« 【嘘で塗り固めた男】なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! | トップページ | 【安倍年頭所感】天皇陛下を超えた安倍首相の増長ここに極まれり »

フォレスタの「一月一日」



    一月一日   (作詞:千家尊福、作曲:上眞行)

年の始めの 例(ためし)とて
終(おわり)なき世の めでたさを
松竹(まつたけ)たてて 門ごとに
祝(いお)う今日こそ 楽しけれ

初日のひかり さしいでて
四方(よも)に輝く 今朝のそら
君がみかげに比(たぐ)えつつ
仰ぎ見るこそ 尊(とお)とけれ


新年明けましておめでとうございます。
本年も当ブログよろしくお願い申し上げます。



 元旦ということで、ご存知の小学唱歌『一月一日』を取り上げてみたいと思います。歌うはフォレスタコーラス。こちらも久しぶりの登場となります。

 まず題名の『一月一日』について。
 私たち現代日本人は、つい「いちがつついたち」と読みそうになります。しかし実際には「いちげついちじつ」が正式な読み方です。

 題名からして何やら肩の凝りそうなしゃちこばった読み方ですが、それもそのはず。この歌は、文部省が小学校の祝祭日に行う儀式で歌う曲を選定し、明治26年(1893年)に「祝日大祭日唱歌」として官報で公布した歌の一曲だったのです。

 実際の歌詞となるとさらに格調高く、よくも当時の小学生は歌えたものだなあ、本当に意味が分かっていたのだろうか、と思われるような文語体の難解な内容です。そこで参考まで、分かりやすく現代風に意訳したものを以下に掲げてみます。

【歌の意味】

【一番】
一年の初めに行う決まりごとの風習として
今の天皇陛下の御代が、終わりなく繁栄し続けることを願って
門松を家ごとに門に立て並べて
ご近所みんなでお祝いする今日は とても楽しいことですね

【二番】
初日の出を見ていると、徐々に光が空に差してきます
四方が曇りなく輝く今朝の空模様は元旦に相応しく、めでたいですね
この空の様子と重ねて天皇陛下のお姿を思い浮かべると
このように空を仰ぎ見ることが、天皇陛下を称える尊い気持ちになります


 一月一日(元旦)を祝う歌であると共に、(現憲法のような「国民統合の象徴」としてではない)「国民が伏して拝むべき現人神」としての(明治)天皇を崇め奉る歌でもあったわけです。2番の「君がみかげ」はずばり「大君・おおきみ(天皇)の御真影」ということです。なお、明治天皇がどういう「訳有り」の事情で即位したかなどという近代日本史上最深刻な問題には、(他記事で取り上げましたから)ここでは触れないことにします。

 一月一日という曲はこの他に小山作之助作曲、稲垣千頴作詞によるものもありますが、「年の始めの 例とて・・・」の、千家尊福(せんげ・たかとみ)作詞、上眞行(うえ・さねみち)作曲のこの歌がダントツで有名になりました。

12267

 ちなみに作詞した千家尊福は出雲大社第80代出雲国造でした。そのため出雲大社神楽殿東側に「一月一日」の歌碑(上画像)が建っています。

 上のような天皇賛歌という側面は別として。この歌は確かに、軽快で、目出度さ上々の元旦気分に浸れる歌だと思います。

 そのせいか、フジテレビ系列で毎年お正月に放送される「新春かくし芸大会」のテーマソングとしても有名です。

参考動画
(2016.01.10) 一月一日/萩原舞   (こちらは綺麗な振袖姿の今時ギャルたちの華やかさ満点の「一月一日」。ただしフジの「新春かくし芸大会」ではないのかも。)
https://www.youtube.com/watch?v=EPy7cAyrxzs

12268

 フォレスタコーラス記事。気にはなっていました。

 実際、旧年もフォレスタの歌った「あの歌、この歌」が何曲も去来したのです。が、いざ記事にしようとすると中途半端なものにはしたくなく、なかなかまとめきれませんでした。加えて、現下の厳しい経済情勢下「一に業務、二に業務、三四が無くて五にブログ」とせざるを得ない状況でありますこと、フォレスタファンの方々にはご理解賜りたいと存じます。

 今年はもう少し肩の力を抜いて気楽に、短めのフォレスタ記事がいくつか出せれば、と考えています。深刻な政治記事ばかりでは作成している私自身ついネガティブ思考に陥ってしまいがちですから。

 フォレスタが歌っているのはいずれも往年の名曲です。聴いていて本当に心癒されますよね。どれも皆、今後とも末永く歌い継いでいってもらいたい良い歌ばかりです。

 ということで、今回の『一月一日』についてです。

 男声7人、女声6人、合計13人混声による現フォレスタフルメンバーによるコーラスです。 女声では小笠原優子さん、男声では塩入功司さんも加わっています。

 『フォレスタの「流浪の民」』でも触れましたが、フォレスタメンバーは全員が音楽大学(または大学院)卒業です。歌唱力や歌唱理論は完璧、事実一人ひとりがソロを張れる実力者揃いです。

 そんな彼らが、この歌では誰が主役ということではなく、心を一つにしての斉唱です。西洋のキリスト教的終末観とは違う、「終わりなき世のめでたさ」の弥栄(いやさか)を寿ぐ歌が、力強く荘重に歌いあげられていて圧巻です。

 (大場光太郎・記)


引用・参考にさせていただいた記事
一月一日「年の初めの」で始まる歌タイトルの読み方は?意味は? (「闘う嫁のマナーノート」サイト)
http://yomemanners.com/1487.html
一月一日(年の始めの ためしとて) (「世界の民謡・童謡」サイト) (歌詞と途中の画像を拝借しました。)
http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/ichi.htm
関連記事
フォレスタの「流浪の民」
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-15bd.html

|

« 【嘘で塗り固めた男】なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! | トップページ | 【安倍年頭所感】天皇陛下を超えた安倍首相の増長ここに極まれり »

フォレスタコーラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【嘘で塗り固めた男】なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! | トップページ | 【安倍年頭所感】天皇陛下を超えた安倍首相の増長ここに極まれり »