« 【二つに一つ】口利き証明ファックスが決定打 昭恵喚問か内閣総辞職か | トップページ | 錯乱安倍官邸の断末魔 森友疑獄のすべてが裏目で自壊の道 »

【森友事件終了?】誰も捕まらない。安倍政権が倒れて、昭恵と逃げる、だけのことだ(by副島隆彦氏)

-今回のメーンは、副島隆彦氏(評論家)による一風変った「森友学園事件考察文」の転載である。副島氏文は当ブログで過去何回か紹介してきており、いずれも刺激的だったが、今回の一文には私自身一番ショックを受けた。森友は典型的な「土地転がしビジネス」例であり、悪代官の時代からこれに類することが、この国では何百年も続いてきたのだという。今回はそれにより億単位の巨利が生まれ、それを「山賊分け」といって、安倍晋三(4億円)他、財務省、国交省、大阪府幹部、建設会社幹部らが山分けしたという。そういう事件の本質を証言しなかった籠池も、自民党と通じておりもちろん悪党の一味である。ただ成り行き上安倍は4月中に辞任し、ほとぼりがさめるまで昭恵とともに数年間日本脱出を図るが自民党政治は依然続く(次は短期で麻生太郎か?)。かくて森友疑惑は籠池証人喚問をもって終わり、籠池はじめ誰も逮捕されない。面白がって次の展開を待っているのは何も事情を知らない「お子ちゃんバカ国民」だけだ。云々。

 副島氏は、森友事件の核心を衝いているのかもしれないし、そうでないかもしれない。ただ、「土地転がしビジネス」は確かにずっと前からあったのだろうと思うし、土建国家日本を創り上げてきた自民党政権下では“おはこ”だったことだろう。通常なら表に出るはずのない、森友事件つまり「総理大臣の犯罪」では、いつもの例に倣って(いな通常例以上の)大胆不敵な8億円ダンピングも行われた。しかしたまたま表に出てしまった。出るはずのない案件が表に出たのだから、辻褄の合わない新疑惑が次々に噴出してくるのも当然の話なのである。

 文中の、本事件の核心を知っているという「保守派の、大人の人間たち」とは、この国の1%富裕層ということだろう。金持ち喧嘩せずで、真相を知りながら黙ってみているわけだ。私が典型例のように、「事件の全容を解明せよ」「安倍を政界から追放せよ」などと叫んでいるのは、貧乏人の正義感、貧乏人の善人で、貧乏人の僻み根性の者ということなのだろう。しかしこんなトンデモ悪習が、この国で今後とも裏でずっと行われ続けていいわけがない。本事件によって表に噴出したのがいいきっかけだ。これもまた「貧乏人の正義感」からかもしれないが、政府はじめ関係機関は襟を正して、再発防止に万全の努力を払うべきだ。国民は土地転がし不正をしっかり監視していかなければならない。そのためにはやはり本事件の全容を解明し、地球のどこに逃げても捕まえるべき者は捕まえるべきだ。

 前後するが、最初の板垣氏情報について。同情報には、キッシンジャーの命をうけた「米CIA要員を安倍晋三首相の周りに張りつけて、「退陣」へと追い詰めている」とある。先日発表されたデビッド・ロックフェラー死去の報により、キッシンジャーが世界支配層のトップに躍り出たのはどうやら事実のようだ。だからその命を受けた米CIA要員派遣が事実とすれば、以前のように安倍サポートではなく、安倍を退陣に追い込むための見張り要員の役割なのだろう。B・フルフォード氏は以前から「米CIAは3つに分裂して主導権争いをしている」というが、従前のD・ロックフェラー、父ブッシュ、ヒラリー戦争屋ネオコン一派肩入れ派一色とは違う、「まっとうなCIAグループ」の一員ということなのだろう。そもそも、今回のシンゾーゲート事件を表に出したのは米CIAの上部組織である英国M16だという情報もある。キッシンジャー主導の世界支配層が推進する「天皇系NWO」が善か悪かは知らない。が、善にせよ悪にせよ世界連邦化の動きは世界潮流で止めようがない。それに逆行しているのが、戦前日本を理想とする、安倍晋三らの日本会議・統一教会カルト一派なのである。キッシンジャーならずとも、世界の識者なら誰もが「安倍晋三は世界で最も危険な人物であり排除しなければならない」と考えるのは当然のことだろう。 (大場光太郎・記)-

