« 【理想的名君・上杉鷹山公】ケネディ元大統領が「最も尊敬する日本人」と激賞した、江戸時代屈指の名君”上杉鷹山” | トップページ | 【安倍ジョンウン・マンセー国会】まるで北朝鮮 安倍首相所信表明に自民“総立ち拍手”の異様 »

そうか、こういう見立てもあったか!ならば総裁任期延長大賛成 いっそ安倍道鏡、お望みどおり終身総理でもいいぞ!

-害務省の振付けか、経団連ボス連の差し金か、はたまた米国奥の院の命令か。国民の血税を海外にバラ撒くだけの安倍の長~いATM外遊がやっと終わった。いっそのこと制御が利かなくなった人工衛星のように、血税補給ままならぬまま“地球儀外交”とやらをそのまま死ぬまで続けてもらいたかった。が、何とか賞までもらった安部増長は、金毛九尾明恵とお手々つないでタラップ降りて、得意満面ヅラして国内に戻ってきた。そして真っ先にやらせたのが、党の役員会での自分の「3期9年」への総裁任期延長論議だ。テメエが真ん中にデンと座ってるんだから、廉恥の士なら「これまでの名総裁がたを差し置いて、私ごとき未熟者が3期9年などとてもとても」と、一旦は固辞するのが常識というものだろう。しかしサイコパス安倍にはそういう配慮など一切なしだ。転載文中ほどの画像にあるとおり、二階、高村、茂木といった茶坊主役員たちに「延長ごもっとも」と目一杯ヨイショさせておいて、安倍総統閣下は至極ご満悦の体(てい)なのである。東京五輪までの、いなさらなる無期限延長論まで。この擬制民主主義国家にあって、まあ言いも言ったりののけぞる話だ。がしかし、延長は安倍増長にとって、決してプラスばかりではない、いな「大凶」と出る可能性大有りだ、というのが今回の日刊ゲンダイ1、2面総力論説である。言われてみればなるほど確かに。今までなら、アベノミクスも、拉致問題も、皇室典範改正問題も、GPIF年金損失問題も…、お得意の「道半ば」で誤魔化すことができた。が、後4年も総理を続けるとなるとそうはいかなくなる。どの問題もビシビシ容赦なく結果責任が突きつけられてくるのだ。そうだ、鋭い指摘だ。今はまだ「アベ政治を許さない」の意味が分かっておらず、電通・マスコミの作り出した雰囲気で何となく支持しているネトウヨ&国民も多いのだろう。豊洲問題が大揺れの折りから、果たしてオリンピックが開催できるか否か、それすら不透明だが、20年の晩秋の冷たい風が吹く頃には、全国民が分かりすぎるくらいはっきりと結論が出る。安倍増長には、そこまでは最低見届けてもらうのが自己責任と言うものだ。それから先さらに「安倍道鏡の道」(言い換えれば「安倍七転八倒の道」)へお進みになるか否かは、安倍総統閣下の「お気持ち」次第ということでw (大場光太郎・記)-


9263

20年に経済クラッシュ? 安倍総裁任期延長を待ち受ける暗雲(日刊ゲンダイ)

http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/398.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 24 日 20:45:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190472
2016年9月24日 日刊ゲンダイ 文字お越し

9264
キューバでも札束外交(C)AP

 26日召集の臨時国会を前に、自民党内では安倍首相の総裁任期延長の議論が始まっている。

 自民党の党則では、総裁任期は「連続2期6年」の決まり。連続2期目に入った安倍は、2018年9月に任期満了を迎える。ところが、「20年の東京五輪は“安倍マリオ首相”で迎えるべき」などとワケのわからない理屈が大手を振って、任期延長の議論がスタート。高村正彦副総裁を本部長とする「党・政治制度改革実行本部」の役員会が20日に初会合を開いたのだが、これが茶番もいいところなのだ。

「3期9年に党則を改正するのか、期限を区切らず総裁任期を無期限にするかという違いだけで、会合は初回から『延長ありき』で始まっています。高村氏は『安倍総理の任期延長としてではなく、誰にでも適用されるよう一般的に制度を変えるべき』と、もっともらしいことを言っていましたが、このタイミングで議論をスタートさせたのは、誰が見たって安倍首相のためでしかない。なぜ今、こんな議論をする必要があるのか。しかも、表立って反対する声はない。茶坊主たちが結論ありきでアリバイ的に議論してみせるだけなのがミエミエで、これでは独裁体制を確立する以外の何物でもありません」(政治評論家・野上忠興氏)

