« 【日露首脳会談】北方領土献上も同然 万死に値する安倍首相の北方領土交渉大失敗 | トップページ | 【北方領土返るぞ詐欺】共犯マスコミ 大失敗の亡国外交ショーを実況中継 戦慄のプーチン狂騒 »

【安倍は責任取れ!】プーチンに完全に手玉に取られた安倍政権は、退陣すべきだ(by副島隆彦氏)

-4年間の安倍増長の地球儀外交とやらは、今回の3時間も待たされた挙句の山口でのプーチン会談でジ・エンドということではないか。事前に北方領土返還への期待を目一杯煽った結果が、「大山鳴動して鼠ゼロ匹」。それどころか、平和条約交渉は行われず、プーチンロシアに北方領土帰属権を確定されかねない共同経済活動費3千億円のお土産付きで幕を閉じた。“やらずぼったくり”の散々な結果だ。天木直人氏は「60年前に逆戻り」と評しているがまったくだ。北方領土問題のハードルが途方もなく高くなったことを考えれば、後の祭りだが、アベノノータリンにこの問題に首を突っ込ませるべきではなかったのだ。とにもかくにも。あとは年末26日の真珠湾お詫び行脚+オバマ会談をもって、8月のリオ閉会式の安倍マリオ以来の「安倍ピエロ物笑いショー」は一先ず終わる。国民の一人として「やれやれ」だ。安倍に来年もこんな害交を繰り返させていいのだろうか。安倍ピエロ一人が世界中の物笑いになるのなら、いわゆる“自己責任”というヤツだから勝手にやらしておけばよい。が、コヤツが笑われるということは日本&国民が笑われるということだ。それにコヤツがバラマキ害交するたびに莫大な国富、すなわち国民の血税・財産が失われていく。とても看過できないのだ。トランプ詣でやプーチン来日に至る一連の流れから、安倍には外交能力のカケラもない事がはっきり分かった。国益を損なうだけなのだから、コヤツに何か外交案件を手がけさせてはならないのだ。というより、朝○人部落“出来損ない”末裔の安倍増長にこれ以上政権を担当させてはいけないミダ~! (大場光太郎・記)-

プーチン大統領は、「日米安全保障条約を破棄、経済制裁を解除し、顔を洗ってから出直して来い」と言いたいだろう(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/667.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 12 月 17 日 08:51:38

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/e3b15c7f2b2c3865f65c0a8c54f5da08
2016年12月17日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相の外交感覚は、どう見てもおかしい。ロシアを仮想敵国としている「日米安全保障条約・安全保障整備関連法」により日米同盟体制を強化しているのに、プーチン大統領に「北方領土返還」を求めている。返還すれば、北方領土に「米軍基地」を置く可能性があるのが明らかなのに、プーチン大統領が、返還するわけがない。おまけに、安倍晋三首相は、米国オバマ大統領の強い要求を受けて、プーチン大統領のクリミア併合に対して、経済制裁を強化、継続している。プーチン大統領にしてみれば、「日米安全保障条約を破棄、経済制裁を解除し、顔を洗ってから出直して来い」と言いたいところだろう。

プーチンに完全に手玉に取られた安倍政権は、退陣(たいじん、のきじん)すべきだ/ 副島隆彦
http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/445.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 12 月 17 日 20:53:59

[2069]プーチンに完全に手玉に取られた安倍政権は、退陣(たいじん、のきじん)すべきだ。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2016-12-17 18:53:21 
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/

ロシアのプーチンが、日本の安倍首相ごときの、小物の策に乗るはずがない、と
私はすっと思っていた。そのとおりだ。 日本が、ずば抜けた頭をした、プーチンを、上手にたらし込んで、何とか、北方4島のうちの、わずかでも、返還(取り戻し)の交渉に引きずり込もうとした。が、全くダメだった。

共同記者会見での、情けなさそうな、安倍晋三の 顔は、惨(みじ)め極まりないものだった。側近どもと、官僚の作文がなければ、自分の頭では、何も話せない 無能人間をさらけ出した。 さっさと首相を辞めさせなければいけない。

「国民は、がっかりだ」と、以下の新聞記事の 二階俊博(にかいとしひろ)自民党幹事長の言うとおりだ。 「なーんだ。北方領土の、2島の返還の入り口さえないのか。プーチンに食い逃げされただけじゃないか。安倍首相では、全く相手にされていない。これじゃダメだ」となって、いまから安倍退陣(たいじん、のきじん)の話が、自民党内で、どんどん出てくる。

 安倍首相も、それから、いつも安倍の肩の後(うし)ろに、小さくいる、「日本のゲッペルス(ナチスの宣伝相)」と呼ばれる、チビの世耕弘成(せこうひろしげ)も、自分が、日ロ交渉の立役者になろうとして、(岸田外相を、押し除(の)けて ) 大失敗だ。 

