« 【美しすぎる検事総長】クリミアのナタリヤ・ポクロンスカヤ検事総長、何時の間にか議員として当選!プーチン大統領の政党から出馬! | トップページ | そうか、こういう見立てもあったか!ならば総裁任期延長大賛成 いっそ安倍道鏡、お望みどおり終身総理でもいいぞ! »

【理想的名君・上杉鷹山公】ケネディ元大統領が「最も尊敬する日本人」と激賞した、江戸時代屈指の名君”上杉鷹山”

-直江兼続と上杉藩の変遷を描いた2009年のNHK大河ドラマ『天地人』について、当ブログでも同ドラマの感想などを綴ってシリーズ記事化した。同ドラマ終了後も『米沢上杉藩物語』としてシリーズ化し、出来れば米沢藩中興の祖・上杉鷹山公の治世あたりまで見ていくつもりだったが、結局関が原合戦後上杉藩が会津から米沢に移封させられた景勝・兼続治世までしか続かなかった。また最近、安部増長との対比で、理想的政治家として古代ギリシャのペリクレスと古代ローマ帝国皇帝マルクス・アウレリアスを引き合いに出したが、後で『しまった。日本史上の名君として上杉鷹山を挙げるのを忘れた』と後悔したのだった。そんな折り、大摩邇サイトに上杉鷹山を取り上げた投稿記事(元のサイトは「るいネット」)を見つけた。ちょうど良い機会なので、私の郷里の大偉人を改めて紹介したい。以後は私に引きつけた話で恐縮だがー。私の郷里町の山形県(旧)東置賜郡宮内町も、旧上杉米沢藩の領内だった。だから鷹山公の事跡については、養蚕を奨励したことなど小学校の頃から時折り聞かされて育った。また転載文中にもあるが、地域一の名門校・米沢興譲館高校は鷹山公が開設した藩校「興譲館」が前身である。同校は小学校高学年以来の憧れだったが、生来の勉強嫌いが祟って地域2番目の母校に入ったのだった。高校3年生の夏休みに、クラスの「郷土史跡めぐり」2回目企画として米沢市内の上杉藩史跡を回った事がある。その中に(今は別の場所に移築したらしいが)旧米沢上杉藩城跡内に上杉博物館があった。上杉藩ゆかりの物数々を展示してある館内を見ていく途中、一枚の書状に釘付けになってしまった。「鷹山公誓詞」(ネットを方々探したが画像見つからず)である。文面は、いよいよ上杉鷹山が米沢藩改革に着手するに当たっての不退転の決意を記したものである。達筆な直筆の決意文と共に、文末署名に血判が押してあった。その時公は弱冠17歳、既に18歳になっていた私より1歳若かったのである。歴史上の偉人と張り合っても詮無い話ながら、内心物凄いショックを受けたのである。そういう時決定的に打ちのめされてしまうタイプと、それを発奮材料として「為せば成る為さねば成らぬ何事も」(鷹山公の名言より)とポジティブに受け止めて伸びていくタイプがある。その頃(さらにはずっと後年まで)の私は前者の意気地なしタイプで、何かあるとすぐに『あゝダメだ』と簡単にあきらめてしまうタイプだった。『だが、今なら少しは違うぞ』と、遥か“後期青年者”になった今、改めて思う次第である。 (大場光太郎・記)-

91923
上杉鷹山公-上杉 治憲(うえすぎ はるのり、1751年9月9日 - 1822年4月2日)

91931


江戸時代屈指の名君”上杉鷹山”とは その①
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2005689.html#more
大摩邇(おおまに) 19:21   
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=319545


<転載開始>
「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」どんなことでも強い意志を持ってやれば必ず成就するということで、やる気の大切さを説いたことば。これを教訓として江戸時代莫大な借財をかかえて身動きが取れない状態の米沢藩を復活させた上杉鷹山という男の正体とは!?

リンク

リンク

■上杉鷹山とは
鷹山は、寛延4年(1751年)に日向高鍋藩主、秋月種美の次男として生まれました。

宝暦10年(1760年)、10歳で米沢藩8代藩主重定の娘幸姫の婿養子となりました。14歳の頃から細井平洲に師事し、君主としての知識を磨き、その後の藩政改革に役立てています。

鷹山は17歳で家督を相続しますが、当時の米沢藩は莫大な借財をかかえて身動きが取れない状態でした。この困窮した藩を立て直すには相当な決意が必要だったわけですが、藩主になった鷹山は、決意を表す誓詞を春日神社、白子神社に奉納しています。

また白子神社に奉納した誓詞には、大倹約を行って米沢藩を復興することを誓っています。

■数々の藩政改革
☆大倹約令の実施
明和4年(1767年)、鷹山はこの誓詞に誓った通り、12か条からなる大倹約令を発令しました。重役の一部からは、米沢藩の対面に関わると強い反対を受けましたが、鷹山は率先して節約を実行しました。江戸藩邸での藩主の生活費をおよそ7分の2とし、日常の食事は一汁一菜、普段着は木綿、奥女中も50人から9人に減らしました。

