« 【一番嫌いな男・安部晋三】女性セブン集計&嫌われの晋を勝たすため、「衆院選低投票率誘導目的」選挙日に軍事技術による超大型台風21号が来襲! | トップページ | 【偽常勝の晋】第1次末期の参院選で小沢民主党にボロ負けし退陣の要因となったのに、再登板以降は連戦連勝 ムサシ不正である »

【嫌われの晋】「頑張れよ国難野郎!」と手を弾かれたり、これで自民圧勝など無理だろ 今回不正が見つかれば国際司法裁判所に提訴されるそうだぞ

-いよいよ本総選挙の投開票日である。マスコミ各社による自民党圧勝予測を耳にするたび、今回の選挙の重要性をひしひしと感ぜずにはおられない。アベノミクスをはじめその場しのぎの目新しい政策を次から次へと打ち出してはすべて「道半ば」でほっぽりだし、モリカケでは国家私物化しまくり、北朝鮮ミサイル問題では国民に北の脅威を煽り、トランプ米大統領には「北には武力行使の道しかない」とまで唆しているという安倍晋三。こんなのがまたぞろ圧勝して政権を続行するなど、日本&日本国民にとってのおぞましいC級ホラー以外の何物でもない。私は本日の台風直撃悪天候を考慮し、金曜日夜8時少し前、当市市役所3階の選挙管理委員会投票所で期日前投票を済ませてきた。ちなみに小選挙区(神奈川16区)は共産党の池田博英候補に、比例区は立憲民主党に投じてきた(最高裁裁判官審判は全員×)。まだの方は大変だろうが、何が何でも投票に行っていただきたい。ただしレベル3ハリケーン級台風による大雨、突風にはくれぐれもお気をつけて。主権在民の「主権行使」の唯一ともいえるチャンスが選挙である。今回の選挙で安倍自公を圧勝させてしまえば、麻木久仁子さんツイートのように「普通選挙はもうないかもしれない」。私たち自身と子供たちとこの国の未来がかかった大一番である。賢明に一票を行使し、後は明鏡止水の心境で開票結果を待ちたいものである。 (大場光太郎・記)-

52128
「最後のお訴えにまいりました。こんなバカヅラの日本一の嫌われ男をいつまでも総理にしていていいのでしょうか、皆さん。どうか、どうか、自民、公明には決して投票なさいませんよう、重ねてよろしくお願い申し上げます」w

【ツネラレの晋画像】 (in札幌市豊平区)

522

街頭演説を終えた安倍晋三首相が有権者とのハイタッチをしている最中に、手をつねられたと物議を醸しています。問題のシーンは10月16日に札幌市豊平区で撮影された物で、ハイタッチのドサクサに紛れて安倍首相の手を思いっきり握っている人物が居ました。

安倍首相の顔もやや引きつっている感じになっており、画像の投稿主は暴力的だとして怒りのコメントを投稿しています。その後にメディアが報道した痕跡は見られませんでしたが、ネット上ではかなり広がっています。

(※ 手をつねられただけで済んで感謝するんだよ、晋。本当なら、ペンチかプライヤーかでブヨブヨのたるみ頬を引きちぎられても文句言えないんだぞ、晋w)

上画像元記事
<衆院選>安倍晋三首相、ハイタッチ時に手をつねられる・・・ 札幌市豊平区の街頭演説 
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/274.html

【晋の手を弾いて「頑張れよ国難野郎!」と吐き捨てた勇者のツイート】

Masso @LarkChillout                    10月20日           

|
|

« 【一番嫌いな男・安部晋三】女性セブン集計&嫌われの晋を勝たすため、「衆院選低投票率誘導目的」選挙日に軍事技術による超大型台風21号が来襲! | トップページ | 【偽常勝の晋】第1次末期の参院選で小沢民主党にボロ負けし退陣の要因となったのに、再登板以降は連戦連勝 ムサシ不正である »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

 
 大場光太郎さま
     ご無沙汰です

 いよいよ 後一二時間で この国がどうなるのかの
  選挙結果を考えながら  台風の風の音と たたきつける雨音に怯えながら 過ごしています  時に 換気扇が異常に開閉する音も混じります

 投票率も大分低いですね
 これ以上ない 馬鹿をやったサイコパス安倍をどうして
   逃がしてしまうのか

 また 一強を許した場合 日々今以上のストレスにさいなまれるでしょう

 どう 腹におさめて生きていくのか

  戦争法案のときの あの盛り上がりは どうなったのでしょうか  
  どうしようもない無力感でいっぱいです

投稿: 能勢の赤ひげ | 2017年10月22日 (日) 18時41分

能勢の赤ひげ様

 どうもこんばんわ!こちらこそご無沙汰致しております。

 今夜中の11時過ぎ。おおよその大勢が見えてきましたね。改選前より少し落とすかも知れないが、与党自民党+公明党圧勝です。自公だけで3分の2をまたぞろ越すかもしれません。

 低投票率アリバイ工作のための超大型台風を自在に操る気象兵器テクノロジー、ムサシという優れものの不正集計マシーン、その結果を追認する監督官庁・総務省、予め「自民党圧勝」と繰り返しアナウンスしてくれる大手マスコミ・・・。これらすべてが安倍晋三を御輿とする米日悪魔勢力のコントロール下にあるわけです。安倍再登板以降の国政選挙は皆悉く「不正」で議席をもぎ取られてきましたが、今回もその伝に漏れなかったということです。

 これで日本はより一層生きづらい社会になるのは間違いないでしょう。「気がついたら戦争が廊下に立っていた」を、強く実感させられる事態が近未来訪れるかもしれません。しかしすべては「相応の理(ことわり)」。国民が優れた意識レベルにあるのに、上に立つ政権幹部はならず者、そんなことはありえません。国民総体として「この国民にしてこの政権あり」なのです。

 その中で意識レベルが高いことを自認する心ある人たちは、今回の結果を冷静に受け止め、次なる戦いなり活動なりを、「今ここ」から始めなければならないと思います。外への戦いより、まずもって自分自身の中に『安倍晋三的戦いの心が潜んでいないか』を改める「内なる検証」が大切ですよね。

投稿: 時遊人 | 2017年10月22日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【一番嫌いな男・安部晋三】女性セブン集計&嫌われの晋を勝たすため、「衆院選低投票率誘導目的」選挙日に軍事技術による超大型台風21号が来襲! | トップページ | 【偽常勝の晋】第1次末期の参院選で小沢民主党にボロ負けし退陣の要因となったのに、再登板以降は連戦連勝 ムサシ不正である »