« 【森友&昭恵隠し】苦肉の策のはずの「9条加憲改憲」表明で安倍は自らを窮地に追い込んだ | トップページ | 【何てぇこった】米朝和解に向けた動きが滑り出した矢先、北朝鮮がまたも弾道ミサイルを発射! »

【米国と北朝鮮急接近】ローマ法王仲裁で5月24日バチカンで米朝電撃和解も?小沢政権早期樹立が急務である

-海を隔てた朝鮮半島情勢がめまぐるしく変化している。一時は「金正恩斬首作戦」などと物騒な計画をぶち上げ、実際最大空母カール・ビンソンを北朝鮮に向わせたトランプ米国だった。しかしここにきて百八十度方向転換である。(ここのところ頻繁に転載している)板垣英氏憲情報では、既に米朝高官はノルウェー・オスロで非公式会合を持ち、トランプもその内容を把握しているという。すべては「忍者外交の名手」キッシンジャー指令によるものらしく、何と同博士は「9月までに米朝国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結、朝鮮半島統一を実現する」との驚きのロードマップまで描いているという。B・フルフォード氏の、「朝鮮有事は決して起きない。米ロ中が裏でしっかり連携していて有事など起こさせないから安心してください」という情報とも符合する。但しフルフォード情報では、「金正恩をスイスに亡命させ、暗殺された金正男の息子が北の指導者となり、ゆくゆくは南北朝鮮統合に向う」と言っている。また日刊ゲンダイによれば、米朝和解を確実なものにするため、フランシスコローマ法王が仲介役としてひと肌脱ぐ用意があるというのだ。

 目と鼻の先の日本としては、問題の国・北朝鮮が平和裏に国際社会に受け入れられるのは大歓迎である。がしかし、それでは大いに困る連中がいる。言わずと知れた「安倍晋三と安倍カルト仲間たち」である。安倍政権は一くくりで言ってしまえば、北朝鮮か中国の脅威を“食糧源”として肥え太ってきた邪道政権である。安倍は、今回の米朝間緊張にも、トランプの威勢のよい北攻撃姿勢を真っ先に支持してきた。空母カール・ビンソンに自衛隊の護衛艦をのこのこつけさせもした。森友・加計大疑獄から目を逸らさせるため、支持率上昇のため、共謀罪法成立のため、国民に北の脅威を目一杯煽ってきたのだ。それが気がついてみると、日本の頭越しに米朝融和である。安倍日本は完全に蚊帳の外なのである。「晋三困った時の北のミサイル頼み」ももう出来はしまい。いかな八枚舌のオロチ晋三でも、神社本庁&日本会議など支持母体の手前、「米朝融和を支持します」と今までと真逆のことはなかな言えまい(いや保身のため平気で言っちゃうか?)。それに3番目の転載記事どおり、つい最近韓国の新大統領になった文在寅氏と安倍の相性は最悪だという。文大統領は「例えてみればわが国社民党の福島瑞穂を男にしたようなもの」というから、相性のほどはおよそ想像がつこうというものである。

 結局「北朝鮮電撃訪問、金正恩会談」などという離れ技など出来なかった安倍晋三は、近隣国外交面でも最早用なし、というかむしろ邪魔な存在なのだ。板垣氏は天皇家&キッシンジャーの信頼篤いとして、ずい分前から小沢一郎自由党代表を誉めそやしている。B・フルフォード氏は「三百人委員会のトップを二人が分けあっているというが、キッシンジャーにそんな力はなく小沢一郎も同様だ」と板垣氏とは違う見解を示している。がしかし、そんな事はどうでもいい。(軍事力をちらつかせるのではなく)外交力によって近隣5カ国関係をきっちりバランスさせる事が出来るのは、政界を見渡しても小沢一郎しかいないはずだ。近隣外交のみならず、安倍政権の5年間で荒廃しまくった政治的モラルをちきんと正さなければ日本は衰亡に向い諸外国からますます相手にされなくなるだけだ。旧民主党時代一旦は袂を分かった最大野党の民進党が、弱小自由党と合流というのはいささか非現実的とも思えるが、蓮舫代表、(喧嘩相手だった)野田幹事長はじめ“反小沢何人衆”の面々も悔い改めない限り、民進党のさらなる地盤沈下は免れない。板垣氏は先月だったか、ペンス副大統領の詰問に安倍は「6月解散」を約束した、と述べていたが果たしてどうなるのか。今後の大政局を大いに期待したいものである。 (大場光太郎・記)-

