« 晩秋の箱根路紀行(1) | トップページ | 【超オクトーバー・サプライズ】ヒラリー再捜査でトランプ勝利確実!?子分の「男人形」安倍マリオの命運は風前の灯火かw »

【安倍大窮地】ヒラリ婆逮捕、朴クネ逮捕、蓮舫逮捕、明恵ピンチ、プーチン北方領土ゼロ回答 ←安倍は本日、謝罪&辞任した方が身のためなんじゃないか!?

-既報のホワイト・ドラゴン(白龍会)ベンジャミン・フルフォード広報官特別情報によれば、「10月31日までに、安部首相は不正選挙によって総理大臣になったことを国民に謝罪し辞任しなければ、残りの人生を刑務所で暮らすことになる」との事だった。本日がいよいよ安部らにとっての「運命の日」である。しかし先週末のTPP凶行採決は見送りになったが、安部らは近々の凶行採決をまだあきらめていない。この一事をもってしても、謝罪・辞任などどこ吹く風である。なお、卑劣なことに安部官邸指示によるものだろうが、フルフォードは24日、突然国税庁のガサ入れを受けたという。いつもどおりの官邸ブラフである。フルフォードのこの情報を流したユーチューブ動画の再生回数はわずか18,000回余のみである。身に疚しいところ大有りの安倍や麻生らは、それだけ気にしているということだろう。折角「これまでの大重罪を免罪してやる」と言っているのだから、本日素直に謝罪・辞任したほうがいいものを、何とも往生際の悪い連中である。今回の選りすぐりの各情報(?)によれば、いくら悪あがきしようとも、外堀はジワジワと埋められつつあり、安倍増長らの首は徐々にしかも確実に締まってきているように思われる。どこまで信用していいかは疑問符が付くが、その先には本当に「安倍逮捕」があるように思われてくる。 (大場光太郎・記)-

YouTube 16/10/15  10月サプライズ


ホワイトドラゴンTV
ベンジャミン・フルフォード
司会:宝勝萌

【全国民必見!】安倍・麻生・黒田・・・は、10月31日までに謝罪・辞任しなければ刑務所へ(byB・フルフォード氏)
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-6366-1.html

絶体絶命! 韓国の朴槿恵大統領、米国ヒラリー・クリントン前国務長官、民進党の蓮舫大統領、安倍昭恵夫人(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/241.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 10 月 30 日 09:04:47 
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/58bcbf4eec528ea8fcbbdc375972dd0e
2016年10月30日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 韓国の朴槿恵大統領は、北朝鮮系の知人女性に国家機密漏洩罪で死刑判決を受ける公算大、米国ヒラリー・クリントン前国務長官は、自分のメールによる国家機密漏洩容疑で逮捕、民進党の蓮舫代表は、日本国籍を取得しないまま参院議員を続けていた国籍法違反容疑で逮捕、安倍昭恵夫人は、大麻取締法違反(所持)の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された元女優・高樹沙耶(本名・益戸育江)にかかわる「医療大麻イベント」を推進していた事実があり、マークされている。さらに安倍昭恵夫人は、鳥取県智頭町で町おこしのために大麻の栽培許可を得ている会社代表、上野俊彦容疑者が10月17日までに、自宅に乾燥大麻を隠し持っていた大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された事件との関係も注目され、夫の安倍晋三首相の政治生命を危うくさせている。

ああ・安倍窮地、板垣ですが・ヒラ逮捕、朴逮捕、蓮舫逮捕、安倍妻ピンチ。プーのTPP詐欺潰しは見事です。
http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/192.html 
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 10 月 30 日 12:52:36

