« 【これは驚いた!】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 「与党とその候補者を支持しない」 | トップページ | 【創価・公明情報】池田大作氏死去を近く公開か&創価内部の路線対立激化が参院選に甚大な影響を及ぼす? »

「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」 谷口雅春と稲田朋美と日本会議

-「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」と、戦争賛美・戦争礼賛ののっけから穏やかでない記事タイトルとなってしまった。がしかし、かつてこの国でこう説いた者がいたのだ。生長の家創始者の谷口雅春である。多分戦時中の論説だったのだろうが、(かつて大正10年の第1次大本弾圧辺りまで谷口雅春も信徒だった)大本の出口王仁三郎が明確に予告していたように、その時期は、日本滅亡を画策する邪神・邪霊が集中的に当時の日本全体に広く蠢動し思うさま世情を乱らしていた時期なのである。このような大妄説を説いた谷口雅春はその時期、邪神・邪霊に憑依され、そのように言わされもし書かされもしたのだと推察される。このたび「与党には与しない」旨の明確な声明文を出した現・生長の家は、初代のかかる妄説を誤りだったと認め、2代目の谷口清超、現総裁の谷口雅宣とゆっくり時間をかけて平和路線に変換して今日に至っているわけだから、それはそれでいいのである。しかし問題は、現・生長の家から離れ、今なお冒頭のような初代の妄説を金科玉条のように信奉している輩がいることである。要はそういう輩がカルト化し、生長の家本流と称し、今日大問題になっている「日本会議」の中核を占めているのだ。さて現安倍内閣は安倍総理をはじめ麻生・菅・石破・高市など全閣僚の8割以上が日本会議メンバーであることをもってしても、その深刻さが分かろうというものである。閣僚ではないが、安倍政権主要幹部の谷垣禎一幹事長や稲田朋美政調会長も同メンバーの一人である。谷垣は「一丁上がり」と自分から言っているらしいから実害は少ないが、問題は稲田朋美(57)だ。何たって安倍御大のお気に入りで「自分の後継者」に指名しているほどなのだ。もっとも最近安倍は「稲田総理の実現は8年後だ」と言っているらしい。えっ、テメエ、さては後8年総理を続けるつもりか?と、絶句であるが、「安倍体制」が続く限り稲田朋美が女性総理候補であることに変わりはない。そんな稲田は講演会で『生命の実相』を振りかざすほどカルト的な谷口雅春信奉者らしい。冒頭の妄説もある講演会で稲田が引用し「ずっと生き方の根本に置いてきた」と語ったというのである。稲田はまた「男子も女子も自衛隊に体験入隊すべきだ」とも語っている。ある意味稲田朋美の言動は安倍晋三より先鋭的で危険だ。いやはや恐ろしいおばはんだこと!今回の参院選の結果次第では、安倍が憲法改悪、国防軍創設などを地均しし、稲田がそのレールに乗っかって実際の戦争に突き進む、そんなおぞましい近未来が待ち受けているかもしれないのだ。 (大場光太郎・記)-

6108
(一言 「霊魂進化」「霊性進化」は平凡な日常生活の一こま一こまでこそ着実に果たしていくべきもの。それを「戦争で」などというのは邪道以外の何ものでもない!)

【注記】以下に転載するのは、直前記事で転載した阿修羅掲示板投稿記事のコメントの抜粋です。

今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 「与党とその候補者を支持しない」
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/539.html

(同投稿コメントより)

5.       新共産主義クラブ[2081] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年6月10日 15:22:18 : w6ynwbc01A : 5GmHGakjcZk[2]

稲田朋美 安倍支持の首相候補「戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事」生き方の根本
 
更新日: 2016年02月18日 NAVERまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2144500821497155201

6.    2016年6月10日 15:43:59 : byspRImPbM : a@vVSKFi9ZE[1]
あのな、稲田朋美はその親父とともにかつては福井の有名な生長の家幹部だったんだな。

しかし、今は谷口雅春先生を偲ぶ会と言う右翼団体を立ち上げ、生長の家の内部分裂を狙っているのだわ。

それにたいして谷口雅信現総裁が明確な方針を信者や社会に表明した訳だ。というわけで生長の家信者がシールズに肩を並べてデモをしても信者の自由でむしろ、生長の家指導部は歓迎するはずだ。