安倍晋三首相は、特権の上に胡坐をかき、超右翼カルト勢力「日本会議」の政権壟断によって自滅してしまいそう(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/902.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 3 月 26 日 07:01:17

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/8dc68c2d092d97e599e11f0f3d25580a
2017年03月26日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「安倍1強」を利用して「特別の利益を得る」―安倍晋三首相は、特権の上に胡坐をかき、韓国の朴槿恵大統領と同じような運命を辿るのか? 朴槿恵大統領は、いわゆる「朴槿恵政府の崔順実(チェ・スンシル)などの民間人による国政壟断疑惑事件」で失脚、安倍晋三首相は、「われわれが安倍晋三政権を築いた」と自負する最大最強の支持団体である超右翼カルト勢力「日本会議」(田久保忠衛会長、椛島有三事務総長、会員は約3万8000人)の政権壟断によって自滅してしまいそうである。「バランスの破壊者、安倍晋三首相は最も危険な男」と弾劾している米ヘンリーアルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)は、米CIA要員を安倍晋三首相の周りに張りつけて、「退陣」へと追い詰めている。

【副島隆彦氏の最新言論】森友事件は終わった。誰も捕まらない。安倍政権が倒れて、昭恵と逃げる、だけのことだ

(以下の転載文と同一文が流れる動画)

森友事件は終わった。誰も捕まらない。安倍政権が倒れて、昭恵と逃げる、だけのことだ/副島隆彦
http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/760.html
投稿者 仁王像 日時 2017 年 3 月 24 日 20:16:13

[2117]森友事件は終わった。誰も捕まらない。安倍政権が倒れて、昭恵と逃げる、だけのことだ。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2017-03-24 01:09:20 
 http://www.snsi.jp/bbs/page/1/
 (抜粋)

森友(もりとも)事件(本当は国家犯罪)は、昨日で終わった。誰も捕まらない。誰も 泣き叫ぶ者 がいない。 これは、フェイク・ドラマだ。このあと4月中に、安倍の首が飛んで(首相を辞任して)、昭恵とふたりで、上手に逃げ切るだけだ。 この夫婦は、仮面夫婦ではなくて、本当は、本物の政治活動家の夫婦なのだ。

 森友事件は、今日で終わった。 誰も捕まらない。警察は全く動かない。誰も泣き叫んでいる人がいない。被害者がいない。 被害者は、バカな国民だ。この政治ドラマを、わくわく、ドキドキしながら、まるで推理小説を読んでいるかのように、「次は、誰が国会に呼ばれるんだろう。おもしれえなあ 」と、楽しんでいるバカたちだ。子供ちゃんだ。

 保守派の、大人(おとな)の人間たちは、「世の中は、いつも、こういうお金が動いているんだよ。政治家と役人(官僚)たちは、いつも、こういうことをやっている」と知っている。だから黙って見ている。
 
 それでも、安倍晋三の政権(内閣)は、飛ぶ。4月の終わりには安倍内閣は辞任で終わる。そのあとも自民党政治が続く。あのひょっとこヅラの麻生太郎が、もう、自分が総理(首相)になったような顔をして、嬉しそうに首相席に座っていた。その横で、岸田文雄(きしだふみお)外相が、これまた大変、嬉しそうに、麻生と話し込んでいた。

 安倍晋三は、さっさと外遊(がいゆう)中で逃げている。「あんたは、もういいから、どっか外国にでも行ってろ。おれ達がやるから」と言われたのだ。 首相夫人昭恵(あきえ)という女が、どんなに本性(ほんしょう)からの極悪人であるか、も分かった。この文のうしろの方に、昭恵が、昨日の夜9時半に フェイスブックに載せた文を転載する。

 これで昭恵は、自分の国会への証人喚問から逃れた。 まわりにがっしり防御壁が出来ている。この女は、現役の政治「活動家」なのだ。旦那よりも腹のすわった原理運動、統一教会の活動家だ。