 もうひとりの 安倍側近の、やくざ者、暴力団そのものの、萩生田(はぎうだ)光一(こういち) も、 自分たちで、「おれ達では、役不足だ。とても 大国政治は、できねえな」 と、がっかりして、自信喪失状態のはずなのだ。 おまえたちは、もう、さっさと辞めろ。

しっかりした日本国民は、みんな、そう思っているよ。

120125
   
狂騒安倍プーチン会談 経済協力だけ食い逃げの亡国結末 絵に描いたような無定見外交の大失態(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/648.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 12 月 16 日 19:20:05

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/195980
2016年12月16日 日刊ゲンダイ

120126
コケにされっぱなし(C)AP

 大山鳴動して、とはこのことだ。鳴り物入りで迎えた日ロ首脳会談。15日、安倍首相の地元・山口県長門市の温泉旅館でスタートしたが、領土問題での成果はゼロ。空騒ぎに終わりそうだ。「北方領土解散」だとか盛り上がっていたのは何だったのか。

「もともとロシア側の言い値は『0島』で、経済協力だけ得て北方領土は返さないというのがベストシナリオでした。18年に大統領選があることを考えれば、強いリーダー像を示して高支持率を維持しているプーチン大統領が、領土問題で簡単に譲歩するはずがありません。訪日に先立ち、プーチン大統領は読売新聞のインタビューで、経済協力は『(領土問題解決の)条件ではなく雰囲気づくり』と言っていました。むしろ重要なのは安全保障の問題でしょう。ラブロフ外相が15日夜の会談後、『外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)の再開で合意する』と言っていましたが、2プラス2と同様に中断していた海上自衛隊とロシア海軍による合同捜索救難演習も再開する可能性がある。ただ、これも以前やっていたことを再開させるというだけで、領土問題での大きな進展や、目新しい成果は望めそうにありません」(ロシアの専門家で軍事アナリストの小泉悠氏)

 日ロの2プラス2は2013年に1度だけ開かれたものの、ウクライナ危機で中断していた。米国とEUがロシアに対し制裁を科したのに日本も追随した影響だ。安倍首相が議長を務めた今年5月の伊勢志摩サミットでも、ロシアへの制裁が再確認された。

■安全保障でロシアの土壌に乗る錯誤

 経済状況が苦しいロシアが、制裁解除の突破口にしたいのが日本だ。領土交渉を進めたい安倍首相が妥協するとみている。プーチンは読売新聞のインタビューでも、「制裁を受けたまま、経済協力をより高いレベルに引き上げられるのか」と揺さぶりをかけてきていた。

 元外交官の天木直人氏が言う。

「プーチン大統領の目的は、日米関係にくさびを打ち込むことにある。安倍首相は完全に足元を見られたのです。日米同盟は戦後の日本外交の根幹で、変えることなどできっこないのに、功を焦った場当たり外交で2プラス2再開を安請け合いして、危険な領域に踏み込もうとしている。2プラス2の再開で、日ロ間の領土問題は安全保障問題になってしまった。いくらトランプ次期大統領が親ロ派だといっても、米ロは経済分野では協力できるかもしれませんが、安全保障では絶対に相いれない。両者にいい顔をする日本は板挟みで、いずれ矛盾の後始末を突きつけられることになるでしょう。ロシアとの軍事的な接近は、G7の結束からも外れることになる。国際的な信用を失いかねない軽挙妄動です。少なくとも、ロシアに厳しい態度で臨んできたオバマ大統領は強い不快感を示すはずです」

 次期大統領が決まった途端、トランプに尻尾を振って会いに行った安倍首相はオバマを激怒させ、11月のペルーAPECでの首脳会談は流れてしまった。失地回復で月末の真珠湾訪問を画策し、なんとか最後の首脳会談にこぎつけたのに、舌の根も乾かぬうちにロシアにスリ寄って、また不興を買う。いったい何がしたいのか、サッパリ分からないのだ。米国を怒らせても、領土問題で成果があればいいが、経済協力だけ食い逃げされるんじゃ、目も当てられない。亡国外交もいいところだ。

■普通ならば交渉打ち切りでもおかしくないナメられ方

 今回の交渉は、とにかくプーチンにナメられっぱなしだった。当日も大遅刻で出はなをくじかれた。テレビのワイドショーは現地からの生中継を予定、NHKなんて午後3時40分から特番の枠まで設けていたのに、待てど暮らせどプーチンは来やしない。ロシア出発が2時間以上遅れたとかで、会場の大谷山荘に到着したのは、当初予定より3時間も遅い午後6時ごろ。午後1時前に早々と会場入りしていた安倍首相は、都合5時間も待たされた格好だ。