☆農業開発と籍田の礼
大倹約令と並行して実施されたのが農業開発です。鷹山は安永元年(1772年)、中国の例にならい、遠山村で藩主が自ら田を耕す「籍田の礼」を執り行い、農業の尊さを身をもって示しました。以後、刀を鍬に持ち替え家臣あげて荒地開発や堤防修築などが次々に実施されました。

☆殖産興業
もともと米沢藩の特産品であった青苧を使い、武士の婦子女に内職として機織りを習得させました。その後、桑の栽培と養蚕を奨励し、絹織物に移行。出羽の米沢織として全国的に知られるようになりました。米沢織は現在も米沢の主要産業になっています。
 その他にも製塩、製紙、製陶などの産業も興しました。

☆藩校「興譲館」の創設
鷹山は「学問は国を治めるための根元」であるとの強い考えを持っていました。このため安永5年(1776年)、城下の元篭町に藩校「興譲館」を創設しました。創設にあたっては、鷹山の師である細井平洲の意見を求めました。
平洲は、学問は単なる考証や漢文を読めることではなくて、現実の政治や経済に役立つ「実学」でなければならないと教え、鷹山に「建学大意」という指導書を贈りました。
学生は有能な家臣の子弟から20名選んで無料で入館させました。
この興譲館からは、現在に至るまで多くの偉人が輩出されています。

☆天明の飢餓
 天明3年から続いた凶作は、当然米沢藩にも影響を与えました。天明4年の米価は1俵が平年の2倍から5倍にも跳ね上がり、このため鷹山は新潟や酒田から米1万俵を買い上げ領民に分け与えました。この政策により米沢藩は天明の大飢餓においても、1人の餓死者を出さずにすんだものの藩財政は大きな打撃を受けてしまします。

☆飢餓救済の手引書「かてもの」の発行
この経験をもとに藩政の重臣にいた莅戸善政は、日頃から代用食となる動植物の調査、研究が必要と藩の侍医矢尾板栄雪らに、食用となる動植物の研究を命じました。そして、自ら飢餓救済の手引書を執筆。その内容は、「いろは」順に、草木果実約80種類の特徴と調理法について、また、食料の保存法や味噌の製造法、魚や肉の調理法について詳しく書かれています。執筆から2年後の享和2年、鷹山の意をくんで「かてもの」(かて物・主食である穀物とともに炊き合わせ、食糧不足に陥った際に節約するための代用食となる食物)と命名され1575冊を刊行。藩内を中心に配布されました。


■ジョン・F・ケネディが最も尊敬する日本人
アメリカのジョン・F・ケネディ元大統領は、ある時、日本人記者団の「あなたが最も尊敬する日本人は誰ですか」という質問に答えて、即座に、「それはウエスギヨウザンです」と答えたという。ところが残念なことに、日本人記者団の方が上杉鷹山という人物を知らず、「ウエスギヨウザンとは一体誰だ」と互いに聞きあったというエピソードがある。ケネディは、日本の政治家として、何よりも国民の幸福を考え、民主的に政治を行い、そして「政治家は潔癖でなければならない」といって、その日常生活を、文字通り一汁一菜、木綿の着物で通した鷹山の姿に、自分の理想とする政治家の姿をみたのである。

その2へ続く


江戸時代屈指の名君”上杉鷹山”とは その②
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=319546
「為せば成る為さねば成らぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」どんなことでも強い意志を持ってやれば必ず成就するということで、やる気の大切さを説いたことば。これを教訓として江戸時代莫大な借財をかかえて身動きが取れない状態の米沢藩を復活させた上杉鷹山という男の正体とは!?

リンク

リンク

つづき

■人の心の赤字を克服した改革
上杉鷹山が、藩主として米澤藩の藩財政改革を行ったのは、江戸時代における不況の時期で、江戸時代の三大改革のひとつである“寛政の改革”が行われた寛政の時代である。
 寛政3年(1791)上杉鷹山は、二度目の改革を行った。彼は単にバランスシートの貸方借方の赤字を克服しただけでなく、むしろ、人の心の赤字を克服した。そのために、藩の財政を再建するために、絹織物の生産など新たな産業の振興策をとりつつも、同時に「そういうことが行えるのも結局は人が決めてだ」という観点に立って、「人づくり政策」をもうひとつの重要な柱とした。
 心の赤字を克服するということは、他人に対してもっと関心を持ち、弱い人や苦しんでいる人間に優しさやいたわりや思いやりを注ぐことである。「人間というのは、もともとその性は善である。しかしその善が表に現れないのは、容れ物である環境が劣悪であるからである。従って、自分の行う経営改革としては、そのような基盤整備をしないわけにはいかない」という信念をもって具体的には次のよな改革を推し進めた。

