« 【国会版女の対決】女狐防衛相・稲田朋美、辻元清美の厳しい追及に耐え切れず悔し涙w | トップページ | 【マジギレしんちゃん】自民党改憲草案隠しの件で宿敵・長妻氏に「ぼくちゃん」呼ばわりされ安部首相逆上 「世界の安倍マリオ」の風格まるでなしw »

【アベ政治の原流】岸信介はこうして「極刑」を免れた~明かされるGHQ尋問の真相 超エリート官僚の、狡猾な戦術(現代ビジネス)

-確か私が若い頃読んだ何かの本で、「若槻礼次郎は東京帝国大学始まって以来の秀才だった」と記されていたように記憶している。その若槻礼次郎は東大法科を主席卒業後、大蔵官僚そして政治家、ついには総理大臣になった。だが昭和6年(1931年)の満州事変への対応の不手際により若槻内閣は総辞職に追い込まれたのである。と、本記事は若槻とは関係ないのであるが、最近あるネットサイトで「岸信介は東京帝国大学始まって以来の秀才だった」と記されているのを読み、『あれっ。ということは岸の方が若槻より優秀だったのか?』と、ふと考えたものだから触れてみたのである。岸信介も東大卒業後若槻と同じように官僚(農商務省)から政治家に転身し、戦後ついに総理大臣に上りつめた。まあどっちがどうだっかはどうでもいいが、とにかく岸が頭脳優秀だったことは間違いなさそうだ。しかし頭脳優秀者の常として「紙一重」ということがある。岸信介は「狡猾さ」という面でもずば抜けていた。それは以前見たように、満州経営の実力者としてアヘン密売に関わり東条英機内閣の生みの親になったこと、そして今回のテーマであるA級戦犯指定を受けながら巧みにそれを回避したことなどにいかんなく発揮されている。(近年ドラマ化もされ何かともてはやされているがその実GHQスパイだった)白州次郎とハリー・カーンあたりが、「岸は役に立つ男だから」とGHQに働きかけたともいわれているが、その裏では「その時アヘン巨財が動いた」ということなのではないか?こうして戦犯解除された岸自身CIAスパイとなり、CIAの資金援助があった自由民主党の創設メンバーの一人だった。また60年安保の時の首相として、日米地位協定など今日に至る米国従属を確定させたのも岸である。本転載文にも出てくる『岸信介回顧録』を、出来の悪い孫の安倍は座右の銘とし、ボロボロになるくらい読み込んでいるという。なるほどそうなのだろう。安倍増長には、事実上血筋的に、また精神的にも、岸信介の狡猾で謀略的なDNAが二重の意味でしっかり埋め込まれているということだ。が、喫緊の日本の課題は、「岸信介的なるもの」「自民党政治なるもの」の呪縛をいかに断ち切るか、ということなのである。 (大場光太郎・記)-

10022


10024


岸信介はこうして「極刑」を免れた~明かされるGHQ尋問の真相 超エリート官僚の、狡猾な戦術(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/416.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 25 日 09:40:05
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49732
2016.9.25 魚住 昭 『週刊現代』2016年9月24日・10月1日号 現代ビジネス


1002


■したたかな岸の供述

岸信介はなぜA級戦犯として起訴されなかったのか。その謎を解くカギを探して、GHQによる岸の第1回尋問調書(1946年3月7日付)を読み解く作業をつづけている。

この尋問があったときA級戦犯28人はまだ起訴されていない。つまり岸にも起訴される可能性が十分にあった。そうなれば最悪、極刑も覚悟しなければならぬ状況に置かれていた。

にもかかわらず「岸は快く、ためらうことなくしゃべった」と捜査官は記録している。

これにはちょっと驚いた。岸は言葉を濁して相手の不信を招くような真似をしていない。いざというとき肝が据わり、最適の対応ができる。そこに彼の真骨頂があるのかもしれない。

尋問の主なテーマは、岸が経営に携わった満州国の実情だった。岸は捜査官の問いにこう語っている。

「関東軍が満州の支配権を握っていて、われわれが何かやろうとすると、必ず関東軍の許可がいった。関東軍の意向を無視すれば地位を失うぞ、と私も同僚もしばしば関東軍に脅された」

「私が満州で多くの軍幹部と親しくなったのは事実だが、関係が常に良かったわけではない。石原莞爾・参謀副長のような人から叱責されたこともある」

要は自分を関東軍と同一視してくれるな、関東軍の絶対権力に従わざるを得なかったと言いたいのだろうが、本当だろうか。

そもそも商工省工務局長で、官界のホープといわれていた岸が渡満したのは、満州の産業開発を急ぐ関東軍の熱心なオファーがあったからである。

1936(昭和11)年10月、満州に着いた岸は関東軍参謀長の板垣征四郎(東条の前任者)に会うなりこう言った。

「私は日本で食い詰めて満州に来たわけではない。産業経済については任せてもらいたい。もし関東軍の言いなりになれというなら、自分ではなく誰か代わりの者をよこしてもいい」