 それでも文句ひとつ言わず、岸田外相や世耕ロシア担当相、山口県選出の議員も総出でプーチンを迎えて歓待したのだが、外相らを交えた少人数会合とサシの会談は合わせて3時間で終わってしまった。

 会合の冒頭、安倍首相が「これから行う首脳会談の疲れが、温泉につかることによって完全に取れることをお約束します」と水を向けても、プーチンは「疲れる会談にしないことが重要」と素っ気なく、ハナからやる気のなさが見てとれた。

「安倍首相は歴史に名を残すことしか頭にない。それで功を焦り、甘い見立てで突っ走ってしまう。期待だけさせて、結局は何の進展もなく、いいとこ取りだけされるのは、北朝鮮の拉致問題と一緒です。あれこれ手を出して食い散らかすだけで、かえって解決を遠のかせてしまう。そのトバッチリを受けるのは国民です。絵に描いたような無定見外交で、無理筋と知りながら、夜郎自大で期待をあおるのは、非常に罪作りだと思います」(政治評論家・野上忠興氏)

120127
択捉島で島の説明を受けるメドベージェフ首相(15年)/(C)AP

共同経済活動にもメリットはない

 安倍首相はわざわざロシア経済分野協力担当相までつくり、腹心の世耕を充てて交渉に臨んできたのだが、先月19日のペルーAPECでの首脳会談直前には、世耕のカウンターパートだったウリュカエフ経済発展大臣が収賄容疑で逮捕されるというハプニング。かの国では、プーチンのゴーサインがなければ閣僚逮捕なんてあり得ない。この時点で、今回の日ロ会談ご破算は明白だった。

 さらには、ペルー会談直後の11月22日にロシア軍が択捉、国後両島に地対艦ミサイルを配備。同じ日にロシア海軍が尖閣諸島の領空周辺にも対潜哨戒ヘリを飛ばすという強硬姿勢で、もうメチャクチャ。プーチンは「北方領土の帰属問題は存在しない」とか言いたい放題になり、12年に日本政府が犬好きのプーチンにプレゼントした秋田犬の「ゆめ」とつがいになる雄犬の贈呈も断られる始末だ。

「普通は、ここまでコケにされたら、交渉打ち切りでもおかしくない。成果がないことが分かっているのだから、訪日は不要だと突っぱねればいいのです。それなのに温泉で歓待、歴史的会談をブチ上げてしまった安倍首相のメンツのためでしかない。プーチン大統領にとっては、16日の経済フォーラムと柔道界の総本山・講道館訪問の方が大事で、山口県での首脳会談は少しでも短く終わらせたいという態度がアリアリでした。したたかなプーチン大統領に弄ばれ、経済協力だけ持っていかれるのでは、いいツラの皮で、外交的には大失態ですよ。これで、どうやって日ロ会談の成果をアピールするつもりなのか。『領土交渉がスタートラインに立った』とでも言うのでしょうか。スタートどころか、エリツィン時代よりむしろ後退している。60年前の日ソ共同宣言に戻っただけです」(天木直人氏=前出)

 今回の会談の「成果」は、北方4島での共同経済活動と、自由な往来の緩和で終わる。世耕は毎日新聞のインタビューで、今後5年もすれば日ロ間の貿易額が「安定的に増える」とか言っていたが、15年の対ロ輸入額が前年比27・3%減、輸出額は36・4%減という現状を見れば、経済的なメリットを期待する方が無理だ。

 16日の経済フォーラムには、政府の号令で多数の日本企業が参加するが、安倍首相の顔を立てるためだけに、日ロ会談の成果づくりに付き合わされる民間企業は気の毒というほかない。

(ネットの反応省略)

(以上、転載終わり)

関連記事
何から何まで食い散らかし…安倍「歴史的偉業」妄想外交(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/505.html
二階幹事長動く!<本澤二郎の「日本の風景」(2466) <ワシントンとモスクワ・北京に封じ込められる安倍・日本会議>
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/666.html
日ロ会談は「日本側の完敗」だった!
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/696.html
領土返還をぶち壊したのは安倍側近だった!
http://www.asyura2.com/16/senkyo217/msg/662.html
日本企業、ロシアに納税を=共同経済活動-高官インタビュー
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12145-2016121700175/

|

« 【日露首脳会談】北方領土献上も同然 万死に値する安倍首相の北方領土交渉大失敗 | トップページ | 【北方領土返るぞ詐欺】共犯マスコミ 大失敗の亡国外交ショーを実況中継 戦慄のプーチン狂騒 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。