« 【SMAP解散】安倍自民党も早く分裂・解党しろや!「五輪後政界再編」では日本が持たない 今すぐ事を起こせや、進次郎! | トップページ | えらいこっちゃ!! これは拡散せねば! 甘利ワイロ事件 握りつぶした“黒幕”が事務次官昇格の仰天 »

【危うし日中関係】戦後最悪の反中政権 稲田防衛大臣起用で警戒警報(by本澤二郎氏)

-何と言っても、わが国の最近の政治動向にもっとも神経を尖らせているのがお隣の中国・韓国だろう。衆参改憲勢力3分の2超、東京都知事に極右小池百合子、そして極めつけがウルトラ極右の稲田朋美防衛相就任だ。国民からしても異様だと感じるのだから、先の戦争の被害国の両国は余計そうだろう。分けても中国。再登板以降の安倍政権下で仮想敵国とみなされている事は重々承知だろうから。小泉元総理時代に壊れかけた日中関係を、それ以降の政権が何とか関係修復を図って来た。しかし安倍晋三登場と共に何もかもぶち壊し、現状は最悪・険悪である。そもそも米国ジャパンハンドラー指名によって再登場した安倍は、「日中戦争を起こすこと」を条件に総理にしたもらったのではないか?と思われるほどである。これは根拠のないことではない。今となっては米国所有のニュー山王ホテルでの日米合同委員会だったのだろうが、安倍が小泉政権下の官房長官時代の2006年、当時野党第一党だった民主党代表の前原誠司らと共に、都内某所で米ジャパンハンドラーメンバーと密談した事が知られている。テーマはズバリ「日中戦争」。それが起きた場合の意見を交換したというのだ。ロスチャ戦争屋一派は、10年以上前から日中戦争を起こさせたくてウズウズしていたのだ。そして安倍はそれに全面的に賛同していたのである。対中宥和政策を掲げる8年間のオバマ民主党政権では抑えられていただけで、戦争屋代理人の戦争キ印ヒラリー婆が大統領にでもなったら、日中戦争危機が一気に再燃しかねない。安倍再登場以降、戦争法成立や、数度の不正国政選挙によって衆参改憲勢力3分の2超確保などはそれに向けた地ならしではないかとも勘ぐられる。2、3年前の記事でも述べたが、尖閣ないしは南シナ海で日中の軍事衝突が勃発しても米国は日本支援などしない。過去の米国要人の発言からそうとしか読み取れないのだ。両国が疲弊するのを米国は高みの見物である。そして頃合いを見て漁夫の利仲裁に入るシナリオなのである。日本会議、外務省・防衛省幹部など高級官僚、財界首脳など亡国連中は内心「日中戦争大いにやるべし」である。安倍増長が夏休みを3回もとって山梨県鳴沢村の別荘付近の名門ゴルフ場でのうのうとプレーしていられる理由もその辺にあるのだ。だいたいが財界要人やフジTV会長らが安倍と一緒にブレーして回っているのだから。ところで横浜壊滅イルミナティカードで、北朝鮮が首都圏に核ミサイルを飛ばすのは日中戦争のさなかではないだろうか? (大場光太郎・記)-

81617
出た~、戦争キ印エロ婆朋美。あんたホントに、ジブチの次は南スーダンにでも行って、そこの隊員たちの婆慰安婦にでもなってろ。日本に帰ってくるな!

81618

81615
上のゴルフ姿の安倍。腹のあたりがブヨブヨ太りに見える。贅肉つきすぎ!頭使わない、気を使わない「簡単なお仕事」だからそうなるわな。そのくせ総理報酬ウン千万、外遊では引き連れた財界人からバックリベートがっぽリ。そりゃ、乞食と総理は三日やれば止められないわなぁ。

危うし日中関係<本澤二郎の「日本の風景」(2450) <戦後最悪の反中政権> <稲田防衛大臣起用で警戒警報>
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/378.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 8 月 17 日 10:03:17
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52146952.html
2016年08月17日 「ジャーナリスト同盟」通信

<北京からの一報>

 昨日、北京の友人がメールをくれた。「中国と日本がまた戦争するかもしれない」という深刻な内容だった。友人は中日友好に尽くしてきた日本びいきの中国人である。1972年の国交正常化を実現した田中ー大平内閣には、当時の三木派と中曽根派が共闘した。これに岸―福田派が猛烈に反対した。現在は後者の政権である。反中政権そのものである。具体的には、尖閣・南シナ海問題を意図的に煽っている。危うし日中関係である。

<戦後最悪の反中政権>

 筆者は「日本人の平和主義はいい加減なものではない」という宇都宮徳馬の至言を紹介しながら「心配するな」と返信した。とはいえ、戦後最悪の日中関係であることは間違いない。平和を愛する日本人が、警戒を緩めると、なんでも起こりうる安倍・自公政権であることは、すでに特定秘密保護法と戦争法の強行によって証明されている。
 平和を叫んできた公明党創価学会の変身が、それを可能にしたものである。太田―山口の罪は重い。内部抗争が起きて当然だろう。憲法違反の戦争法を強行した手前、もう9条に手を付けないと訴えている。国民は、もう太田や山口を信用していない。ごまかされないだろう。

