« 【超オクトーバー・サプライズ】ヒラリー再捜査でトランプ勝利確実!?子分の「男人形」安倍マリオの命運は風前の灯火かw | トップページ | ヒラリー逮捕はなかった。かくなる上は、8日の大統領本選で悪魔勢力の息の根を止めてもらいたい! »

【本当か?】(10/30)アノニマス:ヒラリー・クリントン氏は72時間以内に逮捕される!?

-アノニマスが驚きの発表である。先日FBIが再捜査を発表したヒラリーだが、「72時間以内に逮捕される」というのである。この発表は再捜査報道直後の先月30日だったらしい。ということは、72時間といえば3日間ということだから「2日には逮捕される」ということだ(ただし日本時間では3日)。本当なら驚愕すべき、近年にないほどの超大スクープだ。本当なら、2001年の911以来、中東諸国をはじめ世界中分けてもこの日本がとことん迷惑をこうむってきた、米国ハザールマフィア・戦争屋ネオコン勢力「総退治の序章」となることだろう。そして同悪魔勢力にぶら下がり、ここまで好き勝手して甘い汁を吸ってきた安倍増長&同一派、害務省をはじめとした官僚機構、三菱など旧財閥系を中心とした“死の商人”経済界、電通・マスコミなどには超弩級の衝撃となることだろう。ただ、以下の小沢内閣待望論氏ではないが、アノニマス自体と今回の発表をどこまで信用してよいのか、疑問符が付くところではある。それかあらぬか。新聞不購読、テレビ不視聴の私にはヒラリー再捜査を大手メディアがどう報道しているのか皆目分からないが、多分ほとんど報道すらしていないのではないだろうか。最近また購読し始めた日刊ゲンダイすらそうである。同紙1日号7面「誰が勝つのか 混迷!大統領選 核心リポート」シリーズ(50)でやっと扱っているだけである。これはジャーナリスト某氏の現地リポートらしいが、FBI再捜査は「トランプが仕掛けた“オクトーバー・サプライズ”」であり、再捜査以後も「約7割の有権者は投票行動に影響を受ける事はない」、つまり「ヒラリー優勢に変りはない」、「今さら再捜査といったところで1週間そこらでは情勢は覆らない」というのだ。げっ、ホントかよ~?ただ、このジャーナリスト氏も“米国版腐れダマスゴミ”にモロ洗脳されているということはいえるだろう。「ならば奥の手を見よ!」とばかりの、2日までのヒラリー逮捕と是非なってもらいたいものである。 (大場光太郎・記)-

10306
記者団にFBI再捜査の感想を求められ、無言で憮然として車に乗り込むヒラリー・クリントン(orそっくりさんorクローンさん)

【速報】アノニマス:クリントン氏は72時間以内に逮捕される
http://zai.diamond.jp/list/fxnews/detail?id=205483
2016年10月31日(月)12時12分 Powered by フィスコ

ハッカー集団「アノニマス」は30日、クリントン氏は72時間以内に逮捕される(手錠をかけられる)と予告した。


10309
ヒラリー&ジョージ・ソロス (その1)

フィスコ・アノニマス・クリは三日以内に逮捕される。もう一波乱ありそうですが、ベン情報は有益と判断します。
http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/200.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 10 月 31 日 13:16:52

誰も信じなくても、殺人犯の親がうちの子はいい子なんですーと言い張るように、誰も信じなくても、最後の一人になっても私だけはベンを信じると心に決めていた訳ですが、バランサーと疑うのやめやめーという感じですが、彼には疑問が三割位残るものの、板垣のバラエティー路線より数段上じゃねという感じです。
安倍辞任の方はさすがに板垣ってんじゃねーのーと言いたくなりますが、飼い主のヒラリ婆の事をここまで言い当ててくれれば十分で、よくやった、ワシが全員育てたという感じです。
副じーが弱気になったり強気になったり面白いですが、締めのラーメンみたいに宇の記事を読めばガセに踊らなくて済むんじゃねといった所です。
アノニマスも当然ケツモチがいて、過去におかしな予告や行動もしていますから半信じ位でいいと思いますが、ヤフーが予告を報道した事が大事で、裏社会で激しいつばぜり合いが行われているようで、私はストーカー殺人疑惑も晴れたので、美人OLの吸い殻集めを再開しようかなと考えている所です。

10308
ヒラリー&ジョージ・ソロス (その2)

AFP・トラがフロリダで逆転、NYT・トラ46ヒラ42。再捜査を受けてダマスゴミもトラの一方的人気を少し報じ始めました。
http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/197.html 
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 10 月 31 日 08:37:10

一方的に不人気のヒラリ婆似の人気を煽ってきたのはダマスゴミだけであり、全米の選管にトラ派が詰めかけられてはさすがのソロスも不正集計ができず、副島はトラの圧勝が決まったと書いています。
鳥越叩きとソロス百合子よいしょでは不正集計に成功しましたが、飼い主のヒラリ婆選挙ではそうもいかなかったという事で、国防省と欧州勢がトラを援護射撃してドル詐欺を追い詰めている形です。
当日まで油断できませんが、同時にブルービーム計画などの超特大スピンというかショックドクトリン詐欺にも警戒が必要です。  (以下省略)


