« ダシール・ハメット『マルタの鷹』 | トップページ | 【総辞職しかない】支持率急落でドタバタ劇…最早見世物、“錯乱”安倍政権の自爆ショー »

【トンズラの昭】年貢の納め時か 元検事も可能性指摘 特捜部「安倍昭恵夫人聴取」に現実味

-国民多数の「国会証人喚問の場に出て説明せよ」の声をまるで無視し、ずっと逃げ回っていたのが安倍昭恵である。今は加計疑惑の方ばかりに焦点が当たりがちだが、森友核心の8億円ダンピングで新たな事実が判明した。詳細は以下の日刊ゲンダイ記事を読んでいただきたいが、それによって財務省の当時の幹部連中はおろか、「トンズラの昭」まで大阪地検特捜部から事情聴取される可能性が出てきた、というのである。女狐昭恵は「もう大丈夫」と、あっちこっちの会合に出張っては言いたい放題言っている。が、実際はこんな重大な新事実が今になって出てくるように、森友は決して終わっていない。いな、森友は「アッキード事件」と呼ばれたように、核心には安倍昭恵がいるのである。誰かが「森友は、安倍昭恵が国会証人喚問の場に出てくるまで終わらない」と言っていた。証人喚問にはとことん応じないつもりでも、(いつぞやの村木厚子事件ででっかいミソをつけた)大阪地検特捜部が「汚名挽回の絶好機」と腹を決め、(甘利明を不起訴指示した現法務省事務次官の)黒川弘務&官邸の圧力に屈せず、「安倍昭恵の事情聴取」を決断すれば、その時点で安倍晋三&同政権はジ・エンドである。 (大場光太郎・記)-

50844

↑への阿修羅コメント
14.    2017年7月17日 20:21:43 : DuWp6G79SH : gIMPlHQf04w[165]
知恵遅れのツラとセミの抜け殻ツラのペアが日本を代表する顔。
公然わいせつに問え。

 日刊ゲンダイ @nikkan_gendai 

【政治】森友問題で新たな“証拠”が出てきたことで、安倍首相の妻・昭恵氏への聴取が噂されています。現職総理大臣夫人が特捜部の聴取を受ける可能性はあるのか。元検事の落合洋司弁護士の見解は…。 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209590

|
|

« ダシール・ハメット『マルタの鷹』 | トップページ | 【総辞職しかない】支持率急落でドタバタ劇…最早見世物、“錯乱”安倍政権の自爆ショー »

日本の事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダシール・ハメット『マルタの鷹』 | トップページ | 【総辞職しかない】支持率急落でドタバタ劇…最早見世物、“錯乱”安倍政権の自爆ショー »