米朝「オスロ秘密会合で合意」小沢一郎政権を早期に樹立し「米朝・日朝和平」実現に仲介の労を要請、いよいよ王手!(板垣 英憲
http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/650.html

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/474db42d180ba8fb46783df4963a8950
2017年05月14日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「忍者外交の名手」ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士は5月10日、トランプ米大統領とホワイトハウスで会談し、「ジョン・ボルトン元国連大使を団長とする学者グループ8人が5月8日から10日までノルウェーの首都オスロで北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)米州局長ら行っていた秘密会合の結果」を報告した。ホワイトハウスの記者団が、ロシアのラブロフ外相が来ているというので駆けつけたところ、すでにラブロフ外相はいなくて、キッシンジャー博士がいたという。キッシンジャー博士は、「9月までに米朝国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結、朝鮮半島統一を実現する」ことで合意、「北東アジアの和平実現には、アジア人が直接仲介の労を取る形にすることが必要」という認識で一致したと説明。そのうえで「米国、中国、北朝鮮、韓国、ロシアから信頼の厚い小沢一郎代表を前面に立てて行う。そのためには、小沢一郎政権を早期に実現し、いよいよ王手をかけねばならない」と合意したという。これは、キッシンジャー博士から天皇陛下にごく近い筋に伝えられた極秘情報である。キッシンジャー博士は、詳細を報告したという。

【阿修羅掲示板投稿へのコメントより】

2.       宇宙の塵[194] iUaSiILMkG8 2017年5月14日 11:37:12 : ysTae0IZqY : VCYUeOo7Gsw[2]

>>そのためには、小沢一郎政権を早期に実現し、いよいよ王手をかけねばならない

新政権の首班指名候補が小沢一郎氏で合意されれば、野党4党の本気度が国民に伝わる。
そうすれば選挙は盛り上がり、投票率大幅アップは間違いない。
2009年の再現だ。
『2009年5月11日へ プレイバック Part3』だっ。

但し、一つだけやらなければならないことがある。
全国紙4紙と主要地方各紙に、一面広告を掲載しなければならない。
小沢冤罪事件の真相を、全国民に知らせなければならない。
 
一般の多くの人びとの、小沢氏に対するイメージは、まだあのときのままなのだから。
 

板垣の旦那 頑張っておくんなせえ 応援しちょりますけん
よろしくお願えしますだ

8.    2017年5月14日 18:57:06 : IXZdjgXxAk : 7KYcflImDLg[1]

英憲コンフイデンシャルの真偽、信じる信じないはさておいて、問題は日本中の全国民が、こんたな話を信じたいと思っちょることに、意味あるんだ。全国民は、下痢用のオムツをケツにぶら下げ、口から出鱈目を、火炎吐くように嘘をつきまくり、国家財産窃盗の常習犯で、賄賂や下着窃盗犯を庇いだてし、あまつさえレイプ犯まで庇いだてしおる、年金や郵貯をメタメタにしおる、疫病神・貧乏神の安倍には飽き飽きしたよ。テエゲエにしろい。飽き違いのアッキーも、国民は女を出せつっちょるんに、出すもんは唾すらヤダと、ソブリすらねえな。こんたな状態で、籠池のオッチャンだけパクッて、申しわけ程度に出先財務や工事側の小者をショッピく形でチャラ狙ったら、官邸と検察が見え透いた田舎芝居しおったら、国民の怒りは爆発するな。この国は正義やルールや法は最早存在しねえこつになり、基準なんかねえ国となり、世の中はテンデンバラバラ、次第に応仁の乱みてえな方向に向かうな。
 小沢さんの出番が、ついに来たよ。ピシッ!と鞭一閃、山猫大将の如く、こんたな状況と混乱を鎮められるんは、小沢さんきゃあいねえよ。法と正義を取り戻し、悪や犯罪を膺懲し、国家に安定とルールを取り戻せるんは、小沢さんだけだな。全国民が、あるいは全世界が、今小沢さんを待望しよる。とりわけ、アジアの民衆は、中国も韓国も、熱烈じゃよ。花道を大向こう唸らせ、フットライト浴びて歩くチャンスは、人生そうはねえな。男冥利につきるつうもんでねえかい、 小沢さん頼っませ。

