« 【さすがプーチン!】ロシア国営TVがロスチャイルドの“鉄の掟”を暴く特集番組を放送! 遂にプーチンの極秘計画が始まった! | トップページ | 【安倍辞めろ!】世界支配層からも国民からも身内の懐刀からも見離されながら、なお地位恋々の暗愚宰相 »

【世界平和逆行内閣】安倍政権で泥沼化 集団的自衛権で東アジア安定の大ウソ

-支持率低下にあえぐ安倍晋三にとって、一連の北朝鮮ミサイル発射、核実験騒動は渡りに船、カリアゲ金正恩様々のはずだった。しかし肝心の支持率はほとんど上向いていない。直近の共同通信調査では、「支持44.5%」(8月より0.1ポイント増)に対し、「不支持46.1%」と再び支持を上回った。これはいくらバレバレの北朝鮮危機煽り詐欺を繰り返しても、国民の森友・加計疑獄隠しによる「人柄が信用できない」感が容易に払拭出来ないことを示して余りあるものである。それにこれだけ、国内外に北朝鮮制裁オンリーを広言してしまえば、秘密裏に検討されていたという、小泉純一郎特使による電撃北朝鮮訪問、拉致被害者数名連れ戻し、安倍晋三ピョンヤン正式訪問・金正恩会談による米朝和解への仲介役という究極の支持率大幅アップ作戦も取りづらくなってしまった。これすなわち、安倍単細胞レベルでは、毎度言う米朝韓中露「近隣5カ国高次連立方程式」の解を得るのは土台ムリだということである。そんなハイレベルの事を言ってもしょうがない。近々の問題として、安倍&自民党幹部が真顔で検討しているという、9・25(臨時国会召集日)解散、10・22総選挙なんてホントに出来るの?不支持が支持を上回っているこの状況下で?一説には、9・25までに「(不正街道)驀進の友」だか「(岸信介)孫同士の友」だかの加計孝太郎に今治加計獣医学部新設白紙撤回を言わせ、すかさず衆院解散に打って出るシナリオが練られているという。さすが謀略レベルだけは桁違いだわ、と驚くしかないが、そんな姑息な手段に出ても憲法改悪に必要な3分の2を大幅に割り込むのは確実だ。そんなことより、まず安倍が総理を辞め、それから解散、その方が自民党の蒙る実害はずっと少ないはずだ。いつまでたっても安倍を総理の座から引き摺り下ろそうとしない、自民党議員たちの気が知れないというものである。 (大場光太郎・記)-

51436

内閣支持率また逆転 共同調査で「不支持」再び上回る! 
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/675.html

でんと刈り上げの飼い主が仕組んだ襟裳ミサイルで、不支持二倍を逆転させたかったようだが無理である
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/496.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2017 年 9 月 04 日 07:03:09

ダマスゴミの共同もさすがに逆転ははばかられて差を詰めただけにしたようだが、でんが逃げきれるとしたら、加計とアッキードを生け贄に差し出して、ボクは悪くないもんととぼける以外にないが、それすらせずに女体盛り内閣を続けても無意味である。
ハゲが加計白紙撤回と解散をテレビで言ったそうだが、もうムサシマンサックス選挙とテポドン詐欺でなんとかなる時代ではなく、飼い主が偽ユダヤという背乗りがばれて、ひょっとこが大好きなヒトラーもアドルフロスチャイルドヒトラーであるとバレてしまう時代で、キムチが日本人の振りをしても、日本人と在日中国人に笑われるのがオチである。
お白州で好感度アップを狙って切腹を逃げ回るとか、武士道精神が薄れた現代にあっても、このハゲー、亀田次男型の逃げ回りは違うだろー、チャングムのソナタ臭い芝居やめてくれるー、でん様ー、れん様ー、便箋樣ー、みぞゆう様、ステキーって馬鹿ですかという感じである。    
(※ 「ハゲ」とは飯島勲内閣参与、「ひょっとこ」とは麻生太郎、「便箋樣」とは義家弘介。以下省略。)  

51434
「水爆」を視察する金正恩委員長(左は安倍首相)/(C)朝鮮通信=共同

安倍政権で泥沼化 集団的自衛権で東アジア安定の大ウソ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/706.html 
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 04 日 19:00:10