超エリート官僚の強烈な自負心の表明だった。これに対し板垣は「いや、産業経済の問題は君に任せるつもりなのだから、そのつもりでやってくれ」と答えた。こうして岸は満州の産業経営の主導権を握った。

やがて満州で「二き三すけ」という言葉がたびたび人々の口の端に上るようになる。二きは関東軍参謀長の東条英機と満州国総務長官の星野直樹。三すけは満鉄総裁の松岡洋右、満州重工業開発総裁の鮎川義介、そして岸信介である。

この5人が満州の実力者という意味だ。しかも三すけは長州出身の縁戚トリオだから、関東軍でも簡単に手出しできなかったろう。関東軍に従わざるを得なかった、という岸の供述には、関東軍の横暴を強調することで自分の責任を小さく見せようとする意図も透けて見える。

岸を尋問した捜査官も岸の供述を真に受けてはいない。捜査官は調書にこう書いている。

「ある商工大臣の経験者が『岸は軍閥の手先だった』と明言していたが、その証言のほうがどう見ても、岸本人が尋問で語っていることよりも真実に近い」

尋問調書には興味深い点が他にもある。その一つが、日米開戦の翌年4月に行われた翼賛選挙をめぐる話だ。東条内閣の商工相だった岸は、大臣の身分のまま、地元山口から衆院選に立候補した。

郷里の人々からは「代議士になるのは大臣になるためなのに、大臣になっているのに代議士になろうというのはおかしい」という声が出た。当時の衆院は軍部に牛耳られて無力化していたからなおさらである。大臣にまで登りつめた岸がそんな議会に籍を置くことに、いったい何の意味があるのか。

が、岸は本気だった。このときの心境を岸は最晩年の1983(昭和58)年公刊の『岸信介回顧録』(廣済堂出版刊)で詳しく語っている。これは岸の政治哲学の核心に関わる問題なので少し詳しく説明しよう。

■岸が目指した国家の姿

岸は商工省時代の1930(昭和5)年、鋼材調査のためヨーロッパに出張し、ドイツに滞在した。そのとき第一次大戦でドイツが敗れた原因についても研究した。彼が出した結論は、軍部だけで戦争したためということだった。軍部が失敗したとき、それをカバーする力がドイツには存在していなかった。

これを言い換えると、国家はつねに複数の柱で支えられていなければならぬということだ。でないと、柱が一本折れただけで国家は脆くも崩れ去る。

つねに先を見通し、どんな事態が起きても国体を護持できる体制を作らねばならない。そのためには軍とは別の強力な政治勢力が必要だ。それが国民と密着した政党というわけだ。

前にふれたように(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49125)岸は国粋主義者だったが、天皇制の絶対化には反対した。彼が理想としたのは、国民と苦楽を共にするフレキシブルな天皇制と、それを支える重層的構造の強靭な国家である。その中軸として、彼は将来、岸新党を結成することを視野に入れていたようだ。

岸は出馬に際し、首相の東条に「もし、首相が現職閣僚の出馬に反対なら、商工相の地位を去っても立候補する決意だ」と告げたところ、意外にも東条は全面的に賛成したという。

選挙の結果は約3万票をとってトップ当選。岸は調書のなかでこの選挙を振り返り「蔵相の賀屋興宣や財界人の藤山愛一郎、著名作家の山本有三らが来て応援演説をしてくれた。活動資金はすべて自前で、総額で約1万円かかった」と述べている。

これは事実ではない。岸は1981(昭和56)年公刊の『岸信介の回想』(文藝春秋刊)でも〈東條さんとの関係においても、金銭的に東條さんを援助したこともぜんぜんありませんし、また東條さんから、金をもらったこともありませんしね〉と述べているが、思い違いだろう。

岸は他界する4年前の『岸信介回顧録』でこう述べている。

昭和17年の翼賛選挙への出馬には〈軍は反対だったが、東条さん(首相)だけは賛成してくれて、選挙資金として五万円出してくれた。当時の五万円は今の何千万円になるか見当がつかないが、相当使いでがあると思ったことを覚えている〉。

*参考:『岸信介-権勢の政治家-』(原彬久著・岩波新書)

『週刊現代』2016年9月24日・10月1日号より

10025


(阿修羅掲示板投稿コメントより)

1.       中川隆[4165] koaQ7Jey 2016年9月25日 10:08:51 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[4571]
この人は一番肝心な事を隠しているね

岸信介と昭和天皇は JPモルガンの傀儡でアメリカ金融資本の手先でアメリカのスパイだったんだよ

アメリカが自分の手先の岸信介や昭和天皇を戦争犯罪人にする訳ないだろ:

 日本では「関東軍の暴走」という話をよく聞くが、もし本当なら日本軍は軍隊の体をなしていないということになる。説得力がない。もし、参謀本部や陸軍省が関東軍を押さえられなかったとするならば、理由はひとつしか考えられない。皇族の介在だ。

