« 【日本国民分断の象徴】安倍晋三 国連人権理事会で問題視 日本の「報道の自由」に批判集中 | トップページ | 【窮地脱出か】トランプを弾劾寸前にまで追いつめたロシアゲート事件 何とヒラリーに跳ね返ってきた 改めてヒラリー逮捕もあり得る!? »

【中国に完敗で涙目の晋】中国包囲網も北への圧力も成果なし 安倍迷走外交を総括 孤立するのは中国ではなく日本 ASEAN諸国も一斉に中国になびきはじめた 

-安倍晋三の「中国包囲網外交」「北朝鮮圧力一辺倒外交」が、今回のASEAN諸国歴訪で完全に失敗・頓挫した。例によってそれを目一杯茶化した文を以下に綴るつもりだったが、転載文をお読みいただければお分かりになることだし、スペースの無駄でもあるから止めにした。ただ対中外交については、今後も安倍方式の敵視政策を続けていては国益をどんどん毀損し続けるだけである。安倍を一日も早く退場させ、安倍に隷米反中をレクチャーしている外務省高官らを首にし、まったく新しい近隣関係を築く努力をしていかなければならない。これ以上北朝鮮を挑発すれば本当に核ミサイルが飛んできかねないし、中国を敵視すれば日本はやがて本当に中国の「東海省」にされてしまうかもしれないのだ。私は鳩山由紀夫が首相となり「東アジア共同体」構想を打ち出すもっと前から、東アジアの恒久平和には『東アジア共同体しかない』と思っていた。2008年開設時の記事にもその旨記したことがある。東アジア共同体の主軸は中国、日本、韓国である。日本は戦前のように「アジアの盟主」ヅラしない方がいい。それではうまくいかないしまとまるものもまとまらない。あの当時とは近隣のパワーバランスが大きく変わったのだ。少々ラディカルかもしれないが、政治の中心は中国、経済の中心は韓国でもいいのではないか。もうこの国はどちらも「三流」なのだから異存はあるまい。その代わり日本は「文化の中心」。思えば日本は今日まで禅、茶道から野球(名付け親は「正岡子規」)に至るまで、東洋、西洋のありとあらゆる文化がもたらされ、それを実にうまい具合に吸収・洗練して独自の文化として花開かせてきた。日本で高度に開花した文化を世界にお返ししていくのである。従前のエコノミックアニマル的経済活動や安倍政権が目論む日本軍の進出ではなく。平和憲法を含めた「文化の逆輸出」、これが世界から賞賛され尊敬される、どの国もわが国を侵すことのできない日本の真のあり方である、と思うがいかがだろうか。 (大場光太郎・記)-

5257
習近平とトランプ(今年4月上旬、習訪米時の夕食会にて)

中国包囲網も北への圧力も成果なし 安倍迷走外交を総括 孤立するのは中国ではなく日本(日刊ゲンダイ)

http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/819.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 17 日 17:35:05

5252
国会トンズラ外交でどんな成果があったのか(C)AP  (※ この中で安倍だけが突出して馬鹿っぽく見えるのだが、気のせいか?)

 国会を留守にしてまで、一体なにをしに行ったのか――。やっと終わった安倍首相のアジア外遊。大新聞テレビはまったく真相を伝えようとしないが、安倍のアジア外遊は成果ゼロ、大失敗に終わっている。

 さすがに、保守論客として知られる西尾幹二氏までが「国際会議における日本は残念ながら存在感が薄かった」と産経新聞で嘆いていたほどだ。

 いかに、安倍のアジア外遊が無残な結果に終わったか、象徴するのが、安倍が力を入れてきた「中国包囲網」の大失敗である。

 安倍は「自由で開かれたインド太平洋戦略」などと称して、トランプ大統領とタッグを組んで中国を包囲するつもりだった。南シナ海をめぐって中国と対立するASEAN諸国も巻き込んで、中国に圧力をかける算段だったらしい。

 ところが、習近平主席と会談したトランプ大統領は南シナ海について一言も発しなかった。中国に対して「南シナ海の軍事拠点化をやめろ」と迫るどころか、中国政府から28兆円の商談を提示されると、上機嫌で「アメリカと中国はウィンウィンの関係だ」と口にする始末だった。安倍は完全にハシゴを外された形だ。

 アジア外遊の最大のテーマだった北朝鮮への圧力強化も、空振りに終わっている。トランプは北朝鮮に対して「対話は時間の無駄だ」と、強硬姿勢を見せていたのに、習近平と会った途端、ツイッターに「金正恩と友人になるように頑張ろう。いつかは実現するかもしれない」と投稿。百八十度態度を変えている。

■孤立するのは中国ではなく日本

 安倍の今回のアジア外遊でハッキリ分かったことは、5年間つづけてきた「虎の威を借る」無定見外交が、完全に破綻したということだ。

 安倍外交とは、一言で言えば、アメリカとの関係を強固にし、アメリカの力を借りて中国を抑え込むことだ。「地球儀を俯瞰する外交だ」などと世界中を回って中国を包囲しようとしてきた。

 ところが、前提がことごとく崩れている。アメリカは本気で中国とコトを構える気がないし、そもそも、中国を抑え込むパワーもない。

 CIAの長官だったペトレアスは9月下旬、講演で「アメリカが唯一の超大国だった時代はもはや終わった」と、中国の台頭を指摘している。

 さらに、つい最近の米タイム誌には、表紙に英語と中国語で「中国が勝った」という見出しが躍った。

 驚くのは、あのトランプが、習近平を「毛沢東以来の最も強力な指導者だ」と持ち上げ、習近平は「太平洋を米中2大国で仕切る」とまで口にしたことだ。虎の威を借りたつもりが、アメリカは張り子の虎だったのだから、安倍外交がシナリオ通りにいくはずがない。

