりません。これまでもカネをバラまいて、公共事業にジャブジャブつぎ込んできましたが、効果は表れなかった。破れかぶれの安倍首相がやろうとしているのはヘリコプターマネーでしょう。政府と日銀が結託し、大量の紙幣を刷って市中に流し込む。事実上、日銀による国債の直接買い入れです。財政規律も金融の基本原理も無視した禁じ手中の禁じ手ですが、政府はバンバン財政出動できる。その先に待つのはハイパーインフレです」

 数字を都合良くいじり倒して世界経済の減速をデッチ上げ、G7の面々をア然とさせた安倍首相のことだ。選挙のためなら何でもアリ。口先首相に騙されてはダメだ。

■サミットの大ボラを国際社会はどう見ているのか

 自国開催のサミットで、ここまで笑いものになったホストはいないだろう。安倍首相がワーキングディナーで吹いた「世界経済はリーマン・ショック前夜」という大ボラ。アベノミクスの失敗隠しにG7を巻き込んだのだから、国際社会から失笑を買うのは当然だ。

 元レバノン大使の天木直人氏はこう言う。

「前代未聞だらけのサミットでした。会議冒頭で議長が一方的な意見を述べるなんてあり得ませんし、G7首脳陣が勢ぞろいした共同会見がセットされず、安倍首相の単独会見で閉幕したのにも驚きました。原爆を投下した当事国とはいえ、オバマ米大統領だけを広島訪問させ、特別待遇したのも、外交的には非礼に当たる。そんなの2国間でやってくれ、というのが各国の本音でしょう。国際的な議題を話し合うサミットに、露骨に内政事情を持ち込んだホストは、私が記憶している限りいませんし、これほど海外メディアに叩かれたのも例がありません」

 仏紙ルモンドは〈安倍晋三のお騒がせ発言がG7を仰天させた〉との見出しで、〈自国経済への不安を国民に訴える手段にG7を利用した〉と専門家が分析して断じた。

 財政規律に厳しいイギリスやドイツもボロクソ。英紙タイムズ(電子版)は〈世界の指導者は安倍首相の懸念に同調せず〉と見出しを打ち、独紙ハンデルスブラットは〈世界経済はある程度、安定した成長状態にある〉というメルケル首相の認識を伝えた。“外野”の中国新華社通信にまで〈巨額の赤字国債を抱える日本が、他国に財政出動を求める資格があるのか〉と小バカにされる始末だ。「安倍首相の主張にあきれたメルケル首相が、ワインをがぶ飲みしてひとりで1本空けた」(永田町関係者)という話も信憑性を増してくる。

■ここまで進んでいる野党共闘の現状と展望

 世界を巻き込む大ウソをついてまでアベノミクスの失敗を認めない安倍首相に対し、先月31日には民進、共産、社民、生活の野党4党が共同で内閣不信任決議案を提出した。もちろん数の力で否決されたが、会期末に向けて加速した野党4党の結束は、安倍政権を予想以上に苦しめることになるだろう。

 参院選1人区での野党の一本化は、32の選挙区全てで実現した。野党内でも「25ぐらいできれば」なんて声が出ていたくらいで、全部は無理だとみられていたから、自民党は大慌てである。情勢調査を見た安倍首相が、1人区について「18勝14敗もある」と焦ったという話が流れたが、共産党が軒並み独自候補を降ろし、野党統一候補がズラリと並んだ今、安倍首相の危惧は現実になりつつある。

「これで野党は、1人区ではいい勝負ができる。あとは比例代表です。死に票を減らし、野党の受け皿を明確にするためにも、『統一名簿』にするのが一番いい。前向きな社民や生活に対し、民進が消極的ですが、公示日までまだ時間はあります。岡田代表の決断にかかっています」(鈴木哲夫氏=前出)

 実際、民進、社民、生活で「統一名簿」実現のために水面下の調整が行われていることが、先月31日に明らかになった。

 安倍首相が頼みにする支持率も危ういものだ。確かに、内閣支持率は5割を超え、自民党の政党支持率も4割以上ある。だが、「アベノミクスで景気が良くなるか」という質問では6割以上が「思わない」と答えているし、重視する政策では景気よりも「社会保障」という人が増えている。有権者の意識は徐々に変わってきているのだ。

