« 【トランプ様ご命令解散?】浮上する6月解散説 安倍首相の狙いは森友&加計疑惑潰し | トップページ | 【安倍・朝日ハルマゲドン】とんでもない事になって来た安倍首相の加計学園疑惑 朝日が前文科次官インタビューを一面トップから総力報道! »

【悪辣官邸】週刊文春で「文科省文書本物」と前川前次官証言&官邸、同前次官を「風俗店通い」で不当逮捕か

-朝日新聞第一報により本格化した、加計今治特区獣医学部新設に関する文科省内部文書問題。肝心の「ご意向」総理はトンズラで国会に姿を見せぬ中、菅官房長官は怪文書扱いで誤魔化し、松野文科相は関係者への聞き取りで「いずれも記憶にないと言っている」と発表し、超ヤバ疑獄だけに早期幕引きを図るつもりだ。が、悪事は必ず明らかになるが世の仕組み。先週は共産党が「政府関係者」からより詳細な新内部文書を入手し、22日には小池晃委員が委員会で厳しい追及を行い、また同日の会見で小池氏は「政府関係者から入手したものだから怪文書扱いには出来ない」と同文書を記者たちに公開した。そんな中、悪辣な安倍官邸は、朝日や民進党に文書を流した文科省大物官僚X氏を前川喜平前文科省次官と特定、前川前次官へのみせしめと文科省官僚へ恫喝のために前川氏の「出会い系バー通い」を何と読売新聞に報道させたのだった。これは、スケベキャリア官僚の例に漏れず「前川よお前もか」のたぐいであまり褒められたものではない。が、山口敬之のように知人女性を薬を入れて眠らせ卑劣強姦した(菅官房長官と昵懇の刑事局長が逮捕をもみ消した)ような犯罪事件ではまったくない。しかし読売報道により、前川氏のインタビューを報道しようとしていたNHKやフジテレビは萎縮して報道自粛、また報ステやNEWS23などは前川氏出演を取り止めた。これで内部文書問題は一件落着かと思われたが、最近の週刊誌はちと違う。週刊文春が果敢に前川氏の150分インタビューを試み、その中で前川氏は「総理のご意向文書は本物です」と明確に証言したというのだ。これで再び新聞社やテレビ局の空気が変わり、我先にと前川氏の実名報道&文書本物報道をスタートさせようとしているという。慌てた陰険官邸は、微罪でも何でも前川前次官を逮捕しようと躍起になっており、犯罪者集団が国の中枢を乗っ取り思うさまやらかしているのが、この国の偽らざる実情なのである。 (大場光太郎・記)-

関連動画
「加計学園」の文科省書類を公開(小池晃共産党書記局長)
https://www.youtube.com/watch?v=17hdN95xCmw
🚗 「安倍総理が腹心の友と呼ぶ加計学園」小池晃(共産党)【国会中継 参議院 決算委員会】平成29年5月22日   
https://www.youtube.com/watch?v=feJnreA490s

40450_2

40451          

菅野完 @noiehoie  9時間前 

文春の早ずり、あちこちで大騒ぎになっとるなw
2017年May24日 14:53

上画像&ツイート元記事
文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」と証言(週刊文春)
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/283.html

40453

「総理のご意向文書は本物」文春の前次官証言報道で新聞・テレビが一斉取材へ! 一方、官邸は「口封じ逮捕」で恫喝(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/285.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 24 日 21:16:07
http://lite-ra.com/2017/05/post-3188.html
2017.05.24 文春の前次官証言で官邸vsマスコミ攻防 リテラ

 本サイトが報じた通り、明日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が元文科省事務次官・前川喜平氏のインタビューを掲載していた。タイトルは、ずばり〈「『総理のご意向』文書は本物です」文科省前事務次官独占告白〉。

 本サイトでは、読売新聞が22日の朝刊で前川氏の「出会い系バー通い」報道が「官邸による加計学園問題の実名告発ツブシの謀略」であることを伝え、さらに官邸が「週刊文春」と「週刊新潮」の両誌にも出会い系バー通い疑惑をリークしたものの、「どちらかの週刊誌が前川氏の言い分を全面的に掲載し、官邸の謀略の動きを暴く」と報じたが、その通りとなったのだ。

「週刊文春」の記事は、文書では見えてこなかった省庁間の子細なやりとりや経緯が前川氏によってあきらかにされており、国家戦略特区による獣医学部新設がいかに加計学園ありきで進められたのかを裏付ける証言になっているという。

「『週刊文春』は、前川氏の告白を6ページにわたって紹介。そのなかで前川氏は、タイトル通り、一連の文科省作成の文書が『本物』であると断言しているのはもちろん、前川氏自身もいくつかの文書を保管していることや、それらを作成した担当セクション名やどういうシチュエーションで前川氏に渡されたのか、さらには『総理のご意向』と内閣府から突きつけられ、プレッシャーを感じたことなどを語っているそうです」(週刊誌関係者)

