« 【99%国民には大朗報】激しい咳、脇腹押さえる仕草も 安倍首相の体調にまた異変!? | トップページ | 【アベ政治の原流】岸信介はこうして「極刑」を免れた~明かされるGHQ尋問の真相 超エリート官僚の、狡猾な戦術(現代ビジネス) »

【国会版女の対決】女狐防衛相・稲田朋美、辻元清美の厳しい追及に耐え切れず悔し涙w

-今まで実現しなかった辻元清美vs稲田朋美の直接対決。それがたまたま稲田が防衛相に就任し国会論戦に臨むこととなったことで実現した。これは時の防衛大臣に野党民進党きっての女性論客が質問する、という以上の意味合いがありそうだ。ご案内のとおり、稲田は安倍増長の跡目を継いで初の女性総理になるともっぱらの噂だった。しかし今までそれは噂先行、実際稲田に本当に総理としての器・実力があるのかは未知数だった。それを判断する上で、先月30日の衆院予算委員会での辻元vs稲田の2人の対決は見ものだった。結果から言おう。第三者的に見て、辻元の完勝、稲田の完敗である。答弁慣れしていないことを割り引いたとしても、8・15終戦記念日の戦没者慰霊式典、靖国参拝逃れのためのジブチ訪問、南スーダン問題、持論の核兵器保有論などについての辻元の冷静かつ鋭い追及に、稲田はタジタジ、辻元の気迫に終始押されっ放しだった。終いには答えに窮して、涙目に。「女の涙」は男に見せてこそ抜群の効果を発揮するもの。なのに同性に見せてどうする。えっ、女狐稲田よ(笑)。というような次第で、稲田は防衛相でもアップアップ、とても総理の器ではないことを満天下に知らしめたのだ。対して終始沈着冷静に稲田を攻め続けた辻元は大きく株を上げた。私の見るところ辻元清美は、新代表の蓮舫を差し置いて野党における女性総理候補ナンバーワンといえると思う。辻元は自身の不祥事で数年間政界からスポイルされたがその苦い経験もあってか、腹の据わり具合、政治家としての覚悟の程が稲田や蓮舫などとは段違いだ。がしかし残念ながら、辻元は社民党からの途中移籍組の外様なので、党内力学上、蓮舫の後塵を拝しているのであるが。稲田朋美に話を戻す。辻元が何度か指摘したように、稲田は「言行不一致」女である。防衛相になった途端、それまでの勇ましい極右問題発言をコロコロ変えている変節女だ。インサイダー蓄財に端的なように、この女の根っこにあるのは祖国防衛ではなく「自己防衛」(自己保身)だ。今回の論戦でそれがより鮮明になった。ところで民進党をはじめとした各野党は、辻元のあとを受けた(我が神奈川16区比例選出の)後藤祐一も稲田をガンガン攻めていたが、どうも今国会が始まる前から稲田朋美を第一のターゲットにしているフシが見受けられる。はっきり言って、弁護士にしては稲田は頭の回転があまり早くなさそうだ。だから答弁にも窮する。加えて稲田には数々の疑惑がある。各野党は辞任第一号とすべく、エロ婆朋美が泣こうが喚こうが構わないから今後ともギュウギュウ締め上げるべきである(笑)。 (大場光太郎・記)-

辻元清美(民進党)vs稲田朋美防衛大臣、安倍総理【衆議院 国会中継】~平成28年9月30日 予算委員会~

(稲田との対決前の、冒頭の改憲に対する問題提起も傾聴に値する。) 

10011

辻元清美が稲田朋美を泣かす快挙 小林よしのり
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/697.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 01 日 02:12:05
http://yoshinori-kobayashi.com/11447
2016.09.30 小林よしのりオフィシャルwebサイト

ニュースで辻元清美が国会質問で稲田朋美を泣かしていた。

辻元やるなあ。貫禄があるし、筋金入りになってきたなあ。

わしの考えは辻元氏とは全然違うが、追及されたら
泣いてぶりっこする「名誉男性」を容赦なく責め立てる姿は、
爽快である。

稲田は自称保守論壇誌で、男にウケる言葉ばっかり
吐きまくってきたくせに、責任ある立場になったら、しれっと
真反対のことを言い出している。まさに政治屋だ。

「今は」安倍政権にいるから、核保有なんて言えないし、
それどころか「非核三原則」や「核なき世界」などと、
サヨクな言葉を吐き続けなければならないの。

けれども「いつか」また大臣辞めたら、またウケ狙いで
男にウケる発言を復活させるのよ。

だって私、「名誉男性」だから。

そんなに攻められたら・・・私、泣いちゃう。

タカ派ぶってる「名誉男性」を、辻元清美は蹴散らせ!

