« 【涙目稲田辞任秒読み?】防衛省職員から総スカン クビが迫る稲田大臣の情緒不安定 | トップページ | 【これは大変だ】「オバマ政権との密約で10月28日にTPP強行採決」「11月解散で12月総選挙」(by苫米地英人氏) »

自由党に党名変更で小沢一郎いよいよ最後の大勝負に出たか!

-「小沢氏が本気を出し始めた」と転載記事のツイートにもあるが、最近の小沢の動き、発言などを見ていると実際そう感じられる。今まで数多く看板を変えてきた小沢にとって最も愛着があるという「自由党」に党名変更したこともその表われだろう。3野党共闘大勝利となった新潟県知事選で新潟入りした時も、共産志位や社民福島の後を受けての小沢の応援演説は、迫力あり一番訴求力があった。小沢一郎、74歳。谷垣禎一自民党前幹事長(71)がいい例だが、並みの政治家なら70を超すと気力がとみに衰え、ために注意力散漫ゆえの再起不能の自転車転倒事故も起こすのである(これで二度目-笑)。しかし小沢に限ってはそんな事はまったくなく極めて意気軒昂である。以前紹介したが、小沢が日頃敬愛している鄧小平が中国指導者として世界デビューしたのが小沢の現年齢の74歳で、小沢はそのことを強く意識しているのかもしれない。板垣英憲氏が言う、「天皇陛下を中心とした世界支配層」が小沢を国際政治家として認知し頼りにしているというのも心強い限りである(ただしどこまで本当かは不明)。安倍増長の3期9年任期が自民党内で本決まりになった今、これを引きずりおろせるのは「豪腕」小沢しかいないのではないか?新潟県知事選、直前に迫った東京10区、福岡6区補選で迷走状態の「蓮舫な野田」民進党は、旧民主党没落のS級戦犯・野田ら第二自民党派連中だけを残し、それ以外の(改心の兆しが見える)前原誠司ら心ある民進党議員は自由党に移籍すべきだ。十分受け皿になり得るし、小沢もその布石(政界大再編の布石)として自由党に党名変更したのだろう。あと6年も極右サイコパス安倍増長に居座られたらこの国はお終いだ。歪みに歪んだ安倍自公政権をストップさせ、末期的なこの国の状況をドラスティクに変革出来るのは「壊し屋」小沢一郎しかいない。徐々にパワーを増し、反撃に転じつつある小沢と自由党の今後の動きから目が離せない。 (大場光太郎・記)-

小沢一郎代表が、共産・自由・社民統一候補を「1人区」全てに立てると、政権交代でき、安倍晋三首相は恐怖!(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/625.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 19 日 08:45:05
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/3bcf82870119b35ff0c6636e8d0e129f
2016年10月19日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「小沢一郎代表が総指揮をすれば、共産・自由・社民の3野党統一候補は、自公候補を倒せる」―新潟県知事選挙で東電柏崎刈羽原発再稼働反対の米山隆一候補が当選した厳然たる事実が見事に実証してみせた。

これをズバリ突きつけられた安倍晋三首相は、急速に自信を失っており、「2017年1月16日通常国会冒頭解散→1月31日公示・2月12日投開票」の総選挙による「長期政権戦略」に狂いが生じている。

それでも12月15日に来日するロシアのプーチン大統領との日ロ首脳会談に一縷の期待を残して、その成果を問う総選挙で中央突破しようとしている。

党名を「自由党」に戻した小沢一郎代表の勢いが強風を巻き起こす事態が発生した場合、出処進退を自ら決断する覚悟を決めているという。

要するに、今後の政局の行方は、小沢一郎代表の手中にあるということだ。


2016.10.18 自由党定例記者会見



自由・小沢一郎代表「民進党は解散すべき」「勝ちそうになっての応援は主体性なし」 野党共闘に消極的な姿勢を批判 共闘は重要
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/622.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 19 日 07:00:15
http://www.sankei.com/politics/news/161018/plt1610180053-n1.html
2016.10.18 20:08 産経新聞


1012
自由 小沢代表 民進は積極的に野党連携を :NHK
 
 自由党の小沢一郎代表は18日の記者会見で、民進党の蓮舫代表が新潟県知事選の最終盤になってから、野党3党(共産、自由、社民)が推薦した米山隆一氏の応援に入ったことについて「勝ちそうになったから応援に行くのは、野党第一党(の党首)として主体性がなさすぎる」と述べ、民進党の野党共闘への消極的な姿勢を批判した。

 さらに、民進党が米山氏の推薦を見送り、最後まで自主投票だったことを踏まえ、「最大野党の民進党は何のために政党を構成しているのか。政権を取る気がないなら、それは国民への背信行為、民主主義を否定する行為だ。そんなのは解散した方がいい」と主張した。

 小沢氏は「野党が本当に心をあわせて一体となれば仮に来年1月の衆院選でも絶対勝つ。間違いない」とも訴え、野党共闘の重要性を重ねて強調した。


自由 小沢代表 民進は積極的に野党連携を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010734221000.html
10月18日 20時32分 NHK

自由党の小沢代表は、新潟県知事選挙で共産党など野党3党が推薦した候補者が当選したことに関連して、自主投票にとどめた民進党の対応を批判するとともに、安倍政権を打倒するため、次の衆議院選挙での野党連携に積極的に取り組むよう求めました。

