« 【デタラメの晋】第一声の地が福島の私有地だったことがまず問題 そこで晋三は昭恵の日本酒を大宣伝&参加者に公選法違反となるおにぎりを配る | トップページ | 【帝国の終焉】アメリカ帝国は終わりつつある それに同調、追随国家ニッポンもほぼ100%同様の運命をたどる »

【勝負はこれからだ】安倍自公300超うかがう予測は、小池希望代表の「自民との“大連立”否定」発言により覆(くつがえ)るのではないか!?

-告示直後にHNKや共同通信が、「自公で300超をうかがう」という、げんなりするような予測を発表し、他社もこれに追随した。また各社が共通して触れているのは低投票率になるということである。今回のマスコミ予測は、民進党の分裂騒動、希望の党の急失速がその要因だとしている。これが米日悪魔勢力加担マスコミによる不正誘導報道かどうかは差し置くとして。安倍晋三再登板以降の国政選挙は、まず大マスコミが出した予測とほぼ違わない形の選挙結果、つまり安倍自公圧勝に終わった事は重要視しなければならない。しかし国民有権者はそう何度も騙されるわけにいかない。すべては安倍晋三のモリカケ隠しの「苦し紛れ解散」なのに、蓋を開けてみればまたも安倍自公与党勢力圧勝だなど、悪質な冗談にもほどがあるのだ。と、ここに来て、形勢不利に追い込まれた希望の党の小池代表が、「選挙後に自民党と組むことはない」と断言した。小池としても今ここで立場を鮮明にしなければヤバイ、と肌で実感したのだろう。何はともあれ、小池さん、心ある国民はその一言を待っていたのだ。自公希維巨大連立を組まれちゃたまらんからね。希望の党が自公と連立せず、逆に安倍自民党との対決姿勢を明確にしてくれるとなると、また情勢はがらりと変わる。「保保革」といわれているが、半分の「保」である希望・維新が「革」とともに野党を形成すれば、再び「政権交代」の“希望”が蘇えってくる。となると、希望の党を悪しざまに罵る事は自公勢力を利するだけということになる。現金で申し訳ないが、俄然「調子を崩した希望の党よ、今一度人気急上昇せよ!」と声援を送りたくなるのだ。またこれまでは「毒の花黒百合子」と毒づいてきたが、これからは少し控えて、あざみの歌ではないが「高嶺の花白百合子様」あるいはバルザック風に「可憐な谷間の百合子様」と美称しなければならないかなぁ、と思案しているところなのである(笑)。 (大場光太郎・記)-

【注記】
 すぐ下の記事は、一つ前の衆院選(2014年12月14日)の告示直後の各新聞社の1面トップ選挙予測「横並び」見出しに対するものである。当時の当ブログ記事の一部転載であるが、転載はこれで二度目である。とにかく内容をしっかりご覧いただきたい。大新聞(及びテレビ各局)がいかに「不正選挙」に加担しているか、よくお分かりいただけるものと思う。

【大新聞が不正選挙に加担している動かぬ証拠】

 安倍首相を支えている大新聞は、低投票率にするために、わざと選挙前に「自民300議席へ」という記事を1面に掲げる予定だという。無党派層に「もう勝負はついた」「投票に行ってもムダだ」と諦めさせる狙いだそうだ。

 しかし、12月14日の総選挙を棄権したら、安倍首相の思うツボだ。

                       * 
 
 上の記事は、夕刊紙『日刊ゲンダイ』11月26日号に掲載されたものです。日刊ゲンダイはこの情報を独自ルートで入手したのだそうです。
(『有権者はいいのか?無党派層が棄権なら「自民大勝」の悪夢』)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/155224

 そして日刊ゲンダイの予告どおり、12月4日の大新聞各紙朝刊1面には―。


35578_5


 このように一つ明らかな大悪事(捏造の世論誘導報道)をやっているのなら、創価おばさんたちの大量偽票書き(注 昨年の参院選では各地の選管で同一筆跡の偽票が大量に見つかり大問題になった。またネットで、ある創価学会婦人部の一人が「自分もそうとは知らずに偽票書きをさせられた」という告白文を寄せた)、投票箱差換え、ムサシマンサックス不正などヤツらは何だってやってくるに決まっているのです。  (転載終わり)


日経・安倍不支持8%。電通サックスの自公圧勝報道は出鱈目、ムサックスも不正集計は無理である。
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/550.html

投稿者 小沢内閣待望論 日時 2017 年 10 月 13 日 07:20:52

タップ・アシュケナジー=ハザール=偽ユダヤ=スイス。
これが世界の偽ユダヤに対する認識で、相似の偽日本人に傀儡をさせるのも限界である。
現場は、共産と立憲と無所属だけに勢いがあり、自民は都議もいないし、創価ばばあは頼みに来ないし、希望詐欺は定速で走り抜けるだけで、これで自公圧勝なら、キャバが茶を沸かすというか、ムサシマンサックス選挙がバレバレである。
とにかく、ソースコードの開示が不可欠である。   

