« 【誰が名づけた】「女体盛り内閣」 安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ! 16歳少女に女体盛り、北情勢緊迫の中キャバクラ通い、女性記者セクハラ | トップページ | 【続けさせる意味内閣】総裁派閥の細田派まで反安倍へ 福田元総理の安倍退陣要求に細田会長も同調か »

【国家破滅内閣】に名を連ねた卑しい権力亡者の閣僚たち 大嘘つき続ける安倍首相 小手先改造の無意味

-今回の改造内閣に対し、直近記事で「リフォーム詐欺内閣」という毎日新聞推奨ネーミングを紹介した。と、今度は「毎日に負けるな」とばかりに、朝日新聞が「もう間に合わ内閣」というネーミングを推奨した。小川仁志氏の創案だそうである。小川氏は哲学者で、ユニークなことに、哲学をより身近なものにと、市街地で「哲学カフェ」を開き市民との直接対話を心かげている人だという。何やら、古代ギリシャはアテネのアゴラ(広場)に出かけては、そこに居合わせた市民たちに哲学論議を仕掛けたソクラテスを髣髴とさせる話である。と、少しばかり脱線したが。「もう間に合わ内閣」は、今回の改造内閣をどこかおちょくっている風でもあり、これはこれで面白いネーミングである。既に完詰状態だったのに、往生際の悪いことに投了(内閣総辞職)せず、内閣改造で誤魔化そうとしているからいろいろとおちょくりネーミングをされてしまうのだ。国民目線に立って考えてみれば、アベノドロブネ政権が続くことにより、国民生活が「もう間に合わない」までに一層破壊されかねない懸念も大有りなのだから、要注意である。国&国民に幾重にも害を為す「国家破滅内閣」(by日刊ゲンダイ)は、一日も退場させなければならないのである。 (大場光太郎・記)-

天皇陛下を戴く世界支配層は、「尻拭い内閣」安倍晋三改造内閣を「つなぎの政権」と見て「本格政権樹立」を進める(板垣 英憲)
http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/233.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 8 月 04 日 09:04:57

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/951fcd6b0d3a4c3bdc6862fb25063ddf
2017年08月04日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「尻拭い内閣」第3次安倍晋三第3次改造内閣は8月3日夕、スタートした。森友事件・加計学園疑惑、日報隠し問題、共謀罪問題の「尻拭い」は、すべて自民党派閥「宏池会」(岸田文雄会長)に押し付けた「卑怯極まりない」安倍晋三首相は、「仕事人内閣」と名付けた。

しかし、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、この「改造内閣」は、次の政権に移行するための「つなぎ政権」として、自民党と民進党の重要閣僚らによる「本格政権樹立」の準備を着々と進めている。首相候補は、「環境さえ整えば、首相を引き受ける」とヤル気満々であるという。

伊吹文明元衆院議長は、安倍晋三首相から「文科相就任」を打診され、政界重鎮に相談、「断れ!」と言下に反対された(板垣 英憲
http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/193.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 8 月 03 日 09:56:36:

http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/f7eca0da5a8cb13dba210db57fc27605
2017年08月03日 板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

◆〔特別情報1〕
 「大臣病患者60人」の権力欲が沸騰している自民党内で、唯一超然としているのが、伊吹文明元衆院議長(在任期間2012年12月26日~2014年11月21日)だ。安倍晋三首相が、何をトチ狂ったのか、内閣改造(8月3日)に当たって、「文部科学相就任をお願いしたい」と伊吹文明元衆院議長に打診してきた。これに対して、伊吹文明元衆院議長は固辞したという。理由は「国権の最高機関である衆院議長経験者が、行政府の閣僚(総理大臣の属領=部下)を務めるのは、「筋が通らない」というものだった。はっきり言えば、「加計学園の獣医学部新設疑惑の尻拭いをさせようとは、バカにするな」ということだ。真偽のほどは定かではないけれど、伊吹文明元衆院議長は、政界の重鎮に相談したところ、「断れ!」と言下に反対されたそうである。この重鎮は、「ポスト安倍」の新政権樹立を仕掛けているというから、当然の「聖断」である。

