« 【加藤紘一の遺言】安倍・日本会議はいらない | トップページ | 【ヒラリ婆もうアカン】911式典体調不良で途中退席し車に乗る寸前倒れる 回復をアピールしたのは替え玉、ヒラリーに大統領職は無理だ »

【小渕首相死の真相】小渕元首相「暗殺説」の点と線

-阿修羅掲示板にかなり前の興味深い記事が顔を出していた。直前2記事の「加藤の乱」にもつながるが、『小渕元首相「暗殺説」の点と線』という穏やかでないタイトル&内容である。小渕元首相は、2000年4月1日夜10時過ぎ突然脳梗塞を発症し、都内順天堂大学病院に担ぎ込まれた。その2時間ほど前から兆候が出ていた。連立を組む自由党党首・小沢一郎(当時)との党首会談を終えた小渕は記者会見に臨んだが、記者の「小沢さんは離脱と明確に言ったのか」との問いかけに、10秒ほど言葉が出てこなかったのだ。小渕首相は結局昏睡状態から回復することなく、翌5月14日死去した。そのことから当時永田町界隈やマスコミ界では「小沢が小渕を殺した」というようなデマが駆け巡った。しかし真相はまったく別のところにあった、というのが本転載文のテーマである。詳細は転載文を読んでいただきたいが、CIAがよく使う「F」という薬を投与すれば人工的に脳梗塞を発症させる事ができる、というのだ。原因はこれだったのか!?真相は藪の中であるが、これをきっかけに日本政界は一気に混迷を深めていくことになったのは事実だ。昏睡状態の小渕が指名したとして青木幹雄官房長官(当時)が首相臨時代理に収まり、疑惑渦巻く中青木は構わず野中弘務、村上正邦、亀井静香、森喜朗の「五人組」の密室談合により、森喜朗を次期総裁に決めてしまった。自民党史に残る大汚点がつまりは、その年11月の加藤の乱を招いたともいえるのである。それにしても仮に暗殺が事実だとしたら、「誰が(どこの組織が)何の目的で?」という疑問は当然残る。転載文はこの事を明確にしていないが、私のうがった見方は以下のとおりである。翌年の2001年には、世界中を震撼させた911が起こった。もうこの頃は、米国ネオコンを中心とする闇勢力はその仕込みに余念がなかった事だろう。さらに自作自演テロの先にはイラク侵攻も既にシナリオとして描かれていた。頼りにならない自衛隊はともかく、金づるの従属国日本は我ら闇勢力の操りやすい政権にしておかなければならない。民族独立派の経世会小渕では具合が悪い。ヤツを消せ。そして対米従属一辺倒の清和会連中に政権を取らせるのだ。当面は「サメの脳みそ」森喜朗にやらせよう。ダメなら「SM変態強姦魔」小泉純一郎に交代だ。何せこっちはヤツラの弱みは全部握ってんだから、四の五の言わせはしない。おっと、それと総理候補の呼び声高い加藤紘一は何かと目障りだ。近いうち何か事を起こすようにし向けて失脚させよう。そうだ、我々に忠誠を誓っているポダム世身売りのナベツネをうまく利用しよう。ウッシッシッシ。これが我らの「蛇の道徳」だ。 (大場光太郎・記)-

9091

小渕元首相「暗殺説」の点と線  殺された代議士は何を知っていた------!?
http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/905.html
投稿者 黄昏時のパルチザン兵士 日時 2007 年 9 月 10 日 23:53:40

「偶然の死」と呼ぶにはあまりにも恐ろしい。
もしこれが事実ならば全てが繋がる------。
派閥の事務局長と一国の首相の「突然の死」。
それを誰が「必然の死」と知ったのか------!?

公にされなかった緊急入院
00年4月1日、午後7時52分------党首会談終了後、小渕首相が記者団の前に姿を現した。
「小沢さんは離脱と明確に言ったのか」
記者の質問に対して、小渕首相の口がパクパク動く・・・・・・だが言葉は出なかった。そんな状態が10秒近く続いた。記者会見の後、秘書官と首相公邸に向かう途中、小渕首相は、秘書の一人に「左手がない」と意味不明な言葉をつぶやいたという。それから約2時間後の午後10時過ぎ------小渕首相は倒れた。
小渕首相が体調不良を訴え、夫人が順天堂病院に連絡。病院に運ばれたのは、2日午前1時20分ごろ。報道によれば、2日午前1時20分ごろ。報道によれば、秘書が運転するライトバンに小渕首相、千鶴子夫人が同乗したことになっている。しかし、このライトバンには、もう一人警視庁警備(SP)が同乗していた。それにしても、なぜ一国の首相を運ぶ車が〝ライトバン〟なのか。さらに、その後の筆者の取材で驚くべき事実が判明する。首相の搬送に使用されたライトバンが、当局関係者によれば〝食材運搬車〟だったというのだ。
一国の首相が食材運搬用のライトバンで病院へ運ばれ、さらに〝佐藤洋一〟なる偽名を使って入院しなければならなかった理由とは何なのか?
緊急入院の一報が秘書官から青木官房長官に伝わったのは2日午前2時と言われているが、実際は病院に搬送される時にSPが配置されていたことから、事態をかなり前から把握していた可能性が高い。つまり、青木官房長官は、首相の緊急入院を知っていながら公にしなかった。そして、その後の青木官房長官の発言と行動は疑惑をさらに深める結果を招く。会話ができない状態にあった小渕首相から臨時首相代理に任命されたという発言、さらには赤坂プリンス新館の一室における、青木官房長官、村上参院議員会長、森幹事長、野中幹事長代理、亀井政調会長ら5人による〝密談〟により誕生した森政権・・・・・・こうした事態を外国メディアは皮肉を込めて「クレムリンのような秘密主義」(イギリス・ガ-ディアン紙)と報じた。

