« ホントにホント、安倍増長の「終わりの始まり」になるのではないか それほど価値のある新潟県知事選勝利だった! | トップページ | 【涙目稲田辞任秒読み?】防衛省職員から総スカン クビが迫る稲田大臣の情緒不安定 »

【“昭恵人脈”の危険性】安部明恵は大麻所持で逮捕の栽培家を町おこしで支援表明していた

-安倍政権下で鳥取県智頭町が大麻栽培特区に指定された。同町は昔から大麻栽培の伝統があったが、戦後GHQによる大麻禁止指令により、古来からの栽培が途絶していた。それを特区指定によって栽培許可された同町は、それを伝統文化の復活とし「町おこし」として力を入れてきた。そんな経緯で県から許可を受けて産業用大麻栽培、同加工会社を経営していた上野利彦容疑者(37)が、大麻取締法違反(所持)で逮捕されたのだ。許可を受けた者が大麻所持(自分の畑のものとは別ルート入手)逮捕は初めてで、町の担当者は「これで町おこしもパーになる」と肩を落としているという。しかし事はそれだけでは済まない。最近何かと話題になる明恵夫人が昨年7月、上野容疑者の大麻畑を訪問し、そのもようを自らフェースブックにアップし、また雑誌でも取り上げられた。まあ何にでも首を突っ込む女で、まさに「金毛九尾明恵」の面目躍如といったところだ。私にはよく分からないが、大麻は薬物には該当しない、中毒性があまりない、古来神事に用いられてきた、がんなどに治癒効果があるとする研究結果が得られた、などから近年世界的に見直され、徐々に大麻解禁する国が増えてきているという。これで思い出すのは、(シャスタ山地下都市テロスのアセンデッド・マスター)アダマの「レムリア・アトランティスの超太古には確かに聖なる麻薬の原料となる自生の草が存在した。が、両文明崩壊で一気に波動が低下した現在の地球にはそのような植物は一つも存在しない。いかなる薬物も服用すれば、人間の諸体に幾転生にもわたる深刻なダメージを残す」というようなメッセージである。大麻草も同じなのではないか?これまたおいしそうな話には何にでも首を突っ込む連れ合いの「アベノオロチ」も、それに釣られて大麻特区を設けたのだろうが、許可した者が所持で逮捕されるというざまだ。第一安倍自体が、(学歴詐称が問題となった)米国プー太郎時代薬物を使用していたという話もある。阿修羅投稿コメントにもあるが、最近の国会答弁などでまま見られる「ラリった」ような支離滅裂さは、安倍&明恵夫妻が何かの薬物を使用している副作用じゃあるまいね? (大場光太郎・記)-

1011
金毛九尾明恵のこの画像は上野容疑者の大麻畑を訪問した時のもの。

“昭恵人脈”の危険性…大麻所持で逮捕の栽培家を町おこしで支援表明していた
http://news.livedoor.com/article/detail/12164718/
2016年10月19日 7時0分 

 町おこしのため大麻栽培をしていた鳥取県智頭町の大麻加工販売会社代表取締役、上野俊彦容疑者(37)らが、厚生労働省中国四国厚生局麻薬取締部に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていたことが発覚し、首相官邸も揺れている。上野容疑者は産業用の大麻栽培の許可を県から得ていた。しかし、自宅に乾燥大麻88グラムを所持していたことから4日に現行犯逮捕。「他人からもらって使っていた」と使用を認めているが、この町おこしを安倍昭恵夫人(54)が支援表明していたというから大変だ。

 すくすくと育った大麻の前で笑顔で写真に写るのは、昭恵夫人とバンダナをした男性。この男性が「産業用大麻栽培者」の上野容疑者だという。昨年7月に昭恵夫人は智頭町を訪れ、上野容疑者の大麻畑を視察した。この様子は昭恵夫人のフェイスブックで紹介され、昭恵夫人は産業用の大麻文化の復活を雑誌などで訴え始めるようになっていた。

 上野容疑者は、いわゆるIターンで智頭町にやって来た。智頭町役場によると3年前に県から大麻栽培の許可を得ていたという。都道府県から栽培許可を得た業者が大麻取締法違反容疑で逮捕されるのは初めて。厚労省は近く、都道府県に対して栽培許可が適切かどうか確認するよう指示する方針だ。なお、同じ会社の従業員の男2人も同法違反容疑で現行犯逮捕されていた。2人の逮捕容疑は4日、智頭町内の自宅や車に乾燥大麻約1グラムをそれぞれ所持していた疑い。

 町担当者は「当時、町長が県知事や県関係者に対して、上野さんに許可を出してくれるようお願いして回っていました。(許可が出たのは)町長の言葉を借りれば『県が自分を信頼してくれた』ということ。それだけに町長は責任を感じています」とうなだれる。お世話になった町長の顔にドロを塗ったことになる。

 智頭町では昔からある伝統文化に光を当て町おこしをする取り組みをしていた。その流れで「麻はどうか」という話になり、町として上野容疑者を支援することになっていた。

「智頭麻を次世代に受け継ぐ」とする上野容疑者が育てていたのは麻薬成分が少ない産業用大麻草。繊維製品や食料品などを作り販売していた。厚労省によると、所持していた大麻とは別のものとみられる。

 戦後に規制されるまでは日本各地で大麻製品が愛用されており、昭恵夫人の言う大麻文化もこうした伝統のことを指していた。昭恵夫人が紹介したことで智頭町のアピールになったのは間違いない。

 現在、町にある大麻畑は町職員らで監視している。「よからぬやからが持って帰っても困る。不法侵入がないか見回っています。たとえ産業用とはいえ、法律では所持してはいけないんです」(町担当者)

 上野容疑者が持っていた吸うための大麻は、畑のものとは別と麻薬取締部はみているが「隠れて作っていたかは分からんです」(同)と疑い始めればきりがない。

 これまで町は大麻の普及啓発イベントを開いたり、大麻についての漫画を製作したりと、上野容疑者とともに町おこしをしてきた。「こういうことになってはもう麻で町おこしは無理。おしまいでしょうね」と前出担当者はため息をついた。大麻で町おこしは終わりを告げた。

 上野容疑者は智頭町だけではなく昭恵夫人をも裏切った。政府関係者は「まさか昭恵夫人も…なんてことはないでしょうが、有名人なんだから気をつけてほしい。脇が甘すぎですよ」と大弱り。

 フットワークの軽さが昭恵夫人の持ち味ではあるが大ごとになってからでは遅い。

10111
上野容疑者とのツーショット

安倍昭恵が大宣伝していた「大麻で町おこし」の会社社長が大麻不法所持で逮捕!「家庭内野党」からの撤退に拍車(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo214/msg/575.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 18 日 09:15:06
http://lite-ra.com/2016/10/post-2630.html
2016.10.18. 安倍昭恵が応援する人物が大麻で逮捕  リテラ

|

« ホントにホント、安倍増長の「終わりの始まり」になるのではないか それほど価値のある新潟県知事選勝利だった! | トップページ | 【涙目稲田辞任秒読み?】防衛省職員から総スカン クビが迫る稲田大臣の情緒不安定 »

日本の事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホントにホント、安倍増長の「終わりの始まり」になるのではないか それほど価値のある新潟県知事選勝利だった! | トップページ | 【涙目稲田辞任秒読み?】防衛省職員から総スカン クビが迫る稲田大臣の情緒不安定 »