« 【犯罪隠し外道解散】安倍ら完全に読み違えか?民進、共産中心の野党共闘急ピッチ 安倍自民党を過半数割れに追い込め! | トップページ | 【朗報】前原民進党と小沢自由党合流へ 安倍外道政権を打倒&政権交代期待が一気に高まる »

【許すな!安倍友犯罪天国】レイプマン山口敬之・検察審査会、ペラ1枚で不起訴相当議決 世も末だ、安倍&安倍友の犯罪はすべて免罪に

-これも解散を睨んだ布石なのだろう。先週21日、TBS元記者・山口敬之の準強姦罪への第六検察審査会が「不起訴相当」議決を出した。これは、東京地検の不起訴処分を不服として、被害女性・詩織さんが同審査会に申し立てていたものである。山口敬之(やまぐち・のりゆき)は詩織さんに薬物混入の酒を飲ませ、意識朦朧の詩織さんを無理やりホテルに連れ込み強姦に及んだのである。タクシー運転手の証言やホテルの監視カメラ映像などから、山口が最初から詩織さんを強姦目的でホテルに連れ込んだのは確実である。だから告訴を受理した所轄警察署は山口の逮捕状を取り、逮捕寸前だった。しかし直前に中村格警視庁刑事部長(当時)の異例の一声により逮捕取り止め、検察も不起訴処分としたのである。安倍官邸中枢&北村滋内閣情報官→中村格(なかむら・いたる)ラインによる不当介入だったとみられている。この件で山口は、アイヒマン北村への事件経過報告メールを週刊誌サイドに誤送するヘマもやらかしている。

 対して納得できない詩織さんは、検察審査会に申し立てたのである。しかし検察審査会がいかにデタラメかは、例の小沢一郎検察審査会の過程で十分過ぎるほど明らかになっていた。今回もまったく変わりなかったのである。江川紹子氏によれば、下画像のような紙ペラ一枚の木で鼻をくくったような内容で、しかも規定では必ず付けることになっている審査補助弁護士が付いてなかった可能性があるという。すべては秘密審査会である。2次選定により11人の審査員に絞り込む際は、検察審査会事務局の恣意的判断で決めるらしいから審査員が信用ならない上、起訴相当を出した2度目の小沢審査会の時のように全員“幽霊”だった可能性も否定できない。警察も検察も検察審査会も裁判所も、すべてが「安倍様」奉仕機関に堕しているのだ。2年ほど前の国際会議で「日本の司法は中世並み」とアフリカ委員が指摘したように、メチャクチャであり恐ろしい事態である。

 これにより“トンズラの敬(のり)”は息を吹き返し、テレビ局やコメンテーター、週刊誌などを相手取って訴訟を起こすと息巻いているというし、逮捕を止めた中村格は警察庁総括審議官に栄転である。安倍政権が続く限り、晋三を中心とした悪人どもの好き勝手も際限なく続く。顔と名前を曝して山口レイプもみ消し事件の不当性を訴えた、詩織さんの勇気ある告発を無駄にしてはいけない。来るべき総選挙ではアベ政治に大鉄槌を下し、出来得れば安倍自民党を下野させ、晋三はじめ悪党どもに改めて厳正な法の裁きを受けさせなければならない。 (大場光太郎・記)-

<江川紹子氏>検察審査会が不起訴相当の議決。議決書はペラ一枚。理由も書かれておらず審査補助員の弁護士も就かなかったみたい
http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/746.html

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 24 日 10:25:05

51831

51831_2

 Shoko Egawa  @amneris84   

詩織さんの訴えに対して、検察審査会が不起訴相当の議決をしたと報じられていたので、どういう理由なのか見に行ったけど、議決書はペラ一枚で、理由らしい理由も書かれておらず……。審査補助員の弁護士も就かなかったみたいだ。

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 22 日 23:35:05

http://lite-ra.com/2017/09/post-3470.html
2017.09.22 安倍御用・山口敬之の不起訴はおかしい リテラ

 到底承服できない不当議決だ。今年5月、“安倍官邸御用達”ジャーナリストで元TBS記者・山口敬之氏からのレイプ被害を受けた詩織さんが、異例の実名顔出しで記者会見に臨み、真相究明を訴え検察審査会に不服申し立てをおこなっていたが、昨日、東京第6検察審査会が「不起訴相当」と議決していたことがきょうわかった。

