« 【THIS IS 安倍降し】面従腹背の麻生をはじめ安倍包囲網着々の党内抗争激化か | トップページ | 【安倍降し強まる】仰天!足元からも安倍批判&ヌエ公明党も見切る “死に体”安倍政権は臨時国会でご臨終!? »

【稲田辞めろ】札付き大臣・稲田朋美防衛相の問題言動が止まらない!

-都議選における自民党の歴史的惨敗の要因として、党内から「THIS」なる4人の名前が挙げられている事を直前記事で紹介した。T(豊田真由子衆院議員)H(萩生田光一官房副長官)I(稲田朋美防衛相)S(下村博文元文科相)の4人である。いずれも総理総裁派閥の清和会所属である事から、改めて他派閥による清和会呪詛の声が日増しに大きくなっているわけである。しかし大惨敗の原因をすべてこの4人組に押し付けるのは酷だと思う。独断と偏見で言うが、57-23=34議席減のうち、ベースとして20議席分は森友・加計疑惑&両疑惑に対する安倍晋三自身の不適切な対応がまずあったと考えたい。だから「THIS」4人組の責任は残りの14議席分、大敗因の主なる責任を負うべきは安倍晋三自身なのである。いずれにせよ大敗北の結果、自民党があれほど突っぱねていた加計疑惑追求のための閉会中審議に応じざるを得なくなった。すなわち10日の前川喜平氏参考人招致決定(ただし外遊中の安倍総理は出席せず)である。そうはいっても、4人組の責任は決して小さなものではない。たとえば都議選終盤に飛び出した稲田防衛相の「自衛隊としてもよろしく」発言を、自民党に入れなかった理由に挙げる都民有権者も多いという。だから巷間で言われたように安倍が「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」決断で稲田を即罷免していれば結果は多少変わったかもしれない。

 既に「問題言動のデパート」として定着している感のある稲田朋美防衛相である。が、新たに2つの問題が発覚してまたまた大炎上中である。一つは、「(辺野古を造っても)場合によっては普天間飛行場の返還がなされないこともあの得る」という、6月15日の参院外交防衛委での稲田答弁である。えっ、同飛行場返還を前提に辺野古基地建設にしぶしぶ応じて来たのに、約束が「違うだろー」「違うだろー」「違うだろうーー!」と地元沖縄県議会は大紛糾というのである。どうも稲田大臣は(初めから返すつもりのない)日米密約を漏らした可能性があるという。仮に稲田が沖縄県民や国民を思っての同答弁なら、むしろ「よくバラシてくれた」とこれだけは率直に評価したい。しかし稲田の一連の言動から推し量るにそうではなく、不用意に漏らしてしまったということなのではないか。そのためか、都議選終了直後「今月中旬に開かれる予定だった日米2+2会合は米側の都合で秋以降に延期」というニュースは、これが原因だった可能性があるという。まあこれについては、任命権者の安倍と「お友達」稲田とよく相談して善処してくれや(最良の解決策は二人とも辞めることだ)。バカバカしいから、もう一つの問題も大事だが省略。以下の転載記事をお読みいただきたい。 (大場光太郎・記)-

508
口を開けば失言ばかり(C)日刊ゲンダイ

2プラス2突如延期 稲田大臣「普天間答弁」で密約漏洩か(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo228/msg/667.html

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 07 日 12:45:05
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208873
2017年7月7日 日刊ゲンダイ

 米国のトランプ政権発足後、初めての日米2プラス2(外務・防衛担当閣僚協議)が突如、延期になった。14日にワシントンで開催される予定だったが、「トランプ大統領の訪仏にティラーソン国務長官も同行する」との理由で米側がキャンセルした。

 通告は安倍自民が都議選で歴史的大敗を喫した直後。安倍政権を見限った、あるいは稲田防衛相が「防衛省、自衛隊としてもお願い」発言で更迭必至だからか、などと勘繰られていたが、どうやら稲田大臣のある答弁が引き金だったようなのだ。

 問題になっているのは、6月15日の参院外交防衛委での稲田大臣の答弁。米軍普天間基地の辺野古移設をめぐり、普天間返還について「米側との具体的な協議やその内容に基づき調整が行われなければ返還条件が整わず、普天間飛行場の返還がなされないことになる」と口にしたのだ。

■沖縄県議会は大紛糾

 防衛相が「普天間は返還されない」と明言したのは初めてのこと。当然、沖縄県民は猛反発。県議会で翁長与党の議員が代表質問で取り上げ、野党の沖縄・自民が事実と異なるとして、議事録に記載された質問そのものの訂正を求めるなど大騒ぎになっている。

 沖縄国際大教授の前泊博盛氏がこう言う。

「稲田大臣は日米間の密約を漏らした可能性があります。辺野古の新基地が建設されても、普天間は返還されないのではないか。多くの沖縄県民が抱いている危惧を閣僚が国会答弁で裏付けたのですから、非常に重い発言です。とりわけ対米関係を重視する安倍政権にとっては大ダメージで、虎の尾を踏んだのではないか」

 2013年4月に日米両政府が合意した普天間飛行場の返還条件は、関連施設や部隊のキャンプ・シュワブへの移設など8項目に及ぶ。現状で条件を満たしているのは「KC130空中給油機の岩国飛行場の本拠地化」だけだ。

「日本政府は普天間返還の確約を取ったのか。取ったのであれば、何を担保としてそう言えるのか。徹底的に追及する必要があります」(前出の前泊博盛氏)

 すでに今年2月、米国のマティス国防長官は初来日した際、稲田大臣に防衛大臣としての資質がないことを見抜いている。無能大臣は一刻も早く辞めさせた方がいい。 

deepthroat @gloomynews 

日刊ゲンダイ◆2プラス2突如延期 稲田大臣「普天間答弁」で密約漏洩か https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208873 「問題になっているのは、6月15日の参院外交防衛委での稲田大臣の答弁」

2017年Jul7日 07:38
 さとしん📻Shin Sato📷佐藤伸 @shinsato0130 

普天間返還について「米側との具体的な協議やその内容に基づき調整が行われなければ返還条件が整わず、普天間飛行場の返還がなされないことになる」と口に

2プラス2突如延期 稲田大臣「普天間答弁」で密約漏洩か https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208873
 oohira ataru @ttammakko 

2プラス2突如延期 稲田大臣「普天間答弁」で密約漏洩かhttps://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208873 「密約暴露」この件は「無能大臣」が唯一国民に取って良い事をしてくれたんじゃないですか?傀儡政権が宗主国に見限られるのは良い事ですよ。やっと「お役に立てた」じゃないですか。

|
|

« 【THIS IS 安倍降し】面従腹背の麻生をはじめ安倍包囲網着々の党内抗争激化か | トップページ | 【安倍降し強まる】仰天!足元からも安倍批判&ヌエ公明党も見切る “死に体”安倍政権は臨時国会でご臨終!? »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【THIS IS 安倍降し】面従腹背の麻生をはじめ安倍包囲網着々の党内抗争激化か | トップページ | 【安倍降し強まる】仰天!足元からも安倍批判&ヌエ公明党も見切る “死に体”安倍政権は臨時国会でご臨終!? »