安倍不支持五割で、こんな人達が追っ掛けをする中で、白け選挙で低投票率で自公圧勝は無理筋である
http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/551.html

投稿者 小沢内閣待望論 日時 2017 年 10 月 13 日 09:54:16

白け選挙というのは佐藤栄作の長期政権の時のような場合であり、選挙中に不支持が逆転するほど嫌われている場合、女房にくけりゃ袈裟まで憎いで、自公も大惨敗するものである。
電通マンサックスもムサシマンサックスもアリバイ会社より下手くそで、このハゲー、下着どろ内閣圧勝の次は女体盛り内閣圧勝とか違うだろー、ふざけた集計は、八百長でもいいから安倍を毎日アキバで演説させてからにせんかーい、田んぼで電撃金網デスマッチしてどうする、牛や豚や蛙には投票権ないんやでー、百合が丘に再チャレンジに来んかーいという感じである。    

52124
報道陣の質問に答える希望の党の小池百合子代表(13日午後4時11分、東京都新宿区で)=田村充撮影  (読売新聞) 

小池氏、自民党との“大連立”否定 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12213-20171013-50113/      
2017年10月13日 21時20分 読売新聞 

 希望の党の小池代表(東京都知事)は13日、衆院選後に自民党と連立政権を組む「大連立」の可能性について、「ございません」と否定した。

 小池氏は「きっちりと政策が実現できるように是々非々の対応で進めていく」と語った。東京都庁で記者団の質問に答えた。

 小池氏は自民党との連立について「結果としての判断」と述べるなど、含みを持たせてきた。ただ、読売新聞の情勢調査などで希望への支持は伸び悩んでおり、小池氏は安倍内閣との対決姿勢を強めている。

52125

必ず揺り戻しがある 早すぎた「自民圧勝」選挙予測の吉凶 安倍政権「不支持」「野党議席増」が国民の声だ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo233/msg/871.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 13 日 18:05:55
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215487
2017年10月13日 日刊ゲンダイ 文字お越し

52126
政権の私物化を許すのか(C)日刊ゲンダイ

 いやはや、何かの間違いじゃないのか。22日投開票の衆院選で、新聞・テレビがそろって報じた世論調査の結果のことだ。

「自民党は単独過半数(233議席)を大きく上回りそうで、小選挙区・比例区とも堅調」(朝日新聞)

「自民党は単独で衆議院の過半数233議席を大きく上回る勢い」(読売新聞・日本テレビ)

「自民、公明両党で300議席に迫る勢い」(日本経済新聞)

「自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で300議席超をうかがう」(共同通信)

 ナント! 驚くことに総じて自民圧勝予想である。序盤情勢でこんなに大差がつけば、有権者の中には勝ち馬に乗ろうとする「バンドワゴン効果」が働く可能性も否定できない。どうりで最近、テレビで見る安倍首相の顔が余裕シャクシャクのはずだ。自宅で「日本のイメルダ夫人」こと昭恵夫人と酒を酌み交わし、手を叩きながら「クックック」とほくそ笑んでいる姿が目に浮かぶようではないか。

■憲法違反の解散も過去の暴政も認めるのか

 こんなバカげた状況になっているのも、緑のたぬき・小池百合子都知事率いる「希望の党」が勝手にコケて“不戦敗”が濃厚となったためだが、このまま「自民圧勝」なんて冗談ではない。メディアの予想通りなら、衆院選後の特別国会で首相に指名されるのは国難男、安倍である。そうなれば「みそぎは済んだ」とばかり、今まで以上にやりたい放題。森友疑獄や加計問題だって、強引に幕引きを図るだろう。そうして、例によって「3本の矢」(2013年)、「女性活躍」(14年)、「1億総活躍」(15年)、「働き方改革」(16年)、「人づくり革命」(17年)……など、またぞろワケの分からない新たなキャッチコピーを作って「仕事してます」をアピール。国民の目をゴマカシ、ウラではせっせと「戦争国家づくり」の地ならしを進めるのは間違いない。政治学者の五十嵐仁氏がこう言う。

「予想通り自民大勝となれば、憲法違反といわれる大義なき解散を認めた上、これまでの約5年間の安倍政権の暴走政治を肯定したことになる。つまり、特定秘密保護法や安保法、共謀罪などの国会審議を無視した政治手法を認めたということです。自民党は消費税引き上げ後の使途を選挙争点にしているわけですが、それをOKというのは、どんなに不景気であろうと引き上げて構わない、とゴーサインを出したのに等しい。さらに言えば、トランプ大統領は11月に来日すると報じられていますが、その時、仮に安倍さんが首相であれば何を言い出すか分かりません。北朝鮮に対して『あらゆる選択肢』と言っているわけですから、それこそ米国と一緒に戦争を仕掛ける、とも言い出しかねないのです。日本は内政でも外交でも、とんでもないことになるかもしれない。国民にとっては地獄の扉が開けかけている、と言っていいでしょう」

