« 【総辞職しかない】支持率急落でドタバタ劇…最早見世物、“錯乱”安倍政権の自爆ショー | トップページ | 【日報隠蔽了承】防衛相はおろか議員辞職相当 嘘つきまくり整形婆朋美の円満退職を許すな »

【ち・が・う・だ・ろ・う!】安倍晋三、菅を斬り進次郎長官大抜擢画策も菅カンカン で、うまくいくものか

-唯一支持率頼みの安倍内閣にあって、時事通信社29.9%、ANN29.2%と、安倍再登板以降最低、というより「危険水域」と言われる30%を割り込んでしまった。「マスコミよ、お前もか!」の安倍の嘆きをよそに、過去にここまで落ちて再浮上したケースはなく、そのままずるずる総辞職に至るものなのだそうである。しかるに往生際の悪い「地位連綿(恋々)野郎」安倍晋三は、来月3日予定の内閣改造にミラクルを期待しているという。とにかくそんなこんなのすべての局面で、安倍の責任が厳しく問われているというのに、辞めるつもりは毛頭ないらしい。それが証拠に、今秋の臨時国会への改憲草案提出をマジで狙っていると言うから、主治医の慶大病院医師もお手上げの、レベル5末期的サイコパス病原菌全身転移の手がつけられない脳乱状態なのである。「テコでも辞めないつもりの総理をどうやって辞めさせる?」。それでなくても例年以上の猛暑なのに、国民にとっては余計暑苦しさの増すばかりの夏、関東以西は梅雨明けしたことだし、皆様におかれましてはどうぞご自愛くださいませ、あらためて「暑中お見舞い申し上げます」。 (大場光太郎・記)-

小泉進次郎官房長官人事という起死回生策をめぐり、菅義偉官房長官が、カンカンになって激怒、内閣改造延期(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/342.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 7 月 19 日 07:21:32
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/f5b79fec9eca341bfd34e3e9b7935c58
2017年07月19日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三内閣支持率が、「20%台」に転落、「底なし沼」に嵌って、さあ大変。「小泉進次郎官房長官」人事という起死回生策を検討しているという。新聞、テレビ各社の社会部記者は、安倍晋三首相と腹心の友である加計孝太郎理事長による獣医学部新設疑惑を「贈収賄事件」と捉えて安倍晋三首相の「首」を狙って、「特ダネ競争」を加熱させているので、安倍晋三首相は、「内閣改造」によって煙幕を張って逃げ切ろうと躍起だ。だが、この起死回生策を刺しようすれば、当然、更迭される「菅義偉官房長官」は、カンカンになって激怒。おまけに麻生太郎副総理兼財務相が、甘利明前経済財政政策担当相を自民党政調会長に押し込もうと画策しているのを知った岸田文雄外相も激怒。岸田文雄外相は、自民党政調会長就任を希望している。このため、8月3日予定の内閣改造が8月14日に延期されそうな情勢だ。

50910
体調悪化の噂も消えず(C)日刊ゲンダイ

菅長官切り捨て、改憲も…安倍政権の“負の連鎖”止まらず 体調悪化の噂も消えず(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/345.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 19 日 09:15:55
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/209642
2017年7月19日 日刊ゲンダイ

 物事はいったん逆回転を始めると止まらないものだ。ドロ沼のもり・かけ疑惑に閣僚の失言失態、都議選での歴史的惨敗。負の連鎖に入った安倍政権は、もがけばもがくほど沈んでいく。この先も、内閣改造人事と地方選挙で追い詰められ、健康問題も相まって、悲願の改憲も風前のともしびだ。

■菅官房長官を切り捨て

 8月3日に予定される内閣改造・自民党役員人事。安倍首相はこの週末、私邸でゆったり過ごし、人事構想に頭を巡らしたようだが、ここへきて「骨格は動かさない」という発言が揺らいでいる。

「安倍さんが周辺に『やっぱり菅官房長官を代えたい』と言っているようなのです。もともと両者の関係は微妙な距離感があるうえ、記者会見での『怪文書』発言など鉄壁だった守りに不安が出ているし、安倍さんは菅さんが支持率下落の元凶のひとりだと思っている。後任にはゴマスリで総理に近寄っている茂木政調会長の名前が挙がっている。ただ、安倍さんも日替わりメニューのように言うことが変わるのでよく分かりませんけどね」(官邸関係者)

 改造人事は早くも混乱しはじめている。

■仙台市長選は劣勢

 その菅長官だが、23日投開票の仙台市長選のため15日に現地入りしたものの、街頭には立たず、なんと集会も非公開で行われた。都議選ショックの連鎖をよほど恐れているようだが、実際、情勢は厳しい。選挙は事実上「与野党対決」の構図で、自公が推す新人は、民進・共産・社民が共闘する元衆院議員を追い掛ける展開となっている。

「期日前の出口調査は横並びだそうで、そうなると当日は野党候補がもっと伸びるでしょう。野党候補の郡和子さんは地元の元アナウンサーで知名度バツグン。それが最大の要因なのですが、負ければ『また国政の影響』と言われるので、頭が痛い」(自民党関係者)

■外遊に主治医同行

 安倍の体調悪化の噂も消えない。週刊朝日は今週号で「安倍首相は会食はいつもどおりしているが、体調はあまり良くない」「外遊(欧州)にも消化器内科の権威である主治医が1人ついていった」と報じている。

■改憲も黄信号

 いまや安倍がやりたいのは「改憲」だけだが、支持率30%割れと求心力低下で怪しくなってきた。「秋の臨時国会で改憲案提案」という安倍シナリオがすんなり自民党内で了承されるか見通せない。公明党も、「改憲は政権の課題ではない」(山口代表)と慎重姿勢を強め、都議選で小池都知事と組んで完勝したことをバックに、自公の選挙協力で揺さぶりをかける。

 安倍政権はいよいよ行き詰まってきた。

50911
 日刊ゲンダイ @nikkan_gendai 

もり・かけ疑惑に閣僚の失言失態、都議選での歴史的敗北で負の連鎖に入った安倍政権。内閣改造で心機一転を狙うも、23日投開票の仙台市長選も劣勢、支持率も危険水域の30%割れといよいよ行き詰ってきました。記事は本日の3面に掲載。日刊ゲンダイは駅売店かコンビニでお求めください。

|

« 【総辞職しかない】支持率急落でドタバタ劇…最早見世物、“錯乱”安倍政権の自爆ショー | トップページ | 【日報隠蔽了承】防衛相はおろか議員辞職相当 嘘つきまくり整形婆朋美の円満退職を許すな »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【総辞職しかない】支持率急落でドタバタ劇…最早見世物、“錯乱”安倍政権の自爆ショー | トップページ | 【日報隠蔽了承】防衛相はおろか議員辞職相当 嘘つきまくり整形婆朋美の円満退職を許すな »