4041
これ以上の緊張状態は避けたい(上はローマ法王)/(C)AP

米国と北朝鮮が急接近 ローマ法王仲裁で5月24日バチカンで米朝電撃和解も?(日刊ゲンダイ)
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-390299/
2017年05月11日 12時30分 日刊ゲンダイDIGITAL

記事まとめ

○米国と北朝鮮が急接近、核ミサイル問題や米朝協議の可能性について非公式協議を行った
○トランプ氏はイタリアG7参加直前の24日バチカンに立ち寄り、ローマ法王と会談する
○ 24日にバチカンで金正恩氏がトランプ氏と“見せかけの和解”の握手を交わす可能性も

バチカンで握手も? ローマ法王仲裁で5・24米朝電撃和解

「世界には自ら手を挙げる仲介役はたくさんいる。例えば、ノルウェーは助けの手を差し伸べられるだろう」――。ローマ法王の期待通りの展開になってきた。

「挑発」と「圧力」のチキンレースから一転、米国と北朝鮮が急接近。ノルウェーの首都オスロで現地時間8、9の両日、核・ミサイル問題や米朝協議の可能性について、非公式協議を行った。

 冒頭の発言はローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が4月29日、エジプト訪問後の専用機中で記者団に話したもの。北朝鮮情勢について、法王が「事態は熱くなり過ぎている」「(必要なのは)外交手段での問題解決」と呼びかけた途端、まず態度を軟化させたのは、米国のトランプ政権だった。

 トランプ大統領は5月1日、ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「金正恩党委員長と会うことが適切であるなら当然そうするだろう。光栄に思う」と発言。唐突に米朝首脳会談の可能性に言及した。3日にはティラーソン国務長官が職員向け演説で、北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄すれば①国家体制の転換は求めない②金正恩政権崩壊を求めない③南北統一を急がない④米軍は北緯38度線を越えて北側に侵攻しない――「4つのノー」を保証する方針を示した。

 この方針が中国を通じて北朝鮮に伝わると、ローマ法王の発言通りノルウェーで、北朝鮮外務省の崔善姫北米局長とクリントン米政権時代の元国連大使らが接触。まるで法王が糸を引いたように両国は水面下交渉を始めたのである。

「アルゼンチン出身で、南米初のローマ法王に選ばれたフランシスコ1世は、米国とキューバとの国交回復の橋渡し役を演じたことで知られています。『世界には和解が必要』が口癖の人だけに、緊迫する米朝関係の仲裁を買って出た可能性は十分にあり得ます」(外交評論家の小山貴氏)

 さらにトランプはイタリアG7参加直前の今月24日、バチカンに立ち寄り、ローマ法王と会談することを決めた。

「ただし、金正恩体制がトランプ政権の『4つのノー』をうのみにして、核放棄に応じる可能性は低い。北朝鮮にとって、リビアのカダフィ大佐の哀れな末路が大きなトラウマになっています。米国の圧力に屈し、進んで核開発を放棄した結果、NATOが軍事介入した“アラブの春”によって、独裁政権は崩壊。最後は民衆に射殺されました。この“悪しき前例”を教訓に絶対に進んで核を手放すことはないでしょう。とはいえ、米国との緊張関係がこれ以上、エスカレートする事態は避けたい。金正恩体制としても核放棄は明言しないまでも、互いに振り上げたコブシを収めるための“玉虫色の決着”に応じる準備はあるはずです」(小山貴氏)

 24日にはバチカンに金正恩もひょっこり出没。ローマ法王の顔を立て、トランプと“見せかけの和解”の握手を交わす可能性もゼロではない。
 
4042
安倍首相との相性は最悪との見方も

文在寅氏は朴槿恵前大統領時の日韓合意に激しく反発し、安倍晋三首相との相性は最悪か(ポストセブン)
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12180-547446/   
2017年05月12日 16時10分 NEWSポストセブン