  暴走が止まらない。北朝鮮が3日、6回目の核実験を強行。北朝鮮国営メディアでは、例のオバちゃんアナが毎度の大袈裟な口調で「重大報道」を読み上げ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に「完全成功」したと発表した。

 北は昨年1月6日にも「水爆」と主張する実験を行い、建国記念日にあたる9月9日にも核実験を実施。今回の核実験による地震のエネルギー規模は「(前回より)少なくとも10倍程度は大きなものと考えている」(気象庁津波監視課)というから不気味だ。

 小野寺防衛相は今回の爆発規模は推定70キロトン、広島級原爆の4倍超と、記者団に答えた。アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国に続き、カリアゲ独裁者の手に水爆が渡れば、日本を含む東アジア全域にとって重大な脅威となる。

 7月の2回にわたるICBMの試射、先月29日に北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射したばかりの暴挙。核の脅しに安倍首相は声明文で、「わが国の安全に対する、より重大かつ差し迫った、新たな段階の脅威であり、地域および国際社会の平和と安全を著しく損なう」と非難、次のように息巻いてみせた。

「不測の事態の発生を防ぎ、発生した場合、これに万全の対応を行うため、わが国として不断に必要な態勢を取るとともに、米国等と緊密に連携し、もってわが国の平和と安全の確保、国民の安全・安心の確保に万全を期す」

 随分と勇ましい調子だが、冗談ではない。今日の安全保障の危機的状況を生み出したのは、安倍政権のせいだ。とりわけ、身勝手な解釈改憲で、集団的自衛権の行使を容認した2014年7月1日の閣議決定以降、金正恩政権の核・ミサイル開発のペースを速める結果を招いてしまった。

■誰も安保法制で脅威が弱まったとは感じない

 安倍政権が集団的自衛権の行使に踏み切った最大の狙いは「抑止力」の向上だったはず。朝鮮半島有事や弾道ミサイル発射などを念頭に、日米同盟を強化し抑止力を高める――。憲法破壊の閣議決定後の会見でも、安倍はこう強調していた。

「安全保障環境が厳しくなる中、切れ目のないしっかりとした態勢をつくることによって、抑止力を強化し、日本や地域はより平和で安定した地域になる」

「万全の備えをすること自体が日本に戦争を仕掛けようとする企みをくじく大きな力を持っている。今回の閣議決定によって日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」

 ところが、現実はどうか。安倍は金正恩が暴走するたび、念仏を唱えるように「日米同盟の強化」を繰り返してきたが、北朝鮮は米軍との一体化にひるむどころか、核・ミサイル開発はエスカレート。この数年で日本に対する軍事的脅威が弱まったと感じている人は皆無に等しいだろう。

 安倍政権の集団的自衛権解禁は北朝鮮の脅威を抑止するどころか、火に油を注ぎ、ますます炎を強めているのだ。

「集団的自衛権行使の本質は米軍と自衛隊の一体化です。アジアでの武力維持に多くの予算を割きづらい米国は大歓迎でしょうが、金正恩政権には新たな脅威でしかない。米韓中心の国連軍と休戦協定を結んだものの、今なお戦争状態にある北朝鮮にすれば、日本が率先して敵の先兵役を買って出たように見える。単なる挑発でしかなく、北朝鮮が新たな脅威に備え、核・ミサイル開発に血道を上げ、抑止力を向上させるのは当然の帰結です」(立正大名誉教授・金子勝氏=憲法)

 あの閣議決定以来、この国の安全保障はすっかり暗転してしまった。

51435
初の米艦防護(海上自衛隊の護衛艦「いずも」=手前、左上は停泊中の米海軍補給艦)/(C)共同通信社

■「核の脅し」に加担するおろかな挑発の数々

 それなのに、安倍政権は日米同盟強化に一辺倒だ。今年に入ってトランプ米政権と手を組み、軍事的示威活動を繰り返している。

 4月下旬には米原子力空母「カールビンソン」と海自のイージス艦が南西諸島周辺の西太平洋上で合同訓練を実施。5月には海自最大の護衛艦「いずも」が房総半島沖で米海軍補給艦と合流し、四国沖の太平洋まで防護した。「米艦防護」の任務実施は昨年3月の安保関連法の施行後、初めてのことだった。