 また、前川氏は読売新聞の「出会い系バー通い」疑惑にも言及し、その事実を認めた上で“違法な行為はしていない”と話している、という。

 一方、「週刊新潮」のほうは、問題の「出会い系バー」で取材を行い、前川氏の買春疑惑を報道。しかし、決定的な証拠などは書かれておらず、逆に読売の情報元は官邸であり、下半身スキャンダルによって前川氏に報復するとともに、前川氏の実名告白を報じないようマスコミを牽制する目的であったことを報じているという。

「リテラが記事に書いていたように、『週刊新潮』も読売の露骨な記事を見て、官邸の情報にそのまま乗っかることを避けたようですね。あと、前川氏の出会い系バー通いは事実だったようですが、“未成年を買春した”などの違法な話は出てこなかったらしい。これでは記事になりませんからね」(同前)

40454
前川氏の世田谷区の自宅前には複数の新聞、テレビ記者が張り込み中。彼らは真相を報じることができるのか…

 そして、この「週刊文春」の前川氏の告白や、「週刊新潮」の路線転換を受けて、前川氏の実名証言をつぶしていた新聞やテレビの空気も変わりつつある。実はいま、前川氏のもとには新聞、テレビの取材が殺到しているのだという。

 前川氏の代理人や知人を通じたアプローチはもちろん、世田谷区の住宅街にある前川氏の自宅に行ってみると、多くの新聞、テレビの記者が入れ替わりやってきて、外出中の前川氏が戻ってこないかチェックしていた(写真)。ちなみに、新聞は読売をのぞく全社、テレビもテレビ朝日にTBS、フジテレビが取材に動いているという。

「もちろん、いま、マスコミの目的は読売がやった前川氏の“出会い系バー通い”でなく、文春と同様、『“総理のご意向”文書は本物』と証言してもらおうというものです。『赤信号みんなで渡れば怖くない』という体質が如実に表れている。NHKやフジテレビなんて、前川氏のインタビューまで収録しながら、官邸の圧力で潰されてますからね。現場には相当不満がたまっている。『赤信号、みんなで渡れば怖くない』とばかりに、各社が一斉に前川証言を報道する可能性もある」(全国紙政治部記者)

 しかし、このメディアの動きを官邸が黙って見ているわけがない。「いままで見たことがないくらいの、それは凄まじい発狂ぶり」(官邸担当記者)で、マスコミ各社の上層部から官邸記者にいたるまで恫喝しまくっているという。

 しかも、その際、官邸幹部らはこんなセリフをちらつかせているのだという。

「前川がパクられたら、どうするつもりなんだ。犯罪者の証言を垂れ流したことになるぞ」

 どうやら官邸は前川氏を口封じにために逮捕するつもりらしいのだ。15年前、検察の裏金を実名告発しようとした三井環大阪高検公安部長(当時)が逮捕されたのと全く同じことが再現されようとしている。

「読売の記事や『週刊新潮』の取材からも出会い系バーの問題では逮捕なんてできそうにないけれど、なりふり構わない安倍官邸のこと、でっち上げでもなんでも仕掛けてくるでしょう。それで、各社とも上層部がまだ首をひねっているらしい。前川氏も警戒して弁護士をつけ、一旦、姿を隠してしまった」(文部科学省関係者)

 前川氏は不当逮捕されないためにも、むしろ積極的にマスコミの取材に応じるべきだが、問題は新聞・テレビだ。このまま官邸の恫喝に屈するのか、それとも撥ね返すのか。──その結果は明日の新聞や夜のテレビ報道で判明することになるだろうが、このまま官邸の圧力に負けて言いなりになっていいわけがない。

 そもそも今回の内部文書の出所は複数あると見られており、今後もどんどん「証拠」が出てくることは必至だ。事実、きょうは民進党が、国家戦略特区諮問会議が獣医学部新設を認めた昨年11月9日の前日に文科省でやりとりされていたメールのコピーを公開。そこには「大臣及び局長より、加計学園からに対して、文科省としては現時点の構想では不十分だと考えている旨早急に厳しく伝えるべき、という指示があった」と記されており、獣医学部の設置条件に合うように文科省が加計学園に“特別な入れ知恵”を行っていたことが判明した。

 また、同じく本日、安倍首相に加計学園から金が渡っていたことも発覚。日刊ゲンダイによると、安倍氏は過去に加計学園グループである学校法人広島加計学園の監事を務めており、1999年度分の「所得等報告書」によると、その報酬として14万円ほどを受け取っていたと報じている。