 来週から官僚たちが国会に呼ばれる。ただし参考人招致(さんこうにんしょうち)だ。証人としての尋問(じんもん)ではない。偽証罪で刑事告訴されない。迫田英典(さこだひでのり)国税庁長官( 事件時の 財務省理財局長)と、竹内国際局長 と、近畿財務局の( 美並義人=みなみよしと=の名前が出ない)大阪航空局(国交省、公明党の牙城)の担当者、大阪府議たち・・・このうち頭(あたま)の数人を呼んで、それで終わりにするだろう。

 籠池は、「このとき(2016年9月5日)100万円を『安倍晋三からです』と昭恵夫人から受け取った」と今日、証言した。安倍昭恵付(づ)きの、経産省から出向の女秘書官(谷さえこ)が書いたFAXは、「これ以上の補助金の申請は無理です、と財務省本省が言いました」という内容だ。

 この女たち(もうひとり女官が現場にいた)を含めて、昭恵も、安倍晋三も、「100万円なんて渡していない。籠池と昭恵が、二人きりになったことはない」と、言い張って、言い張って、それで、「どっちがウソをついているのか」を、明日から、テレビがわんわん言い合って、それで、盛り上がって、それで、・・・終わりだ。

 籠池泰博(かごいけやすひろ)とオバハンも、本物のワルだ。 この夫婦、家族を、少しでも肩を持つ者は、まんまと騙(だま)される。菅野完(すがのまもる)君、気をつけなさい。 君も嵌められるぞ。「ほんま、気いつけや、まんま、はめられて、いてもうたるがな」か。私は、流暢(りゅうちょう)な関西弁は書けないが。

 籠池は、すでに、うしろから自民党とすでに話が、大きく出来ている。「あんたを刑事起訴(捕まる)されないようにして、うまく済ますから。自分の身を守りなさい 」となっている。籠池は、自民党ともう繋(つな)がっている。だから大きなお金が動いた、大きな真実は話さない。籠池との間(あいだ)に立つ「日本会議」の大幹部たちはたくさんいる。籠池は、この男たちに、「あとあとのことは、よろしゅう頼んます」と、数日前(3月18日頃)に言ったろう。

 籠池一家は、全てを失う、というのはウソだ。「小学校が開設 出来なかったら、私に借金が、17,8億円残ると思います」と、今日の喚問(尋問)で言った。だが、その様子は、平然としていた。そんななもの、ちっともこわくはない、という感じだ。自分は、信念の「活動家」の根性を保っているから、か。いや違う。「刑務所に行かなくてもいいようにする。そのかわり、本当の大きなカネの話はするな、絶対にするな」という 自民党との手打ちが出来たからだ。この男は、やはり、本性は、生来のゴロツキ右翼の極道者の、活動家だ。

籠池は、証言で、「(私の知らないところで)政治的な関与があった」とか、国有地(2880㎡、2600坪)の売買代金が、9億4千万円(本当は14億円の土地)が8.3億円も一気に減額されて、大幅に安くなったのを知って、「神風が吹いた」、「ビックリしたと以前に言った」と言った。しかし、このことで、政治家の誰の力が働いたのかは言わなかった。籠池は、この段階でも、まだ「安倍晋三先生を尊敬しています」と庇(かば)い続けた。

 籠池は、ひたすら、松井一郎ひとりの首を取りに行くような、素(そ)振りを見せた。しかし、あれは演技だ。松井一郎・大阪府知事を、国会に喚問することは自民党はしない、そんなことは国家体制上、出来ない。

 出来ないと分かっていて、籠池は、松井一郎を標的にする振りをした。二人だけで会ったこともない、と言ったのに。 秦(はた)なりあき、という最近死んだ、大阪府議会の大物(維新の会の幹部だ)の名前を、「たいへん世話になった」と名前を出した。これも死人に口なし、だ。 あとは、小物の 府議や、参議院議員たちの名を出した。こいつらは雑魚(ざこ)だ。国会に呼ばれない。第一、大きなお金は受け取っていない。

