« 【安倍ピエロ】トランプ大統領にスリ寄る 安倍政権の右往左往と無定見 | トップページ | 【14日の満月】70年ぶりで大騒ぎ 超スーパームーンは大地震の前兆か? »

【トランプが引導】TPP頼みのアベノミクス惨めな幕切れ

-なぜ日本政府つまり安倍官邸&外務省がヒラリー当選と読み違えたか、だいぶ経って私なりに思い当たった。安倍らはヒラリー陣営の不正選挙仕込みを知っていたのではないだろうか。安倍再登場の2012年「12・16」総選挙を含めて4回の国政選挙に圧勝し、現在自公だけで3分の2に迫る有り得ない議席数を獲得してきた。これらはすべて大不正選挙の結果であることを安倍ら自身百も承知だろう。だから本場米国ならではのソロス不正機によるヒラリー勝利を信じて疑わなかったのではないだろうか。しかし今大統領選はそれまでとは少し様相が違った。選挙中トランプが不正選挙に言及した効果もあったのか、途中からヒラリー票が異常に伸び出したことに気が付き、各州の多くの選管がソロス集計機をダウンさせ、正常に戻したというのだ。獲得選挙人数とは別に国民の総得票数ではヒラリーが上回ったのは不正を防げなかったためであり、いずれにせよヒラリーは完敗である。あとはヒラリーの亡命か逮捕かということになるが、さすが悪しぶといレプ婆ヒラリー、トランプ当選に不満を持つ国民によるデモや暴動が20数都市で起きているが、裏で糸を引いているのが(現在雲隠れ中の)ヒラリーとソロスだというのだ。またそれと連動しているのかいないのか、ヒラリーが辛うじて勝利した大票田・カリフォルニア州では合衆国からの独立の動きが出ているという。同州が仮に独立すれば、フランスを抜いて世界第6位のGDPとなるから強気なのである。独立運動が勢いを増すとリンカーンの時の南北戦争以来の内戦・内乱は必至である。ブッシュの2期目も確か各州の独立騒ぎが起こったが、トランプがこれらの問題をどう収束させるのかも見ものである。さて難問山積の船出となるトランプ米国にカモが葱しょってのこのこ出かけていくのがおらが国の安倍増長である。今回もまたそのことを厳しく批判している日刊ゲンダイ記事の転載だが、日本チェンジは安倍退場からしか始まらないのだから、トランプ会談の旅が願わくば安倍政権終焉の旅となってもらいたいものである。 (大場光太郎・記)-

11088


トランプが引導 TPP頼みのアベノミクス惨めな幕切れ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/810.html

投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 11 月 12 日 18:30:05
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193772
2016年11月12日 日刊ゲンダイ 文字お越し

11086
終わりは近い…(C)AP

「TPPに入ってどうなるか。行き先が分からないバスに国民を乗せないでいただきたい」

 2011年10月の衆院外務委員会。外務大臣に向かってこう絶叫していたのは、当時、野党議員だった自民党の稲田朋美防衛相だが、今や「行き先不明」どころか「出発」すら絶望的になったバスのハンドルにしがみつき、アクセルを思い切り踏み込んで空ぶかししているのが安倍政権だ。

「TPP脱退」を宣言しているトランプの米大統領就任が決まったにもかかわらず、大統領選の翌日にTPP承認案と関連法案を衆院で通過させ、きのう(11日)は参院で法案審議が始まった。本会議で、野党議員から審議を急ぐ必要性を問われた安倍首相は「保護主義の蔓延を食い止める力になる」「我が国が主導することで早期発効に向けた機運を高めていく」なんて答弁していたが、いつまでトンチンカンなことを言っているのか。

 安倍は17日にNYで行われるトランプとの会談で“口説ける”と思っているのであれば、身の程知らずにもホドがある。

■「TPP脱退」トランプの公約

 何せ相手は4回の自己破産をはね返して巨万の富を築いた海千山千の実業家だ。「テフロン(加工のように傷つかない)・トランプ」と呼ばれる本物のタフネゴシエーターである。昼間の大臣室でワイロを受け取っていたことがバレて睡眠障害を理由に国会をズル休みした自称タフネゴシエーターの甘利明前TPP担当相とはモノが違うのだ。ビジネス経験はもちろん、何の苦労も知らない世襲政治家のボンボンが、揉み手ですり寄り、「日本はTPP法案を決めたよ。米国もよろしくね」なんて口にしようものなら、「おまえはケンカを売りに来たのか」と一蹴されるのがオチだ。

 大統領選の結果をみても、トランプを勝利に押し上げた一因は、オハイオやペンシルベニアなどの「ラストベルト(衰退した工業地帯)」と呼ばれる中西部の労働者票だった。NAFTA(北米自由貿易協定)などによって新興国と激しい競争にさらされ、雇用環境の悪化にあえぐ彼らにとって、トランプの「TPP脱退」は公約同然。あっさり翻されれば、それこそ暴動が起きるだろう。