【阿修羅常連コメンテーター「めんたいこ」氏のコメント】

9. めんたいこ[1784] gt@C8YK9gqKCsQ 2017年8月05日 00:37:38 : 33gkVeqF9Q : Ax4nyS1tFf0[3]

「行き場の内閣」

「人気が内閣」

「物の怪内閣」

「恥ずかしく内閣」

「証人喚問し内閣」

「とても至ら内閣」

「深く反省し内閣」

「支持率上がら内閣」

「記憶に内閣」

「記録に内閣」

「保存して内閣」

「私に責任は内閣」

元記事
それならうちは「もう間に合わ内閣」と朝日! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/246.html

国家破滅内閣に名を連ねた卑しい権力亡者の閣僚たち<上> 大嘘つき続ける安倍首相 小手先改造の無意味(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/256.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 04 日 19:55:05

5118
第3次安倍再々改造内閣が発足(C)AP

■大嘘つき続ける安倍首相 小手先改造の無意味

 これほど醜悪な内閣改造劇は見たことがない。 3日、第3次安倍再々改造内閣が発足。森友学園、加計学園、自衛隊の日報隠蔽問題などで追い詰められ、政権浮揚を狙って人事刷新に踏み切った。

 安倍首相は記者会見で「結果本位の仕事人内閣」と名付け、胸を張っていたが、その表情は冴えなかった。船出するのが泥舟では、それも当然か。

「地味でパッとしない布陣だよね。“挙党態勢”と言うけど、中身は二線級ばかり。総理が声をかけた連中は、みな断っている。伊吹文明さんに文科相就任を断られ、河村建夫さんに打診しても逃げられたらしい。泥舟に乗りたくないと思われたら、政権の終焉は近い。大臣になったのは、泥舟でもいいから乗りたい連中だけでしょう」(自民党関係者) 
 この改造の本質が「疑惑隠し」にあることは、国民もお見通しだ。

「仕事人内閣というのなら、真っ先にやるべきことは、腐臭漂うスキャンダルの解明です。ところが、安倍政権の中枢メンバーは、加計学園問題で子供だましの嘘をつき続け、内閣改造の目くらましで国民をゴマかし、疑惑にフタをしようとしている。

 木の幹が腐っているのに、先端の細い枝だけ接ぎ木して立派に見せようとしているようなもので、こんな小手先の内閣改造には何の意味もありません。首相の反省の弁も口先だけで、一時的に殊勝な態度を見せれば国民をダマせると甘く考えているのがミエミエです。本当に反省していれば、内閣改造で延命を図るのではなく、行政を混乱させた責任を取って退陣しているはずです」(政治評論家・本澤二郎氏)

 沈みゆく泥舟と知りつつ、国家破滅内閣の泥舟に乗った連中もロクなもんじゃない。

5119
安倍政権を酷評した福田元首相(C)日刊ゲンダイ

■福田元首相に看破された最低最悪内閣の正体

 安倍政権の破廉恥体質については、2日に共同通信のインタビューに応じた福田元首相が痛烈に批判している。森友学園への国有地払い下げや、加計学園の獣医学部新設を踏まえ、安倍政権下で「政と官」の関係がおかしくなっていることを「国家の破滅」という厳しい言葉を使って断罪したのだ。

