« 【支離滅裂安倍害交】自国民そっちのけでアフリカに3兆円、北方領土ではプーチンに手玉に取られ、南シナ海問題で習近平から「お前言葉に気をつけろよ」と恫喝w | トップページ | 【いよいよ安倍道鏡だ】総裁任期3期9年では飽き足らず無期限延長制にせよだと、安倍終身総理とは北朝鮮も真っ青だ! »

陛下のお言葉は安倍道鏡らに対する怒りだった!

-先月8日の天皇陛下の「お気持ち」表明から1ヶ月余が経過した。同お気持ち表明は国民から大きな共感を以って受け止められた。陛下の心の奥底からのお訴えとも言える「生前退位」のお気持ちを多くの国民が支持したのだ。しかるにこの問題に対する安倍以下の政権幹部の態度は煮え切らない。直後の安倍の憮然として素っ気ない会見から分かるとおり、『いい迷惑だ』くらいにしか思っていないのだ。不正参院選で衆参3分の2を確保した以上、これで条件は整ったのだから一気に「改憲」に持っていくはずが、大きく水を差された格好だからだ。自民党憲法草案では9条改悪と共に「天皇の国家元首化」が大きな柱である。生前退位表明はこれを真っ向否定するものである。陛下は生前退位を強くお望みなのは明らかだが、同時にその談話の中で「象徴」という言葉を繰り返し使っておられる。つまり表のテーマは生前退位でも、隠されたメッセージは「国家元首化反対」「象徴天皇制の存続」「改憲反対」なのだ。不忠な安倍らとそれを支える日本会議カルトらには耳逆らう話である。ドサクサ紛れで安倍官邸+産経新聞などは「同時に改憲も必要だ」というようなことを言っていたが、この問題で改憲はまったく必要ない。陛下のお気持ちを汲むのであれば、真っ先に皇室典範改正作業に取りかかればいい話である。しかし皇室典範改定は大変な作業になり、安倍一派の目論む改憲どころではなくなる。だからそれには手をつけず、特別立法での対応という曖昧決着を落し所とする気配である。陛下のお気持ちを踏みにじること甚だしいと言わざるを得ない。現憲法を否定し戦前回帰しようとする安倍&安倍一派に対して、陛下は以前から強い危惧を抱いておられた。しかし暴走は止まらずより拍車がかかっている状態である。それに対して強い怒りを込めて発したのが今回のお気持ち表明だ、と毎日新聞の検証総特集は分析しているのである。天木直人氏が述べているように「全国民必読」である。 (大場光太郎・記)-

90613
ビデオメッセージで象徴としての務めについてのおことばを述べる陛下=8月8日、宮内庁公表

お言葉は安倍政権に対する怒りだったと書いた毎日新聞の衝撃
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/460.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 07 日 14:35:06:
http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/09/07/post-5351/
7Sep2016 天木直人のブログ

 きょう9月7日の毎日新聞が、天皇陛下のお言葉表明の背景を検証した一大特集記事を掲載している。

 その内容は国民必読だ。

 あまりにも衝撃的だ。

 私が予想した通り、お言葉は、安倍政権に対する天皇陛下の怒りだった。

 それを毎日新聞は一面トップで書いた。

 「陛下の本気度伝わらず」と。

 すなわち、天皇陛下の退位の意向は、昨年夏の戦没者追悼式での読み間違えの時から伝えられていた。

 そして、その思いを、天皇は昨年12月の天皇誕生日を前にした記者会見で、みずから「行事の時に間違えることもありました」という表現で述べられた。

 それにもかかわらず、安倍政権はその意向に沿った対応をとろうとしなかった。

 それどころか、退位ではなく摂政で対応すべきだと答えていたというのだ。

 つまり、仕事をせずに在位を続けているだけでいい、というわけだ。

 これこそ、天皇陛下が最も嫌った事だ。

 それを押し付けようとしたのだ。

 安倍政権は今年の春ごろから杉田和博内閣官房副長官をトップとした極秘チームを作って検討を重ね、そういう結論を宮内庁に伝え、これで一件落着と思っていた。

 ところが、ね耳に水の、天皇退位のNHK報道が流れた。

 まさしく天皇陛下の怒りがあの渾身のお言葉になって表出したのだ。

 しかも、それに対して安倍首相はどう対応したか。

 天皇陛下がお言葉を表明する数日前に、宮内庁から届いた原稿案が摂政に否定的な表現だった事を知って、なお、「摂政を落としどころにできないか」と宮内庁に伝えようとしていたという。