 大きなお金とは何か。その大きなお金は、どう動いたのか。 すべては、このことが明らかにならなければ、話にならない。すべては、2016年(昨年)の3月に、起きている。ここで、7.5億円の分配が、政治家と官僚たちの間で決まったのだ。

 私たちは、その前年の、2015年9月のことにばっかり、気をそらされている。その9月3日(迫田 (さこだ)が安倍に進言。首相動静)。そして安倍は、翌日、国会答弁をほったらかして大阪へ。ここで、近畿財務局の美並(みなみ)と、国交省大阪航空局の幹部・・・と、打ち合わせをして、「スキーム」(後述するが、ここで山賊=さんぞく=分け、で安倍の取り分が4億円と決まったのだ)を 確認した。 

「籠池くんの件を、ひとつ、よろしく頼む」「分かりました」と、親分と子分の堅めをした。その翌日5日に、昭恵が、名誉校長で、塚本幼稚園で講演して、例の100万円を、籠池に渡したのだ。

 この2015年9月よりも、翌年2016年の3月と、6月の方が、重要なのだ。 この3月●日に、籠池は、近畿財務局に突然、呼び出されて、そこには土建屋たちが一堂に集まっていた。「あんたが借りている国の土地(小学校をすでに建設中)から、新たに生活ゴミ(ではない。危険な産業廃棄物、産廃=さんぱい=だ、とした)が見つかったで」と、言われた。「はーはー、そうですか」と、籠池は、そこに集まっていた、建設会社の幹部たちの言われるままに、「それなら、国に、その分の撤去費用の、減額を、お願いせな、あかんよ、なあ籠池君」と、いうよ案配(あんばい)だ。ここで金の受け渡しも決行された。 その3ヶ月後の6月に、籠池は、正式に国との売買契約(国有地の払い下げ、受け取り)をした。登記簿の移転登記・保存登記も完了した。

 すでに、この他に、「あ、汚染土壌だ。その除去費(これを、ふざけたことに、「有益費」と行政語で呼ぶらしい)を貰(もら)わなあかんわ」で、1.3億円は、補助金として、国(財務省)から受け取っている。

それ以外に、大阪府から、6200万円、それ以外にも、5千万円、なんの、かんのと、小学校の建築費としての、7.4億円の金は全額、貰える、集まるように仕立てられていた。籠池は、「幼稚園児に愛国教育をやってきた、偉いやっちゃ」のご褒美(ほうび)で、国有地14億円と7億円の建築費の、合計21億円をタダでもらえる、というのがスキームの半分だ。

 籠池は、「安倍晋三記念小学院の 設立の寄付金のお願い」を、ずっと、日本会議系のネットワークを使って、3年以上やっている。だが、そこから、3億円とか5億円とか、集まるわけがない。一人、3万円、5万円が限度だ。右翼たちといえどもカネはない。

 だから籠池は、「あんたは、国有地と小学校建築費で、合計21億円、タダで貰えるんやさかい、ここは、うまく、安倍首相と昭恵夫人にお願いして、『あんじょう、たのんまっせ』で、しおらしくしていなはれや」と、言われて、よくよくこのことを分かっている。

 だから、その2016年(去年)の3月の、建築業者の堂々たる談合(だんごう)の場に呼ばれて、そこで、「8.3億円の、減額を、国にお願いして、あんたが実際に払えばいいんは、200万円やど」となった。

 国に土地の払い下げの代金として、払わなければいけない、1億3400万円との、差額1.3億円の補助金(前述した、汚染土壌除去費の名目。土地は、汚染などしていない。元々、住宅街だった。伊丹空港の騒音対策で、国がすべて買い上げた土地だ)を国から受け取って、すぐにそれを返す、形で、国有地の購入代金の支払いとした。 これが錬金術(れんきんじゅつ)だ。