 議決書では、〈不起訴記録及び申立人(詩織さん)の提出資料を精査し、慎重に審査したが、不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がない〉(朝日新聞より)としているというが、詩織さんは弁護士を通じて「判断をしっかり説明していただきたかった」とコメントを発表。まったくその通りで、審査ではどんな理由がなかったというのだろう。

 これまで何度も指摘してきたことだが、そもそもこの事件には、目撃証言や防犯カメラ映像などといった証拠がしっかりとある。

 詩織さんは山口氏と会食した際、それまで酒で酔いつぶれた経験もないのに突然、記憶を失ったという。最初に問題を告発した「週刊新潮」(新潮社)も、事件当日、山口氏と詩織さんをホテルまで乗せたタクシー運転手からこんな証言を得ている。

「女性は何度か“駅の近くで降ろしてください”と訴えていたのですが、男性が“何もしないから。ホテルに行って”とそれで、結局、2人をホテルに連れて行ったのですが、到着しても彼女はなかなか降りようとしませんでした。けれど最終的には彼女は体ごと抱えられて、座席から降ろされたんです」

 さらに、ホテルの防犯カメラを捜査員とともに確認したところ、そこには詩織さんを抱えて引きずる山口氏の姿が映像に残っていた。このほかにも、ベルボーイの証言やDNA鑑定の結果も出ており、こうしたことから捜査を担当した高輪署は山口氏の逮捕状を請求、発行もされた。

 意識を失った女性をホテルの部屋に引きずり込み、性暴力を働く。これは準強姦罪(準強制性交等罪)に該当する犯罪だ。これだけの証言・証拠があるにもかかわらず、今回、検察審査会が「不起訴相当」と議決したことはまったく理解できない。いや、性犯罪に対するこの国の司法の“甘さ”には、怒りを覚えずにはいられない。

 しかも、この事件は許しがたいレイプ事件という側面だけではなく、安倍官邸が関与して捜査を握り潰した疑惑まである重大事件だ。

 高輪署の捜査員は被疑者を逮捕するため、山口氏がアメリカから帰国する日に成田空港で待ち構えていた。ところが、その直前、上層部からストップがかかった。決裁したのは警視庁の中村格刑事部長(当時)。捜査ストップが中村氏の判断であったことは、「週刊新潮」の直撃に対し、中村氏本人も認めている。所轄が扱い逮捕状まで出た準強姦のような事件に、警視庁刑事部長が介入するのは異例中の異例であるが、この中村氏は“菅義偉官房長官の子飼い警察官僚”なのだ。

■逮捕をストップさせたのは、菅官房長官の片腕

 実際、中村氏は第二次安倍政権発足時に菅官房長官の秘書官を務め、菅官房長官から絶大な信頼を得ている。その証拠のひとつが、古賀茂明の証言だろう。

 詳細は本サイトの既報を読んでほしいが、古賀氏が明かしたところによると、2015年、『報道ステーション』(テレビ朝日)で「I am not ABE」発言をおこなった古賀氏に対し、官邸は大激怒。中村氏はこのとき、番組放送中に報道局ニュースセンター編集長に電話をかけ、さらには「古賀は万死に値する」という内容のショートメールを送りつけたのだという。つまり、中村氏はテレビ局に直接圧力をかける“菅官房長官の片腕”であり“実行部隊”なのだ。

 一方、山口氏は「安倍首相にもっとも近いジャーナリスト」と呼ばれる、TBS時代から安倍首相とズブズブの関係を築いてきた御用記者。安倍首相と昵懇の見城徹氏率いる幻冬舎から安倍PR本『総理』を出版し、本格デビューを果たした人物だ。しかも、この『総理』が発売されたのは、2016年6月9日。これは不起訴処分の決定が下される前のことだ。

 この点について、鋭い指摘をおこなっているのが、芥川賞作家の中村文則氏だ。

〈そもそも、首相の写真が大きく表紙に使われており、写真の使用許可が必要なので、少なくとも首相周辺は確実にこの出版を知っている(しかも選挙直前)。首相を礼賛する本が選挙前に出て、もしその著者が強姦で起訴されたとなれば、目前の選挙に影響が出る。〉
〈でも、山口氏の「総理」という本が16年6月9日に刊行されているのは事実で、これは奇妙なのだ。なぜなら、このとき彼はまだ書類送検中だから。
 しかもその(『総理』発売日の)13日後は、参議院選挙の公示日だった。だからこの「総理」という本は、選挙を意識した出版で、首相と山口氏の関係を考えれば、応援も兼ねていたはず。そんなデリケートな本を、なぜ山口氏は、書類送検中で、自分が起訴されるかもしれない状態で刊行することができたのか。〉(毎日新聞7月1日付愛知版)