なんでも安倍マリオットがロシアと交渉できたのは、オバカがその代わりにTPPを先行して通しておけと命令したという事のようですが、ここに来てプーチンが婚礼の日取りを決めるにはもう少し婚約期間を持った方がいいとちゃぶ台返しで、結い納品をたんまり持ってってロシアも大喜びで年末の結婚は決まりだねと甘く見ていた安倍マリオットに冷や水を浴びせた訳で、これで目算が狂った安倍マリオットは強行採決が難しくなりました。
命令した方のオバカもまさかのヒラリ婆再捜査でTPP詐欺どころではなく、ブルービーム計画の準備やら宇宙人俳優の選定から、自分も実はぬいぐるみで脱ぐとキリストちゃんでしたーみたいな救世主詐欺の練習をしなければならず、もうてんやわんやです。
板垣は、板垣なので、ふーんとかへーとかポジショントークお疲れちゃんみたいな感じで読めばよいと思います。

(上阿修羅投稿記事へコメントより)

3.    2016年10月30日 22:19:16 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[703]
安倍のようないかさま師であり、三枚下のひょっとこを信頼するはずがない。あほだと見透かされている。ロシアの情報部は節穴じゃないわな。徹底的に安倍は丸裸にされている。いかさまオバカも手に焼く強者である。アメリカハザール国さえも滅ぼされてしまうほどの手ごわいモンスターに差しで勝負できると思っている馬鹿丸出しのマリオはただただ利用されて尻の毛までむしり取られるが落ちである。のんきなもんだぜ、あほの政府。いかにも三流大学出のあほぼんの正体みせて、三流以下だと世界にまたまた恥をさらしたようだ。情けない阿呆である。

「嗚呼、悲しいではないか」サイトより (2記事)

何度目かのヒラリー捜査再開
http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12214224402.html

FBI、メール問題の捜査再開=クリントン氏に打撃-米大統領選
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102900028&g=int

この時期にこのニュース。大統領選挙まであと10日。
これは寡頭勢力がヒラリーを見限ったと言うことでしょうか?
次はバイデンとのうわさも流れる。
バイデンに勝たせたら、アメリカ国内は内戦に陥る。それが目的かも。


【ワシントン時事】米連邦捜査局(FBI)は28日、大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(69)が私用のメールアドレスを長官時代の公務に使っていた問題について、捜査を再開したと連邦議会に伝えた。関係者の訴追につながるかなど見通しは不透明だが、大統領選の投開票を約10日後に控え、クリントン氏への打撃になるのは必至だ。
FBIは7月、クリントン氏が当時やりとりしたメールを調べた結果、「極秘」を含む機密情報を「極めて不注意」に扱っていたことが判明したと批判。しかし、「法に意図的に違反した明確な証拠はなかった」として訴追は見送っていた。
FBIのコミー長官は28日、問題を追及してきた共和党のチェイフェッツ下院監視・政府改革委員長らに書簡を送り、「FBIは別の事件を調べる中で捜査にかかわると思われるメールの存在を知った」と報告。「これらに機密が含まれていないか調べ、捜査上の必要な措置を取る」と説明した。
ただコミー長官は「まだこの素材が重要かどうかは評価できず、追加の作業を終えるのにどの程度の時間を要するかも予測できない」と付言した。
クリントン陣営のポデスタ選対本部長は声明を出し、「大統領選直前にこうした動きが出るのは異常だ」と不快感を表明。国民が疑心暗鬼に陥らないよう「コミー長官は調査の詳細を直ちに国民に明らかにする責任がある」と主張した。「われわれはFBIが7月と何ら変わらない(不訴追の)結論に達すると確信している」とも強調した。
大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)は28日の演説で、「FBIが(不訴追という)恐ろしい過ちを正す勇気を持ったことに大いに敬意を表する」と捜査再開を歓迎。「クリントン氏が犯罪の枠組みを大統領執務室に持ち込むのを許してはならない」と攻撃した。 (2016/10/29-06:26) 

安部窮地
http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12214551828.html

やっぱりね~、安倍さん
プーチンさんは北方領土問題の解決は今のところ見通しがないと、世界に公言してしまった。
残念ながら当然だと思う。ロシアに対して今のところ何のメリットもない。
まして、安倍が有利になるようなことをするはずがない。

「期限設けるべきでない」平和条約巡りプーチン氏(16/10/28)

さて、それでも、わざわざ、長州藩へやってくるのでしょうか?
来て貰う意味もなくなった。延期になるのではないか?