 8300ページに及ぶTPP協定書を分析し、「アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!」(CYZO)を出版した元農相の山田正彦弁護士も「トランプ大統領就任で米国のTPP批准は不可能」と言っていた。これがまっとうな見方であって、安倍がどんなにTPPの旗を振ろうが空中分解は必至なのだ。経済アナリストの菊池英博氏はこう言う。

「トランプ氏に限らず、米議会で過半数を占める共和党の重鎮、マコネル上院院内総務も『年内に議会で採決することはまずない』と断言しています。米国がこの状態ではTPP発効はムリです。それなのに安倍政権がなりふり構わずTPPに突き進むのは、『我々は米国に従ってきたのだ』という忠誠心を示すためとしか思えません。しかし、そんな姿勢をヘタに見せれば『米国第一主義』を唱えるトランプ氏は、米国の方針をTPPから日米2国間のFTA(自由貿易協定)に切り替え、日本に対してさらなる規制緩和や市場開放を求めてくるでしょう。FTAになれば、TPP以上に日本は米国に富を収奪されることになります」

 トランプがFTAにかじを切るのを見越して、安倍政権が地ならしの意味でTPPにシャカリキになっているのだとすれば最悪だ。

11087
日銀もお手上げ(C)日刊ゲンダイ

「成長戦略の柱」折れてアベノミクスは崩壊した

 そもそも、TPPに参加する12カ国のうち、シンガポールのように議会承認が不要な国を除くと、協定承認を終えたのはマレーシアだけ。米国際貿易委員会(USITC)のTPP影響評価報告で「確実に経済成長する」と見込まれているベトナムでさえ、国会審議を先送りしている。それなのに日本だけが前のめりになっているのは、安倍政権がTPPを「成長戦略の柱」と位置付けてきたからだ。

 安倍政権の経済政策「アベノミクス」は、「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」の“3本の矢”が看板だった。ところが「金融緩和」では、黒田日銀が2013年4月に「2年間でインフレ目標2%達成」を掲げ、「国債購入年間80兆円」や「ETF購入年間6兆円」によって市場をカネでジャブジャブにしたものの、いまだに目標達成はホド遠い。その上、国の借金は今や過去最大の1062兆5800億円まで膨らんでいるから、オイソレと「財政出動」もできない。要するに2本の矢はとっくに折れていて、最後の頼みの綱がTPPだったのだ。

■対中政策も見直し必至

 さらに日本にとって、中国が参加していないTPPは「安倍政権が強調している『中国包囲網』の砦」(前出の菊池英博氏)だった。中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に対し、米国と歩調を合わせて参加を見送ったのも、TPPという後ろ盾を見込んでいたからだ。安倍政権にとってTPPは単なる経済協定ではなく、アベノミクスや対中政策の要であり、今さら引くに引けないのが実情なのだ。

 追従してきた米国にハシゴを外されるのも皮肉な話だが、いよいよ安倍政権もオシマイだ。

「日銀の政策の行き詰まりが露呈したように、すでにアベノミクスは事実上の破綻状態です。安倍政権はそれをTPPなどで脚色したり、演出したりしてごまかしてきましたが、結局、経済の好循環も成長戦略も何もなかったわけです。トランプ大統領になって、その失敗がいよいよハッキリしてくると思います」(経済評論家の斎藤満氏)

 安倍はトランプとのNY会談で、あらためて「米国のTPP脱退」を確認させられるだけじゃなく、「アベノミクス」についても引導を渡されに行くようなもの。見るも無残で、ナントも惨めな結末だ。「保護主義の蔓延を食い止める」なんて内政的に強がりのポーズを見せているだけで、おそらく“泣き落とし”以外に外交戦略はない。トランプもそんなことはとっくに承知しているだろうから、新たな無理難題を押しつけてやろうと、手ぐすね引いて待ち構えているだろう。

 もはや安倍政権に残された道は退陣しかない。

 
(転載終わり)


関連記事
TPPゾンビ復活の可能性と鍵を握るバーニー・サンダース
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2012639.html
≪特別編≫トランプ勝利翌日の衆院“強行”通過は安倍首相の懇願メッセージ 暴走TPP「10のウソ」(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/821.html
反トランプ抗議行動参加者はオリガーキーの手先()
http://www.asyura2.com/16/kokusai16/msg/299.html

|

« 【安倍ピエロ】トランプ大統領にスリ寄る 安倍政権の右往左往と無定見 | トップページ | 【14日の満月】70年ぶりで大騒ぎ 超スーパームーンは大地震の前兆か? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。