 そして、それは、山口氏がなんらかのルートを使って、起訴がないことを事前に把握していたからではないか、と中村氏は分析する。

〈山口氏が、絶対に自分は起訴されないと、なぜか前もって確実に知っていたように思えてならない。それとも、起訴にならない自信があった、ということだろうか。でも冤罪で起訴されることもあるから、一度は所轄が逮捕状まで取った事案なのだから、少なくとも、自分の不起訴処分が決定するまで、この種の本の刊行は普通できないのではないだろうか。〉

■安倍政権絡みの事件で、「不起訴相当」の議決が続く

 この指摘は重要だろう。事実、「週刊新潮」によると、同誌の取材をうけて、山口氏はある人物にこんなメールを送っていたからだ。

〈北村さま、週刊新潮より質問状が来ました。
〇〇の件です。取り急ぎ転送します。
 山口敬之〉

 黒塗りの〇〇は詩織さんの苗字が記されていたというが、問題はメールの宛名の「北村さま」だ。「週刊新潮」はこの「北村さま」が北村滋内閣情報官のことだというのである。北村氏は総理直属の諜報機関・内閣情報調査室(内調)のトップで、“官邸のアイヒマン”との異名をもつ安倍首相の片腕的存在。山口氏は「(北村というのは)民間の人物でご指摘の人物ではない」と否定していたが、北村内閣情報官は「週刊新潮」の直撃に「お答えすることはない」といっただけで否定はしておらず、状況から見て、北村内閣情報官以外にはありえない。

 このように、山口氏と、警察官僚の中村氏や内調トップの北村情報官との関係を考えると、裏で官邸が動き、首相のお友だちである山口氏にいち早く不起訴を知らせていた(あるいは不起訴になるようにもっていった)可能性は十分あるといえるだろう。

 しかし、事件自体に数々の証拠が揃っていながら、検察審査会はなぜかこの問題に蓋をしてしまった。じつは検察審査会では、安倍政権絡みの事件での不起訴に対する不服申し立てについては、同様の「不起訴相当」の議決がつづいている。かなり悪質だった甘利明・元経済再生相の金銭授受問題でも、証拠隠滅のためハードディスクをドリルで破壊した小渕優子・元経産相の政治資金事件も「不起訴相当」という議決だった。

 検察審査会の審査員は、有権者からくじ引きで選出されるため恣意性があるとは思えないが、会議は非公開のため、どのように判断がなされたかはわからない。そのため、こうして疑問が出てくるのだが、もしかすると政治案件は起訴したくないという空気がここでも蔓延しているのだろうか。

 ともかく、いずれにしてもこのまま有耶無耶に終わらせてはならない。森友・加計学園問題では、安倍首相および昭恵夫人による政治の私物化が浮き彫りになったが、もし、安倍首相の御用ジャーナリストのレイプ事件の捜査を官邸主導で握り潰し、不起訴処分という結果につながっていたとしたら、これはとんでもない問題だ。国家権力の関与によって、逮捕されるべき人が逮捕されないという異常な自体が起こっているのならば、もはやこの国は法治国家ではなくなるからだ。

 卑劣なバッシングに晒されることを覚悟の上で告発した詩織さんの勇気を、けっして無駄にしてはいけない。

(編集部)

 からっぽ @kazenihukarete2 

法治国家でないな。
安倍が、俺が法って言ってそう。

誰だ、韓国を法治国家でないって嘲りわらってたやつ。
美しい国日本も法治国家でないぞーーーーー

|
|

« 【犯罪隠し外道解散】安倍ら完全に読み違えか?民進、共産中心の野党共闘急ピッチ 安倍自民党を過半数割れに追い込め! | トップページ | 【朗報】前原民進党と小沢自由党合流へ 安倍外道政権を打倒&政権交代期待が一気に高まる »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【犯罪隠し外道解散】安倍ら完全に読み違えか?民進、共産中心の野党共闘急ピッチ 安倍自民党を過半数割れに追い込め! | トップページ | 【朗報】前原民進党と小沢自由党合流へ 安倍外道政権を打倒&政権交代期待が一気に高まる »