さて、もう一方のTPP国会承認ですが、11/1に衆院通過しないと、30日ルールで自動承認にはならない。参院でまたひと悶着やらねばなりません。強行採決するか、会期延長するかになる。
今のところ4日採決のようですが、1日強行採決の可能性が残っている。
自民党内部って本当に反対じゃないの?どうでるか?
ロシアとの交渉の黙認の代わりにTPP国会承認をオバマに要求されているようですが、TPP推進者はオバマだけで、他のアメリカ人はやる気ありません。したがって日本が承認しようが関係ないのですが、その隷属様に反吐です。

ここへきての、上記のプーチン発言は安倍さんには驚きでしょうね~、TPPで頑張る意味がなくなった。
プーチンさんの素晴らしい読みきりの一撃でした。

ところで、安倍夫人にもきな臭い問題が上がっています。

フルフォードさんの10/31安倍辞任説も脈が出てきました。後一日ですが。

112817

安倍政権に激震 日ロ首脳会談は北方領土“ゼロ回答”確実に(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/244.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 30 日 10:35:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/192889
2016年10月30日 日刊ゲンダイ

112818
握手を交わしてはいたものの…(C)AP


 やっぱり北方領土は“ゼロ回答”に終わりそうだ。「有害だ」――27日、ロシアのプーチン大統領は、いつまでに日本との平和条約を締結するか、期限を設けることについてこう発言した。

 菅官房長官は「簡単にすぐ(締結)できるものではない」と冷静を装っているが、安倍政権に激震が走っている。

 12月15日の地元山口での日ロ首脳会談で、北方領土問題での進展を目指していた安倍首相。しかし、島の返還どころか、スケジュールすら立てられない空っぽの外交交渉になりそうだ。

 さらに、プーチンはこうも言っていて、政府関係者はショックを受けている。

「強い信頼関係にある中国との国境画定交渉ですら40年を要した。残念ながら、日本とはその水準に達していない」

 40年とは気が遠くなる。安倍首相が胸を張っていた“信頼関係”は、完全に足蹴にされた格好だ。元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。

「プーチン大統領は国民から高い支持を得ているイメージがありますが、ナショナリズムをベースにしたもので、安定したものではない。5月のロシアでの世論調査では8割が日本への島の引き渡しに反対しています。国内世論を無視してまで、日本との交渉を進展させるつもりはないでしょう。日本側は歯舞、色丹でリップサービスしてくれるのではと期待がありましたが、今回の発言でそれもなくなりました」

■日ロ経済協は着々

 ロシアサイドは、8月ぐらいまでは、色よい返事をしそうな姿勢だったという。だから日本側も経済協力を約束し、ロシア経済分野協力担当大臣までつくった。ところが最近になって、突然、かたくなな態度になっているという。安倍首相はプーチンの術中にはまってしまった可能性もある。

 12月の日ロ首脳会談はどんな内容になるのだろうか。

「酒を交わして、真剣に協議していきましょう、という感じでしょうか。“成果”とは呼べないレベルで、解散総選挙の土産にはならないでしょう。そもそも、本気で締結に向けて詰める気があるなら、東京で開催すべきです」(孫崎享氏)

 ロシア政府は25日、日ロ経済協力計画で、極東ロシアの事業規模が約1.7兆円超に達すると発表した。安倍首相は5月、ソチでプーチンに経済協力のプランを提案している。経済協力の方は着々と進行している。

(以上、転載終わり)

|

« 晩秋の箱根路紀行(1) | トップページ | 【超オクトーバー・サプライズ】ヒラリー再捜査でトランプ勝利確実!?子分の「男人形」安倍マリオの命運は風前の灯火かw »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。