« 【JNN67%】JNN・TBS・毎日新聞系メディアは権力の犬である&内閣支持率に関する、病院待合室での庶民の声 | トップページ | 【トランプ就任式】トランプ新大統領が就任 「米第一主義」掲げる »

【裏手口第2弾】安倍・トランプ会談は統一教会の手配だった!(by新潮45)

-今これを書いているのは(日本時間)21日午前2時前であるが、米国のトランプ大統領就任式が既に始まっている事だろう。思い起こせば、当ブログ開設間もない09年1月のオバマ就任式の模様はNHK中継でしっかり見ていたしブログ記事にもした。何せ「チェンジ」大旋風を起こしただけに興味津々だったのだ。しかし就任間もなくの(これも記事にした)イスラエルによるパレスチナ空爆への支持表明あたりから疑問を感じ出した。そしてこの年のノーベル平和賞受賞で逆にオバマを完全に見切ってしまったのだった。4年前の2期目の就任式など見る気にもならなかった。選挙期間中から当選後の現在まで1%エスタブリッシュを敵に回した感のあるトランプは、米国メディアにはある事ない事報道され、それと系列を同じくするわが国メディアも似たり寄ったり。その影響でトランプをいかがわしいオヤジと固定観念的に思わされている人たちも多そうだ。しかし1%支配層を頼まないトランプは未知の可能性と魅力を秘めている。今米国は「静かな内戦」状態のようだから、さまざまな妨害も噂された就任式を無事乗り切り、正式に政権発足となれば一先ず大きな内戦勝利ということだろう。現在私は無テレビだから就任式を見たくても見られない。ただ近いうちそのもようが動画アップされるだろうから、そちらでじっくり見てみるつもりである。ということでまだ内容の分からない就任式について語るわけにはいかない。そこで(1番目の板垣氏記事はさらっとお読みいただき)「トランプがらみ」ということで、昨年11月の安倍のトランプ詣で裏情報第2弾である。第1弾はトランプに取り成してもらうよう安倍サイドがキッシンジャーに頼み込んだことだった。しかしそのさらに裏には、カルト教団「統一教会」のバックアップがあったというのだ。ひぇ~!以前記事で、岸信介以来安倍家は統一教会とはズブスブの関係であることを見たが、こういう局面でその効果が発揮されるわけだ。毎日新聞系のJNN・TBSよ。貴社が真実の報道機関なら、安倍晋三と統一教会、山口組、パチンコ業界などの親密交際を検証して報道してみよ。さすれば絶対に「支持率67%」などとはなるまいよ。 (大場光太郎・記)-

世界各国の最高指導者は、安倍晋三首相を国際政治家とは呼ばず、「商人政治屋」と見下しているから悲しい(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/325.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 1 月 18 日 09:34:13
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/cadd331efc15fa0f5c1f3e2ca542787f
2017年01月18日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「地球儀を俯瞰する外交ショー=パフォーマンス」を繰り返して内閣支持率を押し上げてきた安倍晋三首相は、第1次安倍晋三内閣で、訪問国・地域=18、のべ訪問国・地域=20、第2次、第3次安倍晋三内閣で、訪問国・地域=70、のべ訪問国・地域=110、合計訪問国・地域=88、訪問国・地域130を数えている。その主な目的は、財界人・経済人・企業人を連れての文字通り「大名行列」さながらの「セールス外交」である。経済産業省の現職官僚の秘書官3人と補佐官1人、幹事長代理1人を中心とする首相官邸主導で政府専用機を飛ばしまくる「空飛ぶ通商外交」を繰り広げているのだ。世界各国の最高指導者は、だれ1人として安倍晋三首相を国際政治家とは呼ばず、「商人政治屋」と見下しているから悲しい。

10514
統一教会は、朝鮮半島における共産主義の防波堤としてCIAが文鮮明に創らせた宗教である事はもはや常識だ。その日本版といえる勝共連合創設にCIAスパイ岸が深く関与したのも当然の話なのである。

安倍・トランプ会談は統一教会の手配だった!新潮45が伝える
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/370.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 19 日 02:30:05
http://dailycult.blogspot.jp/2017/01/45.html
2017年1月18日 やや日刊カルト新聞

1059
新潮45・2月号表紙と目次

昨年11月18日(日本時間)に実現した安倍首相とトランプ次期大統領の会談。

その会談について、トランプ当選を予想していなかった政権サイドが統一教会(家庭連合)のルートを使って会談に漕ぎつけていたことを本日発売の新潮45が伝えている。

当該記事は『安倍・トランプ会談を実現させた「カルト宗教人脈」』

執筆者はジャーナリストの時任健作氏、カルト取材の先駆者だ。

副題として「ルートがなかったはずのトランプ氏と当選直後に会談できたのは、霊感商法や合同結婚式で知られる韓国系新興宗教のおかげだった」と記し、安倍・トランプ会談の内幕を暴いている。