 掘れば掘るほど疑惑が山積みとなり、問題が浮き彫りになっていく加計学園問題。そのなかでも、文科省事務次官という官僚のトップとして加計学園の獣医学部新設にかかわってきた前川氏の証言は極めて重要であり、こうした内部告発者に報復がくわえられるようなことは絶対にあってはならないだろう。下劣な官邸に対し、マスコミには徹底抗戦を期待したい。

(編集部)

 さより @sayori27 

「総理のご意向文書は本物」文春の前次官証言報道で新聞・テレビが一斉取材へ! 一方、官邸は「口封じ逮捕」で恫喝 http://lite-ra.com/2017/05/post-3188.html @litera_webさんから
なんでも隠蔽隠滅?(笑)

|

« 【トランプ様ご命令解散?】浮上する6月解散説 安倍首相の狙いは森友&加計疑惑潰し | トップページ | 【安倍・朝日ハルマゲドン】とんでもない事になって来た安倍首相の加計学園疑惑 朝日が前文科次官インタビューを一面トップから総力報道! »

日本の事件」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ブログを転々としているうちに、このブログにたどり着きました。
週刊誌レベルの情報をもとに、ここまで推察される想像力は素晴らしいと感じました。また「権力=悪」という、長年マスコミが国民に無自覚のうちに刷り込んできた思想が、見事に発揮されている文面だとも感じました。
教育(現 戦略)特区について言及されていますが、これは第1次安倍政権の頃には認可されませんでした。次の麻生内閣でも認可されず、民主党政権になって鳩山内閣が初めて認可したという経緯があります。加計学園 獣医学部の今治市への設置を推進してきた民進党の江田五月氏や高井崇志氏の活躍によるものです。彼らが加計理事と撮影している写真があることや、高井氏のホームページに設置推進を誇るような文面があったことから、間違いなく事実です。
また獣医をこれ以上増やしたくない獣医師会の忖度を受けて、獣医学部の新設を阻止しようとしたのは、これまた民進党の玉木議員です。100万円の献金も受け取っています。
ブログ管理者様には、是非こうしたマスコミが隠している事実もしっかり扱い、持ち前の想像力を活かして、より有意義なブログ作成をしていただきたく思います。

投稿: やまけい | 2017年5月25日 (木) 22時03分

 教育特区が民主党政権時代に始まったこと、玉木議員が獣医師会から100万円献金を受けていた事は把握しています。ただ今治特区で加計獣医学部新設が認められたのは第2次安倍政権下でですからね。しかも超異例のスピードで。すべては「総理のご意向」で。その超大疑惑からすれば民進党、玉木議員の件などは傍流の傍流でしょう。

 本記事において私は「想像力」は使っていないはずですがねぇ。ただこういう政治的問題では人さまざまにご意見をお持ちでしょうから、「どうぞご随意に」ということですね。

投稿: 時遊人 | 2017年5月26日 (金) 00時43分

大場さま ご無沙汰いたしております

 ここで 活躍されているとはーー
   心から うれしく思います

 小生も このところ憤慨することばかりで
  大場さまの少し乱暴??とも思える一言一句が腑に落ちて 少し溜飲がさがる思いです

 安倍内閣の 国民を馬鹿にし ないがしろにした行為

 アッキード事件 加計事件  それに 先立つ
 南あわじ事件  千葉工科大学事件 など 掘ればいく らでもでてくる教育行政がらみの悪事  国庫の私物化

 戦争法案 共謀罪  はたまた 勝手なる憲法改正
  どれをとっても 誠実な日本人に顔向けのできないことばかり   
 ここまでやるかと あきれていますが
 大場さんの思うところを 正々堂々 述べてください

 楽しみに 待っております 

 小生としてできることは 話せる人には話し
  少しでも権力の腐敗を発信していきたいと考えています
 

投稿: 能勢の赤ひげ | 2017年5月26日 (金) 21時08分

能勢の赤ひげ様

 コメント大変ありがとうございます。そしてお久しぶりです!

 当ブログ、コメントが少ない上、管理ページの「コメント欄」にコメントあったことの表示されない事が多く、発見が遅くなりましたことお詫び申し上げます。最近のRinko様コメントは(何とプラハからのご質問でしたが)、発見・返信が3日後というようなケースもありますので、あしからずご了承ください。

 『二木紘三のうた物語』以来ですから、もう8年、9年ぶりくらいでしょうか?本当に懐かしいです。同うた物語にコメントスタートしてからの何ヶ月間の、勝手気ままにコメントしていた頃がもっとも充実していました。能勢の赤ひげ様はじめ、多くの方々には非礼・無礼な物言いでご迷惑をおかけ致しましたが。その段深くお詫び申し上げます。