 どこまで天皇陛下の気持ちを踏みにじろうとするつもりだ。

 そして、極めつけは、天皇陛下のお言葉が表明されて一か月ほどたった数日前の産経新聞のスクープ記事である。

 問題を先送りして、鎮静化を図り、特別立法と皇室典範の附則変更でごまかそうとしている。

 どこまで天皇陛下のお気持ちを軽視すれば気が済むのか。

 これは平成の大謀反だ。

 とても内閣総辞職どころではおさまらない、日本の歴史に残る一大事件である(了)

             ◇

検証 おことば表明1カ月 政府、今春「退位は困難」 宮内庁に「摂政で」回答 陛下の本気度伝わらず
http://mainichi.jp/articles/20160907/ddm/001/040/197000c
毎日新聞2016年9月7日 東京朝刊

 天皇陛下が生前退位の意向がにじむおことばを表明されてから8日で1カ月を迎える。関係者の証言を基に振り返った。

 「生前退位ができるか検討したが、やはり難しい」。今年春ごろ、首相官邸の極秘チームで検討していた杉田和博内閣官房副長官は宮内庁にこう返答した。

 天皇陛下は昨年12月18日、82歳の誕生日にあわせた記者会見で「行事の時に間違えることもありました」と述べた。昨夏の戦没者追悼式で手順を誤ったことなどを指す発言とみられている。宮内庁は官邸に「8月15日に段取りを間違えて陛下は退位の思いを強くされた。おことばを言いたいという強い思いがある」と伝えた。「陛下は摂政には否定的だ」という条件もついていた。

 官邸は水面下で検討を始め、杉田氏のもとにチームが結成された。総務、厚生労働両省、警察庁などから数人程度が出向し、内閣官房皇室典範改正準備室の別動隊という位置付けだったが、準備室のメンバーさえ存在を知らない「闇チーム」(政府関係者)だった。

 チームの結論は、「摂政に否定的」という陛下の意向を踏まえたうえでなお、「退位ではなく摂政で対応すべきだ」だった。結論は宮内庁に伝えられ、官邸は問題はいったん落ち着いたと考えた。陛下の意向が公になった7月13日の報道も寝耳に水だった。

 陛下がおことばを表明する数日前、宮内庁から届いた原稿案を見た官邸関係者は、摂政に否定的な表現が入っていることに驚いた。官邸内には「摂政を落としどころにできないか」との声が依然強かった。安倍晋三首相と打ち合わせた官邸関係者は、「陛下のお気持ちと文言が強すぎる。誰も止められない」と周辺に漏らした。官邸と宮内庁で原稿案のやりとりを数回したが、摂政に否定的な表現は最後まで残った。

 陛下は2010年夏ごろから退位の意向を周辺に示されていた。12年春ごろ、陛下から意向を直接聞いた宮内庁幹部はその場で思わず「摂政ではだめですか」と聞き返した。しかし陛下は象徴天皇としてのあり方について話し、摂政には否定的な考えを示したという。

 皇室典範は退位を想定しておらず、政府はこれまで国会答弁で否定してきた。複数の官邸関係者は「宮内庁から官邸に陛下の本気度が伝わっていなかった」と証言。「だからおことばに踏み切らざるを得なかったのだろう」との見方を示す。

 政府にできたことは、表現を和らげることだけだった。首相周辺は「最初の原稿案は、より強くてストレートな表現だった」と話す。おことばは「天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら」と断り、「私が個人として」話すとしている。天皇が政治に関与できない憲法の規定を踏まえ、整合性を取ったとみられる。

 おことばには「象徴天皇の務めが安定的に続いていくことを念じ」ともあり、典範改正を望むようにも読み取れる。政府は、退位の条件などを制度化するのは議論に時間がかかるとして、特別立法を軸に検討している。【野口武則、高島博之】

(転載終わり)


関連記事
存在感示した毎日新聞の「陛下の本気度伝わらず」!!
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/474.html

|

« 【支離滅裂安倍害交】自国民そっちのけでアフリカに3兆円、北方領土ではプーチンに手玉に取られ、南シナ海問題で習近平から「お前言葉に気をつけろよ」と恫喝w | トップページ | 【いよいよ安倍道鏡だ】総裁任期3期9年では飽き足らず無期限延長制にせよだと、安倍終身総理とは北朝鮮も真っ青だ! »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【支離滅裂安倍害交】自国民そっちのけでアフリカに3兆円、北方領土ではプーチンに手玉に取られ、南シナ海問題で習近平から「お前言葉に気をつけろよ」と恫喝w | トップページ | 【いよいよ安倍道鏡だ】総裁任期3期9年では飽き足らず無期限延長制にせよだと、安倍終身総理とは北朝鮮も真っ青だ! »