16日投票が行われた新潟県知事選挙では、当選した米山隆一氏を、共産、自由、社民の野党3党が推薦した一方、民進党は、最終盤に蓮舫代表らが応援に入りましたが、推薦は見送り、自主投票にとどめました。

これについて、自由党の小沢代表は記者会見で、「3党は、割合、素直に一致するが、民進党は、勝ちそうになったから幹部らが応援に行くというのでは、野党第一党として主体性がなさすぎではないか」と述べ、民進党の対応を批判しました。そのうえで、小沢氏は「『安倍政権は、国民や国のためにならない』と考える者たちが力を合わせて政権を奪還し、自分たちの思いを政治に反映させるという観点に立てば、野党共闘はきょうにもできる。政権をとる気がないのは、国民に対する背信行為であり、党は解散したほうがいい」と述べ、民進党に対し、安倍政権を打倒するため、次の衆議院選挙での野党連携に積極的に取り組むよう求めました。


新潟知事選対応で民進批判=小沢氏「主体性ない」-自由、社民
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101800573&g=pol
2016/10/18-19:17 時事通信

 新潟県知事選をめぐり18日、当選した米山隆一氏を推薦した自由、社民両党から、自主投票とした民進党に対する不満が相次いだ。自由党の小沢一郎代表は、民進党の蓮舫代表が最終盤に急きょ米山氏を応援したことについて、「勝ちそうになったから応援に行くというのは、野党第1党として主体性があまりにもなさすぎる」と批判した。 

 小沢氏は記者会見で、23日投開票の衆院補欠選挙でも民進党が他の野党3党の推薦申し入れを断ったと指摘。民進党が次期衆院選に向けた共闘姿勢を明確にしていないことに関し、「政権を取る気がないなら国民に対する背信行為であり、民主主義を否定する行為だ。そうなら(党を)解散した方がいい」と断じた。

 社民党の又市征治幹事長も会見で、民進党の新潟県知事選への対応について「県民の世論を読み誤ったのではないか」と苦言。民進党を支持する連合傘下の電力総連を念頭に「脱原発を言う候補者は嫌だという労働組合が一部にあり、(民進党)執行部がぐらぐらしている」と語った。


「小選挙区制、マイナス全く感じない」 自由・小沢氏
http://www.asahi.com/articles/ASJBL6D8XJBLUTFK01M.html
2016年10月18日23時04分 朝日新聞

■小沢一郎・自由党代表

 小選挙区制20年。マイナスはまったく感じていない。小選挙区制の機能を野党が果たしきれていない現状がはなはだ残念だ。特に、少なくとも野党が本当に心を合わせて一体としてやれば、かりに1月の総選挙でも絶対勝つ、間違いねえです。政権を取りたくないということなのかなあという風に思うくらい、異常な状況、心理だと思わざるをえない。例えば原発の話だって6割以上が反対しているのに政府はやるといっているのだから、おかしいでしょ。ちゃんと皆力を合わせて国民に訴えれば、必ず総選挙は勝つんですよ。間違いねえもん。新潟の知事選も原発が争点だったが、象徴している。民主主義は政権の交代の可能性を常に含んでいる所に、緊張した政治が生まれる。それがないなら、もはや民主主義の意味はない。

 電力労組が自分たちの生活の基盤だから、一生懸命気にするのは分からなくもないが、連合全体が何もそれに同調する必要はないんで、例えば電力労組だけちょっとここんとこは例外にして、連合としてはあとは全部応援しようという選択肢だってありうる。そういう柔軟性さえも、考えもないちゅうのはちょっと、私には理解できませんね。電力会社だって原発、脱原発、再稼働反対脱原発といっても電力会社自体が何が何でも反対でない。原発を廃止して処分まで全部自分でやるのは、とてもじゃないが会社でできない。投資したカネで当面、電力を供給したいというのは商売として当たり前だ。経営が成り立つ方策を考えながら政府がキチンと脱原発、原発廃棄を決めていけば何の問題もない。(記者会見で)

(ネットの反応抜粋)


 Naoya Sano @109Yoroshiku 

自由党の小沢一郎代表は、民進党の蓮舫代表が最終盤に急きょ米山氏を応援したことについて、「勝ちそうになったから応援に行くというのは、野党第1党として主体性があまりにもなさすぎる」と批判した。  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000136-jij-pol

小沢氏が本気を出し始めた。さぁ遊びの時間は終わりだ。>
新潟知事選対応で民進批判=小沢氏「主体性ない」-自由、社民 https://gunosy.com/articles/RCb2S 

|

« 【涙目稲田辞任秒読み?】防衛省職員から総スカン クビが迫る稲田大臣の情緒不安定 | トップページ | 【これは大変だ】「オバマ政権との密約で10月28日にTPP強行採決」「11月解散で12月総選挙」(by苫米地英人氏) »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【涙目稲田辞任秒読み?】防衛省職員から総スカン クビが迫る稲田大臣の情緒不安定 | トップページ | 【これは大変だ】「オバマ政権との密約で10月28日にTPP強行採決」「11月解散で12月総選挙」(by苫米地英人氏) »