「二度とないと断言していた消費増税の再延期は、『経済政策』というより安倍首相の“信頼性”の問題です。選挙結果に影響しなければおかしい。単純に『増税先送り』賛成だからと自民党に投票すれば、憲法改正が現実になるんですよ。前回の総選挙後、争点になっていなかった安保法制が進められたのと同じです」(鈴木哲夫氏=前出)

 これだけのデタラメが明らかになっているのだ。マトモな有権者はもう騙されないはずだ。


601
対立を深める麻生財務相と菅官房長官/(C)日刊ゲンダイ

増税再延期めぐり「麻生vs菅」 安倍政権の亀裂は修復不能(日刊ゲンダイ)http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/140.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 02 日 00:00:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182580
2016年6月1日 日刊ゲンダイ

 政権崩壊が近づいているのではないか。安倍首相が「消費税増税」も「衆参ダブル選」も見送ると決めたことで、政権内の亀裂が抜き差しならなくなってきた。特に麻生財務相と菅官房長官の対立は、もはや修復不能の状態になっている。

「必ず予定通り、消費税率を10%へ上げてくれ。出来ないのなら衆院を解散して信を問う必要がある」「前回延期を決めた時、2017年4月に引き上げると約束しましたよね」

 安倍首相から「消費税増税」も「衆参ダブル選挙」も見送ると伝えられた麻生財務相は強く反対し、講演でも「解散して信を問わないのは筋が通らん」と不満をぶちまけている。増税派の麻生財務相は1週間前、国際会議で「増税は予定通り実施する」と断言したばかり。わずか数日でひっくり返され、完全にメンツを潰された形だ。

■3度目の煮え湯にカンカン

 それにしたって、閣僚が表立って総理の考えに異を唱えるのは異例のことだ。よほど、頭にきたのは間違いない。

「重要な政策決定で、麻生さんが自分の考えを総理から蹴られるのは、これで3回目です。1回目は14年に増税を延期した時、2回目は軽減税率の導入をめぐって。そして、今回が3回目です。3回も煮え湯を飲まされ、プライドの高い麻生さんは『冗談じゃねぇ』と我慢できなかったのでしょう」(自民党関係者)

 ただ、怒りの矛先は、「盟友」の安倍首相ではなく、菅義偉官房長官に向かっているという。3回とも、麻生財務相と対立した菅官房長官の主張通りになっているからだ。

「菅さんは一貫して増税反対、ダブル選反対でした。麻生さんが『解散すべきだ』と訴えた時も、『参院選で信を問えばいい』と反論しています。麻生さんは『すべて菅の野郎の言う通りじゃねぇか』と思ったはずです」(政界関係者)

 もともと、安倍首相周辺では菅官房長官への反発が強まっていた。麻生財務相VS菅官房長官をキッカケに、安倍首相周辺が2分裂する可能性が強まっている。

「能力本位ではなく、“お友達”で組閣した弊害が一気に噴き出しつつあります。安倍さんの周囲は全員、『自分は安倍さんに近い』と思い込んでいる。だから、自分の意見が採用されないと、怒りは安倍さんではなく、『あいつのせいだ』と他のお友達に向かう。怒りが集中しているのが、菅長官です。その菅長官も『トラブル処理に疲れた』と愚痴をこぼしています。安倍内閣は〈麻生財務相、甘利氏、菅官房長官〉の3人が支えてきたが、甘利さんが閣内から消えたことで、バランスが崩れている。麻生財務相と菅官房長官の対立は、致命傷になる可能性があります」(永田町関係者)

 仲良しチームは、好調な時は勢いに乗るが、危機に陥るともろい。安倍首相が9年前の参院選で大敗し、政権を追われた時と、似たような状況になってきた。

(以上、転載終わり)

|

« 【ヘドロ検察】えっ、斡旋収賄真っ黒けの甘利明が不起訴なの怪?? | トップページ | 【コヤツの名前を忘れまい】“真っ黒”な甘利明を検察「不起訴」にさせたのは 官邸と癒着した法務省幹部・黒川弘務官房長だ! »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ヘドロ検察】えっ、斡旋収賄真っ黒けの甘利明が不起訴なの怪?? | トップページ | 【コヤツの名前を忘れまい】“真っ黒”な甘利明を検察「不起訴」にさせたのは 官邸と癒着した法務省幹部・黒川弘務官房長だ! »