« 【東京新聞望月記者】インタビュー ペジー事件の捜査が政権に及ぶ可能性などを指摘 | トップページ | 【違法薬物常用の晋】来年はもっと「騒がしい」年になるぞ安倍晋三 »

【立民入党者続出】山尾志桜里の入党を始めとして蓮舫も入党を検討 となると参院民進から続々となり、野党第一党・立憲民主党の基盤いよいよ固まる

-総選挙前の新党立ち上げ時、早々と参加を決めた辻元清美、そして今回無所属から入党した山尾志桜里、さらにはつい先日枝野幸男代表と会談し入党の意向という蓮舫元民進党代表。これで、かつての「民進党三大花形女性議員」が立憲民主党に集結するわけである。いずれも「将来の女性総理候補」と目されたこの3人は「元民進党の“玉”(ぎょく)」のような存在だ。玉を押さえたからには、これでもう希望、分裂民進など各野党の戦い、「勝負あり」だろう。来年はいよいよ安倍自民党が「改憲発議」しようとしている折りから、グチャグチャ希望の党などと違い、立憲民主党はそれとの対決姿勢を鮮明にしている。「安倍の天敵」山尾志桜里を憲法問題の責任者にして自民党など改憲勢力に立ち向わせれば、野党第一党としての責任を十分果たしてくれるだろう。また8割くらいの国民が疑念を抱いたままの森友・加計疑惑などのさらなる追及にも辻元、蓮舫、山尾の舌鋒鋭い質問力に期待が高まる。ただ少し水を差すことになるが。私はこの三女性議員入党を手放しで礼賛しているわけではない。私なりに彼女らの来歴を見るに、いずれも「変わり身が早い」気がするのだ。立民に勢いがあるから今回は取りあえず入党して成り行きを見ようか?という計算ずくはないだろうか。辻元はいいとして、主義・主張からして蓮舫と山尾は希望向きなのではないか?特に山尾志桜里はわたし的には評価を下げている。一つは、いつぞやの横浜市長選で自公推薦で強力なカジノ推進者の林文子の応援演説に駆けつけたこと。次は、例の年下弁護士との不倫疑惑である。無所属立候補で当選は確かに凄いが、それで禊は済んだとばかりに同弁護士と大っぴらに行動を共にしているというから「なかなかのタマ」だ。相手弁護士の妻は深刻な持病を抱えているというし、山尾自身にも夫や子供がいる。不倫によって苦しむ関係者が必ずいるのだ。政治的力量があるから何やっても許されるでは、“畜生道”安倍自民党とさほど変わらない。老婆心ながら、立民枝野代表らはそういう道理を弁え知った上で、寝首を掻かれぬよう山尾とはうまく付き合うことである。 (大場光太郎・記)-

山尾志桜里氏が立憲民主党へ入党届提出 福山哲郎幹事長は「大きな力になってくれる」と歓迎 
http://www.asyura2.com/17/senkyo237/msg/593.html

53113

53110

山尾志桜里氏が立憲民主党へ入党届提出 福山哲郎幹事長は「大きな力になってくれる」と歓迎
http://news.livedoor.com/article/detail/14080526/
2017年12月26日 10時18分 産経新聞

 無所属の山尾志桜里衆院議員は26日、立憲民主党の枝野幸男代表と国会内で会談し、立民への入党届を提出した。

 会談後、山尾氏が記者団に明らかにした。

 立民の福山哲郎幹事長は同日、山尾氏入党申請に関し、「非常に能力が高く、大きな力になっていただける」と述べ、歓迎した。

山尾志桜里衆院議員 立憲民主党への入党届を提出
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171226-00000013-ann-pol
12/26(火) 10:02配信 ANN



 先の衆議院選挙を無所属で立候補して当選した山尾志桜里衆議院議員が立憲民主党の枝野代表らと会談し、立憲民主党への入党届を提出しました。山尾議員は今年9月、週刊誌でスキャンダルが報じられ、「党に迷惑は掛けられない」と民進党を離党していました。


53111
産経ニュース ✔ @Sankei_news

山尾志桜里氏が立憲民主党入りへ 蓮舫氏も枝野幸男代表と会談 http://www.sankei.com/politics/news/171225/plt1712250025-n1.html

|

« 【東京新聞望月記者】インタビュー ペジー事件の捜査が政権に及ぶ可能性などを指摘 | トップページ | 【違法薬物常用の晋】来年はもっと「騒がしい」年になるぞ安倍晋三 »

時事問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【東京新聞望月記者】インタビュー ペジー事件の捜査が政権に及ぶ可能性などを指摘 | トップページ | 【違法薬物常用の晋】来年はもっと「騒がしい」年になるぞ安倍晋三 »