(ネットの反応省略)


10012
稲田防衛相は全国戦没者追悼氏式を欠席(C)日刊ゲンダイ

辻元氏追及に涙目 稲田防衛相「ジブチ訪問」は緊急性なし(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/711.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 01 日 17:30:40
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190980
2016年10月1日 日刊ゲンダイ

 国会答弁中に大臣が嗚咽とは……。30日の衆院予算委員会で民進党の辻元清美議員の追及に、稲田朋美防衛相が涙ぐむ一幕があった。

 辻元氏は、8月中旬に「靖国神社参拝を回避するため」稲田氏がアフリカ東部ジブチを慌てて訪問したことを問題視。歴代防衛相として初めて8月15日の全国戦没者追悼式を欠席したと指摘した。

 辻元氏が「あなたはいつも、国のために命をささげた方に感謝しないといけないと言っている。言行不一致ではないか」などと攻め立てると、稲田大臣は目に涙をためながら、「大変残念……」と言葉を詰まらせた。

「国会で泣くくらいなら、最初からジブチに行かなければいいのです。自衛隊はジブチを拠点にソマリア沖アデン湾で海賊対処活動を展開中ですが、アデン湾の海賊事案は年々減り続け、昨年はゼロ、今年上半期も1件のみ。追悼式を欠席するほどの緊急性が今回の訪問にあったのかは疑わしい」(野党関係者)

 現職の防衛相が終戦記念日に靖国参拝を強行したら、中韓両国の反発は確実。参拝を見送れば、自分を支える右派の失望を招くことになる。どちらの批判も避けたいがための“海外逃亡”が改めてハッキリしたが、なるほど、とことん打たれ弱い大臣である。

(ネットの反応省略)

10013
民進党の辻元清美氏の質問に答弁に詰まる稲田朋美防衛相=30日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

大ぼらを吹いているが稲田は所詮この程度
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/695.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 01 日 00:25:06
http://79516147.at.webry.info/201609/article_232.html
2016/09/30 23:29 半歩前へⅡ

 日ごろ、大ぼらを吹いているがこの程度だ。防衛相の稲田朋美。所詮犬の遠吠えしかできない人間だ。それにしても親分の安倍晋三となんとよく似ていることか。腹が据わっていないところは瓜二つ。

 しかし、こんなのに煽られて日本がとんでもないことをしでかすのだけはなんとしてもストップをかけないといけない。取り返しがつかなことになる。

 辻元清美はよくやった。質問のツボを心得ている。ピントがボケまくっている蓮舫よりいいのではないか。タレント人気だけで、実力のない政治家は無用の長物だ。後ろに控えているべきだ。

****************

衆院予算委員会で30日、稲田朋美防衛相が民進党の辻元清美氏の追及に涙ぐむ一幕があった。

 辻元氏は、稲田氏が8月中旬に自衛隊部隊の活動視察でアフリカ東部ジブチを訪問していたため、防衛相として8月15日の全国戦没者追悼式に出席しなかったことと、例年行っている靖国神社参拝を見送ったことを問題視した。

 辻元氏は「あなたは『自国のために命をささげた方に感謝の心を表すことのできない国家であっては防衛は成り立ちません』と言っている。言行不一致ではないか」と迫った。

 稲田氏が追悼式欠席について「大変残念だった」と答弁すると、辻元氏はさらに「あなたの『戦争でなくなった方々へ心をささげる』というのは、その程度だったのかと思われかねない」とたたみかけた。

 すると稲田氏は目に涙をためながら「今までの私の発言…、読み上げられた通り」と言葉を詰まらせ、「今回本当に残念なことに出席できなかったが、指摘は指摘として受け止めたい」と答えるのが精いっぱいだった。

ここをクリック
http://www.sankei.com/politics/news/160930/plt1609300035-n1.html

(以上、転載終わり)

|

« 【99%国民には大朗報】激しい咳、脇腹押さえる仕草も 安倍首相の体調にまた異変!? | トップページ | 【アベ政治の原流】岸信介はこうして「極刑」を免れた~明かされるGHQ尋問の真相 超エリート官僚の、狡猾な戦術(現代ビジネス) »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【99%国民には大朗報】激しい咳、脇腹押さえる仕草も 安倍首相の体調にまた異変!? | トップページ | 【アベ政治の原流】岸信介はこうして「極刑」を免れた~明かされるGHQ尋問の真相 超エリート官僚の、狡猾な戦術(現代ビジネス) »