     103010


書評:ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock  Her Up !  ロック ハー アップ  副島 隆彦 (著)(光文社刊)
http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/841.html 
投稿者 佐藤鴻全 日時 2016 年 10 月 30 日 09:01:15

<メール問題とISの核心を突く快著>

10月12日に出版されたこの本で著者の副島氏は、ヒラリーはメール問題で逮捕収監され、トランプが11月8日の米大統領選に勝利すると断定的に予言する。

◆オクトーバー・サプライズ◆
奇しくも投票日2週間足らず前の10月28日に、FBIが捜査再開を発表した。
ヒラリー側近の配偶者の元下院議員が起こしたわいせつ事件が、捜査再開の切っ掛けとの事で、正に天網恢恢疎にして漏らさずと言ったところか。

評者は、トランプの8月のイラク戦没者遺族を非難し、支持率が大きく低下して以来、四分六とでヒラリー当選の可能性大と予想してきたが、今回の件でトランプ当選の確立が高まったのは確かだ。

副島氏は、この本が出版された後で、自身の主催するHP(http://www.snsi.jp/bbs/page/1/)で選挙操作によるヒラリー当選の可能性を示唆するなど揺らぎを見せているものの、評論家生命にかかわる著書に於いてトランプ当選を断言するのは凡百の胆力ではない。

評者は今まで、メール問題に関して、機密情報取り扱い違反、便宜供与の隠蔽可能性等、報道によりヒラリーに対して漠然としたダーティーイメージを持ったのみで、「ヒラリーは巨悪」とまでの印象は持っていなかった。
恐らく、米国有権者の大半もその程度だと思う。

◆メール問題の核心と大統領選の帰趨◆
副島氏は、メール問題の核心を、裁判を経ないリビアのカダフィー殺害、それに続く200億ドルのリビア国家財産の略奪、その資金によるイスラム国(IS)創設、これらの当初からの計画的隠蔽とオバマの黙認であると具体的に描き出す。
評者も国際情勢について市井からながら、それなりにウォッチしてきたつもりだが、この本によって、初めてメール問題の全体像が像を結んだ。
目から鱗である。

だが、大統領選当日までにヒラリーが逮捕されるとまで見るのはどうか?
FBI長官が、そもそも一旦捜査打ち切りをしたのも保身であり、筆者はこのまま選挙当日までに結論を出さず、どちらに転んでも保身が図られるようにするのではないかとみる。
また、トランプ自身が、前述のメール問題の核心部分、イスラム国(IS)へのヒラリーの関与について、一時期選挙戦で冗談めかして「ヒラリーとオバマはISの共同創設者」と語ったのみで、トランプすら踏み込めないタブーがあるのか、その後具体的に触れていない。
このままトランプが核心に触れなければ、米国有権者には「ヒラリーは巨悪」とまで映らず、トランプの大勝となるかはまだ断定できない。

副島氏の国際戦略についてのスタンスは、簡略化して言えば「反米親中」である。
アジア諸国で固まり、欧米に対抗して行こうという考えである。
これに対して評者は、「日米露三国同盟」を基軸として、中国の牙を抜き、イスラムを穏健化して行かねばならぬと考えており、その点で副島氏と袂を分かつ。

しかしながら、基本的立場の違いは在れ、今回の著書をはじめ、氏の国際情勢分析、米国政治研究への情熱と成果には敬意を表したい。

■ヒラリーを逮捕、投獄せよ Lock  Her Up !  ロック ハー アップ 単行本 副島 隆彦 (著)(光文社刊)– 2016/10/12
https://www.amazon.co.jp/dp/4334978967/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_rJjfybWDD2AC0


(以上、転載終わり)


関連記事
【超オクトーバー・サプライズ】ヒラリー再捜査でトランプ勝利確実!?子分の「男人形」安倍マリオの命運は風前の灯火かw
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-028c.html
当選か収監か?ヒラリーは米大統領選「不正」の真相をひた隠している=高島康司(MONEY VOICE)
http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/873.html 
ヒラリー逮捕はなかった。かくなる上は、8日の大統領本選で悪魔勢力の息の根を止めてもらいたい!
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-bc29.html
 

|

« 【超オクトーバー・サプライズ】ヒラリー再捜査でトランプ勝利確実!?子分の「男人形」安倍マリオの命運は風前の灯火かw | トップページ | ヒラリー逮捕はなかった。かくなる上は、8日の大統領本選で悪魔勢力の息の根を止めてもらいたい! »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【超オクトーバー・サプライズ】ヒラリー再捜査でトランプ勝利確実!?子分の「男人形」安倍マリオの命運は風前の灯火かw | トップページ | ヒラリー逮捕はなかった。かくなる上は、8日の大統領本選で悪魔勢力の息の根を止めてもらいたい! »