記事によると、昨年11月9日夜、米大統領選での電撃的なトランプの勝利宣言に慌てた安倍晋三首相が激怒、外務省を含む官邸ブレーンがヒラリー勝利を予想し全く準備をしていなかったからだ。その安倍首相の怒りを収めたのは、トランプとのホットラインを持つ統一教会=国際勝共連合と近しい安倍側近議員だったという。

側近の進言で安倍首相は勝共連合の“重鎮”に電話を掛け、その重鎮から韓鶴子総裁を経由してトランプの親族に繋がったとしている。その結果、15時間後の翌10日午前7時55分から20分間の安倍・トランプの電話会談が行われ、18日(日本時間朝)の直接会談が実現したのだ。

10510
統一教会ルートで実現した「安倍・トランプ会談」(産経ニュースより)

記事は、安倍晋三一族と統一教会=勝共連合の関係にも触れている。本紙や週刊朝日、FORUM21 で本紙鈴木エイト主筆が報じた北村経夫問題や教団名称変更、安倍側近と同教団との関係、トランプの次男と文鮮明の四男・七男との関係、そして世界戦略研究所についても言及している。

トランプとの外交ルートを持っていなかった外務省の幹部は「不愉快な非公開ルート」と統一教会ルートを評している。

霊感商法や偽装伝道などで日本国民に多大な被害を与え続けてきたカルト教団と安倍政権との関係はより緊密なものとなったと云える。


コメント:

匿名 さんのコメント...
元々安倍ちゃんと共和党の人脈ってそこしかなくね…
2017年1月18日 17:15

匿名 さんのコメント...
いくら統一教関連の被害者が出ても、野放しのはずだわな。
オウム以下の組織の手を借りるって異常。
2017年1月18日 21:55

匿名 さんのコメント...
まぁカスみたいなやつが大統領になったんやから、人脈も人としてカスなのはうなずけるわな(笑)。
人脈候補にすら挙がらないニセ共和党顧問のあえば直道なんて、「ゴミみたいな」(by 大川隆法)もんですか。
2017年1月18日 22:26

匿名 さんのコメント...
過去の動きからもこの話は本当でしょう。
カルト内閣だから支持者もカルト。
日本会議と統一教会も深い関係があるのでは?
主張に差異が見当たらないし、どちらも安倍ともズブズブだから。
2017年1月18日 22:53

匿名 さんのコメント...
日本会議と統一教会は人脈も思想もコピー同然ですからね、これなら安倍政権で統一教会から家庭連合に改名を認めて被害者が増えても安倍政権はスルー間違いないですね。共和党だけじゃなく、死の部隊による国民への殺人で悪名高いピノチェト政権とも統一教会は親密でしたし。
2017年1月18日 23:37


驚天動地!安倍・トランプ会談は統一教会の手配だった(らしい)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1562.html
2017-01-19 反戦な家づくり

安倍・トランプ会談は統一教会の手配だった!新潮45が伝える
2017.01.18 やや日刊カルト新聞


安倍首相は勝共連合の“重鎮”に電話を掛け、その重鎮から韓鶴子総裁を経由してトランプの親族に繋がったとしている。その結果、15時間後の翌10日午前7時55分から20分間の安倍・トランプの電話会談が行われ、18日(日本時間朝)の直接会談が実現したのだ。
(引用以上)

これが事実であれば、大変なことだ。

もともと安倍晋三の後ろ盾であり、日本会議とも濃密な関係をもち、アメリカの政界にもムーニーとして隠然たる影響力をもつ統一協会が、これからの日米関係の仲介役になるということだ。

これまでは、アーミテージやグリーンなどでおなじみの知日派=ジャパンハンドラーズが牛耳ってきた部分を、統一協会が乗っ取るということになる。

天地を揺るがす大事件だからこそマスメディアは追いかけないだろうし、単発の週刊誌ネタで終わるだろうが、誤魔化されてはいけない。いよいよ日本は統一協会に支配されるようになる。安倍晋三を操作するばかりか、さらに上層の米国の指令の伝達役まで握られてしまったら、ほとんど支配されているのと同じだ。



