« 【強運の女神】転じて「改憲阻止の女神」になってくれ!強運とファンの後押し しぶとく当選した女性3議員の勝因 | トップページ | 【大衝撃】天皇陛下の「生前退位」ご意向の意味とそこから派生する皇室某重大事案 »

【口曲がり麻生ヘソも曲げw】「オレは辞める」と 麻生vs菅の抜き差しならぬ対立 内閣改造で閣外に去るのはどっちだ?

-(小沢を裏切り民主・民進を裏切lり、昨年岩手県知事選出馬を直前取り止め大恥をかいた、)平野達男参院議員が自民党に入党し、安倍自民党は参院でも単独過半数を確保した。改憲に向けて安倍自民党は準備着々やに見える。しかし(にわかに生前退位問題が浮上した)天皇を頂点としているという世界支配層は、開票日直ちに改憲意欲を見せた安倍をいよいよ危険視し出した、というのが最近の板垣英憲氏情報だった。事実はどうなのか私などは確認のしようがないが、そんなこんなでいくら国会議員の雁首を揃えようと改憲はそう簡単なものではないたろう。不正でも何でもありの反キリスト悪魔体制下の現状ではノータリン安倍でも簡単に国政選挙4連勝が出来てしまうことを満天下に示し、現に自公+改憲勢力3分の2超となったのである。今や安倍は藤原道長以上の安倍増長(あべのぞうちょう)と名を改めるべき、「この世をば我が世とぞ思う」独裁街道驀進中である。しかし得てして強大な組織体は内部に弱点を抱えているものである。安倍政権で言えば、本転載記事のように麻生財務相と菅官房長官の深刻な対立だ。二人の主要閣僚の対立が表面化し出したのは、ワイロ甘利が大臣を辞任して閣外に去って以降だ。鉄壁の四駆安倍内閣の一駆が外れ、にわかに軋みが生じ出したのだ。対立がこれほど根深ければ、来月3日の内閣改造ではどちらか一方が閣外に去ることになるのだろう。安倍体制を支えるのにこの二人以上の者はおらず、以後の政権運営にかなりのダメージになるのではないか?また舛添前都知事の辞職に伴う東京都知事選が14日、告示されたが、小池百合子と増田寛也と自民党は分裂選挙を戦うことになる。小池を後押ししている一人は石破茂とみられるが、安倍は次期改造で石破の処遇をどうするのだろうか?狭量な安倍に、異心ある石破をそれでも閣内に飼い殺しして置けるのか、石破当人はどうなのか。かと言って無役にして大っぴらに反乱されては大変だろうし。アベノミクス失敗など重要課題を脇に置いてもこれだけの深刻な事情を抱えているのだ。歴史に学べば、(安倍晋三とは比ぶべくもないが)天下布武(天下統一)を目前にして織田信長は「高転び」して倒れた。「その時歴史が動いた!」。安倍増長(あべ・ますなが)にも本能寺の変のような出来事が起こり、改憲目前での高転びがないとは言えないのである。 (大場光太郎・記)-

71010

菅長官と対立し“更迭”か 麻生財務相「辞める」発言の真相(日刊ゲンダイ)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185600/2
2016年7月13日 日刊ゲンダイ

71011
麻生氏は中西健治氏を全力支援していた(左は菅官房長官)/(C)日刊ゲンダイ

「オレは8月でいなくなるから」

 来月3日に予定されている内閣改造で、麻生財務相が「大臣を辞める」と周囲に話しているという。何が理由なのか。

「安倍総理が増税の再延期と、それでも解散総選挙はしないことを決めた時も、『やってられねぇよ』とキレまくっていました。その後、総理とは手打ちをしたと聞いていたのですが、今回の参院選で、また怒りがブリ返してしまったようなのです」(財務省関係者)

 麻生派は神奈川選挙区で、自民推薦で立候補して当選後に党が追加公認した中西健治氏を全力で支援していた。

 ところが、神奈川県選出の実力者である菅官房長官は公明党候補に肩入れし、自分の後援会組織もフル稼働。その甲斐あってか、改選4議席のうち、公明候補は2位で当選。中西氏は何とか最後の議席に滑り込んだものの、次点の共産党候補に追い上げられてギリギリの当選だった。

「選挙期間中、麻生大臣は『何で官房長官は公明党の応援ばかりするんだ』とブチ切れていました」(麻生派関係者)

 もともと麻生大臣と菅氏は折り合いが悪い。「軽減税率の導入」も「増税再延期」も菅氏に押し切られた。麻生大臣が安倍首相に進言していた「衆参ダブル選」も菅氏の猛反対で潰された。3回もコケにされ、はらわたが煮えくり返っていたところへ、参院選神奈川選挙区での“対立”が決定打になったようだ。

「ただ、麻生さんは総理の耳に入ることを承知の上で、あちこちで『辞める』と触れ回っているように思います。これは、改造で菅さんを交代させろというメッセージ。つまり、『オレを取るか、菅を取るか』と総理に迫っているわけです」(官邸関係者)

 官房長官の在任期間が歴代最長になった菅氏は、「安倍内閣の要」とされる。国民の評価はともかく、「陰の総理」と呼ばれるほどだ。盟友の麻生大臣と、手堅い菅氏が、安倍政権を支える柱なのは衆目の一致するところだが、さて、来月の内閣改造でどちらが姿を消すことになるのか。


 Motoaki @Moto_Dong 

策士の菅さんがいなくなるとお友達二人で暴走して墓穴を掘りそうな気がする。麻生さん、がんばれ!(笑)
【菅長官と対立し“更迭”か 麻生財務相「辞める」発言の真相】 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185600

|

« 【強運の女神】転じて「改憲阻止の女神」になってくれ!強運とファンの後押し しぶとく当選した女性3議員の勝因 | トップページ | 【大衝撃】天皇陛下の「生前退位」ご意向の意味とそこから派生する皇室某重大事案 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは、自民党嫌いの私にとって朗報ですね、麻生も菅も安部と一緒に消えてくれ、ついでに
ネオナチ稲田、高市も、萩生田も石原も石波もいらない、こんな連中ばっかりの自民党は「腐ったミカンの木」ですね、もう救いようがない、それなのに
何故、あんなに支持者がいるのか、明智小五郎でも
金田一耕輔でも解けない謎ですねぇ、私は学生時代から共産党支持者ですが、昔の自民党の人間は、もっと人間らしかった。今の連中は「妖怪人間ベム
」かおまけですねぇ

投稿: OITYAN | 2016年7月15日 (金) 17時50分

 どうもありがとうございます。

 本当に、リベラル派が駆逐されてしまった格好の現極右安倍自民党は、日本会議やネオナチカルト議員の巣窟です。名前をお挙げになった議員連中が自民党から、というより政界からいなくなれば、日本の政治はずっと風通りしがよくなることでしょうね。

 昨年の戦争法案を身を挺して阻止しようとした志位共産党には共感を覚えます。私はそれまで「自民党&共産党」には投票した事がありませんでしたが、昨夏の当市市議選では初めて女性共産党候補に投票、今参院選でも同党の浅賀由香候補に投票しました。惜しくも次点でしたが。

投稿: 時遊人 | 2016年7月16日 (土) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【強運の女神】転じて「改憲阻止の女神」になってくれ!強運とファンの後押し しぶとく当選した女性3議員の勝因 | トップページ | 【大衝撃】天皇陛下の「生前退位」ご意向の意味とそこから派生する皇室某重大事案 »