 初日の会合では、額賀派の石井準一参院議員が「人気のある首相だから任期を延ばすと見られないよう、丁寧にやってほしい」と注文した程度で、反対意見は出なかった。

 安倍の後見人を気取る高村だけでなく、本部長代理を務める茂木敏充政調会長も「議院内閣制を取る主要国では党首の多選を禁止する規定はない」などと説明して、任期延長に議論を誘導した。高村や茂木は、年内に実行本部の議論をまとめ、来春の党大会で党則を改正するスケジュールを描いている。

■解散総選挙と任期延長論はリンク

「例年1月に開かれていた党大会が、今年は3月開催に決まったことで、年末年始の解散・総選挙があるのではないかという臆測を呼んでいますが、実は、この解散説も総裁任期延長とリンクしています。衆院選になれば、嫌でも総裁の求心力は高まる。候補者は党の方針に逆らうことができなくなる。解散ブラフが『総裁任期延長に反対したら、どうなるかわかってるだろうな』という党内向けの脅しになるのです。ただ、自民党の総裁は国のトップでもある。その任期を自民党国会議員の議論だけで決めてしまうことには問題があると感じます。せめて、自民党員の投票だけでもするべきでしょう。世論調査でも多くの国民が任期延長に反対している。それは、権力が長く続けば腐敗することを肌で感じているからだと思います」(野上忠興氏=前出)

 安倍が3選すれば、政権はあと5年も続くことになる。9年間も同じ人間がトップに居座れば、必ず長期政権の歪みが生じてくる。英国の歴史家ジョン・アクトンは「絶対的権力は絶対に腐敗する」と言った。権力の集中が続けば、ロクなことにならないのだ。だからこそ、自民党も「2期6年」という総裁任期を設定したのではなかったか。

 86年夏の衆参同日選で大勝した当時の中曽根首相が、その年の10月に切れる総裁任期を無期限に延長しようとしたこともあった。その時も、党内から異論が出て、党則に特例を設けて任期を1年延長するにとどめた。それが長く政権を握ってきた自民党の“智恵”でもあったはずだ。


9265
役員会は「結論ありき」(C)日刊ゲンダイ

任期延長で隠蔽と矛盾が次々と露呈し、さらし首に

 高村らは、「自動的に安倍総理の任期を延長するものではなく、次の総裁選に勝つ必要がある」とか言って延長論を正当化するのだが、任期を2年も残して延長が決まれば、それは「ポスト安倍」の動きを封じ込めることになる。誰の目にも、安倍のための任期延長なのは明白なわけで、2年後の総裁選で安倍に歯向かって手を挙げることはしづらくなるだろう。

 政治ジャーナリストの山田厚俊氏が言う。

「自民党が総裁の3選禁止を党則で定めた74年前後は、『三角大福中』とも呼ばれた権力闘争が熾烈を極め、それが党内の活性化や組織の新陳代謝につながっていました。今は安倍首相の1強状態といわれ、唯々諾々と総裁任期延長を決める動きは、自民党のレームダック化を象徴している。人材払底の裏返しです。任期延長が、安倍首相にとって本当にプラスかは分かりません。豊洲新市場の問題じゃありませんが、今まで隠蔽してきたことや政策的な矛盾が露呈してくる可能性が高い。例えば、暗礁に乗り上げた拉致問題をどうするのか。あと5年も首相をやって何も進展しなければ、批判が巻き起こるでしょう。天皇陛下の生前退位にしても、特措法だけでなく、皇室典範の改正にも手を付けざるを得なくなる。安倍首相は支持基盤と国民世論の間で股裂き状態になります。GPIFの年金損失だって、何年も続けば国民が黙っていない。任期延長が政権の命取りになりかねないのです」

 ただでさえ、アベノミクスの破綻は隠しきれなくなってきている。異次元緩和の「総括的な検証」とやらを行った日銀の黒田総裁は21日の記者会見で、緩和はこの先、量から金利に変更すると表明。年80兆円のペースで国債の保有残高を増やす量的緩和は続けるが、10年国債の利回りをゼロ%に抑えるなど長期の金利がマイナスにならないよう、買い付け対象を調整するというのだ。

■勝ち逃げが許されなくなる

 官僚特有の「無誤謬主義」にハマり込んでいる黒田は決して政策的な失敗を認めようとしなかったが、顔色は冴えず、路線変更は事実上の敗北宣言ともとれた。あと5年も「アベノミクスは道半ば」でゴマかし続けるのは到底無理だ。このままでは、五輪の2020年を待たずに、日本経済がクラッシュしてしまいかねない。