 先月29日に北が日本上空を通過する弾道ミサイルを発射した2日後には、空自のF15戦闘機2機と米空軍のB1爆撃機2機、米海兵隊のF35B戦闘機4機が九州周辺空域で共同訓練を実施した。

 特にB1は、米軍の北朝鮮ミサイル基地への先制攻撃のカギを握る戦略爆撃機だ。金正恩が神経をとがらせる爆撃機と空自の戦闘機に編隊を組ませるとは、タチの悪い嫌がらせ以外の何物でもない。

 米軍と一緒に挑発を重ねるほど、北朝鮮の核・ミサイル開発のペースを速める効果をもたらすだけである。まるで安倍政権はカリアゲ独裁者による「核の脅し」に加担しているようなものではないか。前出の金子勝氏はこう指摘する。

「防衛予算も第2次政権の発足から毎年、右肩上がり。来年度の概算要求額は5兆2551億円と、またもや過去最大を更新です。捨て置けないのは、専守防衛を原則とする憲法9条に違反するような経費まで計上されたこと。尖閣諸島などの離島防衛を名目にした『高速滑空弾』や、長射程の『対艦誘導弾』の研究費を求めましたが、これらの新兵器は敵基地攻撃能力にも転用可能です。自衛隊が専守防衛から大きく舵を切り、北朝鮮の基地をブッ叩けるように打撃能力を高めれば、金正恩が『日本は一線を越えた』と受け止めかねません。これ以上の挑発は非常に危うい」

 安倍政権の手によって、朝鮮半島有事はどんどん泥沼化しつつある。

■三馬鹿が居座る限り緊張関係は続く

 北朝鮮への制裁強化では、もうカリアゲの暴走は止められない。なぜ北朝鮮は挑発を繰り返すのか――。核・ミサイル開発の阻止には、その点を冷静に考えなければいけない。北朝鮮は、米国などに自分たちの体制や指導者を軍事行動で破壊されるのを恐れ、核・ミサイル開発で抑止力を高めているとみるのが、自然だ。それならば、国際社会が「金正恩体制の維持」を確約するしか、開発を止める術はない。

 北朝鮮のような「ならず者国家」の体制維持を保障すれば、ますますツケ上がると眉をひそめる向きもあるだろうが、国連憲章の第2条4項にはこう記してある。

〈すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、又、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない〉

 いかなる「ならず者国家」であっても、その国家の主権を尊重するのが、国際社会のルールなのだ。元外務省国際情報局長の孫崎享氏はこう言った。

「米国も北朝鮮が核保有国であることを前提に金正恩体制維持に向けた2国間交渉に乗り出すべきですが、トランプ政権は拒否。逆に金正恩抹殺と体制崩壊を目的のひとつに掲げる米韓軍事演習に精を出すのですから、北朝鮮の核・ミサイル開発は延々と続いてしまう。金正恩は今の緊張関係を、米国の圧力下でも開発を断行したと国威発揚に利用していますが、この発想は国内の支持が不安定なトランプ・安倍両政権も同じです。トランプ政権は緊張が高まるほど、日韓両国を軍事面で強固に引きつけられる。安倍政権もこの緊張を政治利用し、支持率回復を狙っています。三者三様に緊張をプラスと捉える指導者が居座る限り、脅威は消えません」

 世界平和のためにも、一刻も早い安倍首相の退陣が必要だ。

 桃丸 @eos1v 

安倍政権で泥沼化 集団的自衛権で東アジア安定の大ウソ|日刊ゲンダイDIGITAL http://bit.ly/2wxFrCM  @tim1134

|
|

« 【さすがプーチン!】ロシア国営TVがロスチャイルドの“鉄の掟”を暴く特集番組を放送! 遂にプーチンの極秘計画が始まった! | トップページ | 【安倍辞めろ!】世界支配層からも国民からも身内の懐刀からも見離されながら、なお地位恋々の暗愚宰相 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【さすがプーチン!】ロシア国営TVがロスチャイルドの“鉄の掟”を暴く特集番組を放送! 遂にプーチンの極秘計画が始まった! | トップページ | 【安倍辞めろ!】世界支配層からも国民からも身内の懐刀からも見離されながら、なお地位恋々の暗愚宰相 »