« 【日本大変の始まりか】小和田恒 スイス軟禁【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会(byB・フルフォード氏) | トップページ | 【わが国にも波及必至】トランプ政権下では主要メディアは排除されます。 »

【板垣流安心理論?】「世界のはぐれ烏」安倍晋三は、キッシンジャー博士ら5人組に「仲間外れ」にされて「退陣」を迫られる

-またいつもの板垣英憲流の安心理論かよ~、という情報である。今をときめくキッシンジャー、プーチン、トランプ、習近平、ソロスの世界五人組から仲間外れにされている安倍晋三は必然的に「退陣」を迫られることになる、というのだ。習までの四人はいいとしても、系列会社の不正集計機を導入してまでヒラリ婆を勝たせようとしたジョージ・ソロスがプーチンやトランプなどと何で同列なの?という疑問は残る。がしかし、この五人組でもって、おらが国の超粗大ゴミ・安倍増長を廃棄処分してくれるというのなら、「白でも黒でも鼠を取る猫はいい猫だ」という中国のことわざどおりで、何の文句もございませんという次第である。直前の小和田恒軟禁記事タイトル中の【日本大変】とは、大変な事態に陥るから困ったなあ、ということばかりではない。良い意味の「大変化」という意味も含ませたつもりである。日本がより良い方向にチェンジするためには、安倍増長&安倍一派の退場が不可欠である。しかしコヤツ、のうのうと4年間も政権の座に居座り続け、国内の誰も安倍の首に鈴をつけられず、遂には「3期9年」などと言い出すは天皇陛下には逆らうはで、心ある国民有志は怒髪天を衝く勢いだったのである。しかし世界五人組がその役割をしてくれるのなら大変心強い。やはり島国日本は「外圧」でしか変化が起こせないのかもしれない。今年は「丁酉の年」で変革、革命の年らしいから、大いに期待して推移を見守りたいものである。 (大場光太郎・記)-

1023
嗚呼、悲しいではないか。こんなイカレポンチの顔を毎日見させられている国民は。


「世界のはぐれ烏」安倍晋三首相は、キッシンジャー博士ら5人組に「仲間外れ」にされて「退陣」を迫られる(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/563.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 1 月 04 日 12:57:43
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/2e4179ea2c970e0134bd7022751e23c5
2017年01月04日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「世界のはぐれ烏」―安倍晋三首相は、「必然的に退陣」を迫られる大ピンチに立たされている。米国トランプ次期大統領が1月20日の正式就任初日に「オバマ大統領が任期8年で実行した政策の多くを『廃止する』」と言っているからだ。新政権の大統領報道官に就くスパイサー氏が明らかにした。共同通信が報じた。日米関係では、TPP離脱、CO2削減のパリ合意から離脱、リバランス政策変更に伴う日米同盟見直し・駐留米軍完全撤退など。安倍晋三首相は1月27日、訪米して「米次期政権と関係構築」に全力を挙げるというけれど、果たして「日米政権が平仄を合わせることができるか」と言えば、オバマ大統領との間で築いてきた諸々の政策を「ご破算で願いましては」といままでの行きがかりを一切捨てて、白紙に戻せるのか? それでなくても、安倍晋三首相は、「本当のグローバルな世界秩序」をつくろうとしているキッシンジャー博士、プーチン大統領、トランプ大統領、習近平国家主席、投資家ジョージ・ソロス氏の5人組から、すっかり「仲間外れ」にされている「はぐれ烏」なので、「平仄を合わせること」は、とても出来そうにない。となれば、安倍晋三首相は、必然的に「退陣」を迫られることになる。

(転載終わり)


関連記事
おめでとう、安倍首相。ついにあなたは世界の歴史に名を遺した  天木直人
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/527.html
トランプ・ショックで外交日程を組み直した安倍首相-(天木直人氏)
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/566.html
安倍晋三はなぜ平気で嘘をつけるのか。安倍政権に巣食う諸悪の根源を暴く。「政治家の条件とは」「言葉の信頼性とは」
http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/799.html

|

« 【日本大変の始まりか】小和田恒 スイス軟禁【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会(byB・フルフォード氏) | トップページ | 【わが国にも波及必至】トランプ政権下では主要メディアは排除されます。 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。