<各省庁の中堅以上の幹部は皆、官邸(の顔色)を見て仕事をしている。恥ずかしく、国家の破滅に近づいている>

<官邸の言うことを聞こうと、忖度以上のことをしようとして、すり寄る人もいる。能力のない人が偉くなっており、むちゃくちゃだ>

<自民党がつぶれる時は、役所も一緒につぶれる。自殺行為だ>――。

 安倍が第1次政権をブン投げた後を引き継ぎ、「あなたとは違うんです」の迷言を残して辞めた福田から見ても、いまの安倍政権は異常なのだ。

「福田氏は慎重な発言をするタイプだけに、ここまで言うのはよほどのことですが、最低最悪内閣の本質をよく言い当てている。安倍首相は、一部の仲間内で国家権力を私物化しており、その一端が森友や加計問題で露呈したのです」(本澤二郎氏=前出) 

 自由党の小沢一郎代表も、内閣改造に関して談話を発表。こうつづっている。

<いま内閣に問われていることは、総理の友人の為の便宜供与や総理を守るための文書廃棄、口裏合わせ等の隠ぺい工作、そして、何よりそういうことを可能ならしめている公務員の「総使用人化」である>

<安倍総理は内閣改造などという意味のないことをする前に、即刻「すべて」を明らかにしたうえで、今こそ潔く身を引くべき時である>

 真っ先に変わるべき人が居座り、改造人事を断行するという不条理。“死に体”首相の卑しい思惑で政治が愚弄されている。

51110
菅官房長官と二階幹事長は残ったまま(C)日刊ゲンダイ

■悪相・暴言で支持率が上がるわけはなし

「結果重視、仕事第一、実力本位の布陣を整えられた」――。組閣を終えた安倍は政権浮揚に自信を見せているが、この布陣では政権浮揚などあり得ない話だ。

 支持率急落に拍車をかけた菅官房長官と二階幹事長が残ったままなのに支持率が回復するはずがない。菅は加計問題で文科省の内部文書を「怪文書」扱いし、国民の政権不信に火をつけた男だ。しかも、批判を浴びた後も態度を変えず、安倍と加計孝太郎理事長の会食が、関係業者との供応接待を禁じた大臣規範に抵触するのではないか――との疑問に対しても「通常の交際」と顔色を変えず言い放っている。いまや、ゴーマン政権の象徴である。国民はあの悪相を見るたびに安倍政権への不信を募らせている。

 一方、二階は都議選の応援演説で「私ら(自民党)を落とすなら落としてみろ」と暴言を吐き、都議選の惨敗後も何ら反省することもなく、派閥の勉強会でも「そんなことに耳を貸さないで」と開き直っている。

 そんな「悪相・暴言」の2人が今後も毎日、テレビカメラの前に出てくるのに、他の閣僚を多少、入れ替えたくらいで国民の印象がガラリと変わるはずがない。政治評論家の小林吉弥氏はこう言う。

「政権の屋台骨は変わらず、イメージ刷新も程遠い。支持率の回復は到底期待できません」

 9月の臨時国会で、野党が再び、森友、加計問題を厳しく追及するのは確実。あの悪役2人がまた開き直れば、さらに国民の怒りに火をつけるのは間違いない。

 rima *一般人 @risa_mama117 

日刊ゲンダイ|国家破滅内閣に名を連ねた卑しい権力亡者の閣僚たち<上>https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210874 「これほど醜悪な内閣改造劇は見たことがない…
「地味でパッとしない布陣だよね。“挙党態勢”と言うけど、中身は二線級ばかり。総理が声をかけた連中は、みな断っている」」

|
|

« 【誰が名づけた】「女体盛り内閣」 安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ! 16歳少女に女体盛り、北情勢緊迫の中キャバクラ通い、女性記者セクハラ | トップページ | 【続けさせる意味内閣】総裁派閥の細田派まで反安倍へ 福田元総理の安倍退陣要求に細田会長も同調か »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【誰が名づけた】「女体盛り内閣」 安倍改造内閣はハレンチ閣僚だらけ! 16歳少女に女体盛り、北情勢緊迫の中キャバクラ通い、女性記者セクハラ | トップページ | 【続けさせる意味内閣】総裁派閥の細田派まで反安倍へ 福田元総理の安倍退陣要求に細田会長も同調か »