重なり合う「3人の死」の影
こうした秘密主義から生じた疑惑は小渕首相〝暗殺説〟にまで発展する。アメリカで医師となった人物は語る。
「診療経過を見ると自然に発症したようには見えないのですよ。問題は脳梗塞から出血性梗塞になった。つまり溶けた血の塊が血管細胞から漏れ出して止まらない状態になり、容態が急激に悪化した。こういう状態を見るとどうも人工的な薬が予め使われたのではないかと疑いたくなるものです」
この医師によればCIAが暗殺に用いる〝F〟という薬が存在するという。この〝F〟は確実に脳梗塞を引き起こす薬で、それが使用された可能性は否定できないと語った。
さらに「小渕が倒れたのは向島の料亭」という怪文書が流れた。
≪「4月1日、小渕首相が病気で倒れる直前の夕刻、小渕首相は向島の料亭で〝数人〟を相手に〝激論〟を闘わしていた。登場人物はフィクサ-・福本邦夫ほか、複数の〝右翼関係者〟、野中幹事長、鈴木宗男総務局長、小沢一郎党首ら数人の政界関係者だった。そしてこの日のテ-マは、北朝鮮との国交回復と戦後補償も含めた経済援助だった。この日の〝激論〟の原因は、北朝鮮への援助が当初予定の5兆円が3兆円アップされ、コメ援助の1兆円も含めて合計8兆円を〝主張〟する野中、鈴木両者に対して、当初予定通りの5兆円でも多すぎると反対する小渕、小沢両者の〝対立〟からだった。こうしたことから永田町の一部で、今年4月の〝小渕緊急入院は、この向島の密談ではないか〟と噂された訳だ。」≫
小額面通り受け取るのは危険だが、偽名による入院と一国の首相を食材運搬車で運んだことを鑑みれば、この怪文書は俄然真実味を帯びてくる。
筆者がこの料亭を調べようと向島へ向かった時のことである。
「4月2日の午前4時ごろ、世田谷から代議士風の人を乗せたんですよ」
乗車したタクシ-の運転手が話し出した。その人物が向かった先は小渕首相が入院中の「順天堂病院」だった。
「お客さんは携帯で向島でどうしたこうしたという話をしていて、『記者に見つからないようにタクシ-で来い』というようなことを話していました」
運転手によれば、その人物の風貌が02年10月25日に刺殺された民主党・石井こうき議員に似ていたという。
石井議員は、5人組の密談により誕生した森政権を批判する急先鋒だった。しかし、02年10月25日午前10時過ぎ、自宅前で自称右翼・伊藤白水なる人物に刺殺された。事件の後、ある民主党議員は筆者に語った。
「石井代議士が追究していたのは自民党の大物議員の政治資金問題だと聞いています」
石井議員は週刊誌の記者に「自民党がひっくり返るネタがある」と話していたという。小渕首相の怪死と森政権の誕生までの〝黒いプロセス〟にその影がちらつく石井議員の存在・・・・・・彼は何を告発しようとしていたのか。
4月1日午前10時ごろ、小渕首相の後を引き継いだ森喜朗の派閥の事務局長が急死している。様々な事情を知る事務局長が急死した夜、小渕首相が脳梗塞で倒れたのは、ただの偶然だろうか?奇怪な事件と3人の死は全て一本の線で繋がっている------筆者にはそう思えてならないのである。

取材・文  永島雪夫

実話GONナックルズ 2007 4月号


(転載終わり)

|

« 【加藤紘一の遺言】安倍・日本会議はいらない | トップページ | 【ヒラリ婆もうアカン】911式典体調不良で途中退席し車に乗る寸前倒れる 回復をアピールしたのは替え玉、ヒラリーに大統領職は無理だ »

真実の近現代概略史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【加藤紘一の遺言】安倍・日本会議はいらない | トップページ | 【ヒラリ婆もうアカン】911式典体調不良で途中退席し車に乗る寸前倒れる 回復をアピールしたのは替え玉、ヒラリーに大統領職は無理だ »