7.    2016年6月10日 17:42:33 : GrAcgzPEJK : s2E@PN8YM5w[31]
生長の家は統一にのっとられていると認識していたが、さにあらず、瞠目した。

8.    2016年6月10日 18:20:37 : Oozg29Kcag : Qiiwq5NaXgQ[148]
『日本会議の研究』について
「唐松模様」(生長の家総裁 谷口雅宣)2016年6月1日 (水)
http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/post-1b99.html

『日本会議の研究』について (2)
「唐松模様」(生長の家総裁 谷口雅宣)2016年6月9日 (木)
http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue2/2016/06/2-1512.html

15.    2016年6月10日 21:58:26 : 9lIdkczTic : LofoVITqTZ8[1]
生長の家は分裂しているんですよ。初代(谷口雅春)を奉ずる原理主義のグループと、現総裁(3代)が指導する現在の生長の家のグループで主張がまるで違います。原理主義グループが日本会議をつくり、安倍政権に食い込んでいるのに対し、現在の生長の家はエコ活動が主体でむしろ左派的な色合いを持っています。
コメントを見るとこのあたりを混同しているようなのではっきり区別して見る必要がありますね。

16.    2016年6月10日 22:33:10 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[921]
>>15
おお。 
合点が行きましたわ。そういう事なのかぁ!

17.    2016年6月11日 01:27:53 : KSxhD8MSc6 : bxfbjmMHK9M[4]
>>4
生長の家と言うと極右でおどろおどろしいイメージを持っていたが、
とっくに路線を修正していたらしい。
80年代末には政治活動から退き、2代、3代総裁で少しずつ穏健化が進んできて
現在に至っている。

19.    2016年6月11日 08:32:56 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[198]
創価学会も成長の家に見習ってほしいです。

6106
(一言 何度でも言うが、靖国神社は長州藩「招魂社」を元とする明治になってからの人造神社だ。古来からの正統神社とは何の関係もないっちゅ一の。圧倒的多数の日本国民と長州藩と何の関係がおますのや。アンタも分からんお人やね~。)

26.    2016年6月11日 12:46:58 : 1akY8SVkKU : ai6dG2P6Ua4[2]
生長の家の宣言文に出てくる【元幹部】とは稲田朋美です。

稲田は公には生長の家関係者と報じられますが、講演会である【ともみ組】会長である渡部昇一は、幸福の科学と非常に親交が深く、生長の家を乗っ取りにかかっているグループとは、幸福の科学と言えるでしょう。

27.    2016年6月11日 18:25:39 : 1gfy8eT9pc : sa_IFkzDIK0[19]
初代・谷口正治(本名)は、大本教に対する激しい弾圧を、大本信者として内部から見ていたので恐怖して、自分の団体は官憲の言いなりになって、戦争礼賛思想をでっちあげたんですよ。

しかしさすがに二代目以降は、そのような狂気の思想とは決別したわけです。
その後、原宿にあった本部も、原理主義者に襲撃されたりしてますね。ご苦労様です。

今回、原理主義者・日本会議に対するはっきりした見解を世に出されて、人々の理解を得たと思います。

28.    2016年6月11日 22:34:19 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[769]
宗教団体とは言え、ずいぶんと違うものですね。

「生長の家」が「公迷党」を乗っ取ってくれれば、日本は安倍ナチス政権の独裁政治から脱出できるかも知れないですね。

我々日本人の一般常識から言えば、安倍ナチス政権内に宗教団体・創価学会の支持政党・公迷党がいるなんて考えられないことです。

簡単に言言い換えれば『創価学会が安倍ナチス政権』だとさえ言えるわけでしょ。

宗教を一般常識で考えたらいかんのですかね。

個人的には「生長の家」に「公迷党」を乗っ取って欲しいですね。

国民の安心と安全のために・・・。

(以上、転載終わり)

|
|

« 【これは驚いた!】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 「与党とその候補者を支持しない」 | トップページ | 【創価・公明情報】池田大作氏死去を近く公開か&創価内部の路線対立激化が参院選に甚大な影響を及ぼす? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【これは驚いた!】今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 「与党とその候補者を支持しない」 | トップページ | 【創価・公明情報】池田大作氏死去を近く公開か&創価内部の路線対立激化が参院選に甚大な影響を及ぼす? »