①藩民が総ぐるみで行う体質改善活動を目指し、推進体としてプロジェクトチームを編成した。

②そして藩民にも、自分なりの範囲で理解協力することを求めた。これはジョン・F・ケネディが大統領就任演説の時に言った次の言葉に通じるものがある。「私たちが活力と信念を注いで渾身の努力をすれば、我が国と、我が国に奉仕する人々の道を照らすこととなり、炎のような輝きが真に世界を明るくするはずです。ゆえに、国民の皆さん、自分のため国が何をしてくれるかを問うのではなく、自分が国のために何ができるかを問うてください。」(*)

③新しい状況を認識して、思い切って事業の見直しをしなければならない、と考え、上杉家に伝わる色々な虚礼、習わし、必要以上にお金のかかる行事などを、全部廃止した。

④改革の実は、自分が真っ先に行わなければならないと、トップの垂範を示した。江戸の藩邸にいた時、自分の生活費を十分の一に縮めた。これは、心ないトップが、部下にだけ倹約を求め、自分は今までの生活を守り抜くといったぬくぬくとした態度を自ら誡めたといってよい。

⑤心の赤字を克服した。
 改革を行うために米澤に向かう途中の板谷峠における“火種(ひだね)のエピソード”は有名だ。真冬の板谷宿は米澤藩の衰退を反映して廃墟と化していた。江戸の藩邸で、藩の累積赤字が巨額であることは承知していたがしかし百聞は一見にしかず。この有様を見て、やる気が失せそうになった。そう思った彼は何の気なしに、目の
前にあった灰皿をかき回してみた。中には未だ消えていない小さな炭火があった。それを見ると彼の目は輝き、脇から新しい黒い炭をとって小さな炭火を基にして、フウフウ吹きつけた。火が移った。これを見た彼は江戸からついて来た部下に言った。「私がこの小さな炭火になる。火種になる。おまえたちはこの火を受けてくれ。そして明日米澤城に入ったら、各職場で火種運動を起こしてもらいたい。-------そうなれば、町や村の人も火を受けて理解協力してくれるであろう」。
 この運動は盛んになった。彼が奨励した産業政策では、武士たちが進んで鍬を握り、土を耕した。-------「意識改革」と「自分に潜在する新しい能力の開発」を藩士の一人一人が行い始めたということである。

⑥改革の途中、彼は徹底的に各町や村を見て歩いた。現場を見て考えた。そして領民たちと対話した。初めのうちは警戒していた領民たちも、鷹山の誠意に打たれるようになった。「この殿様は、決して嘘をうかない」と感じるようになった。
 この現場主義は、日本的な品質管理の基本のひとつであり、カルロスゴーン氏も実践した。

⑦改革のスピードはアップし、数年後、これも有名な現象、「棒杭(ぼうくい)の商い」が起こる。人気のない過疎地で、棒杭がポツント立っている。杭の下には品物が並べられているが、売る人間はいない。棒杭には値段表がぶらさげてあった。買う人はこの値段表に応じて、自分の必要な物をきちんと支払って持ち帰った。勘定はピタリとあった。これは、即ち単に棒杭が商いをしているというだけでなく、そこには人々が信頼しあうと言う心の黒字を生じていたことを物語る。

⑧彼は、改革の成功が自分ひとりの功績だとは決して思わなかった。陰で彼の改革を助け、推進したグループの存在である。彼に有名な言葉がある。皆様もお聞きになったことがあるだろう。
「なせばなる なさねばならぬ何事も ならぬは人のなさぬなりけり」
 やる気さえあれば、何事でもしとめることができる、ということである。


<転載終了>


 以下の「伝国の辞」は、総理大臣以下のすべての与野党国会議員、中央官庁官僚、さらには都道府県市町村首長&議員、各地方公務員のすべてが肝に銘じてもらいたい言葉である。

91927
91926

91928
関連記事
若者への応援歌(4. ケネディが敬愛した 『上杉鷹山』 )
http://kamuimintara.blogspot.jp/2013/11/6.html
今こそ上杉鷹山を知る~東日本大震災~
https://www.enbridge.jp/blog/2011/04/11/671/

|

« 【美しすぎる検事総長】クリミアのナタリヤ・ポクロンスカヤ検事総長、何時の間にか議員として当選!プーチン大統領の政党から出馬! | トップページ | そうか、こういう見立てもあったか!ならば総裁任期延長大賛成 いっそ安倍道鏡、お望みどおり終身総理でもいいぞ! »

真実の日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【美しすぎる検事総長】クリミアのナタリヤ・ポクロンスカヤ検事総長、何時の間にか議員として当選!プーチン大統領の政党から出馬! | トップページ | そうか、こういう見立てもあったか!ならば総裁任期延長大賛成 いっそ安倍道鏡、お望みどおり終身総理でもいいぞ! »