 満州事変から国際連盟を脱退し、戦争に突き進んでいった当時の日本では盛んに「国難」が強調されたという。「いつか来た道」をたどるなんて事態は絶対にあってはならないのだ。

52127
国民の本音は「NO」だ/(C)日刊ゲンダイ

■安倍政権「不支持」「野党議席増」が国民の本当の声だ

 そもそも、衆院解散前の国民世論は安倍に批判的だったはずだ。共同通信が9月30日~10月1日に行った調査では、安倍内閣の不支持率は46.2%で、支持率(40.6%)を大きく上回っていたし、読売新聞の調査(10月7~8日)でも不支持率(46%)が支持率(41%)より高かった。

 NHKの調査では、安倍が衆院の解散、総選挙を決めたことに対し、「あまり評価しない」「まったく評価しない」との回答が65%にも達し、選挙後の与野党の議席について「野党の議席が増えた方がよい」(32%)が「与党の議席が増えた方がよい」(21%)を上回っていた。つまり、国民の多くが安倍政権に「NO」を突き付け、野党の議席増を望んでいるのだ。さすがに今回ばかりは自民圧勝という結果にならないのではないか。

 しかも自民党は公約で「憲法改正」をハッキリと掲げている。自民の改憲草案を読むと、9条以外にも前文の「不戦の決意」や「個人の尊重」(13条)を削除し、「表現の自由」(21条)や「基本的人権」(11条)を制限している。まるで江戸幕府が農民統制のために発令した「慶安の御触書」と同じだ。

 何よりも恐ろしいのが、ヒトラーが独裁のために乱用した「大統領緊急措置権」と同じ効果を持つ「緊急事態条項」を盛り込んでいることだ。自民に希望が加担――なんて事態になれば最悪だ。やれ北朝鮮の脅威だ、日米同盟のためだ、と煽りまくり、ドサクサに紛れて緊急事態条項を持ち出して国民の自由を奪い、時代錯誤の国家主義化をどんどん進めるだろう。

■自民支持は全有権者のたった2割

 これぞ「戦後最大の国難」。心ある国民は今こそ安倍自民に対峙するために総決起するべきだ。序盤情勢であきらめる必要は全くない。共同通信の調査では、小選挙区の投票先未定は5割を超えているのだ。大体、14年の衆院選だって、自民に投票した有権者が1765万人だったのに対し、民主や共産など4野党の投票者は1818万人もいたのだ。選挙に行かなかった有権者は実に4922万人にも上った。要するに自民支持者は全有権者の2割しかいないのだ。

 あらゆる手段を使って安倍自民を倒すための投票を呼び掛け、残り8割の有権者が結集すれば、まだまだ与野党逆転は十分可能だ。

 実際、1996年と2000年の衆院選では、序盤で「自民過半数」と各メディアが報じたものの、フタを開ければ結果は全く違ったし、今夏の都議選だって、世論調査と違って自民は歴史的な大惨敗を喫した。勝負はこれからだ。

 政治評論家の森田実氏がこう言う。

「勢いのある、大きな追い風が吹いている野党を押し上げる。つまり、立憲民主党を押し上げることが大きなカギになります。すでに世論調査の議席予想で30ほどと出ていますが、立憲から70人以上の候補者が出ているわけですから、これを40、50議席になるよう支援する。そうなれば状況はひっくり返せますよ」

「憲政の神」と呼ばれた護憲運動の政治家・尾崎行雄は、民主政治読本で〈政治の善悪を正そうとはせず、泣く子と地頭には勝たれぬものと諦めて、税金を作るために娘が身売りするのを美徳と教えるほど人権を無視することが封建政治の本領である〉と書いていた。あきらめて安倍自民を圧勝させたら、封建制に逆戻りだ。ウソつき安倍独裁政権の継続を許し、言いなりの奴隷国民となって米国と一緒に戦争に突き進むのか――。ストップをかけるのであれば、とにかく自民には投票しないことだ。共産党という選択肢もある。「自民圧勝」なんて大騒ぎしている大マスコミにも一泡吹かせてやろうではないか。

 桃丸 @eos1v 

必ず揺り戻しがある 早すぎた「自民圧勝」選挙予測の吉凶|日刊ゲンダイDIGITAL http://bit.ly/2zkNNN9  @tim1134

(以上、転載終わり)

|

« 【デタラメの晋】第一声の地が福島の私有地だったことがまず問題 そこで晋三は昭恵の日本酒を大宣伝&参加者に公選法違反となるおにぎりを配る | トップページ | 【帝国の終焉】アメリカ帝国は終わりつつある それに同調、追随国家ニッポンもほぼ100%同様の運命をたどる »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。