« 【平成の大毒婦】安倍昭恵、公邸も私物化 首相公邸で仲間うちの“狂った宴”を催していた | トップページ | 【平成の大毒婦】安倍昭恵 谷査恵子氏が海外に飛ばされる? 一方で昭恵の政府職員“私物化”が次々発覚! »

【朝鮮有事】戦争危機に「国民の命を守る」と高揚 安倍首相の危うさ

-米朝の緊張がマックスである。どれだけの緊張か。先週あたりから、ウヨ産経系列の夕刊フジ第1面最上段に連日、米朝緊張に関するオドロオドロしい大見出しが踊っていることでも十分うかがい知れようw 幸いシリア政府軍施設への空爆は今のところ1日で済んだが、北朝鮮と一旦戦端が開かれればとてもそんなことで済みそうにない。隣国韓国との骨肉の争い、引いては日本も巻き込まれる事態になるのは必至だ。それに北と国境を接しているのが中国とロシアである。地政学的に北朝鮮は東アジア五カ国の要(かなめ)に位置しており、ためにアメリカはアジアの西端・中東ではドンパチ事を起こしても、歴代の大統領の誰一人として、東端アジアの北朝鮮には首を突っ込まなかった。なのにトランプはあえてパンドラの匣を開けようとするのだろうか。大統領選では、「ひたすら米国の再生のみに集中し、国際紛争には首を突っ込まない。金正恩とも会って話す用意がある」などと訴えていた。それが大統領就任と共に、「正恩斬首作戦」を掲げたり、急遽空母カールビンソンを北朝鮮に向わせたりと一触即発の挑発行為をしている。トランプ百八十度方向転換の裏に何があったのか。やはりオバマ同様、政権維持のため、軍産複合体戦争屋勢力の圧力に屈したのだろうか。万一米朝の戦端が開かれてモロに被害を蒙るのは、韓国そして日本である。「わが国に何か事が起こればソウルと東京を火の海にする」は昔からの北の言い草だが、金正恩体制に至って「米国との戦争では米日米軍基地を攻撃する」と明言している。最近、例の「横浜イルミナティカード」記事へのアクセスが急伸しているが、横須賀米軍基地などへの核ミサイル攻撃が現実のものとなりかねないのだ。そういう最悪の緊迫情勢下、わが国にとって最悪なのが安倍晋三が「最高責任者」である事だ。安倍にとっては、森友疑獄、加計疑獄を闇に葬り去り、加えてかねてより念願の戦争参加が叶う絶好の機会、と舌なめずりかもしれない。つくづく安倍晋三は、日本滅亡のために魔界から遣わされた闇の使者と思わざるを得ないのである。 (大場光太郎・記)-

戦争危機に「国民の命を守る」と高揚 安倍首相の危うさ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/106.html
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203382
2017年4月12日 日刊ゲンダイ 文字お越し 


32325_2
最悪のタイミングで最悪の首相(C)ロイター

 このまま行ったら火遊びでは済まなくなるのではないか。米国と北朝鮮の対立が抜き差しならなくなってきた。

 11日もトランプ大統領は、ツイッターで「北朝鮮は面倒を起こそうとしている。中国が決断しなければ、われわれは独力で問題を解決する」と、北朝鮮への武力行使を躊躇しないことを重ねて強調している。

 すでに米国は、世界最大の原子力空母「カール・ビンソン」を朝鮮半島へ派遣。寄港地のシンガポールから豪州へ向かっていたのを、わざわざ行き先を変更させている。到着する15日以降、いつでも北朝鮮を総攻撃できる態勢が整う。

 ヤバイのは、トランプ大統領が「空爆」に味をしめていることだ。米国国民の51%が、化学兵器を使用したシリアを電撃空爆したことを「支持」していることに気をよくし、核開発を続ける北朝鮮の「空爆」も支持率アップにつながると思い込んでいるという。

 ターゲットにされた北朝鮮も「あす核戦争が起きても恐れない」と一歩も引く気がない。チキンレースになっている。本当に米国は空爆に踏み切るのか。元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言う。

「常識的に考えて、米軍が先制攻撃をすることはないでしょう。心配なのは、北朝鮮が暴発するように、わざと米国が挑発しているふしがあることです。大規模な米韓合同軍事演習を実施しただけでなく、無人機を飛ばし、カール・ビンソンまで派遣している。北朝鮮をどんどん追い詰めている。窮鼠となった北朝鮮が“核実験”や“長距離弾道ミサイル発射”を強行したら、トランプ大統領は『北朝鮮はレッドラインを越えた』と、空爆するつもりなのではないか。というのも、米国にとって戦争は、軍事産業を潤わせる公共事業だからです。戦争を必要としている米国は、北朝鮮に罠を仕掛けている可能性があります。罠とも知らず、北朝鮮は妥協する気配がないから非常に心配です」

■ノドン300発で東京も火の海

 米国が北朝鮮を空爆したらどうなるのか。シリアへの空爆は1日だけの限定的なものに終わったが、平壌を空爆したら、局地戦では済まない。全面戦争に突入する可能性が高い。

 安倍政権は危機感のカケラもないが、日本も巻き込まれる恐れが強い。北朝鮮が「在日米軍」を攻撃のターゲットにするのは確実だからだ。その時、北朝鮮の恐ろしさを思い知らされることになりかねない。