 この「8,3億円の大幅値引き」の業者の談合の席で、中道組(なかみちぐみ)の役員から紹介されたのが、酒井(さかい)弁護士だ。 この弁護士は、大阪府への小学校の認可の申請を取り下げます(3月11日)で、籠池をハメたことが、籠池にバレて、それで、さっさと辞任して、いなくなった。この弁護士も、参考人招致せよ、と野党は言うだろうが、「小物ですから」とどうせ、自民党は出させないだろう。この酒井が、土建屋たちと、迫田英典(さこだひでのり)現国税庁長官の子分の役人たちとのスキームの実行の交渉係だ。こいつは中道組(なかみちぐみ)の顧問弁護士をやって、こういう建設会社の土地取引に、詳しい専門家だ。

 藤原工業(小学校を建設中)と三栄建設(汚染土壌の除去工事)が中心で、「スキーム」を実行した。 「スキーム(計画表)」とは、15億円、ということになっている小学校の建築費が、実際は、半分の7.5億円で建つ。残りの7.5億円を、安倍晋三以下で、政治家と官僚たちが分け合ったのだ。 これが、生(なま)の政治だ。

「山賊(さんぞく)分け」という。まず、会社の会長が、机の上にドーンと置いてある、一億円ずつが入った紙袋の、半分を、がばっと取る。そして、「残りは、お前たちで分けろ」と、言う。役員たちは、その年の、頑張った自分の報酬として、一億円ずつとかの現金を受け取って、会議室の隅に、それぞれ置く。それから会議が開かれる。 

 これと同じことをやっただろう。だから、安倍晋三が、4億円を受け取ったはずだ。残りを、迫田(現、国税庁長官)と美並と大阪航空局(公明党)の誰々、とで、現金を分け合った。

 その細かい金額の計算の実務をやったのは、土建屋の設計士(建築士)と事務職たちだ。実際に建築費が倍の15億円かかる、ように、細かく細かく大量の書類を作る。そして、「現金で抜く」のだ。これが、本当の、生の政治の世界だ。

 こうやって、毎回、毎回、全国で、毎日、毎日、こういうナマの政治が行われている。たとえば、キレイにキレイに出来るはずの、公立小学校の、建物の建て替えとかの工事でも、「3億円、予算がおりるそうだ」で、これにみんなで集(たか)って、裏金(うらがね)を分け合う。これが、現実の世界だ。毎日、毎日、これを全国でやっている。

 もう何十年もやっている。何百年もやっている、と言うべきだろう。 このことを、世の中の、本当の大人(おとな)たちは、知っている。だから、みんな薄ら笑いをしながら、見ている。

 自民党を支えて、作ってきた、オヤジたち、経営者、資産家たちは、全員このことを知っている。 「世の中は、そういうものだぞ、〇〇(息子の名)、よーく、見ておけよ」と、言って、自分の跡継ぎを、教育するのが、立派な経営者、資産家、というものだろう。

 貧乏人のサラリーマン家庭に育って、貧乏人の正義感、貧乏人の善人、で、「正義は勝つ」を言って生きている者たちは、かわいそうだが、ずっと、そうやって、ごまめの歯ぎしり、貧乏人の僻(ひが)み根性で。それでも、あるべき人間社会、実現すべき、本当の正義を希求(ききゅう)し続ける。 

 これはこれで、ずっと居てくれないと、本当にこの世は闇だ、になる。穢(きたな)らしく、汚れまくった者たちばっかりだと、世の中(社会、天下国家)が保(も)たない。

 だから、もう、森友事件は、終わりなのだ。籠池が、あの証人喚問の場で、打ち震えて、ぐらぐらになって、崩れ落ちそうになりながら、「私は、本当のことを話します。私は、21億円の土地と小学校をタダで貰えるはずでしたが、もう、何もありません。 あとは、逮捕されて牢屋(刑務所)に入るだけです。安倍晋三首相たちは、皆で、10億円近くの金を、業者たちも含めて、分け合いました。私は、その計画を知っています。それが、全体の計画です」と、本当に本当のことを証言しなかったのだから、籠池と 安倍晋三の勝ちだ。 自民党の勝利だ。