 戦争神社である靖国神社に敗戦の8月15日、安倍周辺の日本会議の国会議員約70人が国際世論に抗して参拝を強行した。高市ら安倍側近大臣も参拝した。うぬぼれやの小泉ジュニアまでもが参拝した。まさに隣国とは、戦後最悪であることを裏付けている。安倍は例によって、参拝に相当する真榊の奉納をしてやり過ごしたが、国際社会は納得していない。

<稲田防衛大臣起用で警戒警報>

 狂気の永田町である。そこに油を注いだ安倍晋三人事である。安倍以上に安倍と言われる女安倍で知られる稲田を、こともあろうに防衛大臣に起用した。
 筆者がこの議員に注目したのは、休日に限らないが、安倍は母親の待つ富ヶ谷の自宅に戻るのだが、某日戻らない日があった。そこへ稲田一人公邸に出向いた。滞在すること2時間から3時間である。「怪しい」と直感したものだが、それは図星だった。
 稲田起用に国際社会が騒いだ。隣国の衝撃は尋常ではなかった。警戒警報レベルをあげて当然だった。北京の友人の反応も理解できる。

<日中友好派の反撃>

 安倍と稲田の、日本会議が振り付ける極右ダンスの行方に世界は注目している。かくして、西条市でエロス政局観が生まれたのかもしれない。むろん、市民の全てがひれ伏すわけではない。
 日中友好派の反撃も出てきている。宇都宮徳馬のいない日中友好団体の多くが塹壕に潜ってしまっているが、中国残留孤児のグループが立ち上がった。
 8・15の日本記者クラブで、筆者は元孤児の中島幼八と会見した。2度目である。彼は元気だった。そして反中派の政権に対抗して、友好派を代表するかのように「中国残留孤児問題フォーラム」を計画推進していた。
 中島と池田澄江が具体化させたらしい。

<10・2フォーラム>

 10・2フォーラムは、江戸東京博物館で行われる。午前は映画「望郷の鐘・満蒙開拓団の落日」を上映する。この映画は「中国残留孤児の父」と言われた僧侶・山本慈昭の過酷な体験と、自らの残留孤児の肉親捜しを描いた感動的な作品という。
 午後のフォーラムでは、中島が基調報告をする。
 後援団体の中に「工学院大学孔子学院」も入っていた。筆者もここのメンバーである。西園寺一晃に声を掛けられたものだ。
 さっそくこの宣伝チラシを日刊ゲンダイ記者に取材するよう要請した。
 この日、靖国取材から戻ってきたシンガポール記者と出会うことが出来た。同記者に中島を紹介したのは筆者である。おかげで日本記者クラブで特製のソバを御馳走してくれた。

 ジャーナリスト同盟を継承してくれた長沼節夫とも、記者クラブで交流できた。彼は既にフォーラムのことを知っていた。赤ワインで乾杯した。彼のペンもぶれない。毎日、日比谷に姿を見せているその努力に敬意を表したい。

<戦争を許さない覚悟>

 日本会議・安倍・稲田のコンビから目を離してはならない。これほどの危険な政権は、戦後存在しなかった。
 背後の黒幕である財閥の暴走も要注意である。新聞テレビの衰退・NHKの安倍チャンネルも、根源は財閥の暴走に収れんされる。これは構造的に半島や大陸を侵略した時代と同じなのだ。

 しかし、いかなる事態があろうが、なかろうが戦争は犯罪である。許してはならない。
 昨夜、たくさんの資料を送ってくれた脚本家・演出家の高畠久の携帯に礼の電話を入れた。彼はチャップリンの「人間は愛と勇気が一番」という言葉を教えてくれた。「貧乏は恥ではない」ということも。貧者がいい歴史を作り上げる時代にしたいものだ。

2016年8月17日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

(転載終わり)


関連記事
イカレタ格好をして意気揚々の稲田朋美
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/308.html
サングラスにキャップ・・・。海賊対策の最前線を視察するのに、その観光的態度は何だ!!(くろねこの短語)
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/289.html
稲田朋美防衛相に領収書偽造が発覚、なんと520万円分! マスコミはこの重大疑惑を報じることができるのか(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/252.html
【多い】安倍首相が今年3度目の夏休み!全国戦没者追悼式が終わると同時に山梨県鳴沢村の別荘へ
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/365.html
   

|

« 【SMAP解散】安倍自民党も早く分裂・解党しろや!「五輪後政界再編」では日本が持たない 今すぐ事を起こせや、進次郎! | トップページ | えらいこっちゃ!! これは拡散せねば! 甘利ワイロ事件 握りつぶした“黒幕”が事務次官昇格の仰天 »

戦争か平和か」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。