 1941年6月に今度はドイツがソ連へ攻め込む。「バルバロッサ作戦」である。当初、ドイツ軍が優勢なときに米英の支配層は傍観、1943年1月にドイツ軍がソ連軍に降伏してから慌てて動き出したことは本ブログで何度も指摘してきた。バルバロッサ作戦が始まった半年後、日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃、アメリカとの戦争に突入する。その翌年までグルーは日本に滞在、日本とアメリカとの戦争を回避するために努力したというが、当然だ。彼らは日本をソ連侵略の手駒と考えていたのだから。投資の回収をどうするかも大きな問題だっただろう。

離日の直前、グルーは岸信介からゴルフを誘われている。
(Tim Weiner, "Legacy of Ashes," Doubledy, 2007)

 大戦後、グルーは日本からニューディール派的、つまり民主主義的な要素を払拭する活動を始める。その中心になったグループがジャパン・ロビーだ。

日本国内でもJPモルガンの傀儡に反発していた勢力も存在する。例えば、血盟団や二・二六事件を引き起こした将校たちだ。現在の表現を使うならば、この傀儡たちは新自由主義者。庶民は貧困化し、東北地方では娘の身売りが増えた。労働争議や欠食児童も問題になっている。その一方、支配層は裕福になり、貧富の差は拡大した。

 こうした政策の背後にはJPモルガンがいたのだが、この巨大金融機関と最も親しくしていた日本人は「適者生存」、つまり弱者切り捨てを主張していた井上準之助。1920年の対中国借款交渉を通じて親しくなったという。浜口雄幸内閣と第2次若槻礼次郎内閣で大蔵大臣を務めている。この井上は1932年、血盟団に暗殺された。その前、1930年には浜口雄幸首相が銃撃されて翌年に死亡、井上が殺された翌月には三井財閥の大番頭で、ウォール街とも親しくしていた団琢磨が暗殺された。二・二六事件は1936年である。

アメリカの金融資本が大きな影響力を持つようになった切っ掛けは1923年9月1日の関東大震災。その復興支援の調達をJPモルガンに頼ったことから、この金融機関は日本に大きな影響力を持つようになる。その代理人として1932年に来日した人物がジョセフ・グルー駐日大使。そのいとこであるジェーンが結婚した相手がJPモルガンの総帥だったジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアだった。またグルーの妻、アリスは少女時代に華族女学校(女子学習院)で九条節子(貞明皇后)と親しくなっている。つまり、皇室にもパイプがあった。

 グルーが日本へ来た1932年までアメリカの大統領はハーバート・フーバー。スタンフォード大学を卒業した後、鉱山技師としてアリゾナにあるロスチャイルドの鉱山で働き、利益のためなら安全を軽視するタイプだったところを見込まれて「出世」した人物である。

JPモルガンと日本とを結ぶキーパーソンはジョセフ・グルー。

駐日大使として1932年に赴任してきたが、彼のいとこのジェーンはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアの妻だ。またグルーの妻、アリス・ペリーは少女時代に日本で生活、華族女学校(女子学習院)へ通っている。そこで後に大正(嘉仁)天皇の妻(貞明皇后)になる九条節子と友人になったという。

 グルーは1932年から41年まで駐日大使を務めているが、妻と皇室との関係も利用して松平恒雄、徳川家達、秩父宮雍仁、近衛文麿、樺山愛輔、吉田茂、牧野伸顕、幣原喜重郎らと親しくなったという。

1941年12月に日本軍がハワイの真珠湾を奇襲攻撃してアメリカに宣戦布告した直後、グルーは大使の任を解かれたが、42年になって岸信介(つまり安倍晋三の祖父)はグルーをゴルフに誘っている。それから間もなくしてグルーはアメリカへ戻った。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201608030000/

(以上、転載終わり)


関連記事
【昭和のアヘン妖怪・岸信介劣伝】闇に埋もれた戦前日本の対中「アヘン政策」~岸信介の金脈を暴く それは公然の秘密であった
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-729f.html
岸信介とCIA
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50454697.html

|

« 【国会版女の対決】女狐防衛相・稲田朋美、辻元清美の厳しい追及に耐え切れず悔し涙w | トップページ | 【マジギレしんちゃん】自民党改憲草案隠しの件で宿敵・長妻氏に「ぼくちゃん」呼ばわりされ安部首相逆上 「世界の安倍マリオ」の風格まるでなしw »

真実の近現代概略史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【国会版女の対決】女狐防衛相・稲田朋美、辻元清美の厳しい追及に耐え切れず悔し涙w | トップページ | 【マジギレしんちゃん】自民党改憲草案隠しの件で宿敵・長妻氏に「ぼくちゃん」呼ばわりされ安部首相逆上 「世界の安倍マリオ」の風格まるでなしw »