« 【ドケチの晋】なのに国金は湯水の如く、イバンカ基金にポンと57億円 社会保障費等を次々削る中「それはおかしい」と社民・福島瑞穂氏、外務省に抗議と | トップページ | 【ビビリの晋】1番ホールでのトランプ豪快ショットに気圧されその後ミス連発、ほぼ会話なし…安倍首相のゴルフ外交は大失敗 »

晩秋に聴きたい3曲

 あした、つまり今月7日はもう暦上での立冬である。がしかし、立春、立夏、立秋、立冬など旧暦の二十四節気には、現実的季節感とは大いにずれているところがある。

「今年は秋がなくて夏から冬になったような感じなんですって」と、ある人が言っていたが、ダブル台風に襲われ急に寒さが増し加わった昨今の様子からあるいはそうとも言えるのかもしれない。が、木々の鮮かな紅葉などにふと出会ったりすると、思わず胸衝かれ『あゝ、秋深し、だな』と思わないでもない。


     落 葉

         ヴェルレーヌ

    秋の日の
    ヴオロンの
    ためいきの
    身にしみて
    ひたぶるに
    うら悲し。

    鐘のおとに
    胸ふたぎ
    色変へて
    涙ぐむ
    過ぎし日の
    おもひでや。

    げにわれは
    うらぶれて
    ここかしこ
    さだめなく
    とび散らふ
    落葉かな。

      (上田敏訳詩集『海潮音』より)

 秋は「人をして詩人にする」といわれる。

 ということで。今回は、晩秋の感深い昨今に相応しい曲を三曲ピックアップし、その動画を以下に掲げてみたい。

 その前にこれらの曲の動画提供者は、

stef2012bg   

 

(以上、掲載終わり)

【追記】
 今後また機会があれば、stef2012bgさん提供動画を紹介したいと思います。

|

« 【ドケチの晋】なのに国金は湯水の如く、イバンカ基金にポンと57億円 社会保障費等を次々削る中「それはおかしい」と社民・福島瑞穂氏、外務省に抗議と | トップページ | 【ビビリの晋】1番ホールでのトランプ豪快ショットに気圧されその後ミス連発、ほぼ会話なし…安倍首相のゴルフ外交は大失敗 »

名曲ー所感・所見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ドケチの晋】なのに国金は湯水の如く、イバンカ基金にポンと57億円 社会保障費等を次々削る中「それはおかしい」と社民・福島瑞穂氏、外務省に抗議と | トップページ | 【ビビリの晋】1番ホールでのトランプ豪快ショットに気圧されその後ミス連発、ほぼ会話なし…安倍首相のゴルフ外交は大失敗 »