« 【奢れる晋三久しからず】都議選演説せず 安倍首相“体調激変”でドクターストップか 深夜にタクシー4台で医師団 | トップページ | 【都議選で大鉄槌を!】第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ »

【更迭候補の女王】稲田防衛相「自衛隊としてお願い」発言+安倍は続投させる方向 この問題でさらに10議席は失うなw

-都議選真っ最中で各党ビリビリの中、問題の女大臣・稲田朋美が都議選応援演説で「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と、トンデモ発言をぶちかまし大炎上中である。

 稲田朋美は早稲田大学法学部卒で、その上同大学卒業とともに受けた司法試験一発合格の凄い才媛のはずだ。が、「初の女性総理候補」だった頃の事は、「戦争は霊魂進化にとって最高の宗教的行事」ぶっ飛び発言などのほかは、よく分からないとしても。昨年夏の内閣改造の目玉として防衛大臣になってからの稲田の迷走ぶりは一体なんだ。主なものだけでも、昨夏の終戦記念日の靖国参拝を見送りジブチ視察に行かされた件で辻元清美から厳しく詰問されての涙目答弁、南スーダン日報問題、“いなだ組”白紙領収書ゾロゾロ発覚問題、顧問弁護士としての森友学園とのズブズブ関係について答弁が二転、三転した問題・・・。それぞれについてのうろたえぶり、迷走ぶりはすべて防衛相としての資質の欠如を示して余りあるものだ。並みの内閣なら、とうに更迭されていておかしくないレベルである。

 今回の「自衛隊としてお願い」発言が問題なのは、これが憲法+自衛隊法+公職選挙法などに違反する重大な発言だからだ。謝罪・撤回して済む問題ではない。だから各野党は罷免要求しているのだ。政府関係者や自民党の中からさえ「これはとても守りきれない」という発言が飛び出し、本転載文中にある『ゴゴスマ』動画でコメンテーターのそのまんま東氏は「(アウト、セーフなど五段階評価で)完全アウトですね」と言い、中継参加の政治ジャーナリスト伊藤惇夫氏は「超完全アウトです」と断言しているのである。漏れ聞くところ稲田は防衛相就任間もなく、同省幹部に「防衛六法全書」を大臣執務室に持ってくるよう求めたという。そんな事を言う大臣は初めてだから「今度の大臣はさすがだ」となったらしい。が、ご案内のとおり、その後稲田への同省での評価は右肩下がりw、幹部はおろか一般自衛隊員からも「あんな女大臣の下では仕事ができない」と罷免を求める声がしきりだという。弁護士でもあり優秀な法律家のはずの稲田が、自衛隊法違反発言をなぜ平気でするのか。「論語読みの論語知らず」のことわざがあるが、稲田は「六法全書読みの六法全書知らず」だ。そんな稲田を安倍はかばい続けている。今回の「超完全アウト」発言を受けても、安倍は続投させる方向と。「黒を白と言いくるめる」安倍晋三&同官邸にかかっては、どんな犯罪事件も問題発言もなかったことにされてしまう。こんな酷い政権、存在したためしがない。「都議選は国政選挙と同じです」(寿交通(株)社長)という今都議選で、安倍&安倍一派がぐうの音も出ないほどの大惨敗をさせなければならない。 (大場光太郎・記)-

【追記】
 今や、稲田朋美を「日本初の女性総理候補」などという自民党議員は誰もいまい。安倍だって言わなくなった。ところで、わが国初の女性防衛相は小池百合子(小泉政権)だった。小池防衛相に対して文句を言う声はあまり聞かれなかった。彼我の力量歴然。「日本初の女性総理候補」として今もっとも近い位置にいるのは小池現都知事だろう。皮肉なものである。

50425
自衛隊法に抵触する可能性も(C)日刊ゲンダイ

稲田大臣“違法発言”を慌てて撤回 「自衛隊としてお願い」(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo228/msg/275.html

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 28 日 17:35:05
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208336
2017年6月28日 日刊ゲンダイ

 即刻、辞任すべきだ。またトンデモ発言が飛び出した。稲田朋美防衛相(58)が27日、東京・板橋区で行った都議選の自民党候補者の応援演説で「防衛省・自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と訴えた。

 自衛隊法61条は、選挙権行使以外の自衛隊の政治的行為を制限している。稲田大臣の発言は、防衛省・自衛隊が組織を挙げて特定の候補者を応援していると受け止められかねず、自衛隊法に抵触する可能性もある。

 野党は早速、「行政の完全な私物化だ」(小川敏夫・民進党参院議員)、「自衛隊を政治的に利用、選挙で私物化するもので看過できない。即刻辞任すべきだ」(蓮舫・民進党代表)と徹底批判を展開。現職の自衛隊員からも落胆と怒りの声が上がっている。

 そんな状況に慌てた稲田大臣は昨夜に引き続き、28日の朝も「誤解を招きかねない発言だ。撤回したい」と神妙な面持ちで表明したが、最後まで謝罪はせず。大臣辞任も否定した。蓮舫代表はけさ、改めて「自ら引くか、安倍首相が任命責任を痛感して罷免するか、これしか選択肢はない」と指摘。

 さすがに、自民党内からも「あの発言はアウトだ」と批判が噴出している。

ゴゴスマ 2017年6月28日 170628 稲田防衛相が違法発言か 「防衛省・自衛隊としてお願い」

 郷原信郎 @nobuogohara 

稲田氏「自衛隊は地域の皆様の理解なくして活動できないという趣旨」。言い訳の見苦しさは、菅「怪文書」発言と同じ。防衛大臣が「自衛隊として」自民党を「お願い」していれば、練馬駐屯地の「忠実な自衛隊員」は他党を支持などできない。防衛大臣としての存在自体が危険。全く論外。即刻辞任が当然!

|
|

« 【奢れる晋三久しからず】都議選演説せず 安倍首相“体調激変”でドクターストップか 深夜にタクシー4台で医師団 | トップページ | 【都議選で大鉄槌を!】第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【奢れる晋三久しからず】都議選演説せず 安倍首相“体調激変”でドクターストップか 深夜にタクシー4台で医師団 | トップページ | 【都議選で大鉄槌を!】第1次政権と酷似 政権ぶん投げカウントダウンが始まるぞ »