記事まとめ

○新しい韓国の大統領となった文在寅氏が「慰安婦問題」に強硬な姿勢を貫いているという
○安倍晋三首相と朴槿恵前大統領が発表した日韓合意について「無効だ」と激しく反発 ○「安倍首相と文氏の立場は180度違うので、かみ合わないかもしれない」と懸念する声も

 新しい韓国の大統領となった文在寅氏(64才)。極貧からはい上がった苦労人ゆえ、文大統領の人柄は「ソフトで紳士的」(『デイリーNKジャパン』 高英起編集長)というが、そんな彼が強硬な姿勢を貫くのが「慰安婦問題」だ。

 2015年末に安倍晋三首相と朴槿恵前大統領が発表した日韓合意では、第2次大戦下で日本軍の従軍慰安婦となった韓国人女性への保障について、「最終的かつ不可逆的に解決させる」として、日本政府が韓国の財団に10億円を拠出することなどを定めた。

 だが文氏は直後に「拙速的で屈辱的な合意は無効だ」と激しく反発。今回の大統領選の公約でも合意について、「無効にして再交渉を推進する」と表明していた。

 日韓合意では、ソウル市の在韓日本大使館前に建てられた慰安婦像について、韓国政府が「適切に解決するよう努力する」ことを定めたが、現在までに撤去される気配はない。それどころか、韓国国内で慰安婦像の設置が相次ぎ、2016年末には釜山の日本領事館前にも慰安婦像が置かれた。

「釜山市はいったん像を撤去しましたが、市民からの猛烈な抗議で一転して設置を認めた。この時、像の設置を後押ししたのが文氏だったとされています」(韓国の全国紙記者)

 文大統領は釜山に慰安婦像が設置された後、フェイスブックにこう書きこんだ。

《釜山市民の少女像設置は、真の独立宣言だ》

 彼は今年4月に98才の元慰安婦女性が死去した際も、《おばあさんに代わり必ず日本政府から謝罪を受ける》と書き込み、日本政府に“宣戦布告”している。

 確かに、本人の意に反して日本兵の性の相手をさせられた慰安婦女性の苦しみは、生涯消えることはない。

 昨今の嫌韓ブームで盛んに聞かれる「どこの国にも慰安婦はいた」「彼女たちは高給をもらっていたのだから別に良いだろう」というフレーズは、想像力の欠落した男性優位思想の典型で、唾棄すべき発想である。

 高齢化を迎え、次々に亡くなっている韓国の慰安婦女性の声に真摯に耳を傾ける行為自体は、なんら悪いことではない。だが、日韓合意は国と国が決めたルールであり、履行されないのであれば韓国との外交の根本が揺らいでしまう。

「公約を守らないことは政治の世界では当たり前ですが、文氏のブレーンが『日韓合意はひっくり返せ』という立場なので、本当に合意を破棄する可能性がある。もしそうなれば、反日的な政策が次々と打ち出される恐れがあります。日韓合意にどう対応するかが新政権の対日政策を占う試金石になります」(前出・高氏)

 人間性の面でも安倍首相との相性は最悪である。

「保守的で憲法改正まで打ち出すタカ派の安倍首相に対し、文氏は弱者救済を訴える市民派で、理想を追い求めて闘い続けています。取り巻きやブレーンを含めて安倍首相と文氏の立場は180度違うので、かみ合わないかもしれません」(前出・高氏)

 ちなみに、支持率で文氏に次ぐ、「国民の党」の安哲秀氏(55才)も慰安婦問題の日韓合意については再協議を主張している。しばらくは綱渡りの日韓関係が続きそうだ。

※女性セブン2017年5月25日号

(以上、転載終わり)

関連記事
「北は対話に期待感」…北京で韓国代表が接触(読売新聞)
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12213-20170514-50129/

|
|

« 【森友&昭恵隠し】苦肉の策のはずの「9条加憲改憲」表明で安倍は自らを窮地に追い込んだ | トップページ | 【何てぇこった】米朝和解に向けた動きが滑り出した矢先、北朝鮮がまたも弾道ミサイルを発射! »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【森友&昭恵隠し】苦肉の策のはずの「9条加憲改憲」表明で安倍は自らを窮地に追い込んだ | トップページ | 【何てぇこった】米朝和解に向けた動きが滑り出した矢先、北朝鮮がまたも弾道ミサイルを発射! »