 もうすっかり疎遠にしておりますが、『うた物語』は相変わらずご盛況のようで密かに嬉しく思っております。
 当ブログでもしばらくは折りに触れて、『名曲所感、所見』で名曲に関する事を記事にしたり、『フォレスタコーラス』でフォレスタの歌をずい分取り上げてきました。

 他のジャンルの記事もそうですが、しかし「生活上」の理由により、自前の論説で全体を構成させる事が時間的に困難となり、2年ほど前から今日のような形式となりました。

 当初は、「政治関係」をブログの中心にするつもりはまったくなかったのです。が、例の「小沢冤罪謀略事件」あたりから、このままでは日本はますます酷い国になると危機感を深め、徐々にこの分野に軸足を移していった次第です。
 国民の一人として、言うべき事は言わなければならない、という想いです。史上最凶、最悪の安倍政権が倒れる日まで、この形式でいきたいと思っております。

 末尾ながら。能勢の赤ひげ様におかれましては、ご健勝のご様子と推察申し上げます。専門がドクターですから、ご自身にとっても「最良のドクター」ということなのでしょうね。

 「燎原の火」HNもなかなかですが、「能勢の赤ひげ」HNの方が私としては懐かしいので、今回はこちらの文を採らせていただきました。またお気軽にご意見、ご感想をお寄せください。

投稿: 時遊人 | 2017年5月27日 (土) 13時57分


【漢字読めない内閣】義家弘介文科副大臣が「便宜」を「ビンセン」と読み大恥! 安倍も菅も…日本語知らないインチキ保守の安倍政権

を 読ませていただいて

 全く 同意見です

この 義家氏は 朝日新聞が文部省の8枚の文書をスクープしましたね  その直後 記者にインタビューされ
 貴方の名前がかかれているのですが  この文章に 間違いはありませんか と質問され しどろもどろで はい
 そのような具合でした と受け答えしたテレビ報道を偶然みたのですが   それ以後は 内閣の誰かに洗脳されたのか 自民のおえらさんにしかられたのか  どこから出た文章かもわからないものに 答えられないとの高圧的な態度に変わりました
 --首相が 一週間で  国会の答弁で
 籠池氏を   僕の考えに似通った人物 から
   しつこいしつこい -----人と あっと驚く手のひら返し まぁ こういうことばかりが 日本の国会でおこなわれているのですから  
 馬鹿も 休み休みにしろ と怒鳴りたくなります

投稿: 能勢の赤ひげ | 2017年5月29日 (月) 12時10分

 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ではないですが、安倍内閣閣僚たちの粗相となると、何に対しても怒りを覚えついイチャモンつけてしまいます。松野博一文科相もそうでしたね。当初は「出てきた内部文書は本当のものだと思う」と自分の言葉で話していたのに、後はご存知のとおりの木で鼻をくくったような答弁に終始しています。松野も山本農水相も義家も、安倍本人か菅かから相当ねじを巻かれたようです。

 能勢の赤ひげ様にはたびたびコメントいただいていますが、つい返信が遅くなったり返信しなかったりで、申し訳ありません。前コメントでは、当ブログメールに2度ほど送られたようですが、管理会社のココログの方針で3年前ほどに「新メール」切り換えがあったのです。

 それまでも読者からのメールなどほとんどなく、私自身「メールまめ」な方ではないので、切り換えないでそのまま来てしまったのです。あしからずご了承ください。

 『うた物語』のときの事は、今から9年も前のことで、お尋ねの件につき懐かしい記憶はありつつも、どういうコメントをしたのかさえ思い出せません。これもあしからずご了承ください。

 当ブログ開設が2008年4月29日、その前日の『うた物語』コメントが『白鳥の歌』、それまでの何ヶ月間かの各コメントは、将来『うた物語』を訪問した人たちに読まれても恥ずかしくないようにと、大げさながら「一コメント入魂」のつもりで公開していました。特に『白鳥の歌』コメントを「遺作」にするつもりでした。実際はそうはいかず、2ヶ月後くらいにコメント再開し、以後1年ほど続けることになりましたが。今考えても、その分のコメントは《蛇足》だったかな、と考えています。

 さて私は上のように「返信まめ」な方ではありません。と言うか、記事更新で手一杯なのです。着手して構成を考えてから完成・公開までけっこう時間がかかりますから。その点、ご寛恕ください。

投稿: 時遊人 | 2017年5月30日 (火) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【トランプ様ご命令解散?】浮上する6月解散説 安倍首相の狙いは森友&加計疑惑潰し | トップページ | 【安倍・朝日ハルマゲドン】とんでもない事になって来た安倍首相の加計学園疑惑 朝日が前文科次官インタビューを一面トップから総力報道! »