 外交評論家の天木直人氏がこう言う。

「安倍首相の5年間のアジア外交は、裏目に出ています。中国を孤立させるつもりだったのに、多くの国が中国との関係を強め、日本の方が孤立しかねない状況です。なにしろ、南シナ海問題を抱えているASEAN諸国まで、中国との関係を“対立”から“協力”へシフトしている。致命的なのは、安倍首相が中国包囲網を修正し、中国に歩み寄ろうとしても、中国サイドが動かないことです。現地で習近平、李克強のトップ2人と会ったのに、中国との相互訪問の確約を得られなかった。安倍首相が相互訪問を強く要請したのは間違いないでしょう。それでも、習近平はクビを縦に振らなかった。韓国は中国との相互訪問に動きだしている。安倍外交のツケが一気に噴き出しています」

5253
エアフォースワン機内で記者団の問いに答えるトランプ米大統領(C)AP

■欧米メディアが伝える安倍-トランプ本当の仲

 安倍が情けないのは、忠誠を誓っているトランプ大統領にまでバカにされていることだ。

 初来日したトランプ大統領を精いっぱい、もてなしたのに、結局、戦闘機を42機、さらに「イージス・アショア」など、高額な兵器を買わされただけだった。

 しかも、トランプ大統領から感謝もされていない。エアフォースワンで中国からベトナムへ移動中、トランプは機内で記者団に「ドイツのメルケルとは仲がいい。イギリスのメイとも良好だ。プーチンとも……」と、世界各国のリーダーとの良好な関係を自慢していたが、安倍首相の名前は、ああ、そういえば、と思い出したように挙げただけだった。

 そもそも、日本の大手メディアは、安倍とトランプとのゴルフ外交を特別視し、2人を蜜月かのように伝えているが、欧米メディアの見方はまったく違う。欧米メディアは、安倍が背中から1回転してバンカーに転げ落ちた衝撃映像を取り上げ、2人の関係を伝えている。

 英BBCは、「安倍首相がバンカーに落ちている時、トランプ大統領はゴルフをつづけた」と解説し、米紙ワシントン・ポストは「ゴルフコースで安倍首相は転んだ。そしてトランプ大統領は気づいてさえいなかった」と揶揄している。これが安倍―トランプの本当の関係である。

「トランプ大統領が安倍首相とのゴルフを満喫したのは確かでしょう。絶対に逆らわない安倍首相が相手なら、緊張することなく、楽しくプレーできますからね。ただ、もてなしに感動したのは、中国の接待の方だったと思う。中国は国賓以上の扱いで接遇し、故宮博物館でもてなした。アメリカ人は、あのような接待に感激するものです。安倍首相とのゴルフは息抜きにはなったでしょうが、心には残らなかったはずです」(天木直人氏=前出)

 就任5年と長期政権の安倍は、「世界の顔役」を気取っているが、外交はことごとく失敗している。

■ASEANのシタタカ外交を見習え

 いったい、5年間の安倍外交とはなんだったのか。国会をトンズラしてまで行ったアジア外遊にどんな成果があったのか。徹底的な総括が必要だ。

 まず、安倍外交は発想が古すぎる。黙ってアメリカに従っていれば、国益が守られると信じているようだが、ほとんど冷戦時代の発想である。

「トランプ大統領が、“アメリカ・ファースト”を唱えているのは、もはや、他国のことまで面倒を見ていられないということです。この流れは、たとえトランプ大統領が退任した後でも、変わらない可能性が高い。アメリカは、かつてのような超大国ではないからです。大きな権益があった中東でさえ、影響力を行使できなくなっている。なのに、安倍首相は、ひたすらトランプ大統領にすり寄っているのだから、どうかしています。しかも、感謝もされず、兵器を買わされるなど、無理難題を押しつけられている。ロシアのプーチン大統領とも、20回も会談を重ね、経済支援もしているのに、北方領土は返還される見込みさえない。本人は“外交の安倍”を自負しているようですが、トランプ大統領にも、プーチン大統領にも、いいように搾り取られているだけです。世界各国の首脳が安倍首相との会談を望むのも、経済支援を期待しているだけの話でしょう。安倍首相は、少しはASEAN諸国のシタタカな外交を見習うべきです。日本と中国を天秤にかけ、両方から援助を引き出している。安倍首相は、あまりにも単細胞です。このままでは、いずれアメリカと中国、2つの大国が日本の頭越しに手を握ることもあり得ますよ」(政治学者・五十嵐仁氏)

 いい加減、国民も安倍外交の本当の姿を見抜かないとダメだ。安倍が外遊に行くたびに支持率をアップさせているようでは話にならない。このまま安倍に外交を任せていたら、カネを取られた揚げ句、世界から孤立するだけだ。

 桃丸 @eos1v 

中国包囲網も北への圧力も成果なし 安倍迷走外交を総括|日刊ゲンダイDIGITAL http://bit.ly/2z8PMYB  @tim1134

|
|

« 【日本国民分断の象徴】安倍晋三 国連人権理事会で問題視 日本の「報道の自由」に批判集中 | トップページ | 【窮地脱出か】トランプを弾劾寸前にまで追いつめたロシアゲート事件 何とヒラリーに跳ね返ってきた 改めてヒラリー逮捕もあり得る!? »

国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【日本国民分断の象徴】安倍晋三 国連人権理事会で問題視 日本の「報道の自由」に批判集中 | トップページ | 【窮地脱出か】トランプを弾劾寸前にまで追いつめたロシアゲート事件 何とヒラリーに跳ね返ってきた 改めてヒラリー逮捕もあり得る!? »