「一発でもミサイルを撃ち込まれたら、北朝鮮は百パーセント反撃してくるはずです。33歳と若い金正恩は、少しでも弱気なところを見せたら政権がもたない。『先制攻撃は米国の専売特許ではない』と公言しているだけに、撃たれる前に撃ってくる可能性も捨てきれない。標的は在韓米軍と在日米軍です。冷静に考えれば、米国を相手に勝てるはずがありませんが、北朝鮮は『ベトナムも米国に勝った』『われわれも負けない』と半ば本気で思っている。実際、100万人の兵士を抱える北朝鮮の軍事力は決して低くない。ある米軍幹部は『北朝鮮の軍事力は世界4位だ』と評している。もし、トランプ大統領が『北朝鮮はガツンと一発攻撃すればおとなしくなる』と考えているとしたら危険です」(コリア・レポート編集長の辺真一氏)

 北朝鮮は軍事境界線に500門の長距離砲を展開し、砲門を開けば、1時間でソウルに7000発が着弾する。1994年の「北朝鮮危機」の時、韓国がシミュレーションしたら、北朝鮮の攻撃によって韓国軍49万人、民間人100万人が犠牲になるという衝撃的な結果が出たという。

 日本を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」は、300発実戦配備されている。発射から着弾まで「7~10分」とされ、仮に発射を知り得たとしても避難する余裕はない。東京も“火の海”になるのは避けられない。  


32326_2
挑発してどうする(C)AP

■なぜ、トランプにブレーキをかけない

 このまま米国と北朝鮮のチキンレースが続いたら恐ろしいことになる。日本が巻き込まれる事態だけは絶対に避けなければダメだ。

 北朝鮮は故金日成主席の誕生日である4月15日にも「核実験」を強行し、米軍は早ければ「新月」である4月26日にも空爆を断行する可能性があると囁かれている。

 なのに、安倍首相は、危機が迫っているのにトランプ大統領にブレーキをかけず、菅官房長官は「米国がすべての選択肢がテーブルの上にあるとの姿勢を示していることを評価する」とコメントしているのだから、どうかしている。

「安倍首相は、米国と歩調を合わせていれば間違いないと信じているようですが、たとえ同盟国でもこと北朝鮮問題については、米国と日本は立場が大きく違います。北朝鮮にとって日本は射程圏内ですが、米国本土にはミサイルが届かないからです。朝鮮半島の有事は、日本が直接被害を受ける可能性がなかったアフガン戦争やイラク戦争とはまったく話が違う。日本のトップとして、米国と対立してでも『朝鮮半島で危機を起こさないで欲しい』とトランプ大統領に直談判するのが当たり前です。なのに、北朝鮮で危機が起きた方が支持率がアップすると思っているのか、米国と一緒になって北朝鮮を挑発しているのだから信じられない。安倍首相は、戦争に対するリアリティーが欠如しているとしか思えません」(孫崎享氏=前出)

 戦争の危険が目の前に迫っているのに、なにがうれしいのか「いかなる事態でも国民の生活を守り抜く」とやけに高揚している安倍首相はマトモじゃない。

■隣国から総スカンの最悪

 それにしても、ならず者国家への対応を誤ったら戦争になりかねないこの状況で、安倍首相が国のトップとは、最悪のタイミングである。戦争を回避できるかどうか、国民に被害を与えないで済むかどうか、最後はトップの外交手腕にかかっているからだ。ほとんどの戦争は、外交が失敗した結果、起きている。

「北朝鮮問題のカギを握っているのは、米国、中国、韓国、そして当事者の北朝鮮です。戦争を回避するためには、米国と北朝鮮に自制を促すことが第一です。ところが、安倍首相は北朝鮮から敵視されてパイプすらない。だったら同盟国である米国に強く自制を促すしかないが、トランプ大統領には文句一つ言えない。さらに、中国、韓国からも嫌われている。なにか外交的な動きをしようとしても、やれることが何もない状況です。こうなったのも、『積極平和主義だ』『地球儀を俯瞰する外交だ』などと口にしながら、米国に従属し、隣国と対立してきた結果です。外交の一番大事な仕事は、戦争に巻き込まれないようにすることです。だから、どの国のトップも隣国と対立しないように細心の注意を払っている。もし、日本の首相が同盟国の米国に直言できる人物で、中国、韓国と友好関係を築いていたら、今ごろ、独自外交を発揮していたはずです。このままでは、日本は打つ手がないまま、朝鮮半島の危機を黙って見ていることになります」(政治評論家・本澤二郎氏)

 そもそも、安倍首相は「朝鮮半島危機」を回避する気持ちがあるのかどうか。ひょっとして危機を歓迎しているのではないか。二言目には「国民の生命と財産を守る」と口にしているが、この男の断定口調はいつも怪しい。

(転載終わり)

|
|

« 【平成の大毒婦】安倍昭恵、公邸も私物化 首相公邸で仲間うちの“狂った宴”を催していた | トップページ | 【平成の大毒婦】安倍昭恵 谷査恵子氏が海外に飛ばされる? 一方で昭恵の政府職員“私物化”が次々発覚! »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【平成の大毒婦】安倍昭恵、公邸も私物化 首相公邸で仲間うちの“狂った宴”を催していた | トップページ | 【平成の大毒婦】安倍昭恵 谷査恵子氏が海外に飛ばされる? 一方で昭恵の政府職員“私物化”が次々発覚! »