 ただし、安倍晋三と、昭恵は、内閣を潰(つぶ)して、辞任して、さっさと逃げなければいけない。それで、このあと数年、何喰わぬ顔をして生きて、これからも、日本会議=勝共連合=統一教会 Moonies の 政治活動を続けるだろう。 この勢力が、打撃を受けるのも、今が、限度だ。 「峠は越したね。籠池は、私たちの言うことをよくきいた。それにしてもペラペラを上手に話す、やっちゃなあー」と、今頃は、皆で言い合っている。

 官僚の誰も捕まらない。誰も警察の取り調べを受けない。籠池も捕まらないで済む。この事件が、今年の2月8日に、木村真=きむらまこと=豊中市議が、「国有地の売却価格を公表せよ。異常だ」と情報公開請求した日に発覚、あるいは勃発した。翌9日に、朝日新聞が、バーンと大きく正確な記事にした(これが偉かった)。

 そのあと、財務省は、「交渉中の(面会、陳情の)議事録は、ずべて廃棄しました」と決断して国会で言い出した。 この2月8日から、2ヶ月になるが、警察は、一切、動こうとしない。

 警察に捜査権と逮捕権 がある。そして、警察とメディア(新聞、テレビ)を上から押さえる権力は、首相にある。首相は安倍晋三である。 警察が、汚職(ワイロの罪)で、公務員(政治家、役人)と、建設会社の幹部と担当者たちを逮捕して、一斉に家宅捜査、会社捜査を して書類を押収して、担当者をぎゅーぎゅーと取り調べれば、いくらでも真実は出てくる。

 それを、もう2ヶ月全くやろうとしない。これだ。だから、ずっと安倍晋三寄りの汚(よご)れた人間たちが、ずっとこの間、平然としていた。証拠は出ないよ、ホコリぐらいのものだ。「まあ、安倍ちゃんには、さっさと政権を放り投げて、逃げてもらわないとな」と言うことだ。

「あとは、おれたちで、やるからさ。心機一転、新しい内閣で、5月から、新しい大臣になれる者たちが、喜んで、ああ楽しいなあ」だ。 バカを見るのはいつも、貧乏な国民だ。

 ここが、アメリカのトランプたちの出現とは、根本からちがう。日本人は、韓国人と全くおなじ程度の、惨(みじ)めで、情けない、本当の知恵のない哀(あわ)れな国民だ。指導者たちが、能力が低くて質が悪すぎる。

 野党の態度を見てみなさい。この人たちは、最初から、「どうせ、攻めきれない」と、分かっている。正直で真面目だけが取り柄の、女の議員たちを前面に出して、闘いにもならない闘いをやってきた。 民進党のワルの蓮舫(れんほう)と、ブタ野郎の野田佳彦は、出てきもしない。裏で幕引きの根回しばっかりやっている。辻本清美も、自分が狙われるのが怖いから出てこない。

 共産党は、小池晃(こいけあきら)が、2月24,5日の安倍晋三への追求で、「おうちに帰って、よーく(昭恵夫人と)話してきてください。あした、また続きをやりますから」 と、言ったのが、一番、気が利いていた。それだけだ。民進党では、玉木雄一郎(たまきゆういちろう)と数人だけが、本気だった。

 あとの議員たちは、「どうせ自民党が勝ちで逃げ切るよ。安倍政権が倒れるだけで、きれいに元に戻る」というシラケた顔をしている。政治の世界は、こんなものだ。今、選挙をやれば、自民党がかなり減るが、安倍が、「内閣総辞職で衆議院を解散をする」などするはずもない。

 ああ、馬鹿らしくなってきた。 みんな、自分の生業(せいぎょう)、職業に、さっさと戻りなさい。こんな、インチキ劇場(テレビ政治劇業)に、いいように騙されているわけにはゆかない。私は、極めて不愉快だ。

 (以下、略) 
   
(以上、転載終わり)

|
|

« 【二つに一つ】口利き証明ファックスが決定打 昭恵喚問か内閣総辞職か | トップページ | 錯乱安倍官邸の断末魔 森友疑獄のすべてが裏目で自壊の道 »

日本の事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【二つに一つ】口利き証明ファックスが決定打 昭恵喚問か内閣総辞職か | トップページ | 錯乱安倍官邸の断末魔 森友疑獄のすべてが裏目で自壊の道 »