そもそも、統一協会は何を目指しているのか。

直接の言説を見ていても非常に分かりにくい。

たとえば従軍慰安婦問題についても、日本では右翼のような顔をして朝日新聞や福島瑞穂を叩いているが、韓国では日本から嫁した信者の女性に謝罪デモをさせたりしている。

しかし、ただのカルト宗教ではなく、日米韓の国政に深く入り込んでいる以上、何かの狙いがあるはずだ。

このあたりのことについて、私とは立場は違うけれども非常にわかりやすく解説しているブログを見つけたので引用する。

統一教会と慰安婦問題
「グローバリズム」を推進する手段として、「歴史問題」を利用する勢力の存在
2015年05月11日 WJFプロジェクト


統一教会のねらいは明確であり、「天の側国家」であるアメリカに、「サタン側国家」である日本を組み込むことによって、「サタン側国家」日本を解体・解消してしまうことです。

だから、統一教会に侵された日本の保守(安倍政権、自民党、維新の会、次世代の党、ほとんどの保守界隈)は、「構造改革」や「新自由主義」や「グローバリズム」に無批判であるどころか、熱心に推進しようとします。

「構造改革」「新自由主義」「グローバリズム」
すべて、日本をアメリカに組み込み、日本を日本でなくし、アメリカ化するという点で、統一教会のねらいと合致しています。
(引用以上)

問題を解く鍵は、統一協会がこれほどまでに大きくなったのは、朴槿恵のオヤジである朴正煕大統領に利用されたからだ、というところにある。

クーデターで政権を取った朴正煕は、軍事独裁政権を維持していくための裏部隊として文鮮明と統一協会を利用した。文鮮明も、朴正煕の都合に合わせて教義を作り、カルトと反共を合体させた。

本来は国粋であるはずの右翼が、日本ではなぜか従米である秘密も、このあたりにあるようだ。

右翼を従米にするという無理難題を命題とした米国の日本支配の方針と、統一協会の狙いがピッタリと合致したのである。

だから、右翼で従米の象徴である安倍晋三を、統一協会は懸命に支えてきた。

10511


しかし、ひとたび彼らが不用意なぶれをおこすと激怒する。

2006年に中川昭一は日本の核武装を提唱した結果、2007年の突然の安倍退陣、2009年の酩酊事件から変死へとつながってしまった。あくまで推測ではあるが、私はこれが一連のことだと考えている。

2007年の安倍辞任は、このとき中川などの国粋右派を切り捨てることを求められ、身動きがとれなくなっての辞任だったと睨んでいる。求めたのが、ジャパンハンドラーズだったのか統一協会だったのかは明らかでないが、その二者の利害は一致していたはずだ。



幸か不幸か、トランプが就任した直後の日米首脳会談は、今のところトランプ側が待ったをかけているようで全然日程が決まらない。

外相 日米首脳会談の日程調整急ぐ考え
2017年1月17日 NHK


宙ぶらりんにされて国会の審議日程も決まらない状態だ。

トヨタの工場問題で圧力をかけているのではという見方もあるが、可能性としては、
1)安倍をムーニー(統一協会)と見なしたことによって距離をとっている
2)KY靖国参拝で米軍を補完する日韓同盟を毀損した稲田の処分を求めている
3)ケリー国務長官が示した(であろう)慰安婦問題の決着にたいする安倍の返答待ち

等の可能性もある。

1)については今日これまで書いてきた通り

2)については 実際、稲田おろしの風は吹き始めている。

10512

安倍総理も開いた口が塞がらない…稲田朋美防衛相の“KY参拝”
2017年1月12日 デーリー新潮


3)については一昨日書いた
 → 慰安婦像はウィーン条約違反か?

いずれにしても、報道を見る限りでは、茂木政調会長をワシントンに送り込んでも、せいぜい上院議員やマイケル・グリーンにしか会うことができず、トランプの側近には接触できなかったようだ。

統一協会の仲立ちで「密接な」日米関係が築かれるくらいなら、トランプに袖にされてギクシャクするほうがずっとマシというものだ。

20日から1週間くらいが、さまざまな方向性が見えてくる山場になるだろう。

日米の間にカルト統一協会が挟まっているという可能性を頭に入れて、注視しておきたい。

(以上、転載終わり)

|

« 【JNN67%】JNN・TBS・毎日新聞系メディアは権力の犬である&内閣支持率に関する、病院待合室での庶民の声 | トップページ | 【トランプ就任式】トランプ新大統領が就任 「米第一主義」掲げる »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【JNN67%】JNN・TBS・毎日新聞系メディアは権力の犬である&内閣支持率に関する、病院待合室での庶民の声 | トップページ | 【トランプ就任式】トランプ新大統領が就任 「米第一主義」掲げる »