「そもそも、日銀はこれまで一貫して『長期金利はコントロールできない』と言ってきたはずです。今でも国債のほとんどを日銀が購入して債券市場が機能しなくなっているのに、金利までコントロールするなんて不可能です。しかも、今のペースで国債を買い進めれば、来年か再来年には限界に達する。国債の買い入れができなくなり、かといって、保有国債を売れば暴落して金利がハネ上がる。早晩、行き詰まるのは間違いなく、その時には、日本経済は大混乱に陥ります。アベノミクスは、将棋でいえば“詰んでいる”のです。もはや任期延長どころの話ではなく、今すぐ国民に失策を詫び、責任を取って総辞職が筋ですよ」(経済アナリストの菊池英博氏)

 アベノミクスで景気は上向かず、税収も減っているのに、建設国債を発行して28兆円規模の経済対策を柱にした補正予算を臨時国会で成立させる。この政権は借金を増やす一方なのだ。さらに、今回のキューバ訪問もそうだが、海外に行ってはバラマキの札束外交で将来世代にツケを残す。財政は悪化の一途。あと2年なら、「あとは野となれ山となれ」で次の政権に後始末を押し付け、逃げ切ることもできたかもしれないが、この先5年も安倍政権が続けば、自分でケツを拭かなければならなくなる局面も出てくるだろう。

「党内の長老は自身の後継の問題もありますから、一族の保身のためのゴマすりで任期延長を唱えている面もあるでしょうが、あまりに無責任です。さまざまな問題が表面化すれば、任期を延長したいがために支持率急落で追い込まれ、最後は安倍首相をさらし首にすることになりかねない。首相の体調の問題もある。せっかく首相に返り咲いたのに、2度もお腹が痛くなって政権を放り投げれば、末代までの笑いものです。それでも任期延長を進めるのが、総理・総裁を支えるべき人たちのやることなのでしょうか」(山田厚俊氏=前出)

 安倍に恥の意識があるとも思えないが、総裁任期を延長すれば慚死の末路は確実だ。それまでヒラメ議員ばかりで人材も育たない。任期延長は、自民党にとっても自殺行為というほかない。

9267
「国民から吸い上げた税金」(先の通常国会での安倍自身の発言)を海外にばら撒くだけの簡単なお仕事です。

(阿修羅掲示板投稿コメントより)

1.    2016年9月24日 21:50:02 : JETdIdVyxs : tH5KFt8A3CE[2]
キューバと日本。

アメリカという巨大な帝国に対して、しかもすぐ眼前にそびえたつといってもいいほど近いアメリカとキューバは巨象と蟻ほどに国力も武力も差があり、アメリカからどんなに締め付けられ苛められても弱音を吐かず経済封鎖も持ち前のラテン気質で耐え抜き、50年代アメリカのクラシックカーの見本市みたいな国だと揶揄されるほど、壊れては直して乗り継いできた。

いうなればアメリカに徹底的に逆らいつづけ、その様を評して「一寸の虫にも五分の魂」がこれほど似合う国はキューバだけだと俺は素直に思う。
口さがないマスコミは社会主義の一党独裁国の三カ国のキューバとこの国を紹介するとき、かならず頭につけて悪しき印象を塗布するが、それがどうした?
金をばら撒いて自分たちの味方になってくれと安倍が海外詣でする様を、フィデル(カストロ)は腹の底でどう思っているだろう?

まあ自分の国の負う借金を棒引きしてくれただけでなく、無償で12億7千万も援助してくれるというのだから本音は言うまいが、腹の底では日本人は首相たる者がこのようなばら撒き詣での旅で気前よくばら撒く金を自国のために使うべきだと声を上げないのだろうか?と訝しがっているのではないか。

そういえばこのキューバのニュースを、札びらでフィデルの横っ面をはたいて北朝鮮の肩を持つなとキューバを味方に引き入れるための戦略だとヌケヌケと解説していたのは辺真一だったが、その解説をテレビで見ていて堕ちたな辺真一とボケぶりに唖然とした土曜の朝。

(以上、転載終わり)


関連記事
≪安倍晋三豪遊≫ 国民のどてっ腹に蛇口がついていて、そこから金が無制限に出てくるような金遣いの粗さが目立つ
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/406.html
まるで肉屋を支持する豚 若者7割が内閣支持 
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/415.html
頭がイカれた黒田・日銀総裁のオモチャにされる日本経済(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/352.html
黒田日銀総裁まさかの「敗北宣言」は、アベノミクス終焉の前兆か 経団連の反発、クーデター説も…(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/16/hasan113/msg/528.html
GPIFは5兆円損でも3千万円 独法理事長“高額報酬トップ20”(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/484.html

|

« 【理想的名君・上杉鷹山公】ケネディ元大統領が「最も尊敬する日本人」と激賞した、江戸時代屈指の名君”上杉鷹山” | トップページ | 【安倍ジョンウン・マンセー国会】まるで北朝鮮 安倍